地粉わんたんの皮。 毎日手帖: 2009年4月

おすもう3 : 【閉店】竹田製麺所 (たけだせいめんじょ)

地粉わんたんの皮

【概要】 麺製造50年、油そばの元祖で名店の武蔵境や同じく油そばで有名な東小金井等有名店に麺を卸す三鷹1958年創業大島黎吉氏の製麺所。 [2009. 11] の油そばの麺を製造している同店がたれを独自開発して販売し始めたと言うので購入に参りました。 麺はやと同じ中太のやや縮れたストレート。 こちらは横の小売窓口で購入します。 麺の茹で方指南の紙も言えば貰えます。 お客が切れたところでお願いして工房内の製麺機を見せてもらいました。 黎吉氏は素人に詳しく丁寧に説明して下さいました。 奥行きの深い同店一杯を使って画像のラインでは奥から粉を投入し、捏ね、製麺し、手前のカッターで切って手元に製品が出来上がって出て来ます。 そして「丸八製麺所」の木箱に入れられて各ラーメン店やうどん・そばのお店に運ばれますが、一般客用はここでビニール袋に入れられて小売されます。 レシピに従い、の油めんを再現してみます。 具材を似せて配置を似せてみました。 味付ゆで玉子はのはもっと煮て黒いですし、チャーシューは自分の好きな豚腿を余り味を付けないで煮豚にしてありますので少し違います。 又、実際には少量ですが輪切りネギが入ります。 画像でのと比較してみます。 油めんでは湯切りは強く行いません。 そうですね。 麺はそのものですので茹でる職人技の違いはあるものの非常に近い雰囲気です。 タレは旨い方です。 多分、そこらのマガイ油めんの店より旨いです。 しかし、にある独特の芳香が薄いです。 やはり名店には敵うはずがありませんよね 笑 ただ、今まで色々再現してみた中ではダントツです。 何しろ麺はの麺ですから・・・。 そして具は別としてもタレ付きで150円は超お値打ちです。 【その他データ】 「油そば」は今から約50年前、の先代店主・故小谷進一氏によって1958年に誕生しましたが同じ年の1958年、先代・故大島松三郎氏によって同店が創業され、以来半世紀もの間の麺を製造しており600玉を納品しています。 現在3,000食を製造しているのは大島黎吉氏ですがもうじき3代目の息子さんに受け継がれるそうです。 製麺所は三鷹通りを市役所方面に北上し五日市街道を右折してすぐ、次の「市民文化会館前」信号との間にあります。 JR中央線「三鷹」駅北口からは1. 2Kmあり不動産用表示でも徒歩15分かかります。 実際歩くと20分近くは歩くでしょうから「三鷹」駅北口から1,2,4,6番のバスに乗り「市民文化会館入口」で下車するか、「吉祥寺」駅北口から1,2番のバスで「市民文化会館前」で下車するとすぐ近くです。 交通の要所ですので他に武蔵境駅北口から5番、西武新宿線「武蔵関」駅南口、「柳沢」駅南口、「保谷」駅南口から各「三鷹駅行」バスは皆「市民文化会館入口」を通過します。 ラーメンは切り刃20番の中太麺でとんこつ醤油とみそ、26番の極細麺で醤油、夏には冷やし中華にも使用される。 うどん・そばでは3人前500gで日本そばと細麺と太麺の地粉「生うどん」の他、要予約で「特製ロールうどん」と言うのがあります。 これは1本500gで自分で好きな太さに切ると言う物。 この他、餃子の皮やわんたん,シューマイの皮等も販売されています。 2007年より店主が油そばの自家製たれを研究し元祖の油そば用麺がセットで販売されました。 卸の生産時間に合わせて朝は5:30から開いていますが夕方は16:00に終了してしまいますので買いに行かれる方は注意が必要です。 頂いた名刺等や表札などから公表する事はありません。 又、訪問時を含めご本人より依頼ある場合は前記の場合でも不掲載或いは速やかに削除します。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 有 丸八製麺所 関連ランキング:うどん 三鷹駅、吉祥寺駅、東伏見駅.

次の

関東かてめん、再発見!レポート

地粉わんたんの皮

【概要】 麺製造50年、油そばの元祖で名店の武蔵境や同じく油そばで有名な東小金井等有名店に麺を卸す三鷹1958年創業大島黎吉氏の製麺所。 [2009. 11] の油そばの麺を製造している同店がたれを独自開発して販売し始めたと言うので購入に参りました。 麺はやと同じ中太のやや縮れたストレート。 こちらは横の小売窓口で購入します。 麺の茹で方指南の紙も言えば貰えます。 お客が切れたところでお願いして工房内の製麺機を見せてもらいました。 黎吉氏は素人に詳しく丁寧に説明して下さいました。 奥行きの深い同店一杯を使って画像のラインでは奥から粉を投入し、捏ね、製麺し、手前のカッターで切って手元に製品が出来上がって出て来ます。 そして「丸八製麺所」の木箱に入れられて各ラーメン店やうどん・そばのお店に運ばれますが、一般客用はここでビニール袋に入れられて小売されます。 レシピに従い、の油めんを再現してみます。 具材を似せて配置を似せてみました。 味付ゆで玉子はのはもっと煮て黒いですし、チャーシューは自分の好きな豚腿を余り味を付けないで煮豚にしてありますので少し違います。 又、実際には少量ですが輪切りネギが入ります。 画像でのと比較してみます。 油めんでは湯切りは強く行いません。 そうですね。 麺はそのものですので茹でる職人技の違いはあるものの非常に近い雰囲気です。 タレは旨い方です。 多分、そこらのマガイ油めんの店より旨いです。 しかし、にある独特の芳香が薄いです。 やはり名店には敵うはずがありませんよね 笑 ただ、今まで色々再現してみた中ではダントツです。 何しろ麺はの麺ですから・・・。 そして具は別としてもタレ付きで150円は超お値打ちです。 【その他データ】 「油そば」は今から約50年前、の先代店主・故小谷進一氏によって1958年に誕生しましたが同じ年の1958年、先代・故大島松三郎氏によって同店が創業され、以来半世紀もの間の麺を製造しており600玉を納品しています。 現在3,000食を製造しているのは大島黎吉氏ですがもうじき3代目の息子さんに受け継がれるそうです。 製麺所は三鷹通りを市役所方面に北上し五日市街道を右折してすぐ、次の「市民文化会館前」信号との間にあります。 JR中央線「三鷹」駅北口からは1. 2Kmあり不動産用表示でも徒歩15分かかります。 実際歩くと20分近くは歩くでしょうから「三鷹」駅北口から1,2,4,6番のバスに乗り「市民文化会館入口」で下車するか、「吉祥寺」駅北口から1,2番のバスで「市民文化会館前」で下車するとすぐ近くです。 交通の要所ですので他に武蔵境駅北口から5番、西武新宿線「武蔵関」駅南口、「柳沢」駅南口、「保谷」駅南口から各「三鷹駅行」バスは皆「市民文化会館入口」を通過します。 ラーメンは切り刃20番の中太麺でとんこつ醤油とみそ、26番の極細麺で醤油、夏には冷やし中華にも使用される。 うどん・そばでは3人前500gで日本そばと細麺と太麺の地粉「生うどん」の他、要予約で「特製ロールうどん」と言うのがあります。 これは1本500gで自分で好きな太さに切ると言う物。 この他、餃子の皮やわんたん,シューマイの皮等も販売されています。 2007年より店主が油そばの自家製たれを研究し元祖の油そば用麺がセットで販売されました。 卸の生産時間に合わせて朝は5:30から開いていますが夕方は16:00に終了してしまいますので買いに行かれる方は注意が必要です。 頂いた名刺等や表札などから公表する事はありません。 又、訪問時を含めご本人より依頼ある場合は前記の場合でも不掲載或いは速やかに削除します。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 有 丸八製麺所 関連ランキング:うどん 三鷹駅、吉祥寺駅、東伏見駅.

次の

毎日手帖: 2009年4月

地粉わんたんの皮

【概要】 麺製造50年、油そばの元祖で名店の武蔵境や同じく油そばで有名な東小金井等有名店に麺を卸す三鷹1958年創業大島黎吉氏の製麺所。 [2009. 11] の油そばの麺を製造している同店がたれを独自開発して販売し始めたと言うので購入に参りました。 麺はやと同じ中太のやや縮れたストレート。 こちらは横の小売窓口で購入します。 麺の茹で方指南の紙も言えば貰えます。 お客が切れたところでお願いして工房内の製麺機を見せてもらいました。 黎吉氏は素人に詳しく丁寧に説明して下さいました。 奥行きの深い同店一杯を使って画像のラインでは奥から粉を投入し、捏ね、製麺し、手前のカッターで切って手元に製品が出来上がって出て来ます。 そして「丸八製麺所」の木箱に入れられて各ラーメン店やうどん・そばのお店に運ばれますが、一般客用はここでビニール袋に入れられて小売されます。 レシピに従い、の油めんを再現してみます。 具材を似せて配置を似せてみました。 味付ゆで玉子はのはもっと煮て黒いですし、チャーシューは自分の好きな豚腿を余り味を付けないで煮豚にしてありますので少し違います。 又、実際には少量ですが輪切りネギが入ります。 画像でのと比較してみます。 油めんでは湯切りは強く行いません。 そうですね。 麺はそのものですので茹でる職人技の違いはあるものの非常に近い雰囲気です。 タレは旨い方です。 多分、そこらのマガイ油めんの店より旨いです。 しかし、にある独特の芳香が薄いです。 やはり名店には敵うはずがありませんよね 笑 ただ、今まで色々再現してみた中ではダントツです。 何しろ麺はの麺ですから・・・。 そして具は別としてもタレ付きで150円は超お値打ちです。 【その他データ】 「油そば」は今から約50年前、の先代店主・故小谷進一氏によって1958年に誕生しましたが同じ年の1958年、先代・故大島松三郎氏によって同店が創業され、以来半世紀もの間の麺を製造しており600玉を納品しています。 現在3,000食を製造しているのは大島黎吉氏ですがもうじき3代目の息子さんに受け継がれるそうです。 製麺所は三鷹通りを市役所方面に北上し五日市街道を右折してすぐ、次の「市民文化会館前」信号との間にあります。 JR中央線「三鷹」駅北口からは1. 2Kmあり不動産用表示でも徒歩15分かかります。 実際歩くと20分近くは歩くでしょうから「三鷹」駅北口から1,2,4,6番のバスに乗り「市民文化会館入口」で下車するか、「吉祥寺」駅北口から1,2番のバスで「市民文化会館前」で下車するとすぐ近くです。 交通の要所ですので他に武蔵境駅北口から5番、西武新宿線「武蔵関」駅南口、「柳沢」駅南口、「保谷」駅南口から各「三鷹駅行」バスは皆「市民文化会館入口」を通過します。 ラーメンは切り刃20番の中太麺でとんこつ醤油とみそ、26番の極細麺で醤油、夏には冷やし中華にも使用される。 うどん・そばでは3人前500gで日本そばと細麺と太麺の地粉「生うどん」の他、要予約で「特製ロールうどん」と言うのがあります。 これは1本500gで自分で好きな太さに切ると言う物。 この他、餃子の皮やわんたん,シューマイの皮等も販売されています。 2007年より店主が油そばの自家製たれを研究し元祖の油そば用麺がセットで販売されました。 卸の生産時間に合わせて朝は5:30から開いていますが夕方は16:00に終了してしまいますので買いに行かれる方は注意が必要です。 頂いた名刺等や表札などから公表する事はありません。 又、訪問時を含めご本人より依頼ある場合は前記の場合でも不掲載或いは速やかに削除します。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 有 丸八製麺所 関連ランキング:うどん 三鷹駅、吉祥寺駅、東伏見駅.

次の