ミシャ 札幌。 北海道コンサドーレ札幌のミシャ監督ってどんな人?

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ — 線の魔術 | イベント | STV

ミシャ 札幌

この項目では、サッカー指導者について説明しています。 ミハイロ1世については「」をご覧ください。 国内リーグ戦に限る。 来歴 [ ] 現役時代 [ ] 当時のの首都近郊にある出身。 父親は工場作業員。 10歳からサッカーを始め、14歳(1971年)の時にユーゴスラビア1部リーグの名門ユースにスカウトされ入団。 1974年に当時2部リーグのFKラド・ベオグラードへしプロデビュー、攻撃的なMFとしてプレー。 1976年にレッドスター・ベオグラードへ復帰した。 このころ、U-20ユーゴスラビア代表に選ばれている。 1980年11月15日ユーゴスラビア代表として予選戦に初出場している(0-2で敗戦)。 1984年にディナモ・ザグレブへ移籍、セントラルミッドフィルダーとして同シーズンのカップ戦準優勝に貢献した。 翌1985年にのSKシュトゥルム・グラーツに移籍しリベロ として活躍。 1987年以降は外国人選手としてはクラブ史上初の主将となりチームを引っぱった。 また、家族と共にに定住し、1989年オーストリアに。 1993年、高年俸のベテランとなったペトロヴィッチに対し、シュトゥルムが経済的な理由と若返りの一環として一方的に解雇した。 これにより現役引退したが、この契約解除をめぐり裁判にまで発展した。 指導者時代 [ ] 1993年からにあるSVペラウで監督業を始める。 1996年、裁判まで発展していた古巣SKシュトゥルム・グラーツと和解し、アシスタントコーチ兼アマチュアチーム監督に就任。 この時のトップ監督がで、ペトロヴィッチは彼から多大な影響を受けた。 2002年から、 ()のもと古巣オリンピア・リュブリャナでアシスタントコーチを務めた。 2003年9月、古巣のの監督に就任。 厳しい予算制約があるなか積極的に若手を起用し、リーグ残留というクラブ目標を3シーズン達成し、2006年5月に契約満了。 この際、グラーツサポーターは監督契約延長を求めて、4000人の署名を集めた。 同年5月、・ ()と監督として契約するも、その3週間後にがオファーしこれを受諾。 同年6月、Jリーグ下位に低迷していた監督に就任 、停滞していた流れを若手起用やコンバートで乗り切り、J1残留させた。 翌2007年、現行ルールで決勝トーナメントへ進んだ事のなかったで初の決勝トーナメント進出を果たすものの、一部の選手に固執したことが災いし、同年末にで決勝に進出(準優勝)するも、リーグ入れ替え戦の末J2降格。 これに対し、クラブ幹部はJ2降格チームとしては異例の監督留任を決定。 翌2008年、優勝、J2史上初の9月中優勝・全節首位を決め、J1昇格。 J1復帰の2009年、昇格1年目のチームとしては当時の最高記録であるリーグ戦4位入賞 、の結果で繰り上げで出場権 を獲得した。 2010年、準優勝。 2011年末、は2年連続で赤字になる見込みとなったことから累積赤字解消のため、高年俸となったペトロヴィッチの契約延長を断念した。 シーズンより、の監督に就任。 契約期間は1年。 昨季15位にまで低迷したチームだったが、時代に指導したやこの年加入したらと共にチームを再建し、リーグ前半戦を3位という好成績で折り返す。 同年9月、その手腕を評価され、シーズンも指揮を執ることが決定 重要な試合で勝ち切れないことも多々あったが、最終的にリーグ戦を3位で終了。 就任1年目ながら出場権を獲得し、を2008年以来5年ぶりとなるアジアの舞台へと導いた。 翌シーズンは教え子のやFW・等を獲得。 昨年よりも下の6位に終わったものの、去年に続いて優勝争いに関わったことを買われ同年9月には来季の続投が決定した。 シーズンは広島時代の教え子のとを獲得。 昨季ボランチのポジションを務められる選手が少なかったためを獲得。 また、ユースのが昇格した。 同年、10月第19節以降連続で首位に立っていることを評価され、シーズンも指揮を執ることが決定した。 同一人物が浦和で4シーズン以上監督を務めるのはクラブ史上初めてとなった。 のJリーグは11シーズンぶりの2ステージ制となったが、1stステージを無敗で優勝。 2ndステージは第3節でシーズン初黒星を喫した後に連敗した事に加え、広島が快調に勝ちを重ねた事も重なりクラブ史上最多タイの勝ち点72を稼ぎながらリーグ年間勝ち点は2位となった。 では準決勝でG大阪に敗退し年間順位は3位となった。 チーム最長5年目のシーズンとなったはG大阪とのPK戦の末、で優勝し、自身初の3大タイトル獲得となった。 そしてレギュラーシーズンではクラブ史上最多となる74の年間勝ち点1位でシーズンを終えた。 チャンピオンシップ決勝では準決勝を勝ち上がった鹿島と対戦。 1戦目は1-0で浦和が勝利したものの、ホーム・埼玉スタジアムで迎えた2戦目は興梠が2試合合計で2点目となる先制点を挙げたが、その後2点を失い逆転負け。 トータルスコア2-2となりアウェーゴール差 浦和:1点、鹿島:2点 により敗れ、年間2位でシーズンを終えることになった。 1ステージ制が復活したシーズンも指揮を執り、、、らの若手有望株を獲得したほか、FWを獲得し、戦力の充実を図った。 しかし、6月のリーグ戦3試合で3連敗するなど急失速。 順位を8位まで落として折り返し期間を迎え、第19節で昇格組のに敗れた翌日、解任された。 シーズンより、北海道コンサドーレ札幌の監督に就任(奇しくも、自身の解任を決定づけた試合の対戦相手に招き入れられる格好となった)。 昨シーズン11位で残留が最低目標だったチームを就任1年で、システムがフィットし 、最終的にはクラブ史上最高の4位でシーズンを終えた。 また、2017年は無得点だったもペトロヴィッチのサッカーにフィットし活躍、Jリーグベスト11に選出された。 自身も初のを受賞した。 人物 [ ] 戦術コンセプト [ ] 基本的に攻撃的なサッカーを好む。 GK・DFラインからパスを繋ぐ「モダンなサッカー」 、師であるイビチャ・オシムと同じコンセプト「考えて走るサッカー」 、守備にリスクを掛けてまで行う攻撃的なサッカー を目指している。 一方で「仕事」と表現する、相手に合わせて比較的守備的なサッカーを展開することもある。 特異な戦術の一つに「可変DFライン」がある。 登録上はDF3人の3バックだが、状況によって2バックや4バック・5バックとDFラインの枚数が変化する。 を多用し攻守に数的優位を作り出す事が目的で、特に4バック時はセンターバック CB とサイドバック SB で構成される従来のものとは違う動きを見せるのも特徴。 ちなみに、この戦術は「考えて走るサッカー」を選手が消化し、選手間のコミュニケーションで生み出された。 上記のGKからパスを繋ぐサッカーに加えこの戦術を機能させるため、CBに攻撃的な要素を多く要求している ことから、広島時代はSBが本職の森脇良太やMFが本職の、清水時代にCBからボランチにコンバートされた、元々FWだったをCBとして起用している。 もう一つの特徴的な戦術に「5トップ」がある。 登録上はFW1人に攻撃的なMF2人の3-6-1(1トップ2シャドー)だがこの3人に両サイドのMFを加えた5人が前線に出て相手DFラインに張り付き、ポストプレーや飛び出しの流動性でギャップをつく。 これも可変DFラインと同様にペトロヴィッチ本人のアイデアに加え、選手間のコミュニケーション、特に森崎和幸の閃きから生まれた。 選手へのアプローチ [ ] 若手を育てることに定評がある。 シュトゥルム・グラーツ監督時代は、、 ()らをへ、広島では槙野智章、、、森脇良太等を、浦和では、関根貴大をあらゆる世代の日本代表に送り出している。 個人成績 [ ] 選手成績 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ユーゴスラビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 1974-75 2部 1975-76 1976-77 1部 0 0 1977-78 5 0 1978-79 レッドスター 2 0 17 2 1979-80 オリンピア 33 3 1980-81 29 0 1981-82 17 1 1982-83 17 0 1983-84 34 1 1984-85 34 0 オーストリア リーグ戦 リーグ杯 期間通算 1985-86 30 3 1986-87 35 0 1987-88 36 1 1988-89 21 1 1989-90 36 0 1990-91 36 1 1991-92 22 0 1992-93 17 0 通算 ユーゴスラビア 1部 188 7 ユーゴスラビア 2部 オーストリア 1部 233 6 総通算 監督成績 この節のが望まれています。 年度 クラブ 所属 試合数 勝 分 敗 勝点 順位 J1 22 11 2 9 35 10位 - 5回戦敗退 - 34 8 8 18 32 16位 ベスト8 準優勝 - J2 42 31 7 4 100 優勝 - ベスト8 - J1 34 15 11 8 56 4位 グループリーグ敗退 3回戦敗退 - 34 14 9 11 51 7位 準優勝 3回戦敗退 グループリーグ敗退 34 14 8 12 50 7位 1回戦敗退 3回戦敗退 - 34 15 10 9 55 3位 グループリーグ敗退 4回戦敗退 - 34 17 7 10 58 6位 準優勝 3回戦敗退 グループリーグ敗退 34 18 8 8 62 2位 ベスト8 3回戦敗退 - 34 21 4 9 72 3位 ベスト8 準優勝 グループリーグ敗退 34 23 5 6 74 2位 優勝 4回戦敗退 ベスト16 20 9 2 9 29 8位 - 4回戦 ベスト8 34 15 10 9 55 4位 グループリーグ敗退 4回戦敗退 - 34 13 7 14 46 10位 準優勝 2回戦敗退 - タイトル [ ] 監督時代 [ ] サンフレッチェ広島• :1回()• :1回(2008年) 浦和レッズ• 1stステージ:1回()• J1リーグ 2ndステージ:1回()• :1回() 個人 [ ]• :1回(2018年) 脚注 [ ] [] 注釈• sportiva. 2019年9月28日閲覧。 2011年11月10日. 2011年11月10日閲覧。 Internet Archive 2006年6月8日. 2006年6月15日時点のよりアーカイブ。 2009年8月17日閲覧。 スポーツナビ 2006年6月8日. 2009年8月17日閲覧。 J's GOAL 2008年11月2日. 2011年8月19日閲覧。 「ペトロヴィッチ監督誕生ストーリー」『』2006年8月号• 中国新聞 Internet Archive 2006年6月9日. 2006年6月15日時点のよりアーカイブ。 2009年8月17日閲覧。 中国新聞 2009年12月7日. 2009年12月9日閲覧。 中国新聞2011年11月10日付14面• サンフレッチェ広島公式ウェブサイト 2011年11月9日. 2011年11月9日閲覧。 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2011年12月14日. 2011年12月14日閲覧。 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2012年9月30日. 2012年9月30日閲覧。 sportiva 2018年5月9日• 北海道コンサドーレ札幌 2018年12月7日• 2006年11月18日. 2011年8月19日閲覧。 スポーツナビ 2008年7月10日. 2009年8月18日閲覧。 Jマガ 2011年7月22日. 2011年10月9日閲覧。 毎日新聞 2012年11月27日. 2012年11月29日閲覧。 参考資料 [ ]• 「ペトロヴィッチ監督インタビュー」『サンフレッチェ広島季刊紙』、(編集室)、2006年7月、 4-7頁、 2011年8月19日閲覧。 「」、、2011年1月、 2011年8月19日閲覧。 reprezentacija. 2011年8月19日閲覧。. 「」『』、、2006年6月、 2011年8月19日閲覧。 「」、、2006年6月、 2011年8月19日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 師匠筋• - 元レッドスター選手、オシム門下生、同時期にJリーグ監督を務めていた、という共通点がある。 - オシムの下でプレー。 同時期にJリーグ監督を務めていた。 - イビチャ・オシム実子。 同時期にJリーグ監督を務めていた。 - オシムの下でプレー、広島監督就任時にアシスタントコーチとして共に来日。 その後、日本のJリーグおよびJFLの数球団で監督を務めた。 - 訪日後からペトロヴィッチの通訳を務める。 - ペトロヴィッチの用いる戦術の通称。 外部リンク [ ]• - 北海道コンサドーレ札幌オフィシャルサイト• - による監督データ (日本語)• - Soccerwayによる個人成績 (英語)• - TheFinalBall. com.

次の

密かなブーム…札幌パルコ店限定アイテム

ミシャ 札幌

チケットや前売り券の購入は? 前売り券について 一般 1,300円 高校・大学生 600円 小・中学生 400円 前売り券は200円OFFになります。 前売り券の取扱いは ローソンチケット・セブンチケット・チケットぴあ・道新プレイガイド・教文プレイガイド・札幌市民交流プラザチケットセンターなどで購入することができます。 販売は1月24日まで。 コンビニ販売チケット• 一般 1,500円• 高校・大学生 800円• 小・中学生 600円• みんなのミュシャ展・札幌芸術の森美術館へのアクセス みんなのミュシャ展の会場は札幌南区にある札幌芸術の森美術館です。 札幌市南区芸術の森2丁目7-5番地 混雑予想 「みんなのミュシャ」展観覧予定の皆様へ。 会期終盤(4月)は大混雑が予想されます。 快適にご覧いただくには、お早目の来館をお勧めいたします。 現在、平日および土日の午前中は比較的空いております。 また、大人数の団体予約が入っている日程はHPでご確認ください。 会期後半である4月は大混雑が予想されるとのこと。 また団体予約が入っている日は混雑するとのことですので、チェックしてから訪れたいですね。 ゆっくりじっくりとみんなのミュシャ展を 味わいたい方は午前中に訪れると良いでしょう。 一般的に会場を回った後にグッズ売り場に立ち寄ることが多いため、開園してすぐの時間であればグッズ販売コーナーも空いてることが多いでしょう。 会場が混み合っているようであれば、順番を変えてグッズ売り場を先に見てみるのもいいですね。 グッズ情報 みんなのミュシャ展の開催期間中は、会場限定で購入することができるコラボグッズが販売されています。 ミュシャ作品からインスピレーションを受けたオリジナルキャンドルが3種類販売されています。 奮発して音声ガイドつけちゃったんだけど、つけて良かった! 絵や説明書きに載ってない情報が貰えるから、え!これそういうことだったの!?って振り返って見比べたり、上下でそんな違いが…!?とじっくり観られた。 良かった。 ポスカ8枚も買っちゃった。 — しの. この感性は今でも違う形で色濃く受け継がれてるんだなぁ。 眼を養い、審美眼を鍛えて、感性を磨く。 良い休日です。 広告の絵が好みの感じだったから行っただけだったけど 私が好きだと思う絵やイラストの世界観を表現する技法や構図を生み出してくれた祖はミュシャだったのね…! とても感動した。 ミュシャのイラストの世界観はもう本当に素晴らしいですよね。 少女漫画にも影響力を及ぼすほどのミュシャはやっぱりすごい!.

次の

【札幌】選手が報酬一部返納。考えてアクションを起こすミシャ流がここでも! | ガジェット通信 GetNews

ミシャ 札幌

この項目では、サッカー指導者について説明しています。 ミハイロ1世については「」をご覧ください。 国内リーグ戦に限る。 来歴 [ ] 現役時代 [ ] 当時のの首都近郊にある出身。 父親は工場作業員。 10歳からサッカーを始め、14歳(1971年)の時にユーゴスラビア1部リーグの名門ユースにスカウトされ入団。 1974年に当時2部リーグのFKラド・ベオグラードへしプロデビュー、攻撃的なMFとしてプレー。 1976年にレッドスター・ベオグラードへ復帰した。 このころ、U-20ユーゴスラビア代表に選ばれている。 1980年11月15日ユーゴスラビア代表として予選戦に初出場している(0-2で敗戦)。 1984年にディナモ・ザグレブへ移籍、セントラルミッドフィルダーとして同シーズンのカップ戦準優勝に貢献した。 翌1985年にのSKシュトゥルム・グラーツに移籍しリベロ として活躍。 1987年以降は外国人選手としてはクラブ史上初の主将となりチームを引っぱった。 また、家族と共にに定住し、1989年オーストリアに。 1993年、高年俸のベテランとなったペトロヴィッチに対し、シュトゥルムが経済的な理由と若返りの一環として一方的に解雇した。 これにより現役引退したが、この契約解除をめぐり裁判にまで発展した。 指導者時代 [ ] 1993年からにあるSVペラウで監督業を始める。 1996年、裁判まで発展していた古巣SKシュトゥルム・グラーツと和解し、アシスタントコーチ兼アマチュアチーム監督に就任。 この時のトップ監督がで、ペトロヴィッチは彼から多大な影響を受けた。 2002年から、 ()のもと古巣オリンピア・リュブリャナでアシスタントコーチを務めた。 2003年9月、古巣のの監督に就任。 厳しい予算制約があるなか積極的に若手を起用し、リーグ残留というクラブ目標を3シーズン達成し、2006年5月に契約満了。 この際、グラーツサポーターは監督契約延長を求めて、4000人の署名を集めた。 同年5月、・ ()と監督として契約するも、その3週間後にがオファーしこれを受諾。 同年6月、Jリーグ下位に低迷していた監督に就任 、停滞していた流れを若手起用やコンバートで乗り切り、J1残留させた。 翌2007年、現行ルールで決勝トーナメントへ進んだ事のなかったで初の決勝トーナメント進出を果たすものの、一部の選手に固執したことが災いし、同年末にで決勝に進出(準優勝)するも、リーグ入れ替え戦の末J2降格。 これに対し、クラブ幹部はJ2降格チームとしては異例の監督留任を決定。 翌2008年、優勝、J2史上初の9月中優勝・全節首位を決め、J1昇格。 J1復帰の2009年、昇格1年目のチームとしては当時の最高記録であるリーグ戦4位入賞 、の結果で繰り上げで出場権 を獲得した。 2010年、準優勝。 2011年末、は2年連続で赤字になる見込みとなったことから累積赤字解消のため、高年俸となったペトロヴィッチの契約延長を断念した。 シーズンより、の監督に就任。 契約期間は1年。 昨季15位にまで低迷したチームだったが、時代に指導したやこの年加入したらと共にチームを再建し、リーグ前半戦を3位という好成績で折り返す。 同年9月、その手腕を評価され、シーズンも指揮を執ることが決定 重要な試合で勝ち切れないことも多々あったが、最終的にリーグ戦を3位で終了。 就任1年目ながら出場権を獲得し、を2008年以来5年ぶりとなるアジアの舞台へと導いた。 翌シーズンは教え子のやFW・等を獲得。 昨年よりも下の6位に終わったものの、去年に続いて優勝争いに関わったことを買われ同年9月には来季の続投が決定した。 シーズンは広島時代の教え子のとを獲得。 昨季ボランチのポジションを務められる選手が少なかったためを獲得。 また、ユースのが昇格した。 同年、10月第19節以降連続で首位に立っていることを評価され、シーズンも指揮を執ることが決定した。 同一人物が浦和で4シーズン以上監督を務めるのはクラブ史上初めてとなった。 のJリーグは11シーズンぶりの2ステージ制となったが、1stステージを無敗で優勝。 2ndステージは第3節でシーズン初黒星を喫した後に連敗した事に加え、広島が快調に勝ちを重ねた事も重なりクラブ史上最多タイの勝ち点72を稼ぎながらリーグ年間勝ち点は2位となった。 では準決勝でG大阪に敗退し年間順位は3位となった。 チーム最長5年目のシーズンとなったはG大阪とのPK戦の末、で優勝し、自身初の3大タイトル獲得となった。 そしてレギュラーシーズンではクラブ史上最多となる74の年間勝ち点1位でシーズンを終えた。 チャンピオンシップ決勝では準決勝を勝ち上がった鹿島と対戦。 1戦目は1-0で浦和が勝利したものの、ホーム・埼玉スタジアムで迎えた2戦目は興梠が2試合合計で2点目となる先制点を挙げたが、その後2点を失い逆転負け。 トータルスコア2-2となりアウェーゴール差 浦和:1点、鹿島:2点 により敗れ、年間2位でシーズンを終えることになった。 1ステージ制が復活したシーズンも指揮を執り、、、らの若手有望株を獲得したほか、FWを獲得し、戦力の充実を図った。 しかし、6月のリーグ戦3試合で3連敗するなど急失速。 順位を8位まで落として折り返し期間を迎え、第19節で昇格組のに敗れた翌日、解任された。 シーズンより、北海道コンサドーレ札幌の監督に就任(奇しくも、自身の解任を決定づけた試合の対戦相手に招き入れられる格好となった)。 昨シーズン11位で残留が最低目標だったチームを就任1年で、システムがフィットし 、最終的にはクラブ史上最高の4位でシーズンを終えた。 また、2017年は無得点だったもペトロヴィッチのサッカーにフィットし活躍、Jリーグベスト11に選出された。 自身も初のを受賞した。 人物 [ ] 戦術コンセプト [ ] 基本的に攻撃的なサッカーを好む。 GK・DFラインからパスを繋ぐ「モダンなサッカー」 、師であるイビチャ・オシムと同じコンセプト「考えて走るサッカー」 、守備にリスクを掛けてまで行う攻撃的なサッカー を目指している。 一方で「仕事」と表現する、相手に合わせて比較的守備的なサッカーを展開することもある。 特異な戦術の一つに「可変DFライン」がある。 登録上はDF3人の3バックだが、状況によって2バックや4バック・5バックとDFラインの枚数が変化する。 を多用し攻守に数的優位を作り出す事が目的で、特に4バック時はセンターバック CB とサイドバック SB で構成される従来のものとは違う動きを見せるのも特徴。 ちなみに、この戦術は「考えて走るサッカー」を選手が消化し、選手間のコミュニケーションで生み出された。 上記のGKからパスを繋ぐサッカーに加えこの戦術を機能させるため、CBに攻撃的な要素を多く要求している ことから、広島時代はSBが本職の森脇良太やMFが本職の、清水時代にCBからボランチにコンバートされた、元々FWだったをCBとして起用している。 もう一つの特徴的な戦術に「5トップ」がある。 登録上はFW1人に攻撃的なMF2人の3-6-1(1トップ2シャドー)だがこの3人に両サイドのMFを加えた5人が前線に出て相手DFラインに張り付き、ポストプレーや飛び出しの流動性でギャップをつく。 これも可変DFラインと同様にペトロヴィッチ本人のアイデアに加え、選手間のコミュニケーション、特に森崎和幸の閃きから生まれた。 選手へのアプローチ [ ] 若手を育てることに定評がある。 シュトゥルム・グラーツ監督時代は、、 ()らをへ、広島では槙野智章、、、森脇良太等を、浦和では、関根貴大をあらゆる世代の日本代表に送り出している。 個人成績 [ ] 選手成績 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ユーゴスラビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 1974-75 2部 1975-76 1976-77 1部 0 0 1977-78 5 0 1978-79 レッドスター 2 0 17 2 1979-80 オリンピア 33 3 1980-81 29 0 1981-82 17 1 1982-83 17 0 1983-84 34 1 1984-85 34 0 オーストリア リーグ戦 リーグ杯 期間通算 1985-86 30 3 1986-87 35 0 1987-88 36 1 1988-89 21 1 1989-90 36 0 1990-91 36 1 1991-92 22 0 1992-93 17 0 通算 ユーゴスラビア 1部 188 7 ユーゴスラビア 2部 オーストリア 1部 233 6 総通算 監督成績 この節のが望まれています。 年度 クラブ 所属 試合数 勝 分 敗 勝点 順位 J1 22 11 2 9 35 10位 - 5回戦敗退 - 34 8 8 18 32 16位 ベスト8 準優勝 - J2 42 31 7 4 100 優勝 - ベスト8 - J1 34 15 11 8 56 4位 グループリーグ敗退 3回戦敗退 - 34 14 9 11 51 7位 準優勝 3回戦敗退 グループリーグ敗退 34 14 8 12 50 7位 1回戦敗退 3回戦敗退 - 34 15 10 9 55 3位 グループリーグ敗退 4回戦敗退 - 34 17 7 10 58 6位 準優勝 3回戦敗退 グループリーグ敗退 34 18 8 8 62 2位 ベスト8 3回戦敗退 - 34 21 4 9 72 3位 ベスト8 準優勝 グループリーグ敗退 34 23 5 6 74 2位 優勝 4回戦敗退 ベスト16 20 9 2 9 29 8位 - 4回戦 ベスト8 34 15 10 9 55 4位 グループリーグ敗退 4回戦敗退 - 34 13 7 14 46 10位 準優勝 2回戦敗退 - タイトル [ ] 監督時代 [ ] サンフレッチェ広島• :1回()• :1回(2008年) 浦和レッズ• 1stステージ:1回()• J1リーグ 2ndステージ:1回()• :1回() 個人 [ ]• :1回(2018年) 脚注 [ ] [] 注釈• sportiva. 2019年9月28日閲覧。 2011年11月10日. 2011年11月10日閲覧。 Internet Archive 2006年6月8日. 2006年6月15日時点のよりアーカイブ。 2009年8月17日閲覧。 スポーツナビ 2006年6月8日. 2009年8月17日閲覧。 J's GOAL 2008年11月2日. 2011年8月19日閲覧。 「ペトロヴィッチ監督誕生ストーリー」『』2006年8月号• 中国新聞 Internet Archive 2006年6月9日. 2006年6月15日時点のよりアーカイブ。 2009年8月17日閲覧。 中国新聞 2009年12月7日. 2009年12月9日閲覧。 中国新聞2011年11月10日付14面• サンフレッチェ広島公式ウェブサイト 2011年11月9日. 2011年11月9日閲覧。 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2011年12月14日. 2011年12月14日閲覧。 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2012年9月30日. 2012年9月30日閲覧。 sportiva 2018年5月9日• 北海道コンサドーレ札幌 2018年12月7日• 2006年11月18日. 2011年8月19日閲覧。 スポーツナビ 2008年7月10日. 2009年8月18日閲覧。 Jマガ 2011年7月22日. 2011年10月9日閲覧。 毎日新聞 2012年11月27日. 2012年11月29日閲覧。 参考資料 [ ]• 「ペトロヴィッチ監督インタビュー」『サンフレッチェ広島季刊紙』、(編集室)、2006年7月、 4-7頁、 2011年8月19日閲覧。 「」、、2011年1月、 2011年8月19日閲覧。 reprezentacija. 2011年8月19日閲覧。. 「」『』、、2006年6月、 2011年8月19日閲覧。 「」、、2006年6月、 2011年8月19日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 師匠筋• - 元レッドスター選手、オシム門下生、同時期にJリーグ監督を務めていた、という共通点がある。 - オシムの下でプレー。 同時期にJリーグ監督を務めていた。 - イビチャ・オシム実子。 同時期にJリーグ監督を務めていた。 - オシムの下でプレー、広島監督就任時にアシスタントコーチとして共に来日。 その後、日本のJリーグおよびJFLの数球団で監督を務めた。 - 訪日後からペトロヴィッチの通訳を務める。 - ペトロヴィッチの用いる戦術の通称。 外部リンク [ ]• - 北海道コンサドーレ札幌オフィシャルサイト• - による監督データ (日本語)• - Soccerwayによる個人成績 (英語)• - TheFinalBall. com.

次の