いか 離乳食。 離乳食で納豆はいつからあげていいの?絶対使いたくなる理由と注意点

水嶋ヒロ「なぜか妻だと…上手に。ずるい」次女の離乳食チャレンジうまくいかず複雑

いか 離乳食

赤ちゃんが生まれ、生後5~6カ月頃からはじまる「離乳食」。 日本では食材の大きさや軟らかさ、回数や量など細かい指示があり、それが見えないプレッシャーになっていることも。 ざっくり訳すと、赤ちゃんが食べたいものを自分で食べる離乳食のこと。 スープ状やピューレ状の離乳食ではなく、歯茎で噛みつぶせる軟らかさの食材を与え、赤ちゃん自らが口に運ぶ方法。 お母さんがスプーンで口に運んであげたりしないのです。 いつ頃から? 何を食べさせるの? 個人差はありますがだいたい生後6カ月頃、「お座りがきちんとできるようになり、親指と人差し指で物をにぎれるようになってから始めました」と、オーストラリア出身のエミリーさん。 ニュージーランド出身のジェシカさんは、長男と長女は生後半年頃から、次女は1歳すぎから始めたそうです。 日本でBLWの本を購入できなかったジェシカさん、インターネットでBLWに適した食べ物を検索。 グリーンピース、ラ・フランス、バナナ、アボカド、桃、ヨーグルト、軟らかいライスなど、甘みがあって指でつかみやすいものを選びました。 ジェシカさんの次女(2歳)のある日のBLWディナー) エミリーさんも家族の食事から、赤ちゃんに与えられそうなものを取り分けています。 先日はスパゲティをシェア。 家族で一緒に食卓を囲み、兄弟と同じ食べ物を与えられた赤ちゃんは大満足。 夢中になってスパゲティを触り、口に運んでいたようです。 お皿は使わないの? 写真を見て「あれ?」と思った方もいるのでは。 そう、BLWを試みる人の多くが、お皿を使っていないのです。 赤ちゃんが食べ物だけに集中できるよう、ハイチェアのテーブルに直接食べ物を置きます。 好奇心いっぱいの赤ちゃんは、食べ物を手でつかんでぐちゃぐちゃにしたり、口に運んだり、口から出してみたり。 一見遊んでいるように見えるこの行為、食材の味・香り・手触り、さらには食べる喜びを知るきっかけにつながるのだとか。 彼女は時間に余裕がある時だけBLWを取り入れ、臨機応変にやっているそうです。 BLWのよいところを教えて ・ピューレ状、つぶした状態の離乳食を準備しなくてよいので楽 家族の食事から取り分けるので、わざわざ離乳食を作らなくてもよい。 忙しいママに便利。 ・赤ちゃんがいろいろな食感に慣れ、好き嫌いが減る ピューレ状のものばかり与えていると、離乳食後期で固形を与えたときに食感に驚き、拒絶することも。 小さなうちからさまざまな食感に慣れるため、何でも食べられるようになり、離乳食から普通の食事への移行も早い。 ・赤ちゃんの指の筋肉、手と目の動きのトレーニングにも 生後6カ月頃はまだまだ指の動きも未熟ですが、自分の手を使って食材を触り、自分の目で見て食事をすることで、それらの機能が発達する。 ・赤ちゃんに自分でやるという意識が高まり、その後の日常生活につながる 食べさせてもらう感覚がないので早くから自分で食事ができ、自立につながる。 BLWは赤ちゃん主導なので、赤ちゃんが飽きてしまえば食事も終わり。 「食べ物が散乱した床を掃除したり、残したものを捨てるのは心苦しいですが、手を使ってぐちゃぐちゃにするのは赤ちゃんの成長のひとつ。 それら全てを含めて楽しんでいます」と、エミリーさん。 こんなグッズも オーストラリアで育児経験のあるMinakoさんは、こんな便利グッズを見せてくれました。 おしゃぶりのように見えるこのネット、果物や茹でた野菜を入れて赤ちゃんに持たせ、ネット越しに果汁や野菜の汁を吸わせるもの。 誤嚥(ごえん)を防げる便利な道具です。 Minakoさんの赤ちゃんは離乳食の導入前にこの道具を使い、野菜やフルーツをチュパチュパしていたそうです。 BLW、気をつけるべきポイント 最後にBLWについて、気をつけなければならないポイントも紹介しておきます。 1、歯茎でつぶせるくらいに軟らかく茹でたもの、赤ちゃんが握れる大きさにカット 2、丸いものやナッツ類はのどに詰まるのでNG 3、食事中は必ず親が側にいて、誤嚥(ごえん)に気をつける。 そして赤ちゃんが食べる量、成長もそれぞれ。 マニュアル通りにいかなくてもいい、少し人と違ってもいい、自分と赤ちゃんに合ったスタイルを見つけられると、離乳食のプレッシャーから少し開放されるかもしれませんね。 <写真協力:ジェシカさん、エミリーさん> <文・写真:フリーランス記者 林 未香>.

次の

離乳食で納豆はいつからあげていいの?絶対使いたくなる理由と注意点

いか 離乳食

離乳食・幼児食だけでなく、大人用の食材のフリージングでも言えることですが、この基本を守ることで、鮮度を保ちながら食材の安全面にも配慮することができるのがポイントですね。 フリージングの準備のポイント 下ごしらえ・調理 基本は購入してきた食材は できるだけ早いタイミングで調理に取り掛かるのが、食材の鮮度も保たれているので、赤ちゃんや幼児への食材としては早めの調理が基本ですね。 その際にフリージングする食材は加熱処理・調理を行うことで月齢に適した硬さや消化のしやすい状態にして冷凍することが大切とありました。 また 加熱処理をすることで殺菌にもなります。 また、フリージングに使用する保存容器、ジップロック的なアイテムも清潔に保つこと、使い回しをする時には十分洗浄、消毒をすることも大切ですね。 おいしさを逃さない保存の基本 下ごしらえや調理をした食材を実際にフリージングする時には• 小分け保存• 食材を冷ましてから冷凍• 冷凍は短い時間で行う• 保存は1週間分を目安に(日付記入で管理するのがおすすめ) これがポイントとなっています。 小分け保存は冷凍されるまでの時間も短縮できますし、使用する時にも使う分だけの解凍が可能なのでおすすめです。 また、食材を冷ましてから冷凍することで冷凍庫内の温度や密着する食材への影響を減らすことができるので、できるだけ冷ました状態が望ましいようです。 フリージングの保存期間は鮮度の維持を考えて1週間を目安というのが一般的です。 我が家も離乳食の頃から長くても1週間までという感じでフリージングを行ってきました。 あると便利なフリージングのアイテム例 フリージングに便利な調理アイテムなどは沢山登場しています。 その中で基本は• ファスナー付のポリ袋(ZIPIロック的な)• 蓋付き製氷皿• 蓋付き小分けパック・保存容器• 蓋付き密閉容器• 小分け紙カップ などはあると便利ですね。 選ぶときのポイントとしては蓋や密閉がしっかりとできること、そして容器や小分け容器などはレンジでの使用が可能な耐熱タイプだと、そのまま容器での解凍には使用しませんが使用後の消毒が楽だったりしました。 食材をおいしく解凍するコツ 調理・フリージングまで丁寧に行ったなら、解凍も意識したいポイントです。 せっかく赤ちゃんのための作った食材ですから、美味しく食べてもらいたいですよね。 フリージング食材を解凍する時には• 使う分だけの解凍• 温めた際の食材の乾燥を防ぐのに水分をプラス• 冷蔵庫解凍よりもレンジで一気に解凍 というのが美味しさを逃さないコツとなっています。 使う分だけの解凍は解凍時間を短くできる他、解凍後、余って再解凍をしないという注意点を守る上でもおすすめです。 また、レンジを使って感じたこともあるかと思いますが、温めると食材がパサパサと乾燥してしまうことがありますよね。 これはレンジでの加熱で水分が蒸発しているのが影響しているので、ほんの少しの水をプラスしてラップをして解凍することで、水分蒸発を減らせます。 また冷蔵解凍よりもレンジやお鍋で解凍することで食材の栄養・旨味が流出してしまうのを防ぐことができるので、解凍はレンジなどで一気に行うのが基本となっています。 フリージングの注意点 便利なフリージングですが、いくつか注意したい点があります。 一つは解凍した食材の再解凍、そして二つ目は容器などの使い回しです。 冷凍から解凍された食材は水分と共に栄養などが流出してしまいます。 また何度も繰り返すことで品質への不安も出てきますので、あくまで使う分だけ解凍して使い切るというのが重要ですね。 また、フリージング用の容器や袋などは劣化していくことがありますので、破れたり破損した状態のものは使用を避けることが大切です。 フリージングに適さないNG食材は? フリージングは基本的にはある程度対応してくれますが、いくつかの特徴を持つ食材は相性が良くないと言われています。 例えば、• 水分が多い• 解凍で分離してしまうもの• 冷凍、解凍によって変質してしまうもの 例えば、豆腐は解凍すると水分が抜けてボソボソとした食感になってしまい食べづらくなります。 また生野菜も下ごしらえ無しの状態での冷凍は水分が多く、解凍した際にはベチャベチャな状態になってしまいます。 他にも変質や分離しやすいヨーグルトや牛乳、チーズ、卵といったものはフリージングには向かないとありました。 じゃがいももフリージングはできますが、そのままだと解凍した時にボソボソになってしまいますので、すりつぶすなどの下ごしらえをして使うこともおすすめです。 フリージングのメリットまとめ フリージングの良さはなんといっても離乳食や幼児食の食材の下ごしらえの手間を毎日ではなく、1〜2日の中でまとめて行って保存できるのが、便利なポイントです。 フリージングをすることによって、実際の料理の時にはレンジで食材を温めて解凍して食事作りに使えるので、1週間分の食材をまとめて作り置きしているというママさんも多いかと思います。 我が家も特に離乳食時期は野菜などを下ごしらえをしてフリージングをしていました。 他にもメリットは• 食材を新鮮な状態で調理して冷凍することができる• 食材の傷みが起きるのを防げる• 保存してある食材を見て献立計画も立てやすい• 一度下ごしらえしてあるので、準備が楽• 必要な分だけ解凍して使えるので無駄を減らせる ママが居ない日にパパが離乳食・幼児食作りを担当する時にも便利 あと個人的にフリージングのメリットだと感じるのはママが何かの用事などで、外出しなくてはいけない時にパパさんが代わりに離乳食・幼児食を準備するという時にフリージングで食材が保存されていることで、調理の手間がかなり省けるなーと妻に感謝しています。 離乳食・幼児食のレトルトでも良いのですが、例えば献立内容的にもう少し食材をプラスしたい時、汁物、スープで野菜を摂らせたいといった時にも必要な野菜をお鍋に入れてそのまま温めて使えるので、料理が苦手なパパさんでもママの留守中の食事の準備がとても楽になると思います。 ハンバーグなどがフリージングされている時などは主菜も簡単に準備できちゃうので、フリージングはやっぱり便利!だと感じますね。 まとめ 最近は、食材の質、安全や妻の食事作りの手間を軽減するのにミールキットや食材宅配、野菜宅配サービスを色々とチェックしていたり、実際にお試しセットを注文したりしているのですが、新鮮な食材でも沢山あると、献立に活かすのって大変です。 そんな時に新鮮な状態で調理を行いフリージングで1週間分などをまとめて下ごしらえしておけるのはやっぱり便利です。 実際の離乳食・幼児食作りでは時短にもなるので、これからもうまく活用していければなと思います。

次の

離乳食で納豆はいつからあげていいの?絶対使いたくなる理由と注意点

いか 離乳食

離乳食の進め方は、赤ちゃんのおなかの中の消化器官の発達だけでなく、消化器官の入り口ともいえる口腔(こうくう)ともとても関係があります。 お口の準備ができていないと、離乳食が上手に進みません。 その様子を離乳時期別に見ていきましょう。 2020年2月発売の『最新!初めての離乳食新百科』からポイントを紹介します。 口腔の発達に合った離乳食を食べさせことが、口腔の発達も促します 近年、かむ力や飲み込む力が弱く、かたいものがかめない、飲み込めない子が増えているといわれます。 そのような口腔機能の発達の問題は、離乳食の進め方にも一因があるという考え方があります。 そこで2019年改定の「授乳・離乳の支援ガイド」では、口腔機能の発達と離乳食の進め方との関連に注視した内容が追加されています。 よく食べる子の場合、つい早くステップアップさせがちです。 けれども、口腔機能を発達させることも、先々のためにとても大切。 離乳食はあせらずに赤ちゃんのお口の発達に合わせて進めることが大切です。 離乳初期(5~6カ月ごろ) 舌でのどの奥に食べ物を送れるように 舌を前後に動かせるようになり、食べ物を入れると、口にためて舌でのどの奥に食べ物を送り、ごっくんと飲み込めるようになるころ。 飲み込むときは、下唇が上唇の下に入る状態になり、口角はまだあまり動きません。 【歯の生え具合】 歯は生えていない子が多いでしょう。 【口の動きや舌の様子】 下唇が上唇の中に入る状態。 舌は前後に動かせます。 離乳中期(7~8カ月) 舌を上下にも動かせて、食べ物をつぶせるように 舌が前後に加えて上下にも動かせるようになるころ。 そのため上あごに舌を押し当ててもぐもぐと口を動かし、口の中に入れた食べ物をつぶして食べられるようになります。 口角を同時に横に引く動きも習得していきます。 【歯の生え具合】 下の前歯が生え始める子もでてきます。 【口の動きや舌の様子】 唇をしっかり閉じられるように。 舌は上下にも動かせます。 離乳後期(9~11カ月) 舌を左右にも動かし、食べ物を奥に送り込むように 舌が前後上下に加え左右にも動かせるようになり、食べ物を舌で動かして奥に送り込んで奥の歯ぐきでかみつぶして食べるようになるころ。 口角を片側ずつ動かすことで、上下の唇をねじって片側でかめるようになります。 【歯の生え具合】 上下4本ずつ歯が生える子もでてきます。 【口の動きや舌の様子】 上下の唇が協調して動きます。 舌は左右にも動きます。 離乳完了期(1才~1才6カ月) 舌を自由に動かせ、しっかりかめるように 舌を自由自在に動かせるので、食べ物を舌でまとめて奥の歯や歯ぐきに送ってかみつぶすようになるころ。 目で確認したものを手に取るという目と手の協調運動も完成し、手づかみ食べや、かじり取り食べもできるように。 【歯の生え具合】 前歯8本がそろい、奥歯が生え始める子もいます。 【口の動きや舌の様子】 口角の動き・舌の動きは自由自在になります。 (イラスト/関祐子 取材・文/ひよこクラブ編集部).

次の