アスペルガー 診断 テスト。 大人ASD(アスペルガー)のセルフチェックテスト(AQ)

大人ASD(アスペルガー)のセルフチェックテスト(AQ)

アスペルガー 診断 テスト

相手の目を見て話さない• 特定の趣味や興味のある人としか交流がない• 団体行動が苦手で協調性がない方だ• 喋っていて声が不自然である• 褒められても反応が薄い• 友達があまりいない• 一人の時間を愛している• 人に褒められることに興味がない• 人が怒っていても気付かない• 会話で身振り手振りのジェスチャーをしない• 顔がほぼ無表情• 人が傷ついていてもなぐさめない• 人と喜びをわかち合いたいとは思わない• 他の人に呼ばれても返事をしない• 急に変更されるとあわてて対処できない• トイレや食事を忘れて熱中することがある• 興味、関心がないことは覚えられない• 決まった手順で出来ないと不安になる• 興奮すると単純で意味のない動きをする• 物の匂い、肌触り、動きなどに関心を持つ• 興味のない話題には入っていかない• ちなみに私は10個該当しました(汗) 会社で昼ごはんを食べる場合は 毎回同じ席で食べるようにしており、 9割以上は決まった席で食べれますが たまーに他の人が座ってると違う席になるので みょうに落ち着かないですもんね… また子供の頃はテレビゲームが好きで、学校でもずっとゲームの話をしてましたし、 友達と遊んでも一緒にゲームをしてました。 ゲームをしてる時はトイレや食事の時間を惜しんでやってましたし、学校でもずっと考えてましたね(汗) 大人になってからは普通の人が興味を持たないような マニアックな趣味にばかり興味を持ちます。 逆に 同世代の間で流行ってるモノには、サッパリついて行けなかったです。 アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 私がアスペルガー症候群を改善した教材! 多くの書籍、マニュアルは自閉症スペクトラムの症状、特徴などのウンチクばかりで具体的な改善方法が書いてません。 たしかに症状、特徴などの知識は自分がアスぺかどうか分からない人にとっては重要でしょう、しかしどうやら 自分はアスペルガー症候群らしいと分かった人にとって本当に欲しいのは改善方法です。 このマニュアルの販売者さんはそれが分かっているので「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」では 症状、特徴などのウンチクは書かず、具体的な改善方法にスポットをあてて作られています。 私はこのマニュアルのおかげで人生変わりました。 今までどうも浮いてた、歯車がかみ合ってない損ばかりの人生、アスペルガー症候群としての損な人生から脱出して、一発逆転をすることができたのです!.

次の

5分でできるアスペルガーチェックテスト。軽度~重度まで

アスペルガー 診断 テスト

こちらで紹介するのは、千葉大学若林教授による『自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版』を元に作成した自閉症スペクトラム指数を計算するWebアプリです。 質問は全部で50問あります。 すべての質問に回答してください。 質問に対して 1.そうである 2.どちらかといえばそうである 3.どちらかといえばそうではない(ちがう) 4.そうではない(ちがう) のうちから、自分について最も当てはまる数字を選んでください。 設問 1 2 3 4 1. 何かをするときには、一人でするよりも他の人といっしょにする方が好きだ。 同じやりかたを何度もくりかえし用いることが好きだ。 何かを想像するとき、映像(イメージ)を簡単に思い浮かべることができる。 ほかのことがぜんぜん気にならなくなる(目に入らなくなる)くらい、何かに没頭してしまうことがよくある。 他の人が気がつかないような小さい物音に気がつくことがよくある。 車のナンバーや時刻表の数字などの一連の数字や、特に意味のない情報に注目する(こだわる)ことがよくある。 自分ではていねいに話したつもりでも、話し方が失礼だと周囲の人から言われることがよくある。 小説などの物語を読んでいるとき、登場人物がどのような人か(外見など)について簡単にイメージすることができる。 日付についてこだわりがある。 パーティーや会合などで、いろいろな人の会話についていくことが簡単にできる。 自分がおかれている社会的な状況(自分の立場)がすぐにわかる。 ほかの人が気がつかないような細かいことに、すぐ気づくことが多い。 パーティーなどよりも、図書館に行く方が好きだ。 作り話には、すぐに気がつく(すぐわかる)。 モノよりも人間の方に魅力を感じる。 そうすることができないとひどく混乱して(パニックになって)しまうほど、何かに強い興味を持つことがある。 他の人と、雑談のような社交的な会話を楽しむことができる。 自分が話をしているときには、なかなか他の人に横から口をはさませない。 数字に対するこだわりがある。 小説を読んだり、テレビでドラマなどを観ているとき、登場人物の意図をよく理解できないことがある。 小説のようなフィクションを読むのは、あまり好きではない。 新しい友人を作ることは、むずかしい。 いつでも、ものごとの中に何らかのパターン(型や決まりなど)のようなものに気づく。 博物館に行くよりも、劇場に行く方が好きだ。 自分の日課が妨害されても、混乱することはない。 会話をどのように進めたらいいのか、わからなくなってしまうことがよくある。 細部よりも全体像に注意が向くことが多い。 電話番号をおぼえるのは苦手だ。 状況(部屋の様子やものなど)や人間の外見(服装や髪型)などが、いつもとちょっと違っているくらいでは、すぐには気がつかないことが多い。 自分の話を聞いている相手が退屈しているときには、どのように話をすればいいのかわかっている。 同時に2つ以上のことをするのは、かんたんである。 電話で話をしているとき、自分が話しをするタイミングがわからないことがある。 自分から進んで何かをすることは楽しい。 冗談がわからないことがよくある。 相手の顔を見れば、その人が考えていることや感じていることがわかる。 じゃまが入って何かを中断されても、すぐにそれまでやっていたことに戻ることができる。 人と雑談のような社交的な会話をすることが得意だ。 同じことを何度も繰り返していると、周囲の人からよく言われる。 特定の種類のものについての(車について、鳥について、植物についてのような)情報を集めることが好きだ。 あること(もの)を、他の人がどのように感じるかを想像するのは苦手だ。 自分がすることはどんなことでも慎重に計画するのが好きだ。 社交的な場面(機会)は楽しい。 他の人の考え(意図)を理解することは苦手だ。 新しい場面(状況)に不安を感じる。 初対面の人と会うことは楽しい。 社交的である。 人の誕生日をおぼえるのは苦手だ。

次の

アスペルガー症候群度チェックテスト

アスペルガー 診断 テスト

このサイトではアスペルガーであるかどうかチェックするための簡単なテストを紹介します。 このテストは5分ほどで完了しますが、アスペルガー発症の可能性をチェックできます。 スポンサーリンク テスト アスペルガーであるかどうかのチェックをするためには、以下のテストで該当する項目を選んでください。 1:集団でいることが苦手で絶えず一人でいる傾向にある。 2:繰り返し同じことをすることが好きである。 3:集中力の高さには自信がある。 4:周囲の音に敏感になってしまうことが多い。 5:会話において相手を困らせたり、怒らせてしまうことが多い。 6:TVドラマや映画の主人公に感情移入しやすい。 7:意味の無い記号や数字などを記憶していることが多い。 8:空気を読むのが下手で場の雰囲気を壊してしまう。 9:会話が苦手であり、一人で考え事をする方が好きである。 10:自分にとってのルールがあり、それを守らないと気が済まない。 11:友達を作るのが苦手である。 12:婉曲表現を理解できない。 13:丸暗記をする能力にたけている。 14:部屋の雰囲気のちょっとした変化に簡単に気が付くことができる。 15:並列処理が苦手である。 16:冗談を理解することができない。 17:ヒーローになったりするごっご遊びが嫌い。 18:周囲の人との円滑な交流ができない。 19:場面に合わせた服装を選ぶのが苦手である。 20:自分だけが気が付くと喋っていることが多い。 21:周囲の環境の変化に対応するのが苦手である。 22:相手の気持ちを察する(思いやる)ことが苦手で、相手を傷つけやすい。 23:規則を守っていない周囲の人を許すことができない。 チェック 上記の23の項目のテストでチェックした項目が多い場合にはアスペルガーの可能性が高いので、そのような場合には医療機関での診断を受けることがお勧めです。 チェック項目数が多い方が重度のアスペルガーの可能性が高くなります。 軽度の場合にはチェック項目数がそれほど多くはありません。 ちなみに僕は、18個チェック項目に当てはまりました。 チェック項目数によって自分が軽度のアスペルガーであるかどうか判断できない場合には下記の文章チェックテストをすると良いでしょう。 文章テストも数分で終了する簡単なものです。 スポンサーリンク 文章テスト 次の文章をまずは読んでみてください。 「少年Aは明後日は親友の誕生日ということを思い出しました。 少年Aは自分の財布の中身を調べてみました。 残念ながら、財布の中身は十分ではなかったので、少年Aは自分の親から小遣いをもらうことにしました。 親から小遣いをもらったあと、少年Aは、買い物に出かけました。 」 この文章を読んで、少年が何を買いに行ったか分からなければ、アスペルガーの可能性が非常に高くなります。 最初の箇条書きテストのチェック項目が半数以上で、この文章テストの結果がアスペルガーの可能性を示唆している場合には医療機関での診断が必要になります。 治療は軽度のうちに アスペルガーのチェックリストの結果によってアスペルガーの可能性が高い場合であっても、医療機関での診断の結果、アスペルガーではないという診断結果が出ることもあります。 アスペルガーは軽度の状態から治療をスタートさせた方が、回復までの時間が短くなります。 重度になってしまうと、2次障害を発症してしまい、回復が困難になってしまったり、回復までの時間が長期化してしまうことが多くなります。 更には、再発の可能性が高くなってしまいます。 つまり、アスペルガーの可能性が高い場合には、躊躇せずに医療機関での診断を受けることが必要になります。 スポンサーリンク - , , , , ,.

次の