フューリー 映画。 Fury

「フューリー (2014)」戦車以外は全体的にキモい映画だったのでスーサイド・スクワッドが不安になった

フューリー 映画

あらすじ [ ] 元アメリカ政府のだったピーターは、息子ロビンを元同僚のチルドレスに誘拐されてしまう。 ロビンはを操る事が出来るため、チルドレスはそれを政府のに利用しようとしていたのだ。 ピーターはに飛び、研究所に勤める恋人のヘスターや、同じく念力を持つ少女ジリアンの協力を得て、ロビンを奪還しようと奔走する。 一方、チルドレスによって拘束され、アラブ人への憎悪を植え付けられ、その憎悪の力で念力のパワーを増大させられていたロビンは、感情のコントロールを失っていた。 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:フランク・ヤブランス• 原作・脚本:ジョン・ファリス• 製作総指揮:ロン・プレイスマン• 撮影:• 音楽:• :、ウィリアム・J・タトル キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ピーター チルドレス ヘスター マッキーヴァー レイモンド ジリアン スーザン フィオナ・ルイス ロビン エレン キャロル・ロッセン その他、、、•

次の

「フューリー」のネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

フューリー 映画

なぜか、デフォルメされている場面が多い、街で出会った姉妹がすぐに死んで目の前に蝋人形のごとく横たわっていたり。 メタファーみたいな展開でもある、常識的なタイピストが戦闘マシーンと命名され最後まで生き残ったり。 そして、最後の戦闘は戦車一台5人とナチスSS数百人との戦い、もはや狂気の選択、凄まじいスペクタクルも空しいのは恐ろしい演出。 戦争は自己満足と自己中による指導者の選択の結果だが、戦争にかり出される庶民もまた狂気に導かれて鬼にならざるを得ない、神も仏もない、それが現実、現実にはロマンも夢もないことを教えてくれる希有な戦争映画だ。 素晴らしいというか、エンタメと芸術と政治性と哲学を兼ね備えた名作です。 お金がかかっているだけあって、とてもリアルに見える映像でしたね。 ストーリーとしてもいろいろ詰め込んであったので、2時間を超える作品でしたが、飽きる事なく最後まで鑑賞出来ました。 ただ、時期が1945年4月だったり そんな時期にあんな綺麗な格好したその割りには装備が貧弱なSSの隊員300人が何していたんでしょうね? とか、動けなくなった戦車一台にあれ程手こずるのも納得いかなかったり、そのせいで、たった5人で300人相手に戦うという一見熱い展開も実はたんなる大虐殺に感じてしまいましたし、ウォーダディことブラッド・ピット演じたドンを狙撃した狙撃手の状況にそぐわない格好に驚かされたりと、 ミリオタではない僕からしてみてもツッコミたくなる箇所はあるのですが、でも個人的には十分楽しめました。 特にM4シャーマン戦車vs. ティガー重戦車は鳥肌が立つくらい迫力のあるものでしたよね。 あれだけの短時間の映像で戦力差が格段に違う事を知らしめながら、搭乗員の恐怖もまざまざと伝わってきましたし、今までの戦車同士の戦闘を覆すようなスピーディーで緊張感あるこのシーンだけでも一見の価値があるかと思います。 戦闘シーンと言えば、全部が曳光弾という訳でもないのでリアリティさには欠けてしまいますが、弾道の軌跡がわかる新たな手法もなかなか良かったかと思います。 ネタバレ! クリックして本文を読む 最近戦車関連にハマっていて色々と観初めているのですが、本作は本当に凄かったです。 さすが博物館から本物借りてきているだけあって良くできてますわ。 序盤の闘いから市街地まで、中盤のシャーマンvsティーガー、そして最後の戦闘とガッツリ戦車を堪能できます。 まぁ、最後の戦車に籠城しての闘いは既に戦車が動けない状態だったのですが、中盤のシャーマンvs ティーガーの闘いは大戦中の戦闘をリアルに再現しているようでメッチャ手に汗握りました。 撃ってもあまりダメージにならない丈夫なティーガーに対してシャーマンは一撃でやられ、味方がドンドン減っていく中で装甲の薄い後ろまで回るりこむまでの緊迫感。 戦車内のやり取りもちゃんと観れるのでこっちまで緊張が伝わって来ますし、戦車同士の闘いの迫力が半端ないです。 すっごいリアルで、実際にこういう戦闘が行われていた事が伺えます。 "ウォー・ダディ"ドンを演じるブラッド・ピット。 一本筋の通った戦車乗りの軍人が様になっています。 新兵のマーチンにわざわざドイツ兵を殺させるとかメッチャ嫌な上司かと思ったのですが、殺しを覚える事が戦場で生き抜く為には不可欠だったから殺らせたのでしょう。 戦争の現場をちゃんとわかってる行動です。 その他の隊のメンバーもシャイア・ラブーフ、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ローガン・ラーマンと豪華です。 私生活では問題児のシャイア・ラブーフが聖書を愛読する善い人ポジション。 あ、スコット・イーストウッドもちょこっと出てたんですね。 しっかり戦争の悲惨さを描けているのは自身も海軍出身の経歴を持つデヴィット・エアー監督ならではですね。 以前クリント・イーストウッドが「戦争を美しく語るものを信用するな、彼らは決まって戦場にいなかった者なのだから」と語っていたそうです。 デヴィット・エアー監督は自分の経験に基づき、色々とこだわり抜き戦争の悲惨さを伝えてきていると思いました。 戦争映画としても戦車映画としても良作でした。 ネタバレ! クリックして本文を読む ということを伝える映画。 指揮の良さと運の良さから生き残ってきた戦車一台。 その隊長の神通力も部隊全体には及ばなかった。 そして最後には自分の戦車にも。 それにしても戦車戦というのはこのように戦われていたんだと勉強になった。 占領した町での行いは、それが戦争なんだろうが、略奪・暴行・凌辱。 あれは同意の上の事と主張するのだろうか? いずれにしても悲惨ではある。 どこの国も戦時には同じようなことが行われる。 望まない命のやり取りしていると人は尋常ではいられないんだろう。 あの町の部屋でのひとこまが物語っている。 最後の決断は戦うことに疲弊した、ある意味自殺だったんだろう。 ー その戦車を指揮するのは、ウォー・ダディーの異名を持つ、ドン・コリアー軍曹(ブラッド・ピッド)。 歴戦の猛者である。 彼の部隊は、(今にして思えば、凄い陣容なのだが) ・バイブル:役割 砲手 冷静沈着、聖書を暗記(シャイア・ラブーフ:彼がプライベートで、今作後も偶に起こす警察沙汰を知っていると、この役が少し笑える・・。 ) ・ゴルド:役割 操縦手 酒好きだが、頼れる漢(マイケル・ペーニャ) ・クーンアス:役割 装填手 人間味が一番あるかな。 (ローガン・ラーマン) 北ドイツの村を制圧したあと、束の間の休息を楽しむウォー・ダディー達。 怯える、美しい未亡人エルマと従妹エマに気を使いながら、ウォー・ダディーは、紳士的振る舞いで、料理を作る様に頼み、エマがノーマンに惹かれている様を見たウォー・ダディーの粋な計らい・・。 (彼が、歴戦の勇士の顔の反面、優しい人間性をしっかりと持っている事が確認できる・・。 こういう部分をきちんと描くことはとても大切・・。 ) が、戦禍は止まない・・・。 再び進軍するウォー・ダディー達。 (数年後、NHK-BSで観たが、面白さ変わらず。 > <2014年12月4日 劇場にて鑑賞> ネタバレ! クリックして本文を読む 総合:80点 ( ストーリー:70点|キャスト:75点|演出:85点|ビジュアル:85点|音楽:65点 ) 戦争を格好良く描くのではなく、悲惨さを強調するだけでもなく、特に戦争を知らないノーマンの目を通してありのままに戦車の戦闘の現実を描こうとしているように思える。 戦争を体験した彼が現実に目覚めていく姿も良いし、とても迫力のある映像だったし、演出の質も高かった。 冒頭でアメリカ軍戦車がドイツ軍戦車に劣ると書いておきながら、なかなかドイツの優秀な戦車が登場しない。 それが登場するときが物語の最後となるのかと思ったら、それは見事に外れてしまった。 しかし登場したティーゲル戦車は過去の映画によくあるアメリカ軍戦車にドイツの紋章を書いただけではなく、世界で唯一の本物の稼働するティーゲル戦車が登場したのは嬉しい喜びだった。 そして結末の場面だが、いくら命令とはいえなぜここで死を覚悟して圧倒的多数の敵軍と戦うと決めたのかが疑問に残った。 偵察に出たノーマンは、精鋭のSSが対戦車擲弾を多数装備しているのも見えたはず。 勝ち目のなさそうな状況で、無線が壊れて援軍も期待出来ない。 そもそもティーゲルとの戦闘でそうじゃなくても戦力不足になり、その時点で計画は破綻しているのにどうして戦闘をしたのだろうか。 そして戦力差がありながらもドイツ軍はせっかく多数装備されている対戦車擲弾をなかなか使うこともなく、フューリーはしぶとく夜まで生き残るのも不自然だった。 まるで映画のためにわざと勝てる戦いをせず、わざわざ対戦車擲弾を使うのを躊躇ったのではないかと思えた。 脚本には不自然さがあった。 映像は全体に良いのだが、大きな欠陥としてはやたらと弾丸と砲弾の光跡が見えること。 曳光弾ならば現実に見えるが、徹甲弾ですら砲弾の飛ぶ光が見えるのは映画のためとはいえやりすぎで現実感がなくなる。 FURYと名づけられた一騎の戦車。 緒戦を生き抜いた荒くれ者たちが乗るタンクだったが、欠員が出たために新兵のようなノーマン(ラーマン)が配属された。 連合軍にはタイピストとして参加していたのに、何かの手違いで配属されたようだ。 いやいやながらも過酷な戦場へと駆り出され、人を殺したくないという思いを持った若き青年が徐々に戦闘員らしく成長していくストーリーともとれる。 イケメン俳優をリーダーとして戦争賛美に取られるのも仕方ないが、このノーマン目線でストーリーが進むので、平和主義者が戦場の狂気に飲み込まれてゆく展開をほめるべきかもしれない。 人間関係で特に印象に残ったのが荒くれ者としか思えないグレイディ(ジョン・バーンサル)が十字路にある一軒家でノーマンの一時の恋人エマを奪おうとしたり暴言の数々を素直に謝罪したことが挙げられる。 この謝罪があったからこそ自ら殺戮者と変貌を遂げるノーマンの心理変化がわかりやすくなるのだ。 クライマックスは300人のドイツ兵を相手に戦車に籠城する場面。 戦車はキャタピラーが外れたものの機関銃、大砲などは手動で可能である。 しかし、多勢に無勢、弾薬が尽きたところで猛攻撃に遭い、隊長も撃たれたことでノーマン一人が取り残されるのだ。 脱出用パッチから戦車の下の泥にまみれて生き残り、やがて連合軍に救助されるまでのお話。 ブラピの大将がドイツ語を操れたり、バイブル(ラブーフ)と呼ばれる男が聖書ネタでニヤリとさせる効果を持っていたり、ゴルド(マイケル・ペーニャ)が優しさ全開で好人物だったりと、脇役がいいので映画としても締まったストーリーに仕上がってると思う・・・.

次の

戦車がスゴイ映画2選!! ティーガーやM4シャーマンほか見どころ解説『バルジ大作戦』『フューリー』

フューリー 映画

解説 ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。 「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー監督が手がけ、共演にはシャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャら豪華俳優が集った。 1945年4月、ドイツへ侵攻する連合軍の米兵ウォーダディーは、自ら「フューリー」と命名したシャーマンM4中戦車に乗り、戦いを続けていた。 ウォーダディーと3人の仲間に新兵のノーマンも加わり、5人となった部隊は絆を深めていくが、進軍中にドイツ軍の攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅。 なんとか生き残ったウォーダディーの部隊にも、過酷なミッションが下される。 2014年製作/135分/G/アメリカ 原題:Fury 配給:KADOKAWA スタッフ・キャスト• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の