高校生 ゲイ セックス。 女性が男性にセックスを強要……それはレイプなのか

日本で株式会社セブン

高校生 ゲイ セックス

セクスティングという言葉を聞いたことがあるだろうか。 セクスティングとは、SEXとTexting(SMS)からなる言葉で、性的なメッセージや写真などを携帯電話に送ることを指す。 少し前の調査だが、2008年に米国で「ティーンの無計画な妊娠防止運動(National Campaign to Prevent Teen and Unplanned Pregnancy)」と雑誌「CosmoGirl」が共同で実施した調査によると、「自分のヌードやセミヌードの映像を送信したことがある」という質問に対して、ティーン男子(13~19歳)の18%、ティーン女子の22%、ヤングアダルト男子(20~26歳)の31%、ヤングアダルト女子の36%が「経験がある」と回答している。 さらに、ティーンの15%、ヤングアダルト男子の23%、ヤングアダルト女子の15%は、「インターネット上でのみ知っている相手に送信した」と回答しているのだ。 内閣府「(2008年)」 スマートフォンが普及し、写真の撮影・送信が手軽にできるようになった。 SNSを使って他人と知り合うことも容易になり、特にティーンにおいてこの傾向が加速している。 セクスティングにはどのような問題があるのか。 女子中高生がそのような行動に出る理由と潜む危険性について考えていこう。 請われることが嬉しい女子中高生たち セクスティングにまつわる事件は世界中で起きている。 2015年5月、シカゴで少女がSnapchatを使って自分のヌード写真をボーイフレンドに送信。 ボーイフレンドはこの写真を他の生徒たちに転送した上、少女にもっとヌード写真を送るよう脅迫したとして、警察が介入する騒ぎとなった。 Snapchatとは、設定した秒数で送ったメッセージや画像が消えるスマートフォンアプリ。 消えるという触れ込みのため、多くのティーンエイジャーが気軽に同様の写真を送っているという。 しかし、Snapchat上からは削除されても、スマートフォンのスクリーンショットを撮られてしまえば、拡散や転送も可能だ。 現在、Snapchatのアプリ説明にはこの旨が記載されるようになったが、利用者であるティーンがこの危険性を正しく理解できているとは思えない。 Snapchatのアプリ説明には、送信した画像などがスクリーンショットで保存される可能性がある旨記載されている このような事件は、日本でも多数起きている。 2015年3月、福岡県で市立中学校常勤講師の男(24)が、恋人だった女子高生(17)に複数回裸の写真を撮影させたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕された。 男は、女子高生に対して2014年7月から10月にかけて複数回裸の写真を送らせた上、「言うことをきかなければ写真をばらまく」と脅していた。 このように、恋人に請われて裸の写真を撮影、送る例はとても多い。 その結果、リベンジポルノ被害が起きてしまっているのだ。 ネットで知り合っただけの相手に請われて衣服を脱いでしまい、事件につながる例も多い。 2012年7月、大阪在住の男(25)が、ネットで知り合った女子中学生(14)とSkypeで会話。 「谷間が見たい」などと要求して服を脱がせ、その様子を動画サイトで同時に配信、不特定多数が見られる状態にした。 少なくとも2500人が視聴していたが、少女は動画配信されていることを知らなかった。 男はやはり児童買春・ポルノ禁止法違反で書類送検されている。 自ら裸の写真を撮って投稿する例もある。 2015年3~4月にかけて、牛丼チェーン店「すき家」の女子高生バイトが、店内で撮影した自らの裸の写真など、わいせつな写真をTwitterに投稿して騒ぎとなった。 女子高生は顔写真や自分が通う高校などについても投稿し、身分を隠そうとはしていなかった。 バイト先の制服姿の写真などもあったが、聞き取り調査によると女子高生はバイト先への不満をそのような形で表現したわけではないという。 そのようにして撮られた写真の多くは、インターネットに流出、現在も不特定多数が閲覧できるような状態となっている。 なぜ、彼女たちはこのような行動に出るのだろうか。

次の

カップル動画の投稿が人気! 動画アプリ「MixChannel」は10代女子の新しい自己表現ツール

高校生 ゲイ セックス

は、2016~2017年にかけてイギリス初の、「強制挿入」の調査を実施。 オンライン調査で200人以上の男性から回答を得た。 今年7月に発表された最新調査は、2018年5月から2019年7月にかけて男性約30人と1対1で対面し、直接話を聞いた内容にもとづくもので、強制挿入が起きる状況とその後の影響、さらに刑事司法制度の対応について詳細に調べている。 調査の参加者は全員匿名だが、その内の1人をここでは「ジョン」と呼ぶ。 ジョンによると、何かがおかしいという最初の兆候は、パートナーの自傷行為だった。 特に危険な事態になると、ジョンは彼女を急いで救急病院に連れて行った。 どうして自傷してしまうのか、2人は数時間かけて話し合い、心理的原因を探った。 それから約半年後、相手の女性は自分に傷をつけるのではなく、ジョンを狙うようになった。 「居間に座っていたら、彼女が台所から走ってきて、僕の鼻を強打して、くすくす笑いながら走り去った」とジョンは言う。 「それ以降、暴力行為はどんどん頻繁になった」。 パートナーの女性は近所のかかりつけ医師に助けを求めたと、ジョンは言う。 カウンセリングを受け、心理カウンセラーに会うよう紹介状を書いてもらったが、予約はすっぽかした。 女性は仕事から帰宅しては、「セックスを強く要求するようになった」とジョンは言う。 「暴力的になって、あまりにひどいので、彼女が帰宅するのを恐れるようになった」 あるときジョンが目を覚ますと、自分の右腕が手錠でベッドの金属枠につながれていた。 彼女のやったことだ。 ベッドの隣にあるステレオシステムのスピーカーを持ち上げた彼女は、それでジョンの頭を殴り始めた。 次にジョンの左腕をナイロンロープで縛り上げ、セックスを強要しようとした。 全身の痛みと恐怖にかられ、ジョンは応じることができなかった。 すると彼女はまたジョンを殴り、そのまま半時間ほど放置した。 やがて戻ってきてジョンの手錠を外したものの、何があったのか話し合おうとしなかった。 それから間もなくして彼女は妊娠し、暴力行為はやんだ。 しかし赤ちゃんが生まれて数カ月後の晩、ジョンがふと目を覚ますとまた手錠でベッドにくくりつけられていた。 彼女は今度は、ジョンに勃起不全治療薬の「バイアグラ」を無理やり飲ませ、猿ぐつわをかませた。 「自分ではどうしようもなかった」とジョンは言う。 「ことが終わると、僕はシャワーの中でずっと座ってた。 そのままどれくらい時間がたったのか、よく分からない。 やがて下の階の部屋に行くと、彼女は開口一番こう言った。 『夕ご飯はなに? 』って」 自分の体験を人に話そうとしても、なかなか信じてもらえなかったと言う。 「どうして家を出なかったのか、何度か聞かれた。 だって、 自分の子どもたちのために買った、 自分の家なんだし。 それに金銭面もあった。 経済的な意味でも彼女との関係に、がんじがらめになってたんだ」 「今でもなかなか信じてもらえない。 『なんで殴り返さなかったんだ』とか、そういう反応がよくある。 でも、それは言うほど簡単なことじゃない」 「もっと早くに逃げ出せばよかった」 Image copyright Getty Images ウェア博士が話を聞いた他の男性たちも、ジョンと同じような経験を口々に語っている。 「自分の性器を強制的に相手の体に挿入させられる」という行為を強要するのは多くの場合、女性パートナーや元パートナーだ(博士は、男性と女性が当事者となる強制挿入のみを研究対象にしている)。 そして、この強要行動は実は、多岐にわたる家庭内暴力(DV)の一環なのだというケースが多い。 自分の経験を口にしても信じてもらえないことが多いというのも、大勢に共通している。 「楽しんだんだろう。 じゃなかったらもっと前に通報したはずだ」と、警官に言われたという男性もいる。 別の男性はウェア博士にこう言った。 「自分に何があったのか口にするのが怖いし、恥ずかしいし、いざ誰かに話すと信じてもらえない。 自分は男だから。 男を性的に虐待するってどういうことだ?って。 だってほら、こいつは男じゃないかって」。 多くの男性は「強制挿入」の経験を恥ずかしく思い、通報しない。 DVは通報しても、自分への性的虐待は明らかにしないことがある。 精神衛生への打撃は深刻なものになり得る。 その影響は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や希死念慮、性的不能などとして表面化することがある。 性的虐待を繰り返し経験する男性もいる。 幼児期の性的虐待や、男性を含む複数の加害者から性的暴力を受けた後、女性からも「強制挿入」を強要されたという。 被害者の多くは警察や刑事司法制度、法律に対して、圧倒的に悪い印象を抱いている。 これは決して事実ではないことが、博士の研究ではっきりする。 加えて、男性はどんな状況でも女性との性交の機会を歓迎するものだという「都市伝説」も、間違っていることが立証されている。 Image copyright Getty Images 3つめの間違った思い込みは、男性の性的欲求についてだ。 勃起したならセックスがしたいはずだと思われがちだが、実際には「性器の勃起はただ単に、刺激に対する生理的反応に過ぎない」とウェア博士は説明する。 「たとえ怖くても、怒っていても、おびえていても、男性は勃起することがあるし、その状態が持続することもある」 「女性についても、強姦されながら性的に反応(例・オーガズムなど)することがあるという研究もある。 体が生理的に反応するからだ。 男女を問わず性的暴力の被害者について、このことはもっと語られるべきだが、まだ不十分だ。 だが、明確な証拠はすでに得られている」 ウェア博士の2017年調査に参加した複数の被害者は、アルコールや薬物で酩酊状態にある最中に「強制挿入」を経験し、自分に起きていることを制止できなかったのだと話している。 今回発表された最新調査に参加した男性は、ナイトクラブで遊んだ後に女性と帰宅したところ、完全に意識を失ったと話した。 いわゆる「デート・レイプ」用の薬物を何か与えられたのではないかと疑っている。 その後、同意しないまま性交を強要されたと男性は話す。 別の男性は、学生時代の夏休みにキャンプで働いていた際、セックスを強制されたと話した。 自分がボーイフレンドに書いた手紙を女性同僚に見つかり、セックスしなければ同性愛者だと周りに暴露すると脅されたという。 この女性同僚は、この男性が女性と性交すれば「人生は一変し、ストレートになる」と思い込んでいたという。 男性は友人や家族や同僚たちに、自分はゲイだと明らかにしていなかったため、女性の脅しに従うしかないと思ったと話した。 ウェア博士によると、最新調査の参加者のほとんどが、自分の性器を相手に挿入させられた経験を「強姦」と認識しており、自分の経験がイングランドおよびウェールズの法律では「強姦」に該当しないことに不満を抱いていた。 加えて、イギリスの社会全般がおそらく自分の経験を強姦とみなさないはずだと、そこにも不満を抱いていた。 「自分の元彼女が酔っ払っては強引にセックスを仕掛けてきた、要するに自分を強姦したなんて話は、ほとんどの男の憧れだったりするよね?」と参加者の1人は話した。 「パブでそんなこと言おうものなら。 うちの彼女は酔っ払うと、すっかりその気になるんだぜ、なんて。 『うおお、最高だ! あやかりたいね!』とか言われるのが関の山だ。 でも絶対に最高じゃないし、あやかりたくない。 本当に。 想像するようなそんなのじゃないんだ」 ウェア博士はで、アメリカの一部の州法は「強姦」を、不同意の性交と広く定義していると指摘する。 また豪ヴィクトリア州では、「性器の挿入を強要する強姦」という別個の行為を犯罪として認定している。 博士は、「自分の性器を他人に強制的に挿入させられる」行為を強姦罪に含めるかどうか、「真剣に検討」する必要があると提言している。 (編集部追記:日本の刑法第177条は「強制性交等」を、「十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。 )をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。 十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする」と定めている。 これに対して2017年の改正前は、「強姦」について、「暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。 十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする」と規定していた。 ) (英語記事 ).

次の

女性が男性にセックスを強要……それはレイプなのか

高校生 ゲイ セックス

ことし元旦、蒼井氏はソーシャルメディアで婚約指輪をつけた写真を投稿し、世界中のファンたちに喜ばしいニュースを報告した。 中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」への投稿には48時間以内に17万件以上のコメントが寄せられ、83万件以上の「いいね」がつけられた。 あるファンは「僕たちはあなたの映画を見ながら成長した。 いつでもあなたを応援しています」とコメントしていた。 別のユーザーは「あなたはずっと僕の女神。 (中略)幸せを願っています」と書いた。 「蒼井先生」 蒼井氏は2000年代始めにポルノ女優としてのキャリアを始めた。 成人向け映画の出演作は推計90本以上で、2003年から2005年にかけては毎月新作が発表されていた。 中国ではポルノは違法だ。 それでも、中国の男性たちが蒼井氏に夢中になるのを止められなかった。 27歳のリュー・キャンさん(仮名)はBBCに対し「思春期にまともな性教育を受けられなかった多くの中国人男性にとっては、蒼井そらが僕たちの先生になりました」と語った。 Image copyright Weibo Image caption 蒼井氏はウェイボーで婚約を発表した 中国のインターネットが破竹の勢いで発展した頃、蒼井氏の人気は急上昇した。 新たなポータルサイトやオンライン・コミュニティー、動画配信サイトが次々と登場し、様々な情報の拡散を容易にした。 違法のポルノコンテンツもその一つだった。 リューさんは高校生時代、友人たちと一緒にMP4プレイヤーを使って蒼井氏のポルノ映像を見たり、共有していた。 しかしテクノロジーが発展していくにつれ、これまでより「ずっと簡単に」動画配信サイトでポルノを見るようになったと言う。 香港中文大学の日本研究学科に務める呉偉明教授は「中国での知名度を上げる良いタイミングを蒼井そらは捉えた」と指摘する。 「彼女が自分の国で人気が出た時期は、ちょうど中国が性を含めたあらゆる面において外の世界とつながるようになった時期と重なっている」 Image copyright CNS Image caption 蒼井氏が中国でのマーケティング行事に出席した際、押し寄せたファンたち 中国の若者にとって、ポルノは性について知る重要な情報源だ。 学校では性教育は限られており、ほとんどの親は性について子供たちに教えるのを尻込みしている。 2009年に北京大学が15歳から24歳の若者2万2000人以上を対象に、調査を行った。 リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)について3つの質問をしたところ、全問正解できたのは回答者のわずか4. 4%だった。 また研究者たちは、多くの若者が性について「自分で」学んだと追記していた。 しかし中国初の性科学者である李銀河氏はポルノが性教育のツールに利用されることについて懸念している。 BBCの取材に対し李氏は、ポルノは性を誇張して表現しており、中には自分をポルノ男優と重ねて「勘違い」する男性も出る可能性があると指摘した。 またポルノが若者たちの性行為への態度をゆがめたり、性の健康問題につながる恐れがあるとする専門家もいる。 「蒼井そらナイト」 ポルノがここまで自由に、そして手軽に入手できるなか、なぜ蒼井氏が抜きんでたのだろうか。 アジア社会において性は依然としてタブーだが、蒼井氏はポルノで築いたキャリアについて「自分を見下したことは一度もない」とした。 Image copyright Getty Images Image caption 蒼井氏は中国書道を習っっている 海外で世界中のファンと交流できるので常に「仕事を楽しんできた」と蒼井氏はいう。 ネット上で名誉を傷つけるコメントに直面しても、蒼井氏は礼儀正しく温かく対応する。 開かれた心と率直さにゆえに、蒼井氏はファンから尊敬され評価されている。 蒼井氏は2010年4月11日にツイッターアカウントを開設した。 そのニュースはツイッターが禁止されている中国でも拡散し、大勢の中国人ファンは、VPNを使って当局の検閲システム「グレート・ファイア・ウォール」を乗り越え、蒼井氏をフォローした。 アカウントが開設された日の夜は、中国人ファンたちの間では「蒼井そらナイト」と呼ばれている。 7カ月後、蒼井氏はウェイボーのアカウントを開設した。 蒼井氏は今までに1800万人以上のフォロワーを獲得しており、これはテイラー・スウィフトとデビッド・ベッカムの「いいね」より多い数字だ。 蒼井氏は2011年にポルノから正式に引退し、女優・歌手の新たな道を歩んでいる。 音楽シングルをリリースし、オンラインビデオや映画に出演しており、中国は蒼井氏にとって巨大なマーケットだ。 蒼井氏は中国文化に慣れ親しむために多大な努力を注いでいるようだ。 同氏のマネージャーがBBCに語ったところにによると、ウェイボーの投稿は蒼井氏自身が中国語で書いているという。 中国語以外にも、蒼井氏は中国書道を習い始めた。 2013年に蒼井氏による書が60万元(約1035万円)で売れたといわれている。 「世界に帰属する」 蒼井氏が幅広く中国人ファンに愛されているというのは、波風が絶えない日中関係を考えると矛盾しているように思える。 中国では第二次世界大戦中の日本の残虐行為に対して長年にわたる苦い感情があり、中国では釣魚島と呼ばれ日本では尖閣諸島と呼ばれる群島について領有権を争っている。 しかし、日本に住む中国人作家、黄文葦さんは蒼井氏が中国と日本の関係を民間レベルで緩和する役割を果たしていると考えている。 「以前に中国のネット上で『釣魚島は中国に帰属するが、蒼井そらは世界に帰属する』という言い回しが流行っていた。 こうやって蒼井氏は政治的、そして市民間の緊張関係を和らげてきた」 呉教授は、中国における蒼井そら現象は、グローバル化時代に人々が自分をどう定義するかは、国籍だけでなくどのようなメディアのコンテンツを消費しているかで形作られるということを象徴しているという。 「蒼井そらを好きな人々は、出身国に関わりなく同じグループに属していると感じる」 蒼井氏はおそらく、アジア全域の若者たちに、国籍や政治観が異なっても共通点は思ったより多いということを思い出させてくれるものなのだろう。 (英語記事 ).

次の