武田 砂鉄。 武田砂鉄 安倍政権の「言葉」を語る

武田砂鉄の本名や出身高校と大学は?左翼や半日説についてもリサーチ!

武田 砂鉄

新型コロナウイルス感染が世界規模で拡大する中、来年7月23日に延期が決まった東京オリンピック(五輪)。 この事態を乗り越え、アスリートの躍動、スポーツの感動に酔う夏を迎えたい。 五輪が、その国と都市に与えた正負両面の影響について考えてきた「国と五輪」最終回は、こんな今だから、あえて五輪に批判的なライターの武田砂鉄さんに聞く。 「どうする? 東京五輪」。 【取材・構成=秋山惣一郎】 延期決定から日程の発表まで、ずいぶん早かったですね。 誰がどのような論拠で決めたのでしょう。 政治日程がとか、米国のテレビ局がとか、事情通的な裏読みを我々がする必要はない。 説明が足りない、と迫ればいい。 来夏までに新型コロナウイルスを終息させ、市民生活を再建するめどが立ったと言えるはずがない。 誠実に説明する気がないのでしょう。 来夏の東京で五輪をやりたくてしょうがなくて焦っている人の顔だけが見えます。 安倍晋三首相は「人類がウイルスに打ち勝った証し」と連呼する。 最近のお気に入りのフレーズのようですが、多くの人が生活にダメージを負っている今、まだそんな安い言葉で物事を動かそうとしている。 「その通り!」と思っている人って、います? でも、実際に五輪が始まって、誰かが金メダルを取れば、それが「打ち勝った証し」となり、「東京五輪は成功」と言われるんでしょう。 五輪開催に向けて、これまでにすさまじい額のお金をつぎ込んだ。 で、延期で巨額の追加負担が発生する。 そんなお金があるなら、ウイルス対策や生活再建のための給付、補償に回すべき。 限られた人が「成功」を実感するために、どれだけの人々の痛みを放置するのか。 「全員団結」と言われたって全員困っている。 五輪どころじゃないです。 13年の招致運動の際に掲げられた「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ。 」というスローガンを覚えていますか。 大震災、原発事故から、わずか2年ほどの時期にカタカナの「ニッポン」に「夢の力」で「。 空疎な言葉です。 「復興五輪」とも連呼しましたが、招致の話が出たのは2005年(平17)。 震災の6年も前です。 「復興」も「ウイルスに打ち勝った-」も後付けです。 五輪開催の意義を、適当に調達してきたのです。 暑さ対策が問題になった時、朝顔を置くとか、雪を降らせるとか、大まじめに言ってたころは、みんな笑っていた。 でも、もう笑えない。 異常気象や地震といった天災などリスク要因はいくらでもあったのに、何も考えてなかったことが、今回の事態で明らかになった。 政府も東京都も組織委もJOCも、ただ慌てふためいている。 五輪開催には、多大な経費がかかるが、経済効果がそんなに見込めないことも分かってきた。 国家財政を痛め、町を荒らし、競技場は廃虚と化した例は少なくない。 五輪は、もはや開催すること自体が大きなリスクです。 大阪府の吉村洋文知事が「EXPO2025」という25年大阪万博のロゴ入りジャンパーを着ています。 あれを見るたび、暗い気分になるんです。 そうか、五輪の後は万博か、と。 札幌では30年冬季五輪招致の話もある。 高度成長期の夢よもう1度とばかりに、中年向けの回春剤のように次々と用意され、「これで日本はすごいことになる」と言われ続ける。 それに対し、本当にそうなのか、検証したんですか、と疑問を投げ続けるのは、しんどい作業です。 ウイルスは1年で本当に収まるのか。 収まったとして国民生活は元に戻るのか。 また神頼みですか。 五輪の前にやるべきことをやってほしい。 五輪は、中止しかないでしょう。 出版社で編集者として勤務後、14年秋からフリーに。 主な著書に「紋切型社会」(新潮文庫)。 TBSラジオ「ACTION」金曜パーソナリティー。 「暮しの手帖」「文学界」など雑誌連載も多数。 首相に民主党の鳩山由紀夫氏。 東京電力福島第1原発事故。 石原知事4選。 石原知事は、20年五輪招致へ意欲を表明。 後任に猪瀬直樹氏。 自民党が政権に復帰。 最終プレゼンに立った安倍首相は「(原発の)状況は、完全にコントロールされている」と述べた。 滝川クリステルの「お・も・て・な・し」が新語・流行語大賞に選ばれた。 当初案は白紙撤回。 大会公式エンブレムの「盗作疑惑」が浮上。 舛添知事が政治資金を巡る公私混同疑惑で辞任。 後任に小池百合子氏。 トライアスロンなどの会場となるお台場で基準値を超える大腸菌検出。

次の

武田砂鉄さん語る/国と五輪 最終回 東京大会編

武田 砂鉄

24年にわたり毎週月曜から金曜まで生放送されてきたTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の後番組として、4月から新番組『ACTION』がスタートする。 宮藤官九郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、DJ松永(Creepy Nuts)、芥川賞作家の羽田圭介と、曜日ごとに異なるパーソナリティが配された番組で、金曜担当に抜擢されたのがライターの武田砂鉄だ。 武田は過剰なまでに掘り下げる考察と、触れにくいことにもズバッと切り込む批評で多数の連載を抱え、2015年には初の著書『紋切型社会』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞している。 いわば「言葉のプロ」として活躍してきた彼は、ラジオという場でなにを発信するのだろうか。 じつはCINRA立ち上げメンバーのひとりでもあり、雑誌とラジオに支えられて青春時代を過ごしてきたという彼に、ラジオへの思いや番組への意気込みについて語ってもらった。 (パーソナリティの起用は)光栄だし、楽しみでもありますけど、恐怖心もあります。 —今回、このインタビューはCINRA. NETに掲載されるのですが、武田さんは株式会社CINRAの杉浦社長と中学高校の同級生と聞きました。 武田:そうなんです。 しかも僕はCINRAの立ち上げから関わっています。 大学生の頃に、それぞれの大学であんまりうまくいっていない人たちが杉浦の家の近くにあるマンション屋上のプレハブ小屋に集い、CINRAをスタートしたんです。 最初はCD-Rに記事データを入れるCD-Rマガジンを出していたんですけど、その最初の数号は自分が編集長をしていました。 もう15年ほど前になりますが、それがいつの間にか大きな規模の会社になり、なんだか不思議な感覚です。 —逆もそうじゃないですか。 武田さんも著書で賞を獲られて、今度はTBSラジオのパーソナリティ就任ということで。 武田:いやいや。 でも、お互い、当時からやっていることはさほど変わらないです。 それが徐々に膨らんで、こうして取材してもらえるのは、うれしい限りですね。 武田砂鉄 —そのパーソナリティについてですが、最初に話を聞いたときの率直な感想は? 武田:学生の頃から、ずっとラジオを聞いてきたし、ライターになってから、あちこちのラジオに出演させてもらってきたので、パーソナリティをやってみたい、という思いは、当然、頭のどこかにありました。 だけど、現実になるとは考えてなくて、ましてや『デイ・キャッチ!』という、とても歴史の長い番組の後にやるのは光栄だし、楽しみでもありますけど、恐怖心もあります。 ただし、「恐怖です」と言っていても仕方ないので、「さぁ、どうすっか」という現在です。 —ずっとラジオを聞いてきたと言ってましたが、どんな番組を聞かれていたんですか? 武田:実家では、朝はテレビを見ない、というルールがあったので、TBSラジオで朝の番組を聞くのが日課でした。 あと、中高時代は部活をサボりがちだったので、4時くらいに帰ることが多く、テレビで『あぶない刑事』の再放送を見るか、ラジオで『デイ・キャッチ!』を聞くかを選ぶ、そんな生活をしてました。 —学生時代から『デイ・キャッチ!』を聞いていたんですか? 武田:はい、とにかくずっとTBSラジオが流れていたので。 あと、音楽ではヘヴィメタルが大好きだったので、メタル界の重鎮、音楽評論家・伊藤政則さんのラジオも欠かさず聞いていました。 それから伊集院光さんのラジオを録音して、自転車通学の行き帰りで聞いていましたね。 —ハガキ職人のように、ラジオに投稿もしていたんですか? 武田:政則さんのラジオには投稿していましたね。 政則さんは1970年代のプログレや、ヴィンテージなハードロックが好きなので、高校生がそういうのをリクエストしたら読まれるんじゃないかと考えながら投稿してました。 でも、それが採用されたんですよ。 —採用されるための投稿を? 武田:そうですね。 そしたら政則さんは「えー、高校生がこんなの聴いてるの!? 」って。 狙い通り(笑)。 読まれた日のカセットはいまだに実家にあります。 この仕事をして、政則さんに会って、そのことを伝えたら「まったく覚えてない!」と言われましたが。 番組情報 TBSラジオ『ACTION』 よりワクワクする明日がくるように。 より楽しい日々が過ごせるように。 なんでも受け身じゃつまらない! 「やってみたい」を「やってみる」情報エンタテインメントプログラムです。 4月1日スタート。 放送時間:毎週月曜〜金曜 15:30〜17:30 パーソナリティ: 月曜日 宮藤 官九郎 火曜日 尾崎 世界観(クリープハイプ) 水曜日 DJ松永 Creepy Nuts 木曜日 羽田 圭介 金曜日 武田 砂鉄• プロフィール 武田砂鉄(たけだ さてつ) 1982年生まれ 東京都出身。 大学卒業後、出版社勤務を経て、2014年からフリー。 著書『紋切型社会』では、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。 政治から、スポーツ・カルチャーまで広範囲で執筆。

次の

武田砂鉄が語る不遇の時代 モテる奴らに負けないための悪巧み

武田 砂鉄

24年にわたり毎週月曜から金曜まで生放送されてきたTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の後番組として、4月から新番組『ACTION』がスタートする。 宮藤官九郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、DJ松永(Creepy Nuts)、芥川賞作家の羽田圭介と、曜日ごとに異なるパーソナリティが配された番組で、金曜担当に抜擢されたのがライターの武田砂鉄だ。 武田は過剰なまでに掘り下げる考察と、触れにくいことにもズバッと切り込む批評で多数の連載を抱え、2015年には初の著書『紋切型社会』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞している。 いわば「言葉のプロ」として活躍してきた彼は、ラジオという場でなにを発信するのだろうか。 じつはCINRA立ち上げメンバーのひとりでもあり、雑誌とラジオに支えられて青春時代を過ごしてきたという彼に、ラジオへの思いや番組への意気込みについて語ってもらった。 (パーソナリティの起用は)光栄だし、楽しみでもありますけど、恐怖心もあります。 —今回、このインタビューはCINRA. NETに掲載されるのですが、武田さんは株式会社CINRAの杉浦社長と中学高校の同級生と聞きました。 武田:そうなんです。 しかも僕はCINRAの立ち上げから関わっています。 大学生の頃に、それぞれの大学であんまりうまくいっていない人たちが杉浦の家の近くにあるマンション屋上のプレハブ小屋に集い、CINRAをスタートしたんです。 最初はCD-Rに記事データを入れるCD-Rマガジンを出していたんですけど、その最初の数号は自分が編集長をしていました。 もう15年ほど前になりますが、それがいつの間にか大きな規模の会社になり、なんだか不思議な感覚です。 —逆もそうじゃないですか。 武田さんも著書で賞を獲られて、今度はTBSラジオのパーソナリティ就任ということで。 武田:いやいや。 でも、お互い、当時からやっていることはさほど変わらないです。 それが徐々に膨らんで、こうして取材してもらえるのは、うれしい限りですね。 武田砂鉄 —そのパーソナリティについてですが、最初に話を聞いたときの率直な感想は? 武田:学生の頃から、ずっとラジオを聞いてきたし、ライターになってから、あちこちのラジオに出演させてもらってきたので、パーソナリティをやってみたい、という思いは、当然、頭のどこかにありました。 だけど、現実になるとは考えてなくて、ましてや『デイ・キャッチ!』という、とても歴史の長い番組の後にやるのは光栄だし、楽しみでもありますけど、恐怖心もあります。 ただし、「恐怖です」と言っていても仕方ないので、「さぁ、どうすっか」という現在です。 —ずっとラジオを聞いてきたと言ってましたが、どんな番組を聞かれていたんですか? 武田:実家では、朝はテレビを見ない、というルールがあったので、TBSラジオで朝の番組を聞くのが日課でした。 あと、中高時代は部活をサボりがちだったので、4時くらいに帰ることが多く、テレビで『あぶない刑事』の再放送を見るか、ラジオで『デイ・キャッチ!』を聞くかを選ぶ、そんな生活をしてました。 —学生時代から『デイ・キャッチ!』を聞いていたんですか? 武田:はい、とにかくずっとTBSラジオが流れていたので。 あと、音楽ではヘヴィメタルが大好きだったので、メタル界の重鎮、音楽評論家・伊藤政則さんのラジオも欠かさず聞いていました。 それから伊集院光さんのラジオを録音して、自転車通学の行き帰りで聞いていましたね。 —ハガキ職人のように、ラジオに投稿もしていたんですか? 武田:政則さんのラジオには投稿していましたね。 政則さんは1970年代のプログレや、ヴィンテージなハードロックが好きなので、高校生がそういうのをリクエストしたら読まれるんじゃないかと考えながら投稿してました。 でも、それが採用されたんですよ。 —採用されるための投稿を? 武田:そうですね。 そしたら政則さんは「えー、高校生がこんなの聴いてるの!? 」って。 狙い通り(笑)。 読まれた日のカセットはいまだに実家にあります。 この仕事をして、政則さんに会って、そのことを伝えたら「まったく覚えてない!」と言われましたが。 番組情報 TBSラジオ『ACTION』 よりワクワクする明日がくるように。 より楽しい日々が過ごせるように。 なんでも受け身じゃつまらない! 「やってみたい」を「やってみる」情報エンタテインメントプログラムです。 4月1日スタート。 放送時間:毎週月曜〜金曜 15:30〜17:30 パーソナリティ: 月曜日 宮藤 官九郎 火曜日 尾崎 世界観(クリープハイプ) 水曜日 DJ松永 Creepy Nuts 木曜日 羽田 圭介 金曜日 武田 砂鉄• プロフィール 武田砂鉄(たけだ さてつ) 1982年生まれ 東京都出身。 大学卒業後、出版社勤務を経て、2014年からフリー。 著書『紋切型社会』では、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。 政治から、スポーツ・カルチャーまで広範囲で執筆。

次の