ねずこと善逸。 善逸「天と地の差がある善逸の反応 #ぜんねず 」

善逸のかっこよすぎる名言シーン5選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

ねずこと善逸

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164• 165• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 177• 178• 179• 180• 181• 182• 183• 184• 185• 186• 187• 188• 189• 190• 191• 192• 193• 194• 195• 196• 197•

次の

鬼滅の刃 煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言名場面ベスト5

ねずこと善逸

スポンサードリンク 鬼を倒し、平和が訪れた今。 善逸は新たな壁にぶつかっていた。 禰豆子を自分にどう振り向かせるか。 夏の夜、善逸は禰豆子の兄である炭治郎へ相談をすることにした。 「炭治郎、ちょっといいか。 相談がある」 炭治郎、ニコリ。 「うん、いいよ。 」 蛍を見る炭治郎の横に善逸が腰かける。 「炭治郎、俺。 実はねずこちゃんのことが好きなんだ」 炭治郎、ニコリ。 「うん、しってるよ」 善逸「えー!なんでしってんの?!」 「バレないように必死に隠してたのに?!」 炭治郎、苦笑い。 「いやいや、見てたら分かるよ」 善逸「そーかそーか、なら話が早い。 」 「どうすれば、ねずこちゃんが俺のことを好きになってくれるかな?」 炭治郎、考える。 「うーん。。。 」 スポンサードリンク 鬼滅の刃続編~カップリング物語~ねずこと善逸編(3)善逸、炭治郎に相談 沈黙のまま5分経過。 善逸〈・・・長い。 ・・・長すぎる!〉 炭治郎「あ!」 善逸〈き、きたか!〉 炭治郎「善逸、人にはベストのタイミングってあるんだ」 善逸、食い入るようにうなずく。 「うんうん」 炭治郎「たとえばね、お腹いっぱいの時に山盛りのご飯をもらっても食べたいと思わないでしょ?」 善逸「うんうん」 炭治郎「でも、3日間飲まず食わずでお腹が減っている時におにぎりが出てくると嬉しいよね?」 善逸「うんうん」 炭治郎「つまり、何がいいたいかというと、今禰豆子は恋愛をしたいタイミングじゃないんだと思う」 ガーン 善逸、ショックを受ける。 〈つ、つまり俺はもうダメってことなのか・・・〉 炭治郎「禰豆子ってこの前まで鬼だったじゃんか。 」 「禰豆子、いつもニコニコしているけど辛い思いを沢山しているんだよね」 「大切な家族も失ってしまった」 「今は時間をかけて心の傷を癒す時なんだと思う」 「だから禰豆子を待ってあげてもらってもいいかな?」 善逸、号泣。 〈お、俺は自分のことしか考えていなかった。 〉 〈ねずこちゃんは沢山傷ついてきたに違いない・・・〉 〈俺が生涯守ってやるんだ・・・!〉 善逸「炭治郎、ありがとう!分かった!俺待つことにするよ!」 「でも、今できることはないかな?」 炭治郎、ニコリ。 「今は信用を信頼に変えるタイミングじゃないかな。 」 善逸「信用と信頼?どう違うの?」 炭治郎「例えば、伊之助って猪の被り物してて、上半身裸でぱっと見変な奴じゃんか」 善逸「うんうん。 その通り」 炭治郎「で、実際は強くて意外とイイ奴だったりする」 「一緒に行動しても大丈夫かな?って思うのが信用」 「で、今は同じ時間を過ごしてきて伊之助のいい所もいっぱい知っているし、頼りになるでしょ?」 善逸「まー、そうだな」 炭治郎「頼りになる。 それが信頼だよ」 善逸「なるほど!」 炭治郎「善逸なら、大丈夫!この人なら一生ついていけるって禰豆子に思ってもらえるように、信頼という貯蓄を増やすのが一番大事なんじゃないかな」 善逸「炭治郎、ありがとう!俺、絶対にねずこちゃんに信頼される男になる!」 炭治郎、ニコリ。 「こちらこそ、禰豆子を好きになってくれてありがとう。 応援してるよ」 ここから、善逸の恋の快進撃が始まる。 スポンサードリンク.

次の

鬼滅の刃続編~カップリング物語~(8)善逸ねずこ編

ねずこと善逸

Contents• 鬼滅の刃(きめつのやいば)善逸と禰豆子(ねずこ)は結婚したの? 禰豆子に「いのすけ」をひたすら覚えさせた伊之助のせいで、「いのすけ、おかえり」と善逸に言ってしまった禰豆子。 まぁ善逸と禰豆子(ねずこ)本人は登場しません。 」 — 破軍歌姫 ! Gabriel917Ribon 最終選別の後に改めて登場した善逸。 その時の善逸は道中で優しくしてくれた女の子に 結婚してくれと懇願していましたw 女の子ははた迷惑そうにしていて、炭治郎が2人の間に入り女の子を助けたわけですが… とにかく 女の子が好きで執着が凄い善逸。 まぁ元々剣士になったのも女の子に騙された借金を立て替えてくれたのがたまたま育手だったからですしねw そんな善逸ですが、禰豆子(ねずこ)に出会ってからはちょっと変化が見られました! それは、 見境なく結婚してくれと言わなくなったこと。 それぞれの花言葉はこんな感じ!• 赤色の撫子…純粋で燃えるような愛• 勿忘草…私を忘れないで、真実の友情• 特に勿忘草の花言葉にそれが表れているように感じますね! 自分と結ばれてくれるのば一番嬉しいけど、それ以上に 禰豆子(ねずこ)の幸せを願っている感じがします。 では、逆に禰豆子(ねずこ)にとってはどうなのでしょう? 無限列車編で眠りながらも自分を守ってくれた善逸に禰豆子(ねずこ)は特別な感情を抱いているように見えました。 様々な記憶がぐるぐると回っている中、その一片に善逸との記憶も。 初めて出会った時禰豆子(ねずこ)の姿を見ていなかった上に鬼だと分かっていたけど、守ってくれた善逸。

次の