ウフル 上場。 株式会社ウフル 役員人事のお知らせ|株式会社ウフルのニュースリリース

ウフル / その他,IoT

ウフル 上場

Contents• 決算情報(Financial information) 企業情報 Company profile• 会社名 株式会社ウフル Ufuru Corporation. 設立年月日 2006年2月• 資本金 1,728,638,500円(2020年1月末時点)• 本社所在地 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4F• 代表者 代表取締役社長 CEO 園田 崇• 92億円 営業利益 Operating income -8. 4億円 経常利益 Ordinary income -8. 47億円 当期純利益 Net income -11. 46億円 営業利益率 Operating margin ratio -33. 7% 粗利益率(売上総利益率) Gross margin 23. 8% 売上原価率 Cost of sales ratio 76. 37億円 固定資産 Non-current assets 1. 64億円 流動負債 Current liabilities 9. 45億円 固定負債 Non-current liabilities 4. 85億円 純資産 Net assets 6. 71億円 項目 金額 総資産 Total assets 21. 02億円 利益剰余金(内部留保) Retained earnings -17. 62億円 純資産比率 Capital ratio 31. 9% ROA(総資産利益率) Return on assets -54. 54% ROE(自己資本利益率) Return on equity -170. 8% 流動比率 Current ratio 204.

次の

セールスフォースと三井物産から5億円調達するなど勢いに乗るウフルが黒字転化:1分で読める注目の非上場企業の決算まとめ:NOKIZAL決算速報:オルタナティブ・ブログ

ウフル 上場

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、日本特殊陶業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役会長兼社長:尾堂 真一 以下、日本特殊陶業)と2019年1月23日付けで資本業務提携を行いました。 1.資本業務提携の目的 日本特殊陶業は、自動車エンジンの点火プラグや、排ガス中の酸素濃度を計測する酸素センサーなど、コア技術である「セラミックスの積層技術」や「センシング技術」などを活かし、様々な製品を世の中に提供しています。 また、近年は「医療分野」、「環境・エネルギー分野」、「次世代自動車分野」など、新たな領域にもチャレンジしています。 ウフルは、2015年より、顧客のIoTビジネスにおけるアプリケーションやソリューションの創出、シームレスなシステム連携によりデータ活用を容易にすることで、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献すべく事業を推進しております。 この度、センサーを中心とした最先端の技術を保有する日本特殊陶業と、IoT・AI・データ流通ビジネスに知見を有するウフルが手を取り合い、多様な業種・業態の協創パートナーと共に、現状のさまざまな課題を克服してイノベーションの創出にチャレンジすることで、共に社会のさらなる発展に貢献してまいります。 2.業務提携の内容 業務提携の主な内容は、以下のとおりです。 (1)ソリューション企画 双方の製品及びサービスの組み合わせによる、実現可能な新たなソリューションの開発など (2)ビジネスエコシステムの形成 協業領域及びその周辺での協創パートナーのモデル策定とエコシステムの形成など (3)PR/マーケティングの共同推進 PR、パートナー向けイベントおよび市場向けセミナーなどの共同企画と実施など 3.今後の見通し 共同事業の第一弾として、「陸上養殖」事業に参入します。 世界的に魚介類の消費が増える中、天然魚は減少傾向にあり、漁船漁業による漁獲量の増加は見込めません。 水産業の中心が養殖業に移っていくのは、世界的な流れとして確実です。 こうした中、国内において養殖に適した漁場は残りが少なく、陸上養殖への注目が高まっています。 しかし、陸上養殖には海上養殖に比べコストが高いという課題があります。 この課題に対し、センサー技術に強みを持つ日本特殊陶業と、IoT・AIの知見を有するウフルが業界の垣根を超え連携することで、陸上養殖が抱える様々課題に貢献してまいります。 また、養殖水産物は天然水産物と比較して、種苗から販売まで管理が可能なため、安心・安全な商品を提供できるという強みがあります。 しかし、現時点では天然水産物の方が安心・安全であると認識している消費者が少なくありません。 将来的には、システムで取得したデータを、分散台帳技術を活用して改ざんできない形で流通させる世界初のトレーサビリティを実現し、養殖水産物の付加価値向上に繋げます。 また、既存データやAIとも連動させることで、養殖業が抱える多様な課題を解決します。 内燃機関におけるスパークプラグ、排気酸素センサにおいては、世界トップシェアを有し、また、半導体部品におけるパッケージ、機械工具、医療用に用いられるバイオセラミックス、産業用セラミックスなど幅広いラインアップを提供しております。 世界中に販売・製造拠点を有し、15,000名を超える従業員が世界の皆さまに新たな価値を提供できるよう取り組んでいます。 現在は、持続可能な社会における環境エネルギー、次世代自動車、医療などの製品開発にも取り組んでおります。 IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。 来る5Gの普及に向け、NB-IoTなどの次世代通信技術にも取り組んでおります。 コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

次の

IoT事業のウフル、ロンドン市場への上場も視野に

ウフル 上場

ウフル Uhuru は2006年2月に創業したITベンチャー企業です。 ウフル Uhuru という社名は、スワヒリ語で「自由」を意味しています。 企業名 設立 2006年2月 資本金 11億9,097万円 2018年7月時点 代表者 園田崇 本社 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4F 設立当初は、中学・高校生向けのSNSサービスを手掛けていましたが、2008年頃からクラウドサービス導入支援やシステム構築事業に力を入れ始めました。 以降はマーケティング活用支援サービスを拡大しており、現在は IoTサービス事業やIoTソリューション事業といったIoT関連事業に注力しています。 ウフル Uhuru の事業の中でも特に注目されているのが、IoT製品やIoTサービス作りを包括的に支援するクラウド連携支援システム「enebular エナブラー 」です。 「enebular」は多くの企業から注目を集めており、NECや村田製作所など多くの企業から出資を受けていることで知られます。 特に、2018年6月28日には、 ソフトバンクとウフル Uhuru がIoT事業分野で資本・業務提携することに合意したことを発表しました。 今後、両社はソフトバンクのIoTプラットフォームおよびネットワークと、ウフル Uhuru のIoTソリューションを組み合わせたIoTサービスを提供していくことを発表しており、注目が集まります。 今回注目するウフル Uhuru 関連銘柄は、ウフル Uhuru と提携している企業や取引実績のある企業が中心になります。 IoTベンチャーとして大きな注目を集めるウフル Uhuru ですが、 IPO 新規上場 にも注目が集まります。 IoTはAIと並ぶ注目テーマ株であるため、ウフル Uhuru がIPOすれば、今年4月にIPOして多くの億り人を生みだしたAIベンチャー 【4382】HEROZのようなIPO案件になる可能性が高いと期待されます。 ただ、2018年8月現在では、ウフル Uhuru のIPOに関するニュースは特に出ていないようです。 しかし、ウフル Uhuru のIPOはそう遠くないように思われます。 ウフル Uhuru の売上は拡大を続けている一方で、2018年8月1日にはソフトバンクやNECから第三者割当増資による資金調達を実施しており、その額は10億円強であると推測されています。 資金調達の目的は、「enebular」の開発促進やIT専門人材の獲得のために行われたと発表しています。 また、ウフル Uhuru は、2015年にはアメリカのセールスフォース・ドットコムと三井物産から5. 2億円を調達しており、2017年9月には菱洋エレクトロ、村田製作所からも資金を調達しています。 ウフル Uhuru が資金調達を続ける背景には、売上高は急増しているものの赤字続きである事業体質があります。 ウフル Uhuru が展開しているクラウドサービスやIoT事業は、目に見える結果となって出るまでには時間が掛かることから、時間や資金の投資が不可欠です。 このような背景があるため、 ウフル Uhuru がいつIPOによる資金調達に踏み出しても不思議ではありません。 ウフル Uhuru のIPOのニュースにはアンテナを張っておきましょう。 クラウド連携支援システム「enebular」が事業の柱であり、ソフトバンクやNEC、村田製作所と資本・業務提携を結んでいる。 ウフル Uhuru 関連銘柄の推移 ウフル Uhuru 関連銘柄の動向を見ていきましょう。 2-1. ウフル Uhuru に出資し、子会社が事業協業している電通 日本を代表する材料メーカーの 【6981】村田製作所も、ウフル Uhuru に出資しており、業務提携を結んでいることで知られています。 ウフル Uhuru は、 村田製作所が進める仮想センサープラットフォーム構想「NAONA」の開発を支援しています。 「NAONA」は、場の雰囲気や盛り上がり、人間同士の親密度など、これまで数値化できなかった情報を計測・判別してデータとして提供するサービスとして大きな注目を集めています。 村田製作所の株価は、2017年8月初めには16,680円を付けていましたが、この1年はほぼ横ばいとなっており、2018年8月現在は17,500円前後で推移しています。 上記2銘柄以外では、ウフル Uhuru の主要株主で業務提携もしている 【9984】ソフトバンクグループや 【6701】NECなども関連銘柄として挙げられますが、やはり株価に寄与するまでの影響力は大きくないと考えられます。 投資家のウフル Uhuru に対する関心は、関連銘柄ではなく、IPOの一点に絞られていると言ってよさそうです。 ウフル Uhuru への投資家の期待はIPOの一点に絞られる。 主要ウフル Uhuru 関連銘柄チェックリスト ウフルと関連する銘柄をチェックしておきましょう。 銘柄 株価 主なサービス 【2685】アダストリア 1,351円 ECサイト[. st]にSalesforce Marketing Cloudを導入 【4324】電通 4,905円 主要株主、電通デジタルとデジタルマーケティング領域で協業 【6287】サトーホールディングス 3,520円 取引実績あり 【6301】コマツ 3,028円 取引実績あり 【6701】NEC 2,953円 主要株主、「enebular」を使った「働き方改革」支援システムの構築で協業 【6981】村田製作所 17,220円 主要株主、IoTビジネス構想を支援 【7011】三菱重工業 4,172円 子会社の三菱重工機械システムと取引実績あり 【7267】ホンダ 3,272円 取引実績あり 【7272】ヤマハ発動機 2,760円 取引実績あり 【8031】三井物産 1,808. ウフル関連銘柄の上昇率ランキングTOP3! 過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かったウフル関連より 上位3銘柄を発表致します。 第3位【6981】村田製作所 上昇率 1. ただ、今後IPOに関するニュースなどが出た場合は関連銘柄の動きをチェック! 5. まとめ ウフル Uhuru への投資家の注目は、ウフル Uhuru 関連銘柄ではなく、IPOの一点に絞られていると言えます。 ウフル Uhuru は売上高は伸びているものの赤字が続いていることから、 資金調達のためにIPOする可能性は日増しに高まっていると思われます。 IoTベンチャーとして期待されるウフル Uhuru がIPOすることになれば、AIベンチャーのHEROZの再来となることも期待されます。 今後の、ウフル Uhuru のIPOニュースに期待しましょう。

次の