格安sim mnp 機種変更 のりかえ。 格安SIMのMNP乗り換えでスマホが使えない時間や期間はどれ位?

格安SIMへの乗り換えでiPhoneを使う場合に準備することは?

格安sim mnp 機種変更 のりかえ

オンラインショップ ・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、 最大2万2000円が割引される「 Online Shopお得割」開催中! オンラインショップ ・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、 最大2万1600円が割引される「web割」開催中! ・自宅受取の契約で 事務手数料、機種変更手数料相当の3000円が割引される「Webトクキャンペーン」開催中! 「乗り換えドットコム」「おとくケータイ. net」」 (正規代理店) ・ 最新作「iPhoneSE」の予約で 現金2万円のキャッシュバック(or 2万円の端末割引)と1万円相当のPayPayボーナスライトがもらえる「iPhoneSEキャンペーン」開催中! 詳しい内容は「」で紹介している各ショップの解説記事をご覧ください。 ( 2020年6月16 日更新) 価格は全て税抜きで表示しています• の端末価格比較 ドコモ、、の「」の価格を見てみましょう。 端末価格はドコモが「新規契約、乗り換え」と「機種変更」で異なります。 今回、「回収」と「回収なし」の2パターンの端末価格を記載しています。 「回収」:2年後にの返還(下取り)を前提とした端末割引サービスを利用(ドコモ『おかえしプログラム』、『かえトクプログラム』、の『トクするサポート+』) 「回収なし」:を返却しない(下取りに出さない) 「iPhoneSE(第2世代)」の端末価格 機種変更 乗り換え 機種変更は、乗り換えは公式の実店舗ならドコモが安い iPhoneSEは64GBモデルなら、 2~3万円台で入手可能。 iPhone11より大体2万円程度安いので、今のとしてはかなり安い価格設定だといえます。 表を見ても分かる通り、ドコモ「おかえしプログラム」、の「かえトクプログラム」、の「トクするサポート+」を利用すると、端末価格が安くなります。 それぞれのサービス内容については後ほど解説します。 機種変更ならが安いです。 ただ、「端末回収プラン」に関しては、 の端末価格もとほとんど変わりません。 乗り換えの場合、 公式ショップの実店舗で契約するなら、ドコモが最も安いです。 ドコモの端末割引キャンペーン 「端末購入割引」が最新のiPhoneSEにも適用され、他社から乗り換え()なら 2万円(税抜)が割引されます。 正規代理店なら、iPhoneSE64GBモデルが実質0円になるケースもあり やでも他社からの乗り換え向けに、以下のような 2~3万円相当の割引キャンペーンを開催しています。 オンラインショップ ・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、 最大2万2000円が割引される「 Online Shopお得割」開催中! オンラインショップ ・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、 最大2万1600円が割引される「web割」開催中! ・自宅受取の契約で 事務手数料、機種変更手数料相当の3000円が割引される「Webトクキャンペーン」開催中! 「乗り換えドットコム」「おとくケータイ. net」」 (正規代理店) ・ 最新作「iPhoneSE」の予約で 現金2万円のキャッシュバック(or 2万円の端末割引)と1万円相当のPayPayボーナスライトがもらえる「iPhoneSEキャンペーン」開催中! やのキャンペーンを利用した場合は、 端末価格がドコモより安くなります。 「乗り換え. com」と「おとくケータイ. net」のキャンペーンを利用すれば、 実質0円でiPhoneSE(64GB)が手に入り、かつ3000円を超える分のプレゼントが付いてくる計算なので、非常にお得です。 ネットだけでなく、電話での相談も受け付けていますし、実店舗で契約する事も可能です。 乗り換え、機種変更時の手数料 他社への乗り換えや機種変更には、手数料がかかります。 意外と無視できないコストなので、忘れずに確認しておきましょう。 解約金ゼロで他社へ移行したい場合は、2年契約終了後の 自動更でする必要があります(もしくは「定期契約なしプラン」を利用する)。 ちなみに2019年9月スタートの新プランは全てのプランが定期契約なし、解約金0円です。 他社への乗り換えを検討する際は、携帯ショップなどで現在の契約期間を確認することをお忘れなく。 機種変更にかかる手数料 機種変更をする際にも手数料がかかります。 ちなみにドコモオンラインショップでは手数料がなんと 無料(店舗では2000円~3000円)です。 3社の機種変更手数料は以下の表をご覧ください。 は2020年3月12日スタートの新プラン、は2020年6月2日から始まった新プランで計算しています。 条件設定 条件設定は以下の通りです。 条件設定 ・個人で利用するケースで比較 ・「2年後に端末を返還することを条件としたプラン(端末回収プラン)」で比較する(ドコモ「おかえしプログラム、「かえトクプログラム」、「トクするサポート+」」) ・「iPhoneSE 64GBモデル」を購入する ・乗り換え時の解約金は0円 ・長期ユーザー向けの割引は適用しない ・乗り換え時は「転出料」と「契約事務手数料」がかかる ・機種変更には「機種変更手数料」がかかる ・ドコモとユーザーの機種変更は2000円とする ・ドコモの転出料は2000円とする 端末回収プランを知らない方へ ドコモの「おかえしプログラム」、の「かえトクプログラム」、の「トクするサポート+」のサービス内容を詳しく知らない方は、端末回収プラン解説記事をご覧ください。 ドコモとユーザーがオンラインショップを利用した場合、「 OnlineShopお得割」で 2万円(税抜)の端末割引が適用されて、 実質6000円台(64GBモデル)で最新のが手に入ります。 一方で、公式ショップの利用なら、 ドコモがお得です。 ドコモはオンラインショップだけでなく、実店舗の契約でも乗り換えの方向けの 端末割引キャンペーン(「端末購入割引」)が適用されます。 公式ショップでの契約にこだわりたい他社ユーザーは、ドコモへの乗り換えがオススメです。 ドコモでは、他社からの乗り換え()でiPhoneSE(第2世代)を買うと、 端末割引(端末購入割引)が適用されるので、とてもお得です。 オンラインショップだけでなく、 実店舗での契約でも割引が受けられる点に魅力があります。 機種変更は割引対象外ですが、それでもやに比べて料金が安いです。 公式ショップでの契約を考えている方は、ドコモでの購入をオススメします。 の「ピタットプラン4GLTE」は2GB超えた場合、4GBまで料金が変わりません。 料金プランで見ると月額100円しか変わらない料金で、ドコモより1GB多く利用出来ます。 また、他社からの乗り換え()で オンラインショップでSEを購入すれば、 最大2万2000円(税込)の端末割引が適用されて、ユーザー以外はドコモの携帯料金より安くなります。 のミニフィットプランは3社の中で唯一割引サービスがあるものの、他社と比べて料金が高く設定されています。 例えば、ユーザーがドコモへ乗り換えた場合、そのまま機種変更するより、2年間で 5万円以上も安いです。 ただ、5GB~7GB使うなら、も負けていません。 5GB~7GBのデータ量で、通話定額オプションを使わないケースでは、 ドコモとは同じ料金です(通話定額オプションを使うと、ドコモの方が月100円安い)。 ドコモユーザーは乗り換えでオンラインを利用すれば、 2万円の端末割引が受けられて、ドコモで「iPhoneSE」を買うよりも安く端末が手に入ります。 は他社に比べて料金が高いので、 ドコモかへの乗り換え()をオススメします。 公式ショップでの契約で比較するなら、ドコモが安いです。 ただし、正規代理店の特典を使えば、 ドコモやユーザーはへの乗り換えが最もお得。 「乗り換えドットコム」や「おとくケータイ. net」では、 2万円の現金キャッシュバックに加えて、1万円相当のPayPayボーナスライトも付いてきます。 iPhoneSEが 実質0円で手に入る上に、3000円以上のボーナスがもらえるので非常にお得。 PayPayボーナスなしでも実質6000円台でゲット出来る計算ですね。 ユーザーにとっては、PayPayボーナスを使わないとしても2年間で 1万5000円以上も安い料金で利用できます。 のメリハリプランは主要な動画サービス(プライムビデオや、AmemaTVなど)と(LINE、、インスタ)が使い放題で、更に50GB使えるので、人によっては実質使い放題と言っても過言ではありません。 30GB以上の場合、 ユーザーはドコモ、ドコモとユーザーはへの乗り換えで「iPhoneSE」を購入するのがベストといえます。 オンラインショップ ・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、 最大2万2000円が割引される「 Online Shopお得割」開催中! オンラインショップ ・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、 最大2万1600円が割引される「web割」開催中! ・自宅受取の契約で 事務手数料、機種変更手数料相当の3000円が割引される「Webトクキャンペーン」開催中! 「乗り換えドットコム」「おとくケータイ. net」」 (正規代理店) ・ 最新作「iPhoneSE」の予約で 現金2万円のキャッシュバック(or 2万円の端末割引)と1万円相当のPayPayボーナスライトがもらえる「iPhoneSEキャンペーン」開催中! 詳しい内容は「」で紹介している各ショップの解説記事をご覧ください。 iPhoneSE(第2世代)の特長 特長1 iPhone8以来となるホームボタン付きの「Touch ID」を採用 あのホームボタンがに帰ってきました! 新iPhoneSEは、iPhone8(8Plus)以来となる ホームボタンでの「Touch ID」を採用。 その代わりに 「Face ID」は非対応です。 今となっては、 マスクだと上手く認証できない「Face ID」より、ホームボタンでスムーズに入れる「Touch ID」の方が便利かもしれません。 iPhone8ユーザーは、引き続き同じ機能が使えるので安心です。 特長2 最新の「A13 Bionic」採用で、iPhone11と同じ性能を誇る 価格が安いからといって、能力が落ちる訳じゃありません。 「」は プロセッサに最新チップである「A13 Bionic」を搭載。 処理能力は「iPhone11シリーズ」と同じレベル。 XRや8を上回る能力を持ち、よりスムーズな操作が実現しています。 3Dゲームなどをヌルヌルした動作で快適に楽しみたい方にとっては、もってこいです。 特長3 ディスプレイやカメラ機能は「iPhone8」とほぼ同じ 「iPhoneSE」は 約4. 7インチの液晶ディスプレイを採用。 背面カメラは 1つだけ(シングルカメラ)で、画は約1200万画素。 インカメラは約700万画素。 これらの点は、 「iPhone8」と全く同じです。 オールディスプレイ(全面スクリーン)採用で、背面カメラに2つレンズ(デュアルカメラ)が付いてる「iPhone11」に比べると、若干劣ります。 カメラ機能で「iPhone8」と違うのは、 モードを搭載している事。 「」でも背景をぼかした写真がちゃんと撮れます。 ちなみに 防水機能もiPhone8と同じ「IP67(水深1mで最大30分の耐水機能)」です。 「iPhone11」は「iP68(水深2mで最大30分の耐水機能)」なので、1段階レベルは落ちますが、それでも十分な防水性能を誇ります。 まとめ 「iPhoneSE」は、iPhone11の能力を備えた進化版「iPhone8」だ 特徴の解説からも分かる通り、 新「iPhoneSE」はiPhone11の能力を備えた「進化版iPhone8」といえます。 カメラ機能やインカメラの画、背面カメラのレンズ数、防水機能など、いくつかの項目でiPhone11に劣りますが、何より 「価格の安さ」を考えれば機能面は十分だと評価出来ます。 プロセッサはiPhone11と同じ「A13 Bionic」なわけですから。 また、 コンパクトなを求めていた方やホームボタンに慣れていた方にとって、iPhoneSEは最高のデです。 「iPhone8」を愛用していたユーザーには、間違いなくオススメ出来るだといえます。 カラー 「」は3種類のカラー展開です。 com」「おとくケータイnet」がおすすめ へ乗り換えの方は「乗り換え. com」と「おとくケータイ. net」がおすすめです。 の 正規代理店なので、契約も安心。 共に累計販売台数は30万台を突破している実績があります。 一番の魅力は、なんといっても「 現金キャッシュバック制度」です。 ここで契約すると、公式店舗では受けられない高額キャッシュバックがもらえます。 実店舗もあり、予約制なので、「 待ち時間なし」で手続きが可能。 また、ネット(郵送)での契約も受け付けているので、わざわざ店舗に行かずに済みます。 「キャッシュバックキャンペーンの詳細」や「申し込み方法」、「キャッシュバックが提供できる理由」など、より詳しい情報は各ショップの解説記事をご覧ください。

次の

MNPナンバーポータビリティとは?乗り換え方法をくわしく解説

格安sim mnp 機種変更 のりかえ

契約にもよりますが格安SIMは1年くらい使えば、違約金なしに他の格安SIMへ乗り換えることができます。 乗り換えるメリットは、キャンペーンで格安スマホが安く手に入ったり、キャッシュバックや月額割引などの特典がもらえることです。 MNP転出手数料で3000円かかりますが、キャンペーンで1万円〜2万円程度の特典をもらうことができます。 実際にやってみましたが、すごくあっさりMNPできます。 MNPをすることで、新しい格安スマホに割安に機種変できたり、キャンペーンで月額割引やキャッシュバックがもらえたりします。 格安SIMのサイズの変更は変更手数料が3000円程度かか理、新しいSIMが届くまでスマホが使えない期間が発生したりします。 他の格安SIMヘMNPすれば、キャンペーンで収支がプラスになり、指定のSIMサイズにすることができ、そしてスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 SIMカードのサイズを変更したい場合も、どうせなのでMNPした方がお得で簡単です。 単に解約して、別の格安SIMを新規契約するだけです。 通話SIMの場合にMNPができます。 格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法の目次• この間も今使っているスマホで電話やネットができる。 届いた格安SIMをスマホに入れてAPNの設定を行う。 SIMを入れ替えた時にスマホでネットや電話ができなくなる。 開通手続き後、数秒でSIMカードを入れたスマホでネットと電話が使えるようになる。 ステップ1:次に使う格安SIMを選ぶ お得なキャンペーンを探す まず最初に他の格安SIMへMNPする場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOを探します。 格安SIMを初めて使う場合、知っている会社だとか、友人や家族が使っているからと言った理由で選ぶケースが多いですが、格安SIMを使っている人の場合は、格安SIMがどんなものか大体わかっているので、キャンペーン重視で乗り換えが行われます。 格安SIMの場合、大手キャリアと異なり、他社からMNPする場合と新規契約との差はありません。 どちらも同じキャンペーンが適用されます 極一部のMVNOでMNPの場合によりお得になる場合がありますが、極一部すぎるので無視です。 ただし、格安SIMのみ申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOと、格安SIMと格安スマホをセットに申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOなどがあります。 下記のページでそれぞれの場合に分けて、よりキャンペーンのお得度の高いMVNOをランク付けしているので参考にしていてください。 格安スマホとセットで申し込んだ方が割引額やキャッシュバック額が多かったりするので、今使っているスマホを1年以内に買い替えが必要そうな場合は、格安スマホとセットに申し込むことをオススメします。 SIM替えにオススメ、BIGLOBEモバイル SIMのみ申し込む場合でオススメなのがBIGLOBEモバイルです。 BIGLOBEモバイルを選ぶのは、単純にキャンペーンのお得度が高いからです。 BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。 SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。 格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。 初期費用込みでも、Redmi Note 9Sが実質9299円 税込 、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円 税込 、ZenFone Live L1が実質2963円 税込 など、超お得に手に入ります。 2020年8月31日までのキャンペーンです。 通信速度の速い格安SIMを探す キャンペーンのお得度は大きな決め手ですが、それだけで決めるとあとあと通信速度が遅くて後悔する場合があります。 このサイトでは格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測した結果を元に通信速度のランキングを行なっているので、検討している格安SIMの通信速度の参考にしてみてください。 少し遅いと評価している格安SIMは基本的には避けた方がいいですが、中には通信速度以外の強みがある場合もあるので、ケースバイケースで検討してみてください。 今回はIIJmioのタイプDからBIGLOBEモバイルのタイプDヘMNPすることにしました。 BIGLOBEモバイルを選んだ理由は、キャンペーンのお得度が高いためです。 BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中で普通、可もなく不可もなくと言ったところです。 auのスマホはau系の格安SIM マルチSIM で使えます。 ソフトバンクのスマホはドコモ系とソフトバンク系の格安SIM ドコモ系の電波がやや不利 で使えます。 それ以外は、説明するのも超面倒な組み合わせになっているので自力で調べてみてください・・。 今使っているスマホのSIMのサイズがマイクロSIMの場合は、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMならナノSIMを選んで下記の変換アダプターを使うことをオススメします。 変換アダプターのご利用は自己責任でお願いします ステップ2:今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行する MNP予約番号をオンラインで発行する 今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行してもらいます。 MNP予約番号を発行する上での注意点は3つです。 発行するのに最大4日かかる場合ある• 発行するだけで手数料がかかるMVNOがある• 発行されたら2日以内にMNPの手続きをする必要がある とりあえずMNP予約番号を発行しておこうというのはやめた方がいいです。 必要な時にMNP予約番号を発行して、発行されたらすぐMNPの手続きをする必要があります。 ということを頭に入れて、MNP予約番号をオンラインで発行します。 IIJmioは会員専用ページにログインすると「MNP予約番号の発行・確認」というリンクがあります。 「MNP予約番号の発行・確認」をクリックすると、IIJmioで契約している通話SIMのリストが出てきます。 IIJmioの通話SIMはmicroSIM マイクロSIM で契約して、SIMカッターでnanoSIMにして使っていました。 接触が微妙に悪く、SIMを交換したいと思っていたのですが、どうせなのでMNPすることにしました。 MNPの場合はスマホが使えなくなる期間なしで手続きができます MNPしたい通話SIMを選択して次へ進みます。 確認画面が出てきます。 3年以上契約しているので、違約金もなしです。 IIJmioは2年以上契約するとIIJmioプレミアム特典[長得]として毎年3GBのプレゼントがもらえるのですが、それよりキャンペーンを行なっている他の格安SIMへMNPした方がお得です。 IIJmioだけでなく、ほとんど全てのMVNOが違約金がなくなったら他の格安SIMヘMNPしたほうがお得に使えます。 MVNOの中には、格安SIMを返却しないと罰金をとるMVNOがあります。 その場合は郵便局のミニレター 62円 に入れて郵送しておきます。 IIJmioは建前上お願いしているだけで、返却の必要はないのでMNPの手続きが終わったらゴミ箱へ捨てるだけです。 チェックボックスに全てチェックを入れて「申し込む」をクリックします。 これで発行手続きは完了です。 MVNOによっては発行手続きをするだけで手数料を取るMVNOが極一部でありますが、IIJmioの場合は発行手続きだけでは手数料は発生しません。 実際にMNPした時に、MNP転出手数料として3000円がかかります。 MNP転出手数料の相場は2000円〜3000円です 極一部のMVNOで5000円徴収したりします MNP予約番号が発行されるまでの実際の日数 どのMVNOでもMNP予約番号の発行完了まで4日程度かかると記載されていますが、IIJmioの場合は1日ちょとで番号が発行されました。 MNP予約番号はEメールで届きます。 有効期限は15日です。 23時に番号が発行されたので実質14日みたいなものです。 ちなみにIIJmioはデータSIM2枚と通話SIM1枚を契約しています。 このうち3年5ヶ月契約していた通話SIMをBIGLOBEモバイルへMNPです。 ステップ3:MNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNPする MNP予約番号をもらったら、2日以内にMNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNP手続きをする必要があります。 MNP予約番号には有効期限がありますが、ほとんどの格安SIMはMNP予約番号の有効期間が10日〜13日以上残っている状態で手続きをするようにとの記載があります。 この記載を無視して、有効期限が短くなったMNP予約番号で申し込んだ場合、どうなるのかわかりませんが、わざわざ不要なリスクを取る必要はないです。 MNP予約番号をもらったらさっさとMNPの手続きをすることをオススメします。 格安SIMの管理人はIIJmioからBIGLOBEモバイルへMNPしましたが、他の格安SIMでも基本的には同じような流れになります。 必要なのは、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、そして本人確認書類 免許証や保険証等 です。 必要な本人確認書類は格安SIMごとに微妙に異なったりするので、免許証を持っていない場合は必要な本人確認書類を確認しておいてください。 どの格安SIMでも免許証だけは本人確認書類として認められています。 MNPで乗り換える場合も、今使っている格安SIMは手続き中はそのまま使うことができます。 新しい格安SIMが届いて、開通手続きをすると、今使っている格安SIMが使えなくなり、新しい格安SIMが使えるようになります。 ステップ4:届いたSIMカードを入れて開通手続きをする MNP予約番号を使って格安SIMを申し込むと、2日程度で格安SIMが自宅に届きます。 そのまま何もせずに数日経つと自動的に開通手続きが完了して、今使っている格安SIMは使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 自分で開通手続きをすると数分から1時間程度で、今使っている格安SIMが使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 放置だと、いつ切り替えになるのかはっきりしないので、格安SIMが届いたら自分で開通手続きをすることをオススメします。 電話やネットで簡単に開通手続きをすることができます。 開通手続きのやり方は、格安SIMと一緒に届く書類に記載されています 開通手続きが終わったら、あとは必須なのはAPNの設定をするくらいです。 APNの設定も一緒に届いた用紙に記載されていると思います。 契約していた格安SIMは自動的に解約完了 開通手続きが完了すると、今まで使っていた格安SIMは自動的に解約になります。 実際にかかった費用 MNP転出手数料 3000円 IIJmioへの支払い 初期費用 3394円 BIGLOBEモバイルへの支払い 合計で6394円かかりました。 実際のメリット は時期によって微妙に変わりますが、だいたいは同じようなお得度になります。 今回の手続きでは下記の特典をもらいました。 SIMのみの変更でも6000円のプラス、格安スマホとセットで申し込むとキャンペーンのお得度が上がるので1万円程度はプラスになる感じです。 単純にSIMサイズを変更すると3000円の手数料がかかって、スマホが使えなくなる期間が2日ほど発生しますが、MNPして新しいSIMのサイズにすればスマホが使えなくなる期間なし&プラス収支で手続きができます。 通話SIMのSIMサイズを変更したい場合は、MNPすることを強くオススメします。 おすすめの格安SIM• BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。 BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。 割安に使えるキャンペーンも積極的です。 UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。 通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。 auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。 LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータの消費なしに使えます。 LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。 SNS系サービスを良く使う場合にオススメの格安SIMです。 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。 シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。 通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。

次の

格安SIMへ乗り換える方法(MNP):格安SIMとスマホ比較

格安sim mnp 機種変更 のりかえ

確かにauから格安SIMに乗り換えるにはMNP予約番号を取得したり、SIMを挿し変えて初期設定するといった幾つかの工程がありますが、 たった1回のひと手間をかけるだけで毎月のスマホ代は劇的に安くなります。 スマホはこれから一生付き合っていく生活アイテムなので、見直すべき 固定費だと僕は考えています。 この記事ではauユーザーが格安SIMに乗り換えるための手順や、SIMカードが届いた後の初期設定を 全て実際の画像を交えて解説しています。 また、auユーザーならではの注意点もまとめています。 格安SIMへのハードルが高いと感じている方はぜひ参考にしてくださいね。 格安SIM会社のキャンペーン Yahoo! キャンペーン詳細は 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 キャンペーン詳細は 限定特典あり。 詳しいキャンペーン情報は いま使っているauの料金プランにもよるけど、半額以下にすることは可能だよ! それじゃ、まずはauと格安SIMの料金をそれぞれ見比べてみようか! auの「ピタットプラン」・「フラットプラン」とマイネオのプランを比較しよう! auの場合、料金プランは「ピタットプラン」「フラットプラン」が主流となっていますのでそちらをベースにau回線を使うマイネオで比較していきましょう。 ピタットプランも全ての条件を満たした時だけ適用になるから、本当はもう少し高くなっちゃうんス。 ここで全部説明するとややこしくなっちゃうから、ここでは基本をベースとして解説していくっスね 今回は比較しやすいようにauのシンプルプラン6GBと、マイネオの6GB(デュアルタイプ:Aプラン)で2年間利用した時の金額差を見てみましょう。 このプランは一見おトクに見えますが、毎月6GBから20GBまで料金が変わりません。 これからデータ容量を増やすのであればメリットは出てきますが、毎月決まったデータ容量に慣れてしまっていると必要以上には使わないのでそこまで大きなメリットは得られないかと思います。 「毎月6GBあれば十分」という方であれば、同じ6GBのマイネオに乗り換えてしまった方が2年間で78,960円節約できます。 auの「シンプルプラン3GB」と、マイネオの「3GB デュアルタイプ:Aプラン 」を2年間利用で比較 これは3GBでも同じことが言えます。 auメールは使えなくなる• au公式のサービスは受けられない• 通話を頻繁にかける人はかけ放題オプションに加入する• auポイントが溜まっている方は移行しよう それでは1つずつ確認していきましょう! auメールは使えなくなる 格安SIMに乗り換えるとこれまで利用していた「ezweb. jp」(「au. com」)は使えなくなります。 なので、auメールをメインで使っている方は以下の3点をGmailやYahoo! メールに変更しておきましょう。 友人・知人・に連絡先の変更を伝えておく• 学校や連絡網の確認• ネットショッピングなので登録してあるメールアドレスの変更 LINEやSNSのダイレクトメールなどで連絡の手段は確保しておくっスよ au公式のサービスは受けられない 当たり前ですが、auを解約する形になりますのでau公式が提供しているサービス(auスマートパス・うたパス・ブックパス)なども乗り換え完了後に自動解約となります。 また、auポイントが溜まっている人はしておきましょう。 通話を頻繁にかける人はかけ放題オプションに加入する 格安SIMの 「かけ放題」は全てオプションで別契約します。 auのかけ放題(カケホ・スーパーカケホ)感覚でつい長電話してしまうと本来の通話料(30秒20円)で発生するので注意が必要です。 よって、au時代で頻繁に電話をする方は格安SIMに乗り換えた際には「かけ放題オプション」に加入しましょう。 中にはUQモバイルのように最初から料金プランに組み込まれているところもあります。 基本料金・データ通信容量・かけ放題(無料通話分)が1つになっているので、auの時と同じ感覚で使えます。 UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン(5分かけ放題・無料通話分) auポイントが溜まっている人は移行しておこう auを解約すると溜まっているauポイントは失効してしまいます。 おすすめの使い方は「Amazonギフト券」を購入する auを解約してしまうとこの先使うこともなくなるので、だったらいっそのこと全額をAmazonギフト券に交換してしまった方がスッキリします! Amazonギフト券は15円~1円単位で購入することができますので、Amazonサイトから、「Amazonギフト券 - Eメールタイプ」、または「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を選択し、ギフト券の金額をau WALLET残額まできっかり入力します。 最後に【新しいお支払い方法を追加】を選び、au WALLETプリペイドカードの情報を登録すれば後は流れに沿って完了です。 メールタイプの場合はメールアドレス覧に自分のメールアドレスを入力し、決済方法はau WALLETカード表面のクレジットカード番号を利用します。 格安SIM会社のキャンペーン Yahoo! キャンペーン詳細は 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 キャンペーン詳細は 限定特典あり。 詳しいキャンペーン情報は 利用するスマホを選ぼう auから格安SIMに乗り換える方が取るパターンは以下の3つ方法があります。 いま使っているau版のスマホをそのまま使う• SIMフリースマホを購入して使う• 中古品のスマホを購入して使う これらはドコモユーザーの方やソフトバンクユーザーの方も該当します。 それではauユーザーの方のケースで見ていきましょう。 いま使っているau版のスマホをそのまま使う いま現在アナタが使っているau版のスマホをそのまま使うのであれば、写真やアプリなどのデータ移行はやらずに済みますし、端末代がかからないのが一番のメリットとなります。 au回線を使った格安SIMはドコモ系よりは多くありませんが、KDDI子会社のUQモバイルや人気のマイネオがありますので、特に困ることは現状ありません。 乗り換え手順のレビューは別記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。 合わせて読みたい ・ ・ ・ SIMフリースマホを購入して使う 格安SIMに乗り換えると同時に端末も機種変更する方も多いかと思います。 MVNOではSIMフリースマホと格安SIMのセット購入も可能です。 特にAndroid端末は人気処を抑えていますし、セット購入の方がキャンペーン対象になることも多いので、 別々に購入するよりも直接MVNOでセット購入した方がお得です。 iPhoneとのセット購入も「楽天モバイル」「UQモバイル」「ワイモバイル」「LINEモバイル」などで取り扱っていますが、現状ではiPhone SE・iPhone 6s・iPhone7がメインなので最新機種はApple StoreでSIMフリー版を購入しましょう。 中古品のスマホを購入して使う 中にはなるべく安く抑えるために、ヤフオクや中古ショップでスマホを購入して格安SIMで使おうと検討中の方から質問メールもよく頂きます。 中古品の場合は、注意する点がありますがここでは長くなってしまうので、中古品を検討中の方は別ページでまとめていますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。 申込みの流れ• 公式サイトの申込みページに進む• 端末セットかSIMカードのみかを選択する• MNP予約番号を入力する• 個人情報やクレジットカード情報を入力する• 申込み後に本人確認書類をアップロードする• SIMカードが届くのを待つ ここで注意するのは「4」の個人情報の入力やクレジットカード情報の入力です。 仮に間違った状態で申し込んでしまうと、後日「ご記入頂いた情報に誤りがあります。 」というメールが届きます。 これは誰にでもある間違いですが、 もしMNP有効期限がギリギリだった場合もう一度最初から申し込む時に有効期限が切れてしまうケースがあります。 そーなると、MNP予約番号から取り直しになってしまうので申込み確定する前に間違いがないか確認をしましょう! 格安SIM会社のキャンペーン Yahoo! キャンペーン詳細は 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 キャンペーン詳細は 限定特典あり。 詳しいキャンペーン情報は SIMカードの挿入・APN設定 さてさて、無事にauから格安SIMへの乗り換えが完了したら、簡単な初期設定をしてあげましょう。 お疲れ様! これでauから格安SIMへの乗り換えは全部完了だよ! au回線に対応したオススメの格安SIMの紹介 最後にau回線を使った格安SIMをご紹介します。 当サイトのポリシーとして、『SIMっちゃお!』では 僕自身が実際に利用したことがある格安SIMしか掲載していません。 ニッチな格安SIMまでは試していませんが、人気処は抑えていますので格安SIMを選ぶ時の参考資料という形でお役に立てれば嬉しく思います。 UQモバイルは格安SIMの中でトップクラスの通信速度を誇ります。 KDDIの子会社というだけあって、auユーザーが格安SIMに乗り換える際に最も乗り換え者が多いが特徴です。 また、メインプランでもある「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」には最初からかけ放題(無料通話)が組み込まれているので、 今までのauと同じような使用感で使えるのも人気の1つです。 かけ放題が不要な方は基本料金を更に安く抑えることができるようになったのもポイントですね! 僕も仕事上で一般電話をかける機会が増えたので、無料通話があるUQモバイルへ乗り換えました。 限定キャンペーンも10,000円キャッシュバックが開催されていますので、こちらもタイミングが合えば是非活用しちゃいましょう。 マイネオ(Aプラン) CMでもお馴染みのケイ・オプティコムが提供する格安SIMです。 料金プラン・データ容量共に使いやすく、通信速度やサポート力で人気を集めているのが特徴です。 また、現在お使いのスマホがMVNOで使えるかの基準となる「動作確認端末数」が業界一なので、 いま使っているスマホをそのまま格安スマホとして使いたい。 という人にオススメです。 不定期で行われる月額料金キャンペーンを絡めれば、約半年は3GBプランであれば1,000円を切って運用ができるので、タイミングが合えば狙い目です。 まとめ 以上でauから格安SIMへの乗り換え手順は完了です! 現在au版のスマホをお使いの方がそのままau系の格安SIMに乗り換える場合は、基本SIMロック解除を行わなくても大丈夫です。 UQモバイルではau版iPhoneでも一部SIMロック解除が必須となりますので、公式サイトの「動作確認端末一覧」を確認するか、【UQモバイルで使えるiPhone一覧】をご確認ください。 auのSIMロック解除手順については【】で詳しく解説しています。 文章で解説すると長くなってしまいますが、今回の記事を通して「 auから格安SIMの全体を通した乗り換え手順」が確認できれば幸いです。 また、料金プランや「自分にはどれが合っているのだろう?」と格安SIM選びは十人十色なので、説明が不足している部分もあるかと思います。 その場合は「お問合せ」からご連絡頂ければ、僕のわかる範囲で相談に乗りますので気軽にメールを頂ければなっと思います。

次の