お宮参り 上の子 服装 女の子。 二人目のお宮参り 上の子の服装は?~女の子編~【お悩み相談】|cozre[コズレ]子育てマガジン

お宮参りのときの上の子の服装は?体験談を交えてご紹介!

お宮参り 上の子 服装 女の子

お宮参りで上の子の服装はどうした? 新しく生まれた赤ちゃんのお宮参りは、家族全員でお参りに行きたいと考えているママもいるのではないでしょうか。 赤ちゃんや親の服装は悩むことなく決まったけれども、上の子の服装で悩むというママもいるようです。 「お宮参りの服装は大人はスーツで赤ちゃんはベビードレスと決まっていたのですが、上の子の服装を何にするか困りました」(20代ママ) 「下の子のお宮参りのとき、上の子の服装選びで迷いました。 写真撮影もするのでなるべくきれいな服装をさせてあげたいと思うのですが、新しく購入するべきか、ある服で済ませるか、すごく迷いました」(30代ママ) お宮参りのとき、赤ちゃんや親の服装は悩まなかったけれども、上の子の服装で悩んだというママの声がありました。 赤ちゃんのお世話などで上の子の服装まで気が回らなかったというママもいるようです。 主役の赤ちゃんを中心に考えながらも、上の子が喜んでお参りに行けるような服装を選んであげられるとよさそうですね。 お宮参りで上の子が女の子のときの服装 お宮参りで上の子が女の子の場合、どのような服装でお参りに行けばよいのでしょうか。 女の子のお参りのときのコーディネートを季節別でご紹介します。 春夏 「下の子のお宮参りの少しあとに、上の子の入園式が控えていたので、入園式でも着れるように、白い襟付きの紺色のワンピースを購入しました。 上の子はとても喜んで、はりきってお参りに参加していました」(30代ママ) 「三姉妹なので雰囲気を揃えたいなと思い、赤ちゃんは白のベビードレス、上の子2人は白のシャツワンピースを着せました。 写真を見てもまとまりがあってとてもよかったです」(30代ママ) お宮参りのときは少しおめかしして、入園式などでも使えるお出かけ用の洋服を選んだというママの声もありました。 また、普段使いしている洋服を組み合わせて、きちんと見えるようにコーディネートしたというママもいました。 夏のお参りのときは暑いので、子どもが着やすいものを選ぶようにするのもよいかもしれません。 秋冬 「普段からよく着ているグレーのカットソーにあう、チュール素材の黒いスカートを購入しました。 秋だったので、ハイソックスをはかせて寒さ対策しました」(30代ママ) 「白いブラウスに黒のジャンバースカートを着せ、寒くないようにカーディガンを着せました。 シンプルかなと思い、衿元にリボンをつけてかわいらしくコーディネートしました」(30代ママ) 女の子の秋冬は、落ち着いた色合いで統一しながら、リボンなどのアイテムでかわいく仕上げるのもよい方法かもしれません。 上から下まで新しい服を購入しなくても、トップスだけ、スカートだけなど、部分的に新しいアイテムをそろえるだけでも子どもは喜んでくれそうです。 冬の時期のお参りでは寒くないようインナーをしっかり着させたというママの声もありました。 お宮参りで上の子が男の子のときの服装 iStock. 男の子のお参りのときのコーディネートを季節別でご紹介します。 春夏 「パステルブルーの長袖襟付きシャツにベージュの短パンをあわせました。 パパと同じ色のズボンだったので、嬉しそうにはいていました」(20代ママ) 「白い半袖襟付きシャツに黒い半ズボンで行きました。 ズボンが緩かったのでサスペンダーを買ったのですが、蝶ネクタイが売っていたので、いっしょに購入してつけて行きました」(20代ママ) 春や夏は全体のコーディネートが重くなりすぎないよう、さわやかさを感じる色の服を着せるとよいかもしれません。 普段着を活用する場合も、ラフになりすぎないようにTシャツではなくポロシャツにすると、きちんと感が出せそうです。 夏のお参りのときは動きやすいように、半ズボンなどを選んであげられるとよいかもしれません。 ベストは新しく買いましたが、それ以外はもともと持っていたものを着せました」(30代ママ) 「白い襟付きのシャツにセーター、長ズボンを着せました。 黒色のブルゾンがあったので、それを上から着せて寒さ対策していきました」(30代ママ) 寒い時期のお参りは、赤ちゃんだけでなく上の子の寒さ対策も気を使いますよね。 荷物が多くなる場合は、厚手のジャンバーなどを車に用意しておくのもよいかもしれません。 長いズボンを履く場合でも、カジュアルになりすぎないようにジーパンなどは避け、黒や紺などのチノパンを履くようにしたというママの声がありました。 上の子の服装で気をつけること お宮参りのときの上の子の服装で気をつけたほうがよいことはあるのでしょうか。 ママたちに、どういうことに意識したのか聞いてみました。 家族でテイストをあわせる 「主役の赤ちゃんがベビードレスだったので、いっしょに行く家族も全員洋装にしました。 上の子の服もなるべく落ち着いた色を選んで、主役の赤ちゃんが目立つように気をつけました」 いっしょにお宮参りに行く家族で服装のテイストをあわせたというママがいました。 赤ちゃんやママが着物を着るので、上の子の着物もいっしょにレンタルし、和装で揃えたというママの声もありました。 祖父母もいっしょにお参りする場合は、どのような服装を着ていくのか、事前に相談できるとよいかもしれません。 なるべく着慣れているものを選ぶ 「一着くらいきちんとした服があればよいかと思いましたが、着慣れない服装をして、上の子がぐずると大変なので、着慣れた服を着てお参りにいきました」(30代ママ) 「洋服は普段着を着せる予定だったので、靴だけ新しいものを買いました。 新品で履いて疲れると困るので、一週間くらいはかせて慣れさせるようにしました」(30代ママ) 下の子のお宮参りについていけば、上の子も疲れてしまうこともあるかもしれません。 移動や待ち時間の間でも窮屈にならないよう、なるべく着慣れている服の方がよいかもしれませんね。 靴を新しくする場合は、当日までに履きなれておくようにするとよさそうです。 家族で素敵なお宮参りを.

次の

【お宮参りの服装ガイド】赤ちゃん・母親・父親・祖父母の衣装選び!夏冬は?|ウーマンエキサイト

お宮参り 上の子 服装 女の子

Contents• お宮参りの上の子(兄や妹 の服装や靴は? 赤ちゃんの兄や姉の服装は、スーツやフォーマルなワンピースを着るのがおすすめです。 もし七五三や入学式などの行事が控えている場合は、それ用の服を用意しておいても良いでしょう。 大人の場合は、キチンと正装するのがおすすめですが、子供の場合はあまり堅苦しく考える必要はありません。 男の子はポロシャツやシャツなど、女の子の場合はワンピースなど、少しよそ行きの恰好程度で大丈夫です。 靴はよそ行きのローファーのような靴を履くと、きちっとしたような印象になります。 女の子の場合、きれいで派手目な色のワンピースに合うると、一見どちらが主役なのか分からなくなります。 紺色やグレーなど、落ち着きのある色のワンピースがおすすめです。 白いプレーンの襟はすごく可愛くてお勧めです。 幼稚園の入園式で着るようなワンピースはお宮参りや七五三にもおススメですよ。 また、写真撮影を行う時には、スタジオから貸し出しもあるので、その時には思い切りオシャレな格好をしちゃいましょう。 これも個人的な意見ではありますが、男の子の服装の方がお店で見つかりやすいイメージがあります。 ポロシャツにズボンと簡単な服装ですが、しっかりとしたフォーマルな服装になります。 女の子のワンピースを探す方が大変なイメージがあります… スポンサードリンク お宮参り 上の子も写真に入る? お宮参りで写真撮影をする時には、赤ちゃんが主役になるので、上の子からすると、一人だけ置いてけぼりにされたように感じる子もいるかもしれません。 同じように愛情をもって接しているつもりだけど、赤ちゃんのお宮参りの写真でテンションが上がってしまいます… 上の子も一緒に写真を撮る場合には、家族写真のほかに、2人の写真を撮るのもおススメです。 でも、写真は何枚撮っても値段は一律ですが、いざ選ぶとなると、出費は跳ね上がってしまいかねません… 工夫するためにも、お宮参りの時に神社の境内で家族写真を自前のカメラやスマホで撮っておいて、写真スタジオでは子供だけの写真をお願いする…など、少しでも出費を下げることも大事かもしれませんね。 パソコンの扱いに慣れている人は、データだけ買い取って、プリントやアルバム加工は家でやって節約!という人もいます。 額縁を付けて、ちゃんと飾りたいと考えている人でも、後でフチを購入することも出来るので、わざわざフォト新スタジオで額縁の写真を購入する必要もありません。 フォトスタジオに長時間いると、子供たちが機嫌を損ねてしまうので、事前に決めたカットだけを撮ってもらうなど、前もって段取りを決めておくと良いですね。 スポンサードリンク お宮参りと上の子について【まとめ】 上の子の衣装に悩む人も多いと思いますが、あまり堅苦しい服装は考えなくても大丈夫です。 男の子なら、ポロシャツに半ズボン、女の子ならワンピースなど、落ち着いた色合いのものを着ると良いですよ。 写真撮影では、上の子も、オシャレな洋服を着ることが出来るので、思い切って好きな洋服を着て楽しみましょう。 上の子にとっても、楽しいお宮参りになると良いですね。

次の

【お宮参りの服装ガイド】赤ちゃん・母親・父親・祖父母の衣装選び!夏冬は?|ウーマンエキサイト

お宮参り 上の子 服装 女の子

お宮参りとは?時期はいつ頃?準備するものは? 2019年11月13日 こそだてハック 赤ちゃんが生まれて最初の大きな行事である「お宮参り」。 慌ただしく日々が過ぎていくなか、あっという間にお宮参りの時期がやってきて、「何をどうすればいいの?」と悩んでいるママもいるのではないでしょうか。 今回は、お宮参りについて、行う時期や場所、服装、何を準備すればいいのかをご説明します。 お宮参りとは? お宮参りとは、氏神様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を祈念するための行事です。 氏神様とは、生まれた土地の守り神で、「産土神(うぶすながみ)様」や「鎮守神」とも呼ばれます。 お参りをする場所は? お宮参りでは、家の近くの神社に参拝するのが一般的です。 最近では、崇敬している神社や家から離れた遠くの神社に参拝する人も増えています。 お宮参りをする日は? 男の子は生後31日または30日、女の子は生後33日または31日にお宮参りを行うのがいいとされていますが、地域によって違いがあります。 伝統を重んじる家庭であれば両親に確認すると安心です。 最近では、参拝時期にこだわるよりも、赤ちゃんとママの体調や天気をみながら、都合のいい日に実施することが多くなりました。 真夏や真冬の場合は、気候が穏やかになる時期にずらすケースもあります。 関連記事 お宮参りで赤ちゃんを抱くのは誰? お宮参りのときに赤ちゃんを抱っこするのは、父方の祖母というのが習わしです。 昔は、お産は穢(けが)れたものと考えられていて、産後1ヶ月のママは穢れを払う忌明けが終わっていないので、その代わりに父方の祖母が抱っこするとされていました。 しかし、お宮参りの儀式自体も簡略化されており、習わしにこだわる必要もなくなってきています。 家族の状況に合わせて、父方の祖父や母方の祖父母が抱っこして、臨機応変に対応しましょう。 お宮参りで準備することは?ポイントは? お宮参りでは、生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて長い時間外出をするので、事前にしっかりと準備をして、当日はスムーズに進めましょう。 神社の予約をとる 神社で祝詞をあげてもらうときは、お宮参りの日程が決まり次第すぐに神社に連絡をして予約しましょう。 記念撮影の準備をする フォトスタジオや写真館で写真を撮る場合は、早めの予約がおすすめです。 当日は参拝だけでも体力を消耗するので、前撮りや後日撮影するのもいいですね。

次の