フランス 人 名前 男性。 フランス人の名前

フランス人・フランス語の名前100選!男性・女性別の素敵な苗字も

フランス 人 名前 男性

フランス人男性に好かれる日本人女性のタイプ 身体的特徴からすると、小柄な女性がよく好まれます。 欧米の女性は、背が高く、大柄な身体の女性が多いのに対して、日本人女性は比較的背が低く、小柄な女性がほとんどです。 背が小さく、サイズ感が小さいだけで「カワイイ」存在となり、フランス人男性からすると守ってあげたくなる心理にさせるのです。 見た目では、「黒髪」がダントツで人気です。 いかにもアジアンな雰囲気は、フランス人男性にとってはエキゾチックなイメージを駆り立てやすく、よく好まれます。 「黒髪」で「ロング」の髪型が、見た目部門では人気No. 1であることは間違いありません。 同じく、見た目では「小さい目」も人気が高いポイントです。 特に切れ長でシュッとした目つきは、ミステリアスな印象を与え、フランス人男性にモテます。 また、小さくてつぶらな目は、かわいらしい印象となり、見ているだけでもキュンとさせる要素となるのです。 日本人女性は肌が綺麗で、実年齢より若く見えることも挙げられます。 日本では、シミやそばかすなどの肌の悩みに対して対策する化粧品が多くあり、またもともとシミやそばかすができても薄く、わかりにくいのが特徴です。 童顔なうえに、肌が綺麗なので「クリーン」なイメージが強く、良い印象を持たれやすいのです。 ファッションに関しても、「原宿ポップカルチャー」が人気を博しているように、「カワイイ」ファッションが広く受け入れられます。 フリル付きミニスカートのような、いかにもアイドルが着用しそうなファッションというのは、フランスでは見かけるケースがほとんどありません。 日本の独特なファッションというのはやはり人気が高く、着こなしが難しい分、日本人女性がサラッと着ているとグッとくるフランス人男性が多いのです。 日本人女性と付き合っているフランス人男性は? 実際にフランス人男性と付き合っている日本人女性は、日本が大好きな、いわゆる「オタク」気質の人も少なくはありません。 自分より年齢の少ない日本人女性と付き合っているフランス人男性は、特に日本に住んでいる男性に多くみられます。 日本に住んでいるフランス人男性は、日本の文化に共感して来日しているパターンも多いので、日本人女性に対してアニメのような「かわいさ」を求めてくる人もいます。 フランスに住んでいるフランス人男性は、日本人女性に対しての憧れはあっても、「オタク」かどうかは日本にいるフランス人男性と比べたら、出会う確率は少ないと言えるでしょう。 フランス人男性は、女性に対して社会的に独立していることや、女性としての器が広いかなどを見極めています。 日本とフランスのフィールドの違いには、求められているものも少しずつ違っていることを知っておきましょう。 私が、フランス人男性と付き合い始めた時はよく、お互いの文化や考え方の違いについて話し合うことがありました。 その話の中で、「友達に日本人女性と付き合い始めた」と報告したら、「すごく嫉妬されたよ」と言うのです。 日本人女性が、フランス人男性と付き合うということに関しては、周りから羨ましがられることも多いのは簡単に想像がつきます。 同じように、フランス人男性の間でも、日本人女性と付き合うのは羨ましがられることだというのです。 日本人女性からすると、とても嬉しいことですね。 フランス人男性がキュンとなる、日本人女性のタイプで内面的な点で挙げられるのは、性格が「穏やか」で、「聞き上手」であるということです。 日本人女性は、男性と一緒にいるときも、積極的に会話を楽しもうとする傾向があります。 なんでもない話でも、「うん、うん」と笑顔でちゃんと聞いてくれるところに好感を持たれるのです。 ただ聞いているだけでなく、リアクションもかわいくて、会話が弾めばフランス人男性も気持ちよく話しができて、いつのまにか日本人女性を好きになってしまうこともあるのでしょう。 フランス人女性の前では気を付けること 私がフランスに滞在していた時ですが、フランス人男性の彼と、その友人、友人のガールフレンドでホームパーティーをしました。 私は普段通りにみんなの話にうなずいたり、「アハハ! 」と反応していたのですが、時々、友人のガールフレンドからチラチラと視線を感じることがありました。 「なんだろうな? 」とは感じていたものの、あまり気にせずに会話を続けていったのですが、「日本人の女性はみんなこんなリアクションをするの? 」と聞かれました。 「こんな…? 」と、若干のトゲを感じた気がしました。 彼女が言うには、「年齢の割に幼い反応をするのね」や「カワイイって、こういうことなの? 」ということでした。 さすが、ストレートにぶつけてくるものです。 私は、みんなで楽しく会話をしたかっただけなのですが、彼女にとっては日本人女性の仕草や、リアクションはあまり好ましいものではなかったようです。 特に、自分の彼氏の前では、ということでしょう。 私にしてみれば、会話していてもニコニコするわけではないし、言うことキツイし、同性としてかなりの違いがあることは感じていました。 さすがです。 きっと、欧米の女性が強く感じられるというのは、こういうケースが顕著に示しています。 かといって、フランス人女性の前でわざわざ態度を変える必要もないのですが、同性だからこそ、少し気を使っておいた方がいいと感じた瞬間でもあります。 最後に フランス人男性に好まれる日本人女性のタイプを挙げてきましたが、いかがでしたか? 好まれやすいタイプとされる条件を持ってして、フランス人男性と良い仲になれても、それから先はお互いの相性が大切になってきます。 フランス人男性のフランスらしさ、日本人女性が本来持っている日本らしさをうまく融合していい関係を築けたらいいですね。 カテゴリー• 152• 106• 180• 291• 113•

次の

フランスで良く見る名前の苗字一覧!その意味について解説!

フランス 人 名前 男性

名前 読み方 名前の由来・意味 ア行 Adam アダム ヘブライ語。 「男性」という意味。 Aaron アーロン 「日光」「高い山」 Alexandre アレクサンドレ アレクサンドロス大王に由来 カ行 Clement クレメント ラテン語。 「中間の」「慈悲深い」 Gaspard ガスパール スペイン語由来。 「宝物」 Gustave グスターヴ スウェーデン語由来。 「神の助け」 サ行 Simon サイモン ヘブライ語由来。 「耳を傾けるもの」 Samuel サミュエル ユダヤの預言者。 「先見人」「ナジル人」 Joshua ジョシュア 古代イスラエルの指導者でモーセの後継者。 タ行 Daniel ダニエル ヘブライ語由来。 「神は私の裁判官である」 Charles チャールズ 古代ゲルマン系由来。 「自由な人間」 Thomas トーマス イエスの12使徒の1人。 「双子」 ナ行 Nolan ノーラン ゲール語由来。 「高貴な」「威厳のある」 Noel ノエル フランス語で「クリスマス」 Nigel ナイジェル ラテン語由来。 「暗い物」 ハ行 Hector ヘクター ギリシャ神話の英雄。 「支持者」 Benjamin ベンジャミン ヘブライ語由来。 「最も頼りになる助力者の息子」 felix フェリックス ラテン語由来。 「幸福」「幸運」 マ行 Matis マティス ドイツ語由来。 「神からの贈り物」 Mohamed モハメド アラビア語。 「称賛する」「称える」 ヤ行 Hugo ユーゴ ドイツ語由来。 「心や魂を照らすもの」「賢いもの」 ラ行 Leonard レオナルド ラテン語由来。 「ライオンと賢いの合成」 Raphael ラファエル ヘブライ語。 「神は癒される」 Luis ルイ 古いフランス語が語源。 「戦場での有名人」 その他フランスで人気のある男性の名前をみてきました。 ギリシャ語やラテン語に由来する名前が多く、意味もそこからきている場合が多いようです。 聖書に登場する名前も多く、ギリシャ神話や神様の名前がつけられているのが特徴的です。 もちろんフランス以外でも使われている名前も多く、聞き馴染みのある物も多いようです。 名前 カナ 名前の意味・由来 ア行 Audrey オードリー 古い英語由来。 「高貴で気高い」 Alice アリス ドイツ語由来。 「高貴な女性」 Isabelle イザベル ギリシャ語に由来。 「わが神はわが誓い」 カ行 Caroline キャロライン 英語圏の女性の名前。 「力強い」 Clara クララ ラテン語の女性の名前。 「有名な」「素晴らしい」 Camila カミラ 古代ローマの名字が語源。 司祭に付き添う奉仕者に与えられた名字だった。 サ行 Suzanne スザンヌ ヘブライ語に由来。 「命」 Charlotte シャーロット ラテン語。 「農民」 ナ行 Noelle ノエル ラテン語。 「クリスマス」 Nathalie ナタリー ラテン語。 「ヴェールで顔を覆った女性」 Bianca ビアンカ イタリア語が語源。 「白い」「公平な」 マ行 Marcelle マーセル フランスが発祥。 「交戦中」 Monique モニーク ギリシャ語由来。 「孤独」「唯一」 Michelle ミシェル 大天使ミカエルに由来。 「神のような」 ラ行 Laura ラウラ ラテン語。 「月桂樹」 Lucie ルーシー ラテン語。 「光」 Renee レネ ラテン語。 「行き返るもの」 フランス人女性のその他の名前を見てみると、イタリアやスペインなどで使われている名前も多く、ラテン語由来の名前が多いようです。 英語圏で使われている名前もたくさんあり、やはり聖書に登場したり、女性らしさを象徴する意味合いを持った名前が多いようです。 力強さを感じさせる意味を持った名前も多数ありますが、両親の思いを感じさせ、強く自分を持った女性が多いのも納得できるかと思います。

次の

フランス人が本当に愛する人に見せる恋愛の態度と特徴

フランス 人 名前 男性

国民の半数以上はキリスト教信仰なので、聖書やキリスト教にまつわる名前が名づけとしてよく使用されます。 イギリスは島国でありながらも、他の近隣の国からも非常に影響を受けています。 ですので、名前もフランス由来だったりオランダ由来のものが多かったりします。 イギリス人の名前のしくみは? イギリス人の名前のしくみ|苗字と名は日本とどう違うの? イギリス人の名前の仕組みとして日本と違うのが、苗字と名前の表記の仕方です。 イギリスでは、名前・ミドルネーム・苗字という順番で表記されます。 苗字を「ラストネーム」、名前を「ファーストネーム」と呼ぶのはここからきています。 イギリス人の名前のしくみ|女性が結婚したら? イギリスでは、女性が結婚した場合は夫の苗字になることが一般的ですが、夫が妻の苗字になることもよくあります。 また、夫婦の名前を2つくっつけて名乗ることも可能なので、非常にフレキシブルでもあります。 ・Liam(リアム) イギリス人男性に多い英語の名前1つ目が、「Liam(リアム)」です。 アイルランドが発祥と言われている男性の名前です。 モダンな名前ですが、近年名づけとして非常に人気が高くなっている名前でもあります。 「毅然とした保護者」という意味を持っています。 ・Noah(ノア) イギリス人男性に多い英語の名前2つ目が、「Noah(ノア)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 聖書に登場する「ノアの箱舟」に出てくる名前でもあります。 「休息」や「癒し」といった意味があります。 ・William(ウィリアム) イギリス人男性に多い英語の名前3つ目が、「William(ウィリアム)」です。 ドイツ語が語源とされていますが、現在では英語の男性の名前です。 「強い意志を持った戦士」という意味がある名前です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前で、「与える者」という意味を持っています。 17世紀のスコットランド国王が「ジェームズ6世」ということから名づけに人気の名前になりました。 ・Logan(ローガン) イギリス人男性に多い英語の名前5つ目が、「Logan(ローガン)」です。 スコットランドが発祥と言われている男性の名前です。 苗字でも見かけることがありますが、男性の名前としても非常にポピュラーです。 「小さな洞穴」という意味を持っています。 ・Benjamin(ベンジャミン) イギリス人男性に多い英語の名前6つ目が、「Benjamin(ベンジャミン)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前で、「右手の子ども」という意味を持っています。 旧約聖書のヤコブの息子として登場する名前でもあります。 「Elijah(エライジャ)」には、「ヤハウェは神である」という意味があり、「Lucas(ルーカス)」には、「光りを与える者」という意味があります。 ・Mason(メイソン)• ・Elijah(エライジャ)• ・Oliver(オリバー)• ・Jacob(ジェイコブ)• ・Lucas(ルーカス)• ・Michael(マイケル)• ・Alexander(アレキサンダー)• ・Ethan(イーサン)• ・Daniel(ダニエル)• ・Matthew(マシュー)• ・Aiden(アイデン)• ・Henry(ヘンリー)• ・Joseph(ジョセフ)• ・Jackson(ジャクソン)• ・Samuel(サミュエル)• ・Sebastian(セバスチャン)• ・David(デビッド)• ・Carter(カーター)• ・Wyatt(ワイアット)• ・Jayden(ジェイデン)• ・Owen(オーウェン) イギリス人男性のかっこいい英語の名前1つ目が、「Owen(オーウェン)」です。 ケルト族の言葉が語源だと言われている男性の名前です。 「若き戦士」という意味や、「良い生まれの者」というような意味があります。 ・Isaac(アイザック) イギリス人男性のかっこいい英語の名前2つ目が、「Isaac(アイザック)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「ほほ笑み」という意味を持っています。 旧約聖書の「アブラハム」の息子として登場する名前でもあります。 ・Grayson(グレイソン) イギリス人男性のかっこいい英語の名前3つ目が、「Grayson(グレイソン)」です。 イギリスを起源とする男性の名前です。 中世期の英語では「greyve」は「スチュワード」を意味したため、「Grayson(グレイソン)」は「スチュワードの息子」という意味を持っています。 「Levi(レヴィ)」には「ハーモニー」という意味があり、「Christopher(クリストファー)」には「キリストを運ぶ者」という意味があります。 ・Levi(レヴィ)• ・Christopher(クリストファー)• ・Joshua(ジョシュア)• ・Andrew(アンドリュー)• ・Lincoln(リンカーン)• ・Ryan(ライアン)• ・Jaxon(ジャクソン)• ギリシャ神話に登場する「ポセイドン」の息子の名前としても知られています。 また、ゼウスによって夜空で一番輝く星にもなりました。 名づけとしてはユニークですが、ロマンチックな名前でもあります。 ギリシャ神話に登場する「不死鳥」を意味する名前です。 こちらも非常にユニークな名前ですが、男女ともに使用できるユニセックスな名前でもあります。 ヘブライ語を語源とする男性の名前で、「平和の父」という意味を持っています。 聖書に登場する「アブサロム」の同根語でもあります。 ・Emma(エマ) イギリス人女性に多い英語の名前1つ目が、「Emma(エマ)」です。 ゲルマン語が語源と言われている女性の名前です。 「全て」や「ユニバーサル」という意味を持っており、19世紀から非常に人気となった名前でもあります。 ・Olivia(オリビア) イギリス人女性に多い英語の名前2つ目が、「Olivia(オリビア)」です。 ラテン語が語源とされている女性の名前で、シェイクスピアの「十二夜」の作品の中で登場したのが始まりだと言われています。 「オリーブの木」という意味を持っている名前です。 ・Isabella(イザベラ) イギリス人女性に多い英語の名前3つ目が、「Isabella(イザベラ)」です。 hブライ語を語源とする女性の名前で、「Elizabeth(エリザベス)」という名前の派生バージョンでもあります。 「神に誓う者」という意味を持っています。 ・Sophia(ソフィア) イギリス人女性に多い英語の名前4つ目が、「Sophia(ソフィア)」です。 ギリシャが発祥だと言われている女性の名前です。 イギリスをはじめとするヨーロッパ中で非常にポピュラーな名前で、「知恵」という意味を持っています。 ・Charlotte(シャーロット) イギリス人女性に多い英語の名前5つ目が、「Charlotte(シャーロット)」です。 フランスが発祥と言われている女性の名前です。 「Charles(チャールズ)」という男性の名前の女性バージョンでもあります。 「女性らしい」という意味を持っています。 ・Harper(ハーパー) イギリス人女性に多い英語の名前6つ目が、「Harper(ハーパー)」です。 イギリスが発祥だと言われている女性の名前です。 「ハープを演奏する者」という意味を持っています。 比較的モダンな名前ですが、女性の名づけに人気が高い名前です。 「Emily(エミリー)」は「ライバル」という意味があり、「Scarlett(スカーレット)」には「真紅」という意味があります。 ・Emily(エミリー)• ・Madison(マディソン)• ・Scarlett(スカーレット)• ・Victoria(ヴィクトリア)• ・Grace(グレース)• ・Camila(カミラ)• ・Lillian(リリアン)• ・Aubrey(オードリー)• ・Hannah(ハンナ)• ・Addison(アディソン)• ・Natalie(ナタリー)• ・Savannah(サヴァンナ)• ・Brooklyn(ブルックリン)• ・Zoe(ゾーイ)• ・Paisley(ペイズリー)• ・Violet(ヴァイオレット)• ・Aurora(オーロラ)• ・Lucy(ルーシー)• ・Anna(アナ)• ・Samantha(サマンサ)• ・Stella(ステラ) イギリス人女性のかわいい英語の名前1つ目が、「Stella(ステラ)」です。 ラテン語を語源とする女性の名前で、「星」という意味を持っています。 16世紀頃にはすでに存在していた名前とも言われています。 ・Hazel(ヘーゼル) イギリス人女性のかわいい英語の名前2つ目が、「Hazel(ヘーゼル)」です。 イギリスが発祥と言われている女性の名前です。 「ヘーゼルナッツの木」という意味があります。 また、緑がかった茶色のことも指し、生まれた赤ちゃんの目の色で「Hazel(ヘーゼル)」と決める親も多いです。 ・Skylar(スカイラー) イギリス人女性のかわいい英語の名前3つ目が、「Skylar(スカイラー)」です。 オランダが発祥と言われている女性の名前です。 「学者」という意味があり、名づけとしては17世紀頃から使用されています。 「Claire(クレア)」には「クリアな」という意味があり、「Bella(ベラ)」には「美しい」という意味があります。 ・Claire(クレア)• ・Bella(ベラ)• ・Maya(マヤ)• ・Madelyn(マデリン)• ・Ariana(アリアナ)• ・Elena(エレーナ)• ・Alice(アリス)• 「Anna(アナ)」と「Belle(ベル)」という2つの名前を組み合わせたハイブリッドの名前でもあります。 「愛しい」という意味を持っている名前です。 アイルランドが発祥とも言われている女性の名前です。 「ケネスの息子」という意味がありますが、女性の名前としても徐々に使われるようになってきています。 モダンな名前であるため、最近になって名づけとして使用されるようになってきています。 「慈悲深い」という意味を持っている女性の名前です。 ・Smith (スミス) イギリス人に多い英語の苗字1つ目が、「Smith (スミス)」です。 イングランドが発祥と言われている苗字です。 イギリス国内でも非常にポピュラーな苗字です。 「打つ者」や、「ハンマー」というような意味を持っています。 ・Jones(ジョーンズ) イギリス人に多い英語の苗字2つ目が、「Jones(ジョーンズ)」です。 イギリスやウェールズが発祥と言われている苗字です。 中世期の「Jon(ジョン)」という名前が元になっていると言われています。 ・Moore(ムーア) イギリス人に多い英語の苗字3つ目が、「Moore(ムーア)」です。 中世期の英語が語源だと言われている苗字です。 「未開墾の土地」や「沼」という意味があり、かつてそのような場所に住んでいた人たちを呼ぶのに使用したのが始まりです。 ・Taylor (テイラー) イギリス人に多い英語の苗字4つ目が、「Taylor (テイラー)」です。 ラテン語が語源と言われている苗字で、イギリス諸島で多く見られる苗字でもあります。 「仕立て人」という意味を持っています。 ・Harris(ハリス) イギリス人に多い英語の苗字5つ目が、「Harris(ハリス)」です。 英語やウェールズ語が語源とされている苗字です。 中世期の「Harry(ハリー)」という名前が元になっていると言われています。 ・Thompson(トンプソン) イギリス人に多い英語の苗字6つ目が、「Thompson(トンプソン)」です。 イングランドやスコットランドが発祥と言われている苗字です。 「Thom(トム)の息子」という意味を持っています。 「Robinson(ロビンソン)」には「Robin(ロビン)の息子」という意味があり、「Baker (ベイカー)」は「パン職人」という言葉が由来しています。 ・Robinson(ロビンソン)• ・Walker(ウォーカー)• ・Scott(スコット)• ・Green(グリーン)• ・Baker (ベイカー)• ・Adams(アダムス)• ・Nelson(ネルソン)• ・Turner(ターナー)• ・Campbell(キャンベル)• ・Parker(パーカー)• ・Evans(エヴァンス)• ・Edwards(エドワーズ)• ・Collins(コリンズ)• ・Sanders (サンダース)• ・Watson(ワトソン) イギリス人の名前にはかわいいものやかっこいいものがたくさんある! イギリス人男性・女性の名前103選、いかがだったでしょうか。 今回はイギリス人男性・女性のかっこいいやかわいい名前だけでなく、少し珍しいユニークな名前や一般的な苗字なども一緒にご紹介してみました。 最後に外国人の名前に関する関連記事も載せておくので、是非参考にしてみてくださいね。

次の