エクセル 範囲 選択 ショートカット。 複数のセルを選択する

Excelで一番下(最終行)&一番右(最終列)まで選択する方法

エクセル 範囲 選択 ショートカット

セルの文字入力に関するショートカットキー セルに文字を入力、編集する時によく使われるショートカットキーです。 Enter セルに入力した値を確定し、下のセルに移動します。 セルの範囲を選択して文字を入力すると、選択した範囲で一番左上に文字が入ります。 BackSpace セルの文字を削除します。 カーソルを当てた位置から「BackSpace」を押すと、セル内の文字を1文字ずつ、前の文字を削除することができます。 Delete 選択したセルまたはセル範囲の文字を削除できます。 Esc 入力中に確定していないセルの値を削除します。 F2 選択したセルを編集モードにします。 文字が入力されているセルを選択して「F2」を押すと、カーソルが文字の末尾に移動して編集モードになります。 文字選択に関するショートカットキー エクセルで、データ作成または加工する時によく使われる、文字選択のショートカットキーです。 2回押すと、アクティブなセル領域とサマリー行が選択されます。 3回押すと、シート全体が選択されます。 2段階でショートカットキーを使用して文字選択 最初のショートカットキーでデータが含まれるセル範囲を選択しても、セル範囲の文字入力の状態によっては、選択したいセル範囲が全て含まれていない場合があります。 そのような時に、目的の範囲まで選択する方法です。 数式のコピー セルに入力されている数式を、データが入力されている一番下の行までコピーしたい時、コピーしたいセル範囲をなかなか選択できないという事はないでしょうか。 セルの選択に時間がかかって、無駄に時間を費やしてしまいます。 このような場合、簡単にセルを選択できる方法があります。 この方法を紹介します。 覚えるとデータ加工で役に立ちます。 ショートカットキーを使用して、文字選択応用 エクセル、シートにデータが入力されています。 D2には「個数*単価」の式が入力されています。 この式をデータが入力されている最後の行までコピーします。 この時、データ量が多いと範囲をなかなか選択できない場合があります。 今回は分かりやすいようにデータを少なくして簡単に範囲を選択する方法を説明していきましょう。 次にデータが最後の行まで入力されている列内で、任意のセルを選択します。 最後の行のセルが選択されます。 セル範囲「D2:D28」が選択されます。 セル範囲「D3:D28」に「D2」の数式がコピーできました! よく使用するコマンドのショートカットキーは覚えておきましょう。 エクセルのショートカットキーは沢山ありますが、その中でこれはよく使う、というショートカットキーはないでしょうか。 決よく使うショートカットキーは覚えておくと、データ加工が楽になります。 何度か繰り返し使っていくと自然に覚えてしまいます。 特に、データ量が多い、急いでデータを加工しなければいけないといった場合に役に立ちます。 こちらの記事もご覧ください。

次の

Excel セル範囲の移動・選択(2)Home・Endキーなど使った超基本ショートカットキー

エクセル 範囲 選択 ショートカット

しかしこの説明は、ちょっと不足していると言わざるを得ない。 誤解されやすいところだが、覚えておこう。 ではここで、上図で選択状態になっている21行目~24行目をDeleteキーで消してみよう。 私がそうなのだが、上書き保存をしない状態で作業をすることが多い人は、注意が必要だ。 そしてこの場合、本当にジャンプしたい最終セルとはK20セルであるはずだが、表の起点であるB14セルを選択した状態からK20セルにジャンプしたい場合はどうするか。 このやり方は手軽なので、ぜひとも積極活用しよう。 表の範囲という言い方が馴染みないかもしれないし、これは別に正式用語でもないが、これはExcelでデータベース的な考え方をするにあたって重要なことだ。 要は、空白行・列を挟まず連続した範囲にデータが入っているセル範囲のことを言う。 ・・・サンプルを作っていて気付いたが、C6~D10セルと、G6~H10セルの範囲は、横方向にのみセル結合がなされている。 セル結合というのは、上手い人ほど蛇蝎のごとく忌み嫌う行為なのであるが、そういうセル結合が含まれていても一応、「表の範囲」として認識される。 というようになる。 では両者は何が違うか。 何もない場所で実行する・2回連続で実行するなど、ちょっと条件が加わった場合に、セル全体が選択されることになる。 まあこの辺りは、マニアックな話だからこれ以上細かくは言及しない 逃げた。 全てのセルを選択したかったら素直に、最初に紹介した、行番号と列番号の交点を選択する方法を使っていけば良いと思う。 名前: しょうた 自己紹介など こんにちは。 Excelを使い倒し、改造・カスタマイズばかりしている と自負している 、しょうたです。 一応、本名ですけど、苗字は非常に珍しくて覚えにくいこともあり、フルネーム公開予定は今の所ありません。 というかそっちの方が主戦場かも。 このブログでは、Microsoft Excelのことをメインに扱います。 以前はテーマが定めきらず、Excel以外のコンテンツを多く書いた雑記ブログになっていたのですが、そのブログ方はに残し、引き続き時々更新していきます。 Excelについて 1 こんな人が読むと良いよ このサイトで扱うExcelコンテンツは、最初に言っときますが、「Excel初めてやるよ」って段階の人はほぼ門前払いです。 「Excelを3年くらいやって日常的に触ってるけど、からきし上手くならないわー。 もう素質がないのかなー。 」くらいに思ってる方が読まれると良いかと思います。 要は、スポーツのルールやっと覚えたくらいのExcelの知識で、仕事で使ってもいるけど、そこから伸び悩んでる方が対象ってことですね。 ルールから教えることは考えてないってことです。 Excelについて 2 こんな風にExcelを語るよ そこらのサイトで得られるExcel情報を教科書的・体系的に書いていくのは性に合わないし、それじゃ対象読者の方々の為にもならないと思ってます。 私が経理の実務経験で培ったディープなExcel知識を、Excelの使い方の常識に立ち向かっていくくらいのつもりで書いていきます。 お行儀よく勉強しても身に付けにくかった、最短経路の楽なやり方だけを紹介して、努力しない努力をしてもらいたいと思っています。 ちなみに私は現在、福岡市博多区の会社で経理の仕事をやっています。 簿記2級は一応持ってますが、Excelでの業務効率化にドハマリしてて主客転倒になってます。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

【Excel】塗りつぶしのショートカットを3通り解説!パパッと塗る裏技

エクセル 範囲 選択 ショートカット

しかしこの説明は、ちょっと不足していると言わざるを得ない。 誤解されやすいところだが、覚えておこう。 ではここで、上図で選択状態になっている21行目~24行目をDeleteキーで消してみよう。 私がそうなのだが、上書き保存をしない状態で作業をすることが多い人は、注意が必要だ。 そしてこの場合、本当にジャンプしたい最終セルとはK20セルであるはずだが、表の起点であるB14セルを選択した状態からK20セルにジャンプしたい場合はどうするか。 このやり方は手軽なので、ぜひとも積極活用しよう。 表の範囲という言い方が馴染みないかもしれないし、これは別に正式用語でもないが、これはExcelでデータベース的な考え方をするにあたって重要なことだ。 要は、空白行・列を挟まず連続した範囲にデータが入っているセル範囲のことを言う。 ・・・サンプルを作っていて気付いたが、C6~D10セルと、G6~H10セルの範囲は、横方向にのみセル結合がなされている。 セル結合というのは、上手い人ほど蛇蝎のごとく忌み嫌う行為なのであるが、そういうセル結合が含まれていても一応、「表の範囲」として認識される。 というようになる。 では両者は何が違うか。 何もない場所で実行する・2回連続で実行するなど、ちょっと条件が加わった場合に、セル全体が選択されることになる。 まあこの辺りは、マニアックな話だからこれ以上細かくは言及しない 逃げた。 全てのセルを選択したかったら素直に、最初に紹介した、行番号と列番号の交点を選択する方法を使っていけば良いと思う。 名前: しょうた 自己紹介など こんにちは。 Excelを使い倒し、改造・カスタマイズばかりしている と自負している 、しょうたです。 一応、本名ですけど、苗字は非常に珍しくて覚えにくいこともあり、フルネーム公開予定は今の所ありません。 というかそっちの方が主戦場かも。 このブログでは、Microsoft Excelのことをメインに扱います。 以前はテーマが定めきらず、Excel以外のコンテンツを多く書いた雑記ブログになっていたのですが、そのブログ方はに残し、引き続き時々更新していきます。 Excelについて 1 こんな人が読むと良いよ このサイトで扱うExcelコンテンツは、最初に言っときますが、「Excel初めてやるよ」って段階の人はほぼ門前払いです。 「Excelを3年くらいやって日常的に触ってるけど、からきし上手くならないわー。 もう素質がないのかなー。 」くらいに思ってる方が読まれると良いかと思います。 要は、スポーツのルールやっと覚えたくらいのExcelの知識で、仕事で使ってもいるけど、そこから伸び悩んでる方が対象ってことですね。 ルールから教えることは考えてないってことです。 Excelについて 2 こんな風にExcelを語るよ そこらのサイトで得られるExcel情報を教科書的・体系的に書いていくのは性に合わないし、それじゃ対象読者の方々の為にもならないと思ってます。 私が経理の実務経験で培ったディープなExcel知識を、Excelの使い方の常識に立ち向かっていくくらいのつもりで書いていきます。 お行儀よく勉強しても身に付けにくかった、最短経路の楽なやり方だけを紹介して、努力しない努力をしてもらいたいと思っています。 ちなみに私は現在、福岡市博多区の会社で経理の仕事をやっています。 簿記2級は一応持ってますが、Excelでの業務効率化にドハマリしてて主客転倒になってます。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の