鬼 滅 の 刃 夢 小説 し て みた。 小説『鬼滅の刃 風の道しるべ』7月3日に発売決定。風柱・不死川実弥の過去が小説で明らかに!

小説『鬼滅の刃 風の道しるべ』7月3日に発売決定。風柱・不死川実弥の過去が小説で明らかに!

鬼 滅 の 刃 夢 小説 し て みた

JUMPjBOOKS『 鬼滅の刃』シリーズ3作目となる、『鬼滅の刃 風の道しるべ』。 1・2作に続き短編集であるが、注目は風柱・不死川実弥の誕生秘話である。 原作では19巻に、不死川実弥が鬼殺隊隊士・粂野匡近と出会い、やがて柱になるというエピソードが登場しているが、それを小説ではさらに詳しく描く。 他にも、霞柱・時透無一郎と刀鍛冶の里の小鉄との交流、伊之助とカナヲの友情秘話、人気の「キメツ学園」エピソードも収録される。 表紙・挿絵は、吾峠呼世晴による描きおろし。 あらすじ 【小説版第3弾が登場! 描かれるのは風柱・不死川実弥の過去の物語!】 日輪刀の存在も鬼殺隊の存在も知らず、ただ鬼を殺すことだけに己のすべてを賭す、少年時代の実弥は、鬼殺隊隊士・粂野匡近と出会ったことにより鬼殺隊へ導かれる。 明るく屈託のない匡近に次第に心を開いていった実弥は、匡近と切磋琢磨しながら「柱」を目指すことに。 あるとき、某屋敷のそばで次々と人が消え始める事件が発生。 その調査に向かった二人だったが、そこに現れたのは強敵・下弦の壱の鬼だった! 他にも、無一郎が小鉄と一緒に縁壱零式を修理したり、伊之助とカナヲの友情秘話、さらに鋼鐵塚のお見合い話も収録! 「キメツ学園」では、先生たちが話題の怪談を調査する!? 書誌情報• タイトル:『鬼滅の刃 風の道しるべ』• 原作:吾峠呼世晴• 小説:矢島綾• 体裁:新書判• ISBN:978-4-08-703498-1• 発行:株式会社 集英社 JUMPjBOOKS『鬼滅の刃』既刊 書誌情報 『鬼滅の刃 しあわせの花』• 原作:吾峠呼世晴• 小説:矢島綾• 体裁:新書判• ISBN:978-4-08-703473-8• 発行:株式会社 集英社 『鬼滅の刃 片羽の蝶』• 原作:吾峠呼世晴• 小説:矢島綾• 体裁:新書判• ISBN:978-4-08-703485-1• 発行:株式会社 集英社.

次の

鬼滅の刃~花と桜~

鬼 滅 の 刃 夢 小説 し て みた

| | |・ しにたがりの光柱さんは 「おい何してんだァ」 「そんなこと、しちゃダメですよ?」 「そんなことをして何の意味がある!」 「そんな地味なことしてんじゃねぇよ」 「..... ばかなの?」 『.... もう放っておいてよ』 今日もしねないそうです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 作者の村田ですこんにちは! 調子乗って書いてしまいました。 こちらも今書いている作品の息抜きで作ったので不定期更新になるかもしれません。 短編で終わらせるつもりです。 題名 38 ではないでしょうか? 前回が36だったと思うので…。 違ったらすいません…。 いつも応援してます!これからも頑張ってください。 1月28日 16時 id: - 応援しています。 村田様の文才に感謝。 1月28日 9時 id: - この流れだとバットエンドでも違和感なく終われると思います。 でもそうすると全体的に重いイメージになってしまうと思います。 村田様の文才があれば、ハッピーエンドで完結してもステキな作品として残ると思います。

次の

嫌われ者の涙柱【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 夢 小説 し て みた

*まだ千代が養子に入ってすぐの設定です 当時5歳だった千代は時透家に養子に入ってからも時々ぐずぐず泣いていることがあった。 別に時透家が嫌だったわけじゃない。 親戚でもない赤の他人であった千代を本当の娘のように可愛がってくれる両親には感謝しきれない。 死んだ親を思い出して泣いてる時には無一郎は背中をぽんぽん軽く叩いて慰めてくれたし、有一郎は千代の好きな甘味を買ってきてくれることもあった。 しかし今日泣いたのは死んだ親のことを思い出して泣いていたわけではなく、寂しいわけでもなく、・・・有一郎と喧嘩して泣いたのだ。 原因は有一郎のきつい口調にあった。 千代は有一郎が優しいのは知っていたが時々あの言い方に傷つくことがあった。 「ひどいよ有一郎!確かに私は有一郎と違って要領よく動けないけど、これでも私なりに頑張ってるもん!」 千代と有一郎が言い合っているところをおどおど見ている無一郎。 「頑張ってたって結果がついてこなきゃ無意味だろ」 有一郎は千代にさらにきつく言い放つ。 そもそもの原因は遡ること数時間前・・・。 千代と無一郎、有一郎は両親に頼まれて街に買い物に出かけていた。 その買い出しにおいて店の周り方で有一郎と千代は喧嘩した。 「だから八百屋は最後にしたほうが重い荷物持ちながら歩かなくて済むって言ったのに」 有一郎は最初に細々日用品を購入し、最後に重い野菜を買って帰ろうと提案したのだが千代は先に八百屋に行きたいと言ったのだ。 無一郎が有一郎を説得したのもあってしぶしぶ八百屋からまわったのだが、案の定野菜が多く途中で千代がへばってしまったのだ。 「うぅ・・・・・」 現実を突きつけられて千代はぐうの音も出ない。 「兄さんひどいよ・・・そんな言い方しなくても・・・」 と無一郎は千代を庇うが有一郎は切り捨てる。 「こんなんじゃ日が暮れる。 俺は先に行くから」 とすたすた歩き出してしまった。 「え、待ってよ兄さん!!」 無一郎は歩いて行ってしまう兄と、へばって涙目になってしまっている千代の間でうろうろしていた。 「・・・ごめんね無一郎」 素直に千代は謝りぐずぐず泣き出す。 [newpage] その夜、千代は布団から出て星空を見ようと家を静かにでた。 あの悪夢は確か真冬だっただろうか。 その時と比べると今は夜でも風が心地よいくらいの気温になっていた。 地べたに座ると少し地面が冷たい。 しかし星空はあの時と違ってキラキラと星が輝いていて、時々流れ星が見えた。 「なにしてんのこんな夜中に」 突然後ろから声がしたかと思い振り返ると有一郎が立っていた。 「・・・・なんとなく」 千代は昼間の一件を思い出しふいっと顔を空に再度向ける。 有一郎の表情は分からないが、千代の隣に腰掛けたのは気配でわかった。 「あの後無一郎と帰ってきたんでしょ。 」 「うん、無一郎が野菜もってくれたし・・・」 有一郎が2人を置いて行った後、千代と無一郎は2人で残りの買い物をすませ家に帰った。 当然有一郎のほうが早く帰っているかと思ったが、有一郎のほうが遅く帰ってきたので無一郎と千代が有一郎を心配したのはまた別の話である。 「無一郎は優しいよ。 いつも・・・」 「それ俺は優しくないって言ってるわけ?」 千代は思わず有一郎の方に顔を向けた。 少し悲しそうな表情を浮かべているものだから、千代は慌てて否定する。 「そんなことないよ!」 「ふーん」 ・・・しばらく沈黙が流れる。 確かに口調はきついが、それでも自分を妹だと思っていると彼は時々言ってくれる。 赤の他人だった自分を受け入れてくれる彼。 それに彼は、無一郎とは違う優しさがある事を千代は知っている。 「・・・・これ」 1人思いにふけっていると、有一郎が突然沈黙を破った。 「え・・・これ、組紐?」 有一郎が差し出したのは組紐だった。 浅葱色をした組紐。 それはあの日自分を妹だと言って受け入れてくれた無一郎と有一郎の瞳と同じ色をしていた。 「これやるから元気出せよ」 有一郎はやや乱暴にそれを千代の手に収める。 「これ買ってたから帰り遅くなっちゃったの・・・?」 「・・・・・」 有一郎はふいっとそっぽを向いてしまった。 ただ素直じゃなくて、きつい口調で無一郎や自分が泣きだすと後悔して。 でも素直に謝れなくて、でも謝りたくて。 きつい言い方するのは私や無一郎のことが心配だからっていうのも知ってる。 無茶しようとしたりすると声を荒げて怒ってくれる有一郎。 これが、彼の優しさなんだと。 千代は組紐をぎゅっと握りしめた。 「ありがとう有一郎。 昼間はごめんね」 千代はにこっと笑みを浮かべ有一郎に謝罪をした。 「べつに。 それよりさっさと寝よ。 寒くなってきたし」 有一郎は立ち上がる。 私もつられて立ち上がった。 「・・・・無一郎も心配してる」 ぼそっと有一郎が言うものだから千代は思わず聞きそびれるところだった。 「ふふ・・・有一郎も優しいよ」 「は?なにいきなり」 じとっと千代を見るなりさっさと家へ向かって歩きだす有一郎。 千代は置いていかれないように、組紐を握り締めながら歩きだすのであった。 *まだ千代が養子に入ってすぐの設定です 当時5歳だった千代は時透家に養子に入ってからも時々ぐずぐず泣いていることがあった。 別に時透家が嫌だったわけじゃない。 親戚でもない赤の他人であった千代を本当の娘のように可愛がってくれる両親には感謝しきれない。 死んだ親を思い出して泣いてる時には無一郎は背中をぽんぽん軽く叩いて慰めてくれたし、有一郎は千代の好きな甘味を買ってきてくれることもあった。 しかし今日泣いたのは死んだ親のことを思い出して泣いていたわけではなく、寂しいわけでもなく、・・・有一郎と喧嘩して泣いたのだ。 原因は有一郎のきつい口調にあった。 千代は有一郎が優しいのは知っていたが時々あの言い方に傷つくことがあった。 「ひどいよ有一郎!確かに私は有一郎と違って要領よく動けないけど、これでも私なりに頑張ってるもん!」 千代と有一郎が言い合っているところをおどおど見ている無一郎。 「頑張ってたって結果がついてこなきゃ無意味だろ」 有一郎は千代にさらにきつく言い放つ。 そもそもの原因は遡ること数時間前・・・。 千代と無一郎、有一郎は両親に頼まれて街に買い物に出かけていた。 その買い出しにおいて店の周り方で有一郎と千代は喧嘩した。 「だから八百屋は最後にしたほうが重い荷物持ちながら歩かなくて済むって言ったのに」 有一郎は最初に細々日用品を購入し、最後に重い野菜を買って帰ろうと提案したのだが千代は先に八百屋に行きたいと言ったのだ。 無一郎が有一郎を説得したのもあってしぶしぶ八百屋からまわったのだが、案の定野菜が多く途中で千代がへばってしまったのだ。 「うぅ・・・・・」 現実を突きつけられて千代はぐうの音も出ない。 「兄さんひどいよ・・・そんな言い方しなくても・・・」 と無一郎は千代を庇うが有一郎は切り捨てる。 「こんなんじゃ日が暮れる。 俺は先に行くから」 とすたすた歩き出してしまった。 「え、待ってよ兄さん!!」 無一郎は歩いて行ってしまう兄と、へばって涙目になってしまっている千代の間でうろうろしていた。 「・・・ごめんね無一郎」 素直に千代は謝りぐずぐず泣き出す。 [newpage] その夜、千代は布団から出て星空を見ようと家を静かにでた。 あの悪夢は確か真冬だっただろうか。 その時と比べると今は夜でも風が心地よいくらいの気温になっていた。 地べたに座ると少し地面が冷たい。 しかし星空はあの時と違ってキラキラと星が輝いていて、時々流れ星が見えた。 「なにしてんのこんな夜中に」 突然後ろから声がしたかと思い振り返ると有一郎が立っていた。 「・・・・なんとなく」 千代は昼間の一件を思い出しふいっと顔を空に再度向ける。 有一郎の表情は分からないが、千代の隣に腰掛けたのは気配でわかった。 「あの後無一郎と帰ってきたんでしょ。 」 「うん、無一郎が野菜もってくれたし・・・」 有一郎が2人を置いて行った後、千代と無一郎は2人で残りの買い物をすませ家に帰った。 当然有一郎のほうが早く帰っているかと思ったが、有一郎のほうが遅く帰ってきたので無一郎と千代が有一郎を心配したのはまた別の話である。 「無一郎は優しいよ。 いつも・・・」 「それ俺は優しくないって言ってるわけ?」 千代は思わず有一郎の方に顔を向けた。 少し悲しそうな表情を浮かべているものだから、千代は慌てて否定する。 「そんなことないよ!」 「ふーん」 ・・・しばらく沈黙が流れる。 確かに口調はきついが、それでも自分を妹だと思っていると彼は時々言ってくれる。 赤の他人だった自分を受け入れてくれる彼。 それに彼は、無一郎とは違う優しさがある事を千代は知っている。 「・・・・これ」 1人思いにふけっていると、有一郎が突然沈黙を破った。 「え・・・これ、組紐?」 有一郎が差し出したのは組紐だった。 浅葱色をした組紐。 それはあの日自分を妹だと言って受け入れてくれた無一郎と有一郎の瞳と同じ色をしていた。 「これやるから元気出せよ」 有一郎はやや乱暴にそれを千代の手に収める。 「これ買ってたから帰り遅くなっちゃったの・・・?」 「・・・・・」 有一郎はふいっとそっぽを向いてしまった。 ただ素直じゃなくて、きつい口調で無一郎や自分が泣きだすと後悔して。 でも素直に謝れなくて、でも謝りたくて。 きつい言い方するのは私や無一郎のことが心配だからっていうのも知ってる。 無茶しようとしたりすると声を荒げて怒ってくれる有一郎。 これが、彼の優しさなんだと。 千代は組紐をぎゅっと握りしめた。 「ありがとう有一郎。 昼間はごめんね」 千代はにこっと笑みを浮かべ有一郎に謝罪をした。 「べつに。 それよりさっさと寝よ。 寒くなってきたし」 有一郎は立ち上がる。 私もつられて立ち上がった。 「・・・・無一郎も心配してる」 ぼそっと有一郎が言うものだから千代は思わず聞きそびれるところだった。 「ふふ・・・有一郎も優しいよ」 「は?なにいきなり」 じとっと千代を見るなりさっさと家へ向かって歩きだす有一郎。 千代は置いていかれないように、組紐を握り締めながら歩きだすのであった。

次の