持田香織 喉。 持田香織の若い頃がかわいい(画像あり)!声が出ないのは病気?歌声復活の可能性は?

あの綺麗な高音はどこへ?持田香織さんの歌い方が変わった本当の理由

持田香織 喉

私はデビュー当時から ELTを聞いているのですが、 ある時期から歌い方に変化があり、 音程が取れていないことを感じていました。 ネット上でも以下のような コメントがあります。 キーが不安定で苦しげな様子 持田香織、音程外しまくってない? 大丈夫なのか 高音の部分については何とも歌いにくそうな様子 喉痛めてから力のある声が出なくなった 音痴になった 歌に影響が出たのは 喉を痛めてからのようで その時に患った病気が原因で 現在も支障をきたしているようです。 持田さんが患ってしまった病気とは 何なのでしょうか? 持田香織が喉の病気? 持田さんは2005年1月末に 急性気管支炎を患ってしまい ライブの延期をしていることが わかりました。 この時に1ヵ月ほどの 休養をとったそうなんですが 実は ポリープもできており その手術を行ったという噂が あるようなんですね。 急性気管支炎といっても 一時的な炎症なので、完治すれば 元の歌声に戻せるはずなんです。 しかし、この頃を境に 持田さんの歌い方が変わり 音程やピッチのズレを感じるように なってきました。 つまりただの気管支炎ではない 可能性がありそうですね。 持田さんが歌い方を変えたのは 2001年だという話もあります。 そうするとその時から 喉に負担がかかってしまい 手術をするような事態に なってしまったのかもしれません。 これにはファンの間で 休ませてあげてほしい 声帯が心配 という声も当然ありました。 さらに、2012年になると 持田さんが心身不安定となり ついに声が出なくなってしまったそうです。 その方は静岡県掛川市に住んでいる 整体や気功を専門としているようです。 その方に声の治療をお願いして ツアー先にも来てもらっていたそうです。 これだけなら何も問題ないのですが 気功師の妻が宗教団体との関わりが あることがわかり 持田香織が謎の気功師夫婦に洗脳か? という記事が2012年の7月頃の週刊誌に 報道されてしまったのです。 芸能界での洗脳騒動といえば オセロの中島知子さん 辺見マリさん X JAPANのTOSHIさん といった方々が洗脳されてしまい 自身の芸能音楽活動に甚大な 支障がでてしまったことでも 大きな衝撃を与えました。 一度洗脳されてしまうと 何年もの長い間、身体的にも精神的にも そして経済的にもダメージを 負ってしまう可能性があります。 特に持田さんの声のように 何らかの弱みを持っていると そこに漬け込まれることもあります。 それだけに洗脳されたとなると ファンならずとも心配になりますよね。 結果的には、洗脳という事実はなく あくまで声の治療による付き合いのみ だったことを事務所も発表されています。 そして何よりも その治療が効いたのかは不明ですが 出なくなっていた声が出るように なったそうです。 声帯を失わないかぎりは 歌えるとは思いますが、精神的なもので 声が出なくなる人もいますから。 現在も歌えてることに持田さんは喜びを 感じて、そして体調に注意して欲しいと思いました。 それが逆に痛々しい と思う人もいたりしますが それだけ歌が好きなんだと私は思います! おそらく声が出ない時期は 本人が一番精神的に辛い日々を 過ごしていたんでしょう。 私的にはベストな状態でないなら 無理して歌ってほしくはないですが 声に負担をかけない程度に 頑張ってもらいたいですね。

次の

持田香織が結婚した旦那(夫)の仕事はジム?猫の名前はリヴァイとアルミン│新時代レポ

持田香織 喉

委員会コメント 念のためだが、当サイトでは全盛時の歌唱力を評価している。 喉の酷使なのか、急性気管支炎や声帯結節が原因とも言われているが長年の喫煙も一因ではあったろう。 いずれにせよ持田香織の声が若くして全盛期を過ぎてしまったのは悲しい事実だ。 声を失った歌手と言えば、元クリスタルキングの田中昌之が有名で、落差の点では彼に比べれば持田はまだマシな状態だが、それでも彼女の精神的な苦痛は相当なものだろう。 ELT初期の頃は喉声がひどかったがクリアーで爽やかな声質と地声の低いタイプ特有の引っ張り上げるような高音が魅力であった。 しかし年々ハスキー成分が増していった。 それもまた魅力ではあったのだが、もしかするとこれも声帯の劣化によるものだったのかもしれない。 もともと歌唱力と言うよりは歌声に魅力があるタイプの歌手であったが、声を張る事が出来なくなってからの持田の歌は筆者ごときでも同じ歌を歌う者として聴いているのがとても辛い。 明らかに声が届かないと分かっていて歌うのは歌い手自身の精神衛生的にも良くない。 そして、一部のファン以外の事情を知らない観客やリスナーは『音痴な歌手』という烙印をあっさりと押してしまうだろう。 才能のある歌手だけに本当に残念だ。 持田香織は本当に魅力のある歌声を持ったボーカリストなので、今後も喫煙などせずしっかりと喉をいたわり末永く歌ってほしいと切に思います。 sanryuvocalist.

次の

持田香織の病気治らず!?気管支炎で声が出ず歌が下手で『1番ソングSHOW』が放送事故状態!!ELT解散危機も!?

持田香織 喉

— 2017年 5月月3日午後3時56分PDT 確かに2005年頃の持田香織の歌声を聞くと、 息も切らしていて、喉が乾燥しているかのような歌い方で、 聞いているこちらが心配になってしまう程でした。 透き通った歌声が持ち味だった持田香織なだけに、一体何があったというのでしょう? その理由を探ってみると、驚くべきことが判明しました。 持田香織、急性気管支炎を発症してもツアーを遂行していた 2005年頃に持田香織の歌声が変わってしまった理由について調べると、あることがわかりました。 持田香織率いる「ELT」は、2004年末から2005年の最初にかけてツアー『common place tour2004-2005』を開催していました。 この頃のELTの持田香織を見るとそれはまぁ可愛すぎて脳みそいかれる笑 曲も良くて毎日聴いてるねw Every Little Thing For the moment — 小倉靖弘 NEW rqSQaVQVSLTpwCd ただでさえ、一発勝負で全エネルギーを注ぐコンサートがあるのに、その間に音楽番組へも出演したいたとは驚きを隠せません…。 このような多忙なスケジュールをこなしている最中に、 持田香織は急性気管支炎を発症。 2005年年始に熊本県内で行われたライブでは、 「fragile」を歌い切ることができなく、ステージに立ったまま 泣き出してしまったのです。 ツアーはスケジュールが全て決められているため、急性気管支炎を発症してからも、スケジュール通りにこなしていくしかなかったのでしょう。 そのため持田香織が美しい歌声を失ってしまったと言われていたのは、 急性気管支炎を発症したにも関わらず、喉を駆使していたのが原因かと。 この歌手である持田香織にとって受け入れ難い現実が、後にある疑惑を生むことに繋がってしまうのです…。

次の