真夏 の かげろう。 真夏のかげろう

BUCK

真夏 の かげろう

陽炎やふくらみもちて封書来る 村越化石 鑑賞:地面がゆらめいている陽気。 陽炎は春の季語ですから、うららかな日中です。 気温もちょうど良さそうです。 気を抜くと眠くなるような、そんな中を膨らみのある封書が届きました。 中には何が入っているんでしょう?そんなことを考えずにはいられません。 おそらく柔らかで素敵な何かが入っているんじゃないでしょうか。 また別の読み方として、陽炎には儚さ(はかなさ)のイメージもあります。 だからこそ、この封書の中身もそんなものかもしれません。 「ふくらみもちて」で封書の中身を想像させているわけですが、季語の 『陽炎』にどんなイメージを持っているかで中身のイメージが変わってくるという不思議な一句です。 素敵ですね。

次の

エロ同人サークル「diletta」のCG作品まとめ

真夏 の かげろう

前のかたの補足になってしまいますが、光を通す物は必ず「屈折率」という値を持っています。 つまり、どれだけ光の進路を曲げやすいか、という指標のような物です。 その屈折率は、一般的に密度の低い物では低く(光を曲げづらい)、密度の高いものでは屈折率も高い(光を曲げやすい)といった性質を持ちます。 例えば、コップの中に水を入れ、そこに熱いお湯を少しずつ注ぎ込むと、水の中にモヤモヤしたものが見えると思います。 これは、屈折率の高い冷たい水と、屈折率の低いお湯が不規則に混ざることで、コップの向こうの景色が複雑に屈折してモヤモヤと見えるのです。 陽炎(かげろう)の場合も全く同じ原理です。 太陽に熱せられた地面から立ち上る空気は、屈折率が低く、上空の空気はそれに比べて温度が低く、屈折率が高いのです。 それらの空気が混ざり合うときに、向こうの景色がモヤモヤと歪んで見えるのです。 ちなみに、夜の星がチカチカと瞬いて見えるのも全く同じ理由によります。 大気の中で様々な屈折率を持つ空気が複雑に混ざり合っているため、本来はまっすぐ目に入ってくるはずの星の光が、あちこちの方向にそらされてしまうので、星の光がめまぐるしく明るくなったり暗くなったり、というように見えてしまうのです。 台風一過の夜空などでは、非常に空気が澄んでいて星もきれいに見えますが、上空の気流がまだ落ち着かないため星は激しく瞬きます。 逆に、天気が非常に安定しているときは、空気の混ざり合いも少なくなるので、あまり瞬かずに、全体的にとろんとした雰囲気に見えます。 このような、空気の屈折率に起因する自然現象は他にもたくさんあります。 道路などでよく見られる「逃げ水」(水たまりがあるように見える現象)、蜃気楼、狐火、グリーンフラッシュ(日没時に、太陽の上端が一瞬緑色に見える現象)などです。 これに関連した資料はネット上にも沢山あるし、本屋に行けば科学系の書籍でよく取り上げられます。 調べてみると面白いですよ。

次の

夏とかに道路が熱されると向こうの景色がゆがむような現象が発生し...

真夏 の かげろう

「diletta」の新作が発表されたら追加するので随時チェックしてください。 社長自ら面接してもらえるという事を知り 「自分が今まで働いてきた実績をアピールするチャンスだ」と意気込むが、 面接室で待っていたのは社長による圧迫面接だった…! 言葉によるパワハラ、そして「うちの下着をつけて土下座するなら入社させてやってもよい」 という彼女の言葉に、家族の為、家のローンの為、意を決して土下座するが、 ある事がきっかけでそれが彼女の遊びだと知る。 ある日の部活の帰り道、忘れ物を取りに戻った主人公は、彼女が入部している 新体操部の部室で、彼女と顧問教師・高柳の痴態を目撃してしまう。 その光景にショックを受け、逃げるように帰宅するが、もしかすると 彼女は高柳に行為を強要されているだけではないか…と考え、翌日高柳に詰め寄った。 そこで、高柳には既に婚約者がおり一之瀬との事は遊びだと知らされる。 さらに、「昨日見たことを内緒にしてくれるなら、一之瀬を犯しても自分が責任を取ってやる」という話をもちかけられ、怒りのあまり彼を殴り倒してしまった。 一之瀬に事実を打ち明けるべく、新体操部の部室へと向かうが 彼女は一向に主人公の話を聞こうとせず、それどころか高柳を守るために 自分が何でもする、と強く申し出る。 そんな彼女の献身的ともいえるような愛を目の当たりにした主人公は、 湧き上がるドス黒い嫉妬心を抑えきれず、彼女の体を無理矢理奪うことにする。 真夏のかげろうの感想 終始ヒロインが主人公に対し、愛を伝えない、応えないのが良かったです。 経緯はどうあれ、主人公も先生同様、同じ穴の狢ですしね。 彼女がだんだん主人公に心を許していく感じやエロシーン、絵の綺麗さどれも最高でした。 ツイッターで見かけて購入。 片思いの女の子をクズ教師から奪う、純愛寝取りモノ。 弱みを握られ、行為を迫られるヒロインがエロ可愛くて最高です。 目を覚ますと、和也はラブホテルと思しき部屋で椅子に縛られており 身動きが取れない。 目の前には山崎にひざまずきイラマチオさせられるリカの姿が…。 さらに、山崎に呼ばれたのか、これまでお金を巻き上げられた他の男達も 続々と部屋を訪れ、次々にリカの身体に怒りと欲望をぶちまけていく。 行為はどんどんエスカレートしていき、次第にリカは男達の精液でドロドロに汚されていった。 和也はリカを助けることも出来ず、一部始終を見せつけられ続けた。 いよいよプロポーズをしようと奮発し、高級ホテルを予約した正弘だったが、 プロポーズ前の緊張からレストランでお酒を飲みすぎ酔っ払ってしまう。 そんな中、ろれつの回らない正弘を部屋のベッドに寝かせ、薬を買いに出た美優は 部屋へ戻る際うっかり一つとなりの部屋のチャイムを鳴らしてしまった。 学生時代の恋人である夫「良夫」と、数年の交際を経て結婚、 絵に描いたような大恋愛の末結ばれた妻「優」は、 とても誠実で自身を大切にしてくれる良夫を、心から愛していた。 ようやく新しい生活にも慣れ、そろそろ子供を…と考えるようになり 先月よりいわゆる妊活を始め、今週遂に…というタイミングで旦那の出張が決定してしまう。 そしてその間、同居している夫の父「重雄」と二人きりで過ごす事となった。 食事中、突如眠気に襲われ目を覚ました優は、自分がエロ水着を着た状態でベッドに拘束されていることに気付く。 そして、目の前には全裸で股間を勃起させた義父が立っていた。 その顔には温和な笑みを浮かべていて… - -, , ,.

次の