迅速 意味。 「迅速」の意味とは?「迅速な対応」などビジネス例文と関連用語も

「早速」の意味とビジネスでの使い方!「早々」「迅速」との違いは?|語彙力.com

迅速 意味

「迅速な」とは? 例えば、 「迅速な判断と素早い行動によって、被害を最小限に抑えました」のような例文で使用することができます。 「敏速な」とは? 「敏速な びんそくな 」という表現は、 「実際に物事・仕事を円滑にこなすスピードが非常に速いこと」や 「動作・動き・行為の速度がとても速いさま」の意味を持っています。 例えば、 「彼女の敏速な仕事ぶりにとても助けられました」といった文章で使うことが可能なのです。 「迅速な」と「敏速な」の違い! 「迅速な」と 「敏速な」の違いを、分かりやすく解説します。 「迅速な」も 「敏速な」も 「平均以上 人並み以上 のスピードの速さ」を意味している言葉ですが、 「迅速な」は 「迅速な応答をする」のように 「ある行動を起こすまでの速度がとても速いこと」に意味の重点があります。 それに対して、 「敏速な」という言葉は 「実際の動作・動きがとても速いこと」や 「仕事・物事をスムーズにこなしている速度が非常に速いこと」に意味の重点が置かれている違いを指摘することができます。 例えば、 「選手が敏速な動きでシュートを決めた」のほうが 「選手が迅速な動きでシュートを決めた」よりも適切な言葉の選択になります。 同様に、 「敏速な意思決定」よりも 「迅速な意思決定」のほうがより正しい言葉の使い方になるのです。 まとめ 「迅速な」と 「敏速な」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「迅速な」という表現は、 「行動を起こすまでのスピードが非常に速いこと」を意味しています。 それに対して、 「敏速な」というのは 「実際に物事・仕事をスムーズにこなすスピードが非常に速いこと」の意味を持っています。 「迅速な」と 「敏速な」の意味の違いを調べたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

次の

「早急」と「迅速」の違いとは?分かりやすく解釈

迅速 意味

「迅速」の意味とは? 「迅速」の類語や言い換え・似た言葉• 「迅速」の言葉の使い方• 「迅速」を使った例文と解釈• 「迅速」の対義語• 「迅速」と「早々」の違い• 「迅速」と「早速」の違い• 「迅速」を使った言葉と解釈 「迅速」の意味とは? 迅速の意味にはどういった意味があるのかということですが、かぎりなく速く、滞りなくという意味があります。 物事の進行が極めて素早いというさまを示していて、行動なども素早いことを示しています。 たとえば、ビジネスシーンで使われることが多く、正確に仕事を終えるという意味合いで使うことが多いです。 また、仕事上の専門用語として、普段は使われることになります。 さらに、スピーディーというだけではなく、迅速には、物事を正確に、かつ丁寧に終わらせるという意味合いもあります。 真っ直ぐにそのことだけを行い、他のことに気を止めないという意味もあります。 集中してその物事をこなすという背景なども意味します。

次の

「迅速」の意味と使い方!「迅速な対応」とは?目上の人にも使える?【類義語・対義語】|語彙力.com

迅速 意味

このような使い方は「起こし言葉」と言われ、他には「さて」「ところで」「実は」などがあります。 「早速」のビジネスでの使い方 「早速」はビジネスシーンでもよく使われる言葉です。 上で説明した、 起こし言葉としてもメールや商談などでよく用いられます。 例文で使い方を確認してくださいね。 【例文】• 早速ですが、本題に入らせていただきます。 早速のご手配、誠にありがとうございます。 突然お願いしましたのに、早速ご対応くださいましてありがとうございます。 では早速取り掛からせていただきます。 お預かりしました資料、早速拝見しました。 「早々」「迅速」との違いは? 「早速」と同じような意味でよく見かける言葉に「早々」「迅速」があります。 「早々(そうそう)」は、「すぐ。 急いで。 はやばやと」という意味です。 「迅速」は「物事の進み具合が非常に速いこと。 またそのさま」という意味です。 「早速」「早々」「迅速」、どれも「すぐ」という意味である点では同じですよね。 それぞれの細かい違いを見ていきましょう。 早速 「早速」は上で見てきたような使い方をし、 目上や目下に関係なく使える言葉です。 また、起こし言葉として話題に入る時や話題を転換する時に使えるという点が特徴的です。 【例文】 早速ですが、本日ご紹介したいのはこちらの商品です。 早速のご手配、ありがとうございました。 早々 「早々」は、「早速」と同じように「すぐ」の意味で使えますが、 一般的には自分の行為に対して使うか、自分と同等か目下の人に対して使う表現です。 とても身分の高い人や、すごくお世話になった方など、きちんと敬語を使わなくてはいけないような相手には、「早々」は使わない方が良い言葉です。 【例文】• 早々に失礼します。 例の書類、早々に仕上げるように。 迅速 「迅速」も「すぐ」の意味で「早速」と同じように使えます。 目上の人にも使える表現です。 意味合いとしては、「(対応などが)非常に速い。 素早い」というスピーディーさが強調された意味になります。 相手がものすごく早く対応してくれた、あるいは自分がとても素早く対応しますというような時に素早さを強調することができる言葉です。 【例文】• 迅速なご対応、ありがとうございます。 迅速に対応させていただきます。 まとめ 身近な言葉である「早速」の意味や使い方を説明いたしました。 仕事をしていく上で、「早速」や「迅速」などを用いて、相手の対応にお礼を述べたりする機会は多いと思います。 相手に失礼のないように、適切に感謝や依頼などを伝えられるよう、こうした言葉の使い方はしっかりと理解しておきたいですね。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の