燭へし。 燭 (しょくまたはあかり)とは【ピクシブ百科事典】

燭とは

燭へし

燭 蝋燭 記号 c. 0067 cd 定義 ハーコート氏10燭ペンタン灯の水平方向の光度の10分の1 由来 蝋燭1本の光度 テンプレートを表示 燭(しょく、記号: c. )とは、かつて使用されていたのである。 燭光(しょっこう)、 キャンドル candle とも言う。 様々な定義があるが、いずれも「1本分の光度」を由来とするものであり、そこから、英語では蝋燭を意味する"candle"が単位の名前となり、日本語ではそれを訳して燭、また「蝋燭の光」という意味で燭光となった。 燭は、にの都市ガス条例によって初めて定義された。 そのときの定義は、「1に120の割合で燃焼する6分の1の鯨油の光度にほぼ等しい光度」であった。 その後、に「の下で0. の第9回 CGPM において、より定義を明確にしたが承認された。 カンデラは燭にできるだけ値が近くなるように作られた単位であり、1燭は1. 0067カンデラである。 実用的には燭とカンデラはほぼ同じと考えて良く、今日でもカンデラの別名として燭(燭光)という言葉が用いられることがある。 なお、今日ではカンデラによって定義されているも、当初は燭によって定義されていた。 日本では、かつては燭が広く使われていたが、施行のでカンデラに置き換えられ、1959年以降は商取引等での使用が禁止されている。 かつてはの明るさを示すのに燭が使われていたが、今日では消費電力のがその代わりとなっている。 1877年に再定義されたハーコート氏ペンタン灯による燭は「国際燭」と言い、他にも様々な灯具を用いた「燭」があった。 例えば、ドイツではヘフナー灯 という灯具を用いた「ヘフナー燭」が使用されていた。 ヘフナー燭は、標準大気圧760の下で1中に8. 8の水蒸気を含む空気中でを燃焼させたときの光度と定義されており、1ヘフナー燭は約0. 9国際燭に相当する。

次の

武野燭談 : 三〇巻

燭へし

概要 [ ] 『玉燭宝典』はにならって各月の古代から書かれた隋当時までの年中行事を述べたものであり、月ごとに1巻をなす。 日本に残る本では巻9を欠くが、それ以外の11巻は残っている。 『』が南方の民俗を記しているのに対し、『玉燭宝典』は北方の民俗を記す。 各巻末に正説(誤った言い伝えを正す)・附説(当時の俗習を記す)を載せている。 題名は『』釈天「春為青陽、夏為朱明、秋為白蔵、冬為玄英。 四気和、謂之 玉燭。 」による。 作者の杜台卿はの人で、『』によると隋の年間にあらかじめ作ってあった『玉燭宝典』を進上したという。 したがって書物はすでに北斉時代に書かれていたのかもしれない。 杜台卿の甥の杜公瞻はやはり年中行事を記した『荊楚歳時記』を現在の形に作りあげた人物として知られる。 『玉燭宝典』は非常に多くの書籍を引用しており、その中にはの『四民月令』、『月令章句』、の『風土記』など現在失われたものも多い。 現存する本 [ ] に蔵する本はと呼ばれ、に指定されている。 年間(1345-1350年)の筆写により、本文以外にも日本史の重要な史料である。 1943年にコロタイプ複製本が出版され、デジタルコレクションでも公開されている。 の本は江戸時代にで前田本を写したものを、が幕府に献上したものである。 清末の『』に『玉燭宝典』が収められ、中国でも再び知られるようになった。 他の諸本については石川 2005 に詳しい。 注釈・研究書 [ ] 依田利用『玉燭宝典攷証』は『玉燭宝典』の誤記などを修正したものである。 邦訳 [ ]• 石川三佐男『玉燭宝典』、〈中国古典新書続編 8〉、明徳出版社、1988年、。 脚注 [ ].

次の

「燭」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

燭へし

概要 [ ] 『玉燭宝典』はにならって各月の古代から書かれた隋当時までの年中行事を述べたものであり、月ごとに1巻をなす。 日本に残る本では巻9を欠くが、それ以外の11巻は残っている。 『』が南方の民俗を記しているのに対し、『玉燭宝典』は北方の民俗を記す。 各巻末に正説(誤った言い伝えを正す)・附説(当時の俗習を記す)を載せている。 題名は『』釈天「春為青陽、夏為朱明、秋為白蔵、冬為玄英。 四気和、謂之 玉燭。 」による。 作者の杜台卿はの人で、『』によると隋の年間にあらかじめ作ってあった『玉燭宝典』を進上したという。 したがって書物はすでに北斉時代に書かれていたのかもしれない。 杜台卿の甥の杜公瞻はやはり年中行事を記した『荊楚歳時記』を現在の形に作りあげた人物として知られる。 『玉燭宝典』は非常に多くの書籍を引用しており、その中にはの『四民月令』、『月令章句』、の『風土記』など現在失われたものも多い。 現存する本 [ ] に蔵する本はと呼ばれ、に指定されている。 年間(1345-1350年)の筆写により、本文以外にも日本史の重要な史料である。 1943年にコロタイプ複製本が出版され、デジタルコレクションでも公開されている。 の本は江戸時代にで前田本を写したものを、が幕府に献上したものである。 清末の『』に『玉燭宝典』が収められ、中国でも再び知られるようになった。 他の諸本については石川 2005 に詳しい。 注釈・研究書 [ ] 依田利用『玉燭宝典攷証』は『玉燭宝典』の誤記などを修正したものである。 邦訳 [ ]• 石川三佐男『玉燭宝典』、〈中国古典新書続編 8〉、明徳出版社、1988年、。 脚注 [ ].

次の