トーカイ マスク 型紙。 無料ダウンロードできる手作りマスクの型紙を比べてみた

快適なプリーツマスクを作るコツ|作り方と型紙 OHARICO

トーカイ マスク 型紙

新型コロナウイルス感染症の影響により、今注目を集めているのが手作りマスク。 「布マスク」や、 使い捨ての市販のマスクを洗わずに何度も使える「マスクカバー」を手作りする人が増えています。 さらに、暑い時期に向けて冷感素材でつくる「夏マスク」の需要も高くなっています。 でも、マスクやマスクカバーを作ったことがない人は「どうやって作ればよいのか?」が分からず困りますよね。 そんなときに参考になるのが、マスクの作り方が掲載されたサイト。 型紙や作り方を無料で提供している手芸店のサイトも今、増えつつあるのです。 そこでこの記事では、 マスク・マスクカバー・夏マスクの型紙や作り方を無料で公開している人気手芸サイトを7つピックアップしました。 手作りマスク初心者のご参考になれば幸いです。 マスクの型紙・レシピ公開サイト Craftieの子供用マスクの作り方掲載ページ ハンドメイドのワークショップ検索に便利なサービスを提供する「」。 新型コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増えた今、ハンドメイドを楽しんでほしいという思いから、レシピを公開する「Love Your Home」「おうちものづくり」の2つの特集ページを4月にリリース。 「おうちものづくり」のページで現在公開されているのは、子供用マスクの作り方。 レシピを印刷して見られるPDFデータもありますが、これには会員登録(無料)が必要。 会員登録をしなくてもレシピや動画はさいごまで見られるので、子供用マスクを作りたい方はぜひ参考に。 まとめ マスクやマスクカバー、夏マスクづくりに参考になるサイトをご紹介しました。 どのサイトも善意で無料配布しているのであって、レシピ・作り方・型紙のは放棄していません。 型紙をそのまましたり、販売しないようにしましょう(商用利用しないこと)。 マスクづくりに必要な資材が買える通販サイトは以下の記事でもご紹介していますので、布やマスク用のゴムがない方はご参考にしてください。 「型紙をプリントアウトできない」「プリントアウトするのが面倒」…という方は、ヴォーグ社の『立体マスク型紙 MASK PATTERN BOOK』がおすすめです。 マスクのサイズは全6種類。 書店やコンビニで販売していますよ。

次の

手芸用品・生地・ミシン通販のクラフトハートトーカイドットコム

トーカイ マスク 型紙

同様に品薄なのが。 丸ゴム、赤ちゃんゴム、帽子用ゴムなどで代用できます。 鼻の部分に使うは、どうしても必要なものではありませんが、あった方がフィット感がいいです。 使用済みマスクから針金だけ外して使う人もいるようです。 その他に、私は表側のダブルガーゼの裏に薄手の接着芯を貼ったので、ちょっと張りのある仕上がりになりました。 でもサイズ的には、私が使った型紙は大人用とはいえ、小顔の人用かなと思いました。 小顔トルソーに付けるとこんな感じ。 これだとマスクが大きく見えますが、小顔でない私がつけると正面から見るとマスクから顔が少しはみ出します。 もう少し大きくてもいいのかなと思い、他の型紙を探してみることにしました。 ネット上のあちこちに無料でダウンロードできるマスクの型紙があります。 手芸店・ミシンメーカー・100円ショップの中から立体型マスクをダウンロードして、形や大きさなどどれくらい違うのか比べてみました。 私が使った型紙はサンキの店頭にあった内藤商事のものですが、現在ネット上にはないみたいです。 比べてみたら ジューキの型紙が一番近い感じでした。 それと同じくらいの大きさが パンドラハウス。 上下が逆で形が比べにくいので、ひっくり返して置いてみるとこんな感じです。 コットンタイムは真ん中以外は直線です。 オカダヤは真ん中と端のサイズの差が一番大きいので、正面から見るとこの中では一番丸く見えるのかな? ブラザーは私が使った型紙より一回り大きめです。 それより大きいのは セリアの大人用です。 これなら大顔の人でも大丈夫でしょう。 あ、でも私はガーゼを水通ししてから作りましたが、水通ししてないガーゼは縮むので、この大きめの型紙で作るといいのかも? セリアの子供用は、一見変わった形に見えますが、真ん中だけ縫ってゴム側を縫わなくていいので簡単かも。 サイズ的にも横幅を少し伸ばせば大人用にもなりそうです。 形は似ていても、それぞれ縦横のサイズやカーブの加減などが違います。 私の顔に一番合いそうなのは、この中だと ブラザーの型紙かなと思いました。 次に作る時はこれを使いたいと思います。 どうぞご留意ください。

次の

無料ダウンロードできる手作りマスクの型紙を比べてみた

トーカイ マスク 型紙

こんにちは! Izumiです。 花粉やらコロナウイルスやらインフルエンザやら・・・これから更にピリピリと緊張モードに突入していく気がする。 たまたま買い置きしていたマスクが底をつき始めました。 お店に行っても売ってないし、ネットでは「そんなん誰が買えるのよ?」ってくらいふざけた金額に跳ね上がってますよね。 今回のウイルスに限らず、何か起きた時には既に遅し・・・というか、今すごいじゃないですか。 みんな自分達を守るのに必死というか。 でも、やっぱり大変な経験をしたりするとそうなるのかな・・・。 手作りのマスクでウイルスが防げるのか?と色々言われていますが、個人的には何もしないより格段にマシだと思っています。 簡単にですが、作る工程を載せたので少しでも参考にしていもらえると嬉しいです。 立体マスクの作り方 型取り 立体マスクの作り方の型紙はサイズが違うくらいで、かたちは大体同じです。 マスクの表面と裏面、それぞれ2枚(合計4枚)型取りしてカットします。 縫い合わせ 点線の部分が縫うところ。 それぞれ、中表(表が内側になるように)にして縫い合わせる。 広げるとこんな感じ。 下側も同じように縫いわせる。 上下が縫えたら、横の縫いわせていないところから生地を裏返しにします。 しっかりと縫い合わさっているのを確認。 裏側(ガーゼ) 表面 ゴム通し部分 最後に、ゴムを通す部分を3つ折りにして縫っていきます。 布なので柔らかくて着け心地もいいし、小さくたためるので便利です。 花柄バージョン 立体マスクを着用した感じ 実際につけた感じです。 口元に余裕があるのであまり苦しくないかな。 こちらはダブルガーゼで作っています。 学校の給食で使うし、冬はインフルエンザ対策で毎日2枚持って行くので、20枚ほど用意しています。 さすがに色あせはありますが、丈夫、丈夫!! 真ん中のおにぎり柄と柴犬柄なんて3年選手ですよ。

次の