愛知 障害年金。 障害のある皆様へ 障害年金をご存じですか?

障害年金のもらえる金額

愛知 障害年金

ページID 1000839 更新日 令和2年4月1日 国民年金制度に加入していた期間などにかかった病気やケガが原因で障害が残ったときに申請により障害基礎年金を受けることができます。 障害年金には障害基礎年金、障害厚生(共済)年金がありますが、 どの年金が請求できるかは「 初診日 」で決まります。 そして、「 障害認定日 」以後に請求が可能となり、障害の程度で受給の可否が判断されます。 「初診日」、「障害認定日」の意味は下記をご覧ください。 受給の条件 障害年金を受給するためには次の1~3の要件を満たすことが必要です。 1、「初診日」での加入状況 下の表のとおり「初診日」の時点で国民年金や厚生(共済)年金に加入していることなどの条件を満たすことが必要です。 「初診日」での加入状況 請求できる年金 請求先 第1号被保険者として加入 20歳未満で未加入 60歳以上65歳未満で老齢基礎年金未請求(繰上げ請求者不可• 障害基礎年金• 保険年金課国民年金グループ• 尾西事務所窓口課、木曽川事務所総務窓口課 第3号被保険者として加入• 障害基礎年金• 年金事務所 厚生年金(共済)被保険者として加入• 障害厚生(共済)年金• 障害基礎年金• 年金事務所 (共済年金加入中に初診日がある場合は所管の共済組合) 「初診日」の状況が以下の方は請求できません。 サラリーマンの妻や学生など任意加入が認められていた期間に未加入であった期間• 海外にいて未加入であった期間• 外国籍の方で過去に加入が認められなかった期間 2、「初診日」前期間が対象の保険料納付要件を満たすことが必要です。 障害年金は、「初診日」の属する月の2カ月前までの被保険者期間に、保険料納付済期間と免除期間を合算した期間が3分の2以上なければ受給資格を得られません。 (令和8年3月31日までは、初診日の属する月の2カ月前までの直近1年間に未納がなければ受給資格を得ることができます。 ) 3、「障害認定日」又はそれ以後の障害が基準以上の状態にあることが必要です。 障害基礎年金は「障害認定日」に政令で定める障害等級表の1級又は2級の障害の状態にあるか、または65歳に達するまでの間にその状態となったとき(事後重症)に受給が可能となります。 請求書に添付する診断書の内容により日本年金機構が審査します。 障害等級表は下記をご覧ください。 受給額 1、障害基礎年金 「障害基礎年金」各等級の受給額は以下のとおりです。 平成30年度 令和元年度 令和2年度 1級(年額): 974,125円 975,125円 977,125円 2級(年額): 779,300円 780,100円 781,700円 受給者が以下の条件に該当する子がいる場合、条件を満たしている間は年金額に加えて「子の加算」が支給されます。 子の条件• 18歳到達年度の末日 3月31日 を経過していない子• 20歳未満で国民年金の障害等級表1級または2級に該当する子 加算額 子の数 加算額(1人あたり) 第1子、第2子 224,900円 第3子以降 75,000円 2、障害厚生(共済)年金 「初診日」に厚生(共済)年金に加入していた第2号被保険者は障害基礎年金のほかに障害厚生年金が別に支給されます。 障害厚生年金は、障害等級や在職中に納めた厚生年金保険料によって異なってきます。 申請方法 「初診日」の加入状況により「障害基礎年金」を請求する場合 一宮市役所 保険年金課 国民年金グループ、または、尾西事務所窓口課、木曽川事務所総務窓口課 障害厚生年金の請求 一宮年金事務所 お客様相談室 電話0586-45-1418(代表)•

次の

解離性障害(神経症)で障害厚生年金2級を更新決定できたケース

愛知 障害年金

名古屋市、豊田市、一宮市、豊橋市など愛知県で障害年金の申請を考えられている方は、全国障害年金サポートセンターにご相談下さい。 相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。 無料相談では障害年金申請サポートのプロが、障害年金に関して判りやすくご説明いたします。 なぜ、障害年金の申請は難しいの? 障害年金を申請するには、その病気で初めて病院に行った日から現在に至るまでの状況を正確に整理しなければいけません。 ご自身で申請される場合、記憶が曖昧なまま、時系列で事実を正確に申請されない場合があります。 曖昧な記憶のまま申請してしまうと不支給の決定になってしまう可能性があります。 「どこの病院に、いつ、どんな症状で通った」ということを正確に覚えていない場合もありますよね。 当センターへも「何箇所かの病院に行ったと思うのですが、記憶が曖昧で・・・」というご相談を頂く場合もございます。 障害年金の申請は、申請内容と各書類の整合性を確認する作業が非常に重要になります。 また、病院へも書類作成の依頼や昔のカルテの確認などをお願いする必要があります。 当センターにご依頼いただいた場合、障害年金申請に必要な作業は全て当センターでおこないますので安心してお任せ下さい。 事務所にお越し頂かなくても大丈夫です! 障害年金の手続きを専門としている社会保険労務士の松岡と申します。 障害年金はケガ・病気で生活や仕事に不自由な方であれば受給が出来るものです。 うつ病などの心の病にも適用されます。 私が障害年金の申請サポートを始めてから、「障害年金の申請をお願いしたいのだけど、人と会うのが怖い」「家から出られない」というご相談をたくさんいただきました。 ご病気の症状によっては事務所にお越しいただくことが難しかったり、電話で話をすることが難しいけれども、「なんとかして障害年金の申請をお願いしたい」という切実な思いをもたれた相談者さまがたくさんいることを知り、なんとかできないかと考えていました。 そこで、「ヒアリングシート」と「電話・メール・LINEなどのヒアリング」で申請までの手続きが完結できないかの試行錯誤を始めました。 その結果、事務所へお越しいただかなくても、電話やメール、LINEのみで申請までの全ての手続きをおこなう仕組みが整ったため、『全国障害年金サポートセンター』を立ち上げました。 現在、北海道から沖縄まで日本全国から申請のご依頼をいただいております。 初回ヒアリング後に細かい点の確認のためにご連絡を差し上げることはございますが、初回のヒアリングで申請書類作成のための主なヒアリングは完了します。 あとは、必要書類の作成や病院とのやりとり等、申請までの作業は当センターで全ておこないますのでご安心ください。 障害年金を通じて関与するすべての人を笑顔にする 全国障害年金サポートセンターでは「障害年金を通じて関与するすべての人を笑顔にする」を合言葉に障害年金申請のサポートをおこなっています。 障害年金の申請を検討してから受給決定に至るまで、申請者様にはいろいろなご苦労があります。 ご自身での申請が難しいと判断された場合、どの社労士事務所に依頼するかを決めるのも悩まれると思います。 当事務所へご相談頂く前のお悩み、なぜ当事務所にご依頼いただいたのか、当事務所とのやりとりのご感想、受給が決まった時のお気持ち、当事務所へのご感想をいただいたものをご紹介させていただきます。 心のこもったお言葉をいただき、スタッフ一同本当に感謝しております。 これからも皆様のご期待にお応えできるように、力を合わせて頑張ります。 「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。 電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。 お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。 ゆっくりご検討下さい。 以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい• もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい• 何から手をつけたら良いのかわからない• 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている• どうすればもらえるのか「方法」を知りたい• 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・• 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない 遠方の事務所への依頼がご心配の方へ 以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。 現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。 そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。

次の

業務案内:障害年金

愛知 障害年金

日本の公的年金制度は2階建の制度となっております。 1階部分が 「基礎年金 国民年金 」 2階部分が 「厚生年金、共済年金」となっています。 障害年金も公的年金制度のひとつですので、 障害基礎年金 障害厚生年金 障害共済年金 上記の3種類に分かれています。 障害基礎年金(令和2年4月1日) 障害基礎年金は、2階建てになっている年金の1階部分です。 日本に住んでいる20歳から60歳までの人は、 すべて国民年金に加入しているので(たとえ保険料を払っていなくても) 全ての人が障害基礎年金の対象です。 対象例 ・すべての人 ・自営業 ・専業主婦 ・学生 上記3つの方たちは国民年金だけの加入ですので、障害基礎年金のみが支給されます。 障害等級は1級と2級の2段階に分かれていて、 子供に対する加給年金もあります。 障害基礎年金で貰える金額 障害基礎年金は定額です。 1級は2級の1. 25倍となっています。 障害厚生年金は、 1級・2級・3級の3段階に分かれていて、 障害等級が1・2級であれば 障害基礎年金も合わせて支給され、さらに 配偶者に対する加給年金も支給されます。 3級であれば 障害厚生年金だけが支給されます。 例外 障害等級1~3級に該当しなかった場合では 一時金として障害手当金が支給されるケースがあります。 障害手当金は障害基礎年金にはない制度です。 障害厚生年金でもらえる金額 障害厚生年金の額は、厚生年金に加入していた期間の長短、給与の額(払っていた保険料の額)などで異なります。 2級の障害厚生年金の報酬比例年金の計算は、老齢厚生年金と同じ計算をします。 1級の障害厚生年金の報酬比例年金の額は、2級の1. 25倍です。 なお、若くして障害を負ってしまい厚生年金の加入期間が短い方は年金額が低くなってしまうので、加入月数300月未満のときは、300月として計算します。 また、3級の場合には、年金額が低くなりすぎないように最低保障額が設けられています。 障害年金と老齢年金のどちらかを選ぶ必要が生じた場合はそのことも考慮に入れて下さい。 障害共済年金 障害共済年金は、2階建てになっている年金の2階部分です。 障害厚生年金と基本的な仕組みは同じですが、2階部分に 職域年金相当部分がさらに追加されるのが大きな特徴です。 また障害共済年金は、 在職中は支給停止となり、 1 階部分の障害基礎年金だけが支給されます。 1・2級なら障害基礎年金 と合わせて障害厚生年金 や障害共済年金 も同時に受給できる。

次の