青根 キャンプ 場。 青根キャンプ場の混雑状況!予約は可能?付近のスーパーもチェック!

【緑の休暇村・青根キャンプ場】アクセス・営業時間・料金情報

青根 キャンプ 場

前室にテーブルとか置くことを考えると3名利用が良いと思います。 我が家はこれの旧型です。 夫婦二人でちょうど良い大きさ。 夏場のオープンタープ利用時やキサタープを張らないときのソロ用として使ってます。 最近のメインバーナーです。 火力が弱く、お湯を沸かすのに時間が掛かる為、燃費はそれほどいいとは思いませんが、着火も簡単で扱いやすく、音もほとんどしないので、朝とか使うのに便利。 構造が割と簡単なので、自分でメンテナンスして使えるのもいいです。 もはや説明の必要もない程の定番商品ですね。 主に、前室やテント内利用してます。 小さい割には、結構明るいです。 主に、クロノスドームのテント内で利用してます。 明かりとして考えた場合は、暗いですが、揺らめく暖色の明かりは癒されます。 注ぎ口がありケトルになるのも便利。 ただ、容量メモリは欲しかったですね。 ライテックケトル&パンにスタッキングできます。 小さい方は、器代わりにもなり便利ですが、大きい方は、径が小さいのに深いのでちょっと使いづらくあまり出番がありません。 便利です。 軽量コンパクトでソロテントの前室などでも結構活躍してくれてます。 ちなみに、料金なんですけど、4月より料金が変わってます。 変わるとは聞いていましたが、まさか、これほど上がっているとは、正直思ってなかったです。 (^^; ちゃんとWeb見ない我々も悪いんですが・・・・ 青根キャンプ場のホームページにも記載されていますが、 これまでと、改定後の料金(オートキャンプ一泊)を一応載せておきます。 ツールームは、5人以下用テントとスクリーンタープ扱いだったので、 今回は、それにヘキサタープを加えて、 なんと、5,590円!! ということになりました。 川沿いサイトにも行けないし、場所変えようかとも思ったのですが、 妻がお金を払ってしまった後(払うとき私はいなかった)だし、妻が来たことなかったので、 納得することにしました。 しかし、この設備&雰囲気では、個人的には高っ!!と正直思ってしまいました。 (^^; 設備&雰囲気はというと(あくまで個人的な感想です。 (プッシュ式希望w) ってな感じです。 それでも、気を取り直して、乾杯!! その後、サイトを散策しました。 釣りエリア(手前が餌づりエリア!?奥はルアーフライかな!?) 炊事場 寄ってみました(奥に見える建物も炊事場です) メインサイト メインサイトは、この時期でも結構密集しているので、 ソロ、デュオ、カップルなんかでまったりは、ちと厳しいかと・・・ 大人数とかだったらいいのかな。 そして、我らが張った芝サイト 今回の芝サイトは、最終的に、DUOやカップルの方が数組と、大人数の方がいましたが、 こちらは、まったりとしていました。 散策終了後、戻って昼食を作ろうとしますが、 タープの張り方が悪く、動線は悪いわ、風が吹き込むはで、ちょっと失敗。 なので、風だけでもと思い、ブルーシートを風よけの代わりに使いました。 ダサイけど許して下さいね。 これでも多少は良くなりましたから・・・(^^; で、昼食を作り始めます。 手前のダッチオーブンは、我が家定番の・・・ はい、ローストポークです。 手軽なんで・・・(^^; そして、奥のクッカーは、お米炊きました。 で、出来たのは・・・・ ローストポーク丼です。 わさび醤油で頂きます。 食後は、音楽を聴いて過ごしました。 朝早かったこともあり、私は、前室で夕方までコット寝しました。 つづく。 おはようございます! ゲッ! 青根、そんなに料金が上がったんですか!? 新しいサイトを作るので、料金値上げは 致し方ないのかも知れませんが かなり厳しい料金になっちゃいましたね。 ただ、どなたかのブログで読んだのですが 道志の森でも、混雑しているのに 金を払っているんだから何がイケナイんだ、といって広々使う人がいると 管理人さんが嘆いていたそうです。 こういう人がいるから、キャンプ場としては だったら使う広さに応じて、なんて料金体系になってしまうのかも知れませんね。 あ、でも上の芝サイトは電源付きの区画サイトの予約可能になるらしいですよ。 高くてもいいから、予約してちゃんと入れるサイトも欲しいというお客さんの要望らしいです。 ローストポークって手軽に作れるんですか? 作り方の記事をアップしてください(笑) 物欲夫婦さん、こんにちは。 投資分回収・・・そうなんでしょうねぇ。 でも、一体何年で回収しようとしているのか気になるところではあります。 我が家から近くて、空いてる時期ならいいかなぁなんて思っていたのですが、 ちょっと、この料金では厳しいですよね。 これまで、こんなに高いところ行ったことなかったし(たぶん)、 領収書見てびっくりしました。 確かに他のキャンプ場に波及しないことを祈りたいですね。 せめて、これぐらいなら・・・・とは思います。 カッコいいですか。 なんか照れちゃいますね。 (笑) でも、実は、我が家のローストポークは、お手軽で簡単なだけです。 いつもは、ちゃんと調べていくのですが、 なんか、調べずに行ってしまいました。 (^^; しかも、上がるって話は知っていたのに・・・・(T T 多少の料金Upは、想定してましたが、ここまでとは正直思ってなかったです。 お金を払えばなんでもいいのかって言われると、 そうでないのではと、個人的には思いますけどねぇ。 といっても、フリーサイトであるということから、 広さに応じての料金体系も結構難しいような気もしますけどね。 「ソロテントと5人用テント同じ値段なのはおかしい」とかって話がでそう。 そういえば、New芝サイトは、電源サイトって前回のとき話してましたね。 おぉ、予約の区画なんですか。 そしたら、また料金改定ですね。 (笑) 確かに、区画っぽく、木を植えてましたよ。 我が家のローストポークは簡単ですよ。 ネタが無くなったら、一応料理カテゴリもあるし、載せますかね(笑) 7e(ナナエ)さん、こんにちは。 ローストポーク丼は、さっぱりして、おいしかったです。 (^^; 当時のほぼ倍に値上がりしたので、 その影響から、ちゃんと計算しないと、ビックリする金額になります。 ツールームは、どういう扱い? ランステは?みたいなことになっちゃいますよね。 今までは、割と安かったので、あまり気にしませんでしたが、 いろいろと問題となるかも知れませんね。 去年、ロゴスのツールームで行った時は、わからず聞きました。 ツールーム内に、付属のインナーを使わず、 ソロテントのインナーを2張りするといったら、スクリーンタープとテントと言われましたね。

次の

神奈川県【緑の休暇村 青根キャンプ場レポート!】釣りもできてお手頃料金だからファミリーキャンプに最適

青根 キャンプ 場

青根キャンプ場緑の休暇村センターコテージ宿泊! 実は最初は「」のバンガローに宿泊予定だったんですよ。 でも今回は2泊する予定だったので やっぱり冷蔵庫あったらいいよね~ 子どももいるし、 トイレが部屋内にあった方が便利だな~ とか色々考えて。 笑 で! 青根キャンプ場にはコテージもあることを知って早速電話。 しかし! コテージは青根キャンプ場ではなく「」で予約なんですね。 隣接して受付も隣り合わせにあったのですが、 予約先は違うので注意です! 夏休み期間中、特にお盆は早く予約しないと埋まってしまいます。 売店も炭や着火剤、お菓子なども色々売ってましたよ! コテージは全部で3つ。 寝具8人分は備え付け。 冷蔵庫・トイレ・温水シャワー付き。 車も3台まで可能とのことで、我が家は2台を近くに停めれました。 そこは周りの街灯が本当になく夜は真っ暗! だからか、コテージの電灯にめっちゃ虫が集まる。 なのでコテージ内にも虫は結構いました。 この橋の手すり部分にバスタオル干したりしてます 笑 ちょうどいい。 それぞれに布団が2セットずつあるのでロフト部分には計4つの布団が置かれてます。 我が家はじじ・ばばは下のベッド部分に。 掛布団が分厚い布団とタオルケットのようなもので2つあるので、分厚い方を敷布団に重ねるとちょうどいいかもです 笑 トイレ キャンプ場のトイレは汚いイメージですよね。

次の

青根キャンプ場のブログや口コミ【WOM CAMP】

青根 キャンプ 場

神奈川県相模原市緑区にある道志と呼ばれる地区にはたくさんのキャンプ場があります。 その中でもこの「緑の休暇村 青根キャンプ場」は、オートサイトの他、フリーサイトが充実しており、何と言っても サイトのすぐそばに流れる道志川で思い切り遊べるというのが ファミリーに大人気の一つです。 そしてキャンプ場入場の手前にある温泉。 キャンプ場からも徒歩で行くことのできる温泉が、このキャンプ場の 最大の魅力の一つです。 人気の5つの理由• 大人も子どもサイトすぐ横の道志川で思いっきり遊べちゃう!• 小さい子でも安心の浅瀬が豊富 浅瀬と言っても川です。 川では絶対にお子様から目を離さないでください。 すぐそばに温泉がある フリーサイトから徒歩で5~8分• 幼児向けの滑り台など遊具もある• フリーサイトなのでグループキャンプがしやすい GWの1週間前で上記写真のような混み様です。 これから更に何組がグループがやってきました。 青根に来慣れている人だと、このくらいだと混んでいるとは言わないのでしょうか。 GWになるとテントとテントの間隔はどれほど狭くなるのでしょう。 この日のキャンプ場ではコールマンやスノーピークなどの有名どころのテントの他、 ノースイーグルのワンポールテントが大小と多数あり、 場内でもひと際目立っていました。 写真よりもオレンジで可愛かったです。 大きさにもよりますが2万円前後なので購入しやすいですね! 人気なようでAmazonでは入荷待ちだそうです。 受付側から見える場所にも砂利ですがフリーサイトがあります。 全てのサイトから川へのアクセスはすぐです。 愛が燃え上がる幸せの釜戸 サイト内に突如現れる昭和風な文言の釜戸。 釜戸のトップに置かれている石の形が「ハート」なんですね。 ちなみに我が家は使用していません。 ここ砂利サイト側です。 ちょうどよくここにテントを張ることができたなら是非使用してみてください。 燃え尽きた愛が再び燃え上がるかも!? トイレの様子 写真は男性用トイレです。 温水洗浄便座です。 立ち上がると水も自動で流れてくれるという素敵な機能が付いています。 知らない場所で不特定多数の人が使用するトイレで、水を流すところとか、余計なところを触らなくていいという安心感があります。 概ね清潔です。 トイレ横の「ど根性杉」 フリーサイトのトイレ横に「ど根性杉」というのがありました。 トイレの横で育ったためにつけられた名前でしょうか。 遊具もあります 写真が白飛びしてしまいわかりにくいですが、写真手前に乗ってユラユラする遊具が3つ。 象の滑り台1つと比較的新しい遊具1つあります。 小学生未満を対象とした遊具のようですね。 遊具のすぐ目の前が、車も通る通路ですのでお子様に付き添われることを強くお勧めします。 くれぐれもご注意ください。 炊事場の様子 炊事場は写真からも伝わるでしょうか。 シンクがいくつもどどーんと並んでいます。 決して清潔とは言い切れない部分もありますが、私は許容範囲でした。 高規格に慣れすぎてしまった方にはほんの少し抵抗があるかもしれません。 使用する時間帯によっては、清掃がきちんとされています この写真は午後撮影。 午前中はちょっと汚れていることが多かったです。 炊事棟には、なんとピザ釜もあります。 腕を披露したいピザ焼きキャンパーさん!ここに窯ありますよ! キャンプ場内の川の様子 フリーサイト側一部 キャンプサイトを囲むように川が流れています。 上記写真はマス釣りができる場所です。 この上下流で水遊びができます。 さすが道志、川の水はきれいですね。 とにかく水遊びができる場所は豊富です。 場所によっては遊泳注意、遊泳禁止の場所あると思いますので確認してから入水してくださいね。 キャンプの様子 4月末の当日天気 当日天気:晴のち雨、時々中~強風 受付時間開始の8:00ちょうどくらいに受付をしましたが、この時点ですでに10組ほどフリーサイトに来ているとのこと。 みなさん行動が早い!! やはり早めに来ないと良い場所は選べませんね。 GWになると7時前から受付の車列ができるとかなんとか。 でもアウトが11:00なので受付してもテント張れないor撤収するサイトの前で待機という感じになるのでしょうか。 もしそうであれば、待つ方も待たれる方も気まずいですね。 ひとまずさっさとテントを設営。 写真ではまだ完了していない点がいくつかありますが、ご容赦ください。 燻製 この日は、またまた燻製にチャレンジ。 タコとささみも一緒に燻製しましたが、どうやら写真を撮っていませんでした。 タコは「もう少し厚めに切らないとダメだな」ということがわかりました。 チーズはいい感じに出来上がりました。 美味しかったです。 はやりチーズはハズレないですね。 キャンプご飯 燻製の準備をしていたらお腹がすいてきたので、まだお昼前でしたが焼き肉開始。 ちょっとテーブルの上が散らかっています、すみません。 前日にコストコで仕入れた「みすじ」を食べました。 焼肉屋さんで食べる「みすじ」よりもずっと厚くて食べごたえバッチリです。 我が家は炭火で焼いて、ステーキのようにカットしてから食べました。 100g108円でしたので、激安です。 そしてコストコの牛肉は基本、一度も冷凍されていないので鮮度がそれほど落ちていません。 そういう工夫もあり、USビーフですがとても美味しいです。 手斧 ハスクバーナ を購入 夫は以前用意していた斧を嬉々として使用。 けっこう気持ちよく割れるんですね。 私もチャレンジしてみましたが、コツがいるのかひとっつも割れませんでした。 ちなみにこの手斧、刃は スウェーデン製で柄はヒッコリー。 ヒッコリーは収縮・膨張がしにくい材質だそうです。 刃がすっぽ抜けては大変です。 斧には重要なポイントですよね。 ちなみに Huskvarnaと書いて「ハスクバーナ」と読むそうです。 私はよくわからないのですが、夫が言うにはそこそこ人気があるらしいです。 値段も5000円ほどなので、 「初めての手斧」としては買いやすいですね。 夫にはこれからもガンガン薪を割っていただこうと思います。 次男の遊び・マスタソードと組石 そして次男はテント横に転がっていた石を組み始め、何をするかと思ったら 「マスターソード」を刺して、引き抜いているそうです。 マスターソードとは、ゲーム・ゼルダの伝説に出てくる剣のことです。 お察しください。 マスターソードは写真の細い木の枝です。 ものすっごく楽しそうな顔していました。 マスターソードは飽きたのか、今度は石で釜戸を組み始めました。 なかなかの集中力です。 弟や他のキャンパーのちびっこ邪魔されながらも、なんとか完成。 大満足な顔をしています。 夜は雨と焚火 夜は夫が嬉々として割った薪で焚火。 次男と私は夫が椅子で寝ているのを横目に焚火を始め、火遊びをしておりました。 夕飯後に雨が降り出し「今日は焚火ができないかなあ」なんて思っていましたが、小降りになってきたので焚火をしました。 燃えすぎです。 雨も強くなってきたので焚火はお開き。 道志は夏や秋は天気が急変しやすいのですが、春もそうなのでしょうか。 それから4時ころまでは雨が降っていた気がします。 時々けっこう激しく降っていました。 朝5時ころ起きると、もうすでに雨は止んでいました。 「テントは濡れたまま撤収になるかなあ」なんて思っていましたが、それからの起死回生。 天気がみるみるうちに良くなり、あっという間に快晴に。 まだ4月と言えども、冬よりは圧倒的にお日様の力は強いですね。 短時間で完全乾燥撤収ができました。 ルミエールとノクターンを使用してみた コールマンのルミエール、スノーピークのノクターンは持っていました。 持っていたのですが、キャンプ場で使用したことがありませんでした。 雨で焚火ができなかった間は、このリトルランプを使用してみました。 スノーピークのノクターン。 コールマンのルミエール。 本体の大きさは、ルミエールの方が倍以上大きいです。 炎のゆらめきは、ルミエールの方が揺らぎます。 炎の大きさもルミエールの方があります。 スノーピークのノクターンは静かにたたずむ凛とした炎です。 炎の色も大きさも、それぞれに違いがあってどちらとも好きです。 勝手なイメージですが、ルミエールが「揺」なら、ノクターンは「静」というところでしょうか。 ということで、初の青根キャンプ場を満喫してきました。 青根キャンプ場で驚いたことは「グルキャン」の多さです。 私が今まで行ったキャンプ場の中でも群を抜いてトップであろう「グループキャンプ」の多さ。 グルキャンの方たちからは一定の距離があったので騒々しいとかは無かったです。 あと音楽をかけている人が多いです。 どういうのが迷惑になるのか、自分がグループキャンプをするときの参考になりますね。 グループキャンプは気持ちが大きくなりやすいようで、自分がグルキャンするなら本当に色々気をつけないといけないなあと感じました。 といっても、青根キャンプ場はグループキャンプをしやすい環境ですので、グルキャン好きにはかなりおススメです。 川はどうぞお気をつけくださいね!.

次の