相模湖 プレジャー フォレスト。 プレジャーフォレストの時間とお金を無駄にしない遊び方

相模湖プレジャーフォレストの割引券クーポンでチケットが最も格安な方法は?

相模湖 プレジャー フォレスト

今回は、 相模湖リゾートプレジャーフォレストにある日帰り温泉施設『相模湖温泉うるり』を特集します。 遊園地で遊んで疲れた体を温泉で癒してみては。 また、休憩部屋もあるので、帰りの運転をする前に、ひと眠りすることも出来ますよ。 スポンサードリンク 『相模湖温泉うるり』のご紹介 『相模湖温泉うるり』へ 相模湖リゾートフォレストアドベンチャーの第一駐車場の近くに、『相模湖温泉うるり』があります。 駐車場料金は、普通車で1000円必要ですが、駐車場のレシートを受付で見せると、1000円返金してくれるので、温泉に忘れずに持っていきましょう。 温泉の案内図 温泉の案内図です。 屋外には、温泉の岩風呂&寝ころび湯、高濃度炭酸泉があります。 また、室内にも、高濃度炭酸泉とジェットバスとサウナがありますよ。 それぞれのお風呂をご紹介します。 温泉の入口 さっそく、お風呂に行きます。 大タオルと小タオルも入浴料に含まれていて、シャンプーもボディーソープの備え付けがあるので、手ぶらで楽しめますよ。 更衣室 更衣室も広々していて、綺麗ですよ。 内風呂 左側には、シャワーブースがあります。 個別に仕切られているので、リラックスして体を洗えますよ。 手前には、高濃度炭酸泉があって、奥にはジャグジー風呂と水風呂があります。 高濃度炭酸泉 10人以上入れる高濃度炭酸泉です。 細かい炭酸の泡が体に吸着して、体の血行が促進され、冷え性解消などの効能が期待できます。 温度もぬるめなので、ゆっくりお風呂に浸かれますよ。 温泉岩風呂 温泉の岩風呂です。 周りの山々が見えて、開放感がありますよ。 10人くらい入れそうな広さです。 寝ころび湯 寝ころび湯も温泉を使っています。 横との仕切りもあるので、リラックスできます。 高濃度炭酸泉 内風呂にも高濃度炭酸泉がありますが、露天風呂にも高濃度炭酸泉があります。 高温サウナ サウナは15人くらいは入れそうな広々とした造りになっています。 TVもあるので、ゆっくり汗を流してみては。 塩サウナ(女湯のみ) 女湯のみ、高温サウナだけでなく、塩サウナもありますよ。 塩を擦り込んで、余分なものを体外に揉み出してみては。 温泉分析書 泉質は『ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)』となっています。 擦り傷や火傷などの皮膚のトラブルに効能があると言われています。 また、アルカリ性なので、皮膚の余分な角質を溶かしてくれ、美肌効果がありますよ。 温泉の利用方法ですが、残念ながら、加水・加温・消毒・循環ありとなっています。 次のページでは、 岩盤浴や休憩スペースや食事処をご紹介します。 施設名 相模湖温泉うるり 住所 電話番号 営業時間 <入浴> ・10:00~22:00 (最終受付21:00) <岩盤浴> ・10:30~21:30 定休日 年間数日 料金 <入浴料> ・大人(平日):1,000円 ・大人(土日):1,080円 ・子供(平日): 550円 ・子供(土日): 600円 <岩盤浴> ・平日:290円 ・土日:390円 公式サイト アクセス <電車&バス> ・JR『相模湖駅』から1番のバス停(三ケ木 みかげ 行き)より乗車。 バス8分・「プレジャーフォレスト前」下車 ・京王線『橋本駅』北口から1番のバス乗り場より三ヶ木行き乗車 バス35分 で「三ヶ木」下車、相模湖駅行きに乗りかえ乗車 バス10分 で「プレジャーフォレスト前」下車。 駐車場 有料駐車場有 <駐車料金> ・普通車:1,000円 スポンサードリンク.

次の

相模湖プレジャーフォレストの雪遊びに行ってきた。割引券以上にフリーパスを超絶お得に手に入れる方法

相模湖 プレジャー フォレスト

プライベートエリアであるため、一切第三者の立ち入りはありません。 予めご了承ください。 なお、お支払い時の領収書を、園内温泉施設「さがみ湖温泉 うるり」をご利用いただくと駐車料金1,000円 が返金されますので、ぜひご利用ください。 (「駐車料金の領収書は必ずお取り下さい。 領収書がない場合、駐車料金はご返金できませんのでご注意下さい。 A:ACコンセントを利用することが可能です。 充電器をお持ちの上ご利用ください。 Q:机・椅子はお借りできますか? A:数に限りはありますのでご利用者と共有の上、利用することが可能です。 Q:2時間のみの利用は可能ですか? A:3時間までは半日料金2000円となります。 3時間以上は3500円です。 Q:航空法の規制対象の場所ですか? A:DID外であり、飛行可能エリアです。 第三者の立ち入りはなく、飛行エリアにおいて近づいてはいけない物件はありません。 Q:200g以上のドローンを持参する場合、国からの許可証は必要ですか? A:航空法に則った運用をお願いします。 200g以上のドローンでも飛行方法によっては規制対象ではなく許可証は必ずしも必要ではありません。 許可申請を行っている場合は、許可証は常に携帯するなどして対応ください。 Q:連れ添いの飛行をしない利用者は利用料金が必要ですか? A:原則不要です。 飛行する方やドローンを利用する方、指導を行うかたなど当施設を利用された方がお支払いをお願いします。 Q:営業カレンダーでは「営業」となっておりますが、予約なしの一般使用は可能でしょうか。 A:はい可能です。 予約不要ですので直接お越しください。 カレンダー状況は更新される可能性がありますのであらかじめご了承ください。 Q:おもちゃの200g未満のドローンを持っていますが個人で利用可能ですか? A:もちろん可能です。 ぜひ起こしください。 Q:ドローン以外の利用は可能ですか?社員研修・レク・キャンプファイヤーなど。 A:貸切の利用が前提となりますが、原則可能ですので、お問い合わせください。 Q:会員制度はありますか? A:ございません。 初めてでもお越しいただけます。 Q:相模湖カップやドローンレース開催時、イベント時は一般利用はできますか? A:できません。 見学は関係者として可能ですので、お越しください。 当日現地で同意確認がございます。 問い合わせフォームよりご連絡ください。 Q:テントや発電機の持ち込みは可能ですか? A:はい、可能です。 Q:テント泊は可能ですか? A:できません。 問い合わせフォームよりご連絡ください。 ドローンフィールド相模湖(総合グラウンド) 住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地 さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト内 園内マップ 車でキャンプ・バーベキューエリア方面へ 宿泊受付手前のY字路を右へ 道なりに山を登ると総合グラウンドに付きます。 テント付近に駐車してください。 (徒歩約60分).

次の

プレジャーフォレストの時間とお金を無駄にしない遊び方

相模湖 プレジャー フォレスト

さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト(神奈川県相模原市)が好き。 これまでの1年半に6回ほど遊びに行っている。 平日ののんびり具合も好き。 (儲かっているのか心配になる... ) イベントが無い週末はストレス溜まるほど混雑しないのも良い。 最初は、長女が幼稚園からもらってきた割引券つきチラシを見て知った。 「幼児向け遊園地」というイメージを持っていたが、結構奥が深くて面白い。 そんなプレジャーフォレストの、 時間とお金を無駄にしない遊び方をご紹介します。 PFは、中央道相模湖東IC降りて10分。 キャンプサイトエリアと遊園地エリアから構成される。 本記事は、遊園地エリアの遊び方がメインです。 変更があった箇所には、赤色で囲って補足しています。 目的を決める 3歳から乗れるアトラクションが多い。 幼児連れに優しい遊園地。 多くのファミリーが、「 乗り物に乗る」目的で来場すると思う。 でも、他の遊び方があることを知っておいた方がいい。 中途半端に 謎解きや スタンプラリーへ手を出してしまうと、せっかく買ったフリーパスを使う時間がなくなり勿体ない目に遭う。 はい、それだけ。 目的を決めると、フリーパスが必要かそうでないか分かる。 そして、 「乗り物と謎解き!」 なんて欲張りはやめておいたほうがいい…。 どっちも中途半端になって不完全燃焼する。 それは最後まで読んでもらうと分かるだろう 笑 目的は大雑把に分けて、3つある。 ロストマウンテンは、2017年1月に終了しました。 乗り物に乗る! フリーパスは、公式HPの「お得な割引券」のページより、メルマガ登録後の ファミリーパスを買うと安い。 印刷した用紙をお忘れなく! 全体的に、幼児や小学生低学年向けの乗りものが多い。 しかし、 ゴーカートは2種類あり、侮れない。 コースが狭いところや急坂、急カーブ有り。 大人がハマる! 子ども用カート、自動運転で幼児も乗れるカートもある。 アトラクションは山の斜面に設置されている。 自然が多く、ちょっとしたハイキング気分を味わえる。 遊園地ゾーンはたいして広くはないけれど、登り下りがきつい箇所がある。 3歳以下はベビーカーがあった方が楽。 レストランは新しく、綺麗。 テラス席ではバーベキューも出来るらしい。 園内は持ちこみ自由。 (レストラン内は持ちこみ不可) 屋外の イベント広場のテーブルは、テントの日除けあり。 子ども椅子もあった。 屋外ベンチには、日よけが無くなっています。 無料休憩所は、現在、存在していません。 遠足の小学生が群がっているのをよく見る 笑 幼児には難易度が高い箇所もあるが、長女は結構好きだ。 立体迷路や鏡の迷路、蜂の巣迷路など、 迷路のバリエーションも多い。 子どもは迷路好き~ 他には、ドッグランやパターゴルフ、空中散歩が味わえる 天狗道場など。 意外とバリエーション豊か。 アドベンチャーラリー! 地図に書かれたヒントから園内に点在する宝箱を探し、スタンプを集める。 参加費は 1グループ500円。 集めたスタンプの数により、 「初級」「中級」「パーフェクト」のクリア条件に分かれる。 どのクリアでも、もらえる記念品は同じ。 記念品は、子どもの人数分もらえる。 初級(6個)なら近い範囲の宝箱を狙えばいいのでクリアに1時間もかからない。 パーフェクトを目指すなら、今年は宝箱17個を探すことになる。 (去年は20個。 最後の謎もひねりがあり、全体的に去年の方が難易度高かった) 難易度の高い宝箱は、キャンプエリアも含まれるので捜索範囲が一気に広くなる。 そしてキャンプ場には遊園地ほど特徴的な場所・建物が無いので捜索が大変。 当然、時間がかかる。 ヒント自体は、なぞなぞが主なので苦労しない。 幼児でも楽しく取り組める。 しかし、園内の地理に詳しくなかった去年は、 なぞなぞの答えが園内の何処と結びつくのかが分からず苦戦した。 主人は「やり残し」が嫌いな性格なのでパーフェクト狙い。 初回は、何も知らずに1日の途中で始めたから、その日のうちに終わらず次回に持ち越し。 地図を見ると分かるけど、子供向けのファンタジックな世界観になっている。 でもガッツリ歩かされるので意外とハード 笑 今年は、地理が頭に入っているから無駄のない順路を立て、効率良く回ることが出来た。 2時間半でパーフェクト。 今年の「究極のお宝スタンプ」は宝箱を開けたら胸が熱くなった。 (パーフェクト用の宝箱は、ストーリーも大人向けだと思う) でも、エリア5の捜索がキツ過ぎて、こっちの記憶の方が深く残ってしまった 笑 今年で7作目。 続いてきた一連のストーリーは今作で最終回っぽい。 公式HPにアドベンチャーラリーの歴史紹介(ページ下の方)があった。 対象年齢は中学生以上となっているが、幼児も一緒に参加することは可能。 6歳長女が、スタート地点の怪しげな雰囲気に惹かれて「やりたい!」と言ったので始めた。 幼児には謎は解けない。 しかし、薄暗い最初の小部屋やカウンター前の小道具が好きらしく、楽しそうにしていた。 ポイントに赴いて石板を探すのも面白かったようだ。 「謎解き、好き!!」 と、嬉しそうにしていた。 謎はメッセージ1と2に分かれていて、 1グループにつき各500円。 メッセージ1をクリアした後、メッセージ2に挑戦できる。 メッセージ1は1時間くらいかかった。 最初の謎解きに時間がかかってしまったから。 その日は閉園時間ギリギリのクリア。 メッセージ2は、後日、 「ロストマウンテンを取り組む日」と決めて再訪した。 それだけだと娘たちが飽きるので、途中、ピカソのたまごや少しだけ乗り物に乗った。 そして、メッセージ2の最後の謎がなかなか解けなくて持ち越し。 ゴールデンウイークの間、ずーーーっと家で答えを考えていた。 …主人が。 休みだというのに超邪魔 笑 娘たちが遊ぼー!と言っても拒否だったからね。 家族みんなで小躍りして喜んだ。 クリア当時は、順位150番くらい。 9月末に覗いてみたら、200番超えてた。 1ヶ月に10組程度のクリア率ということかな。 ストーリーは完結していないから、次回作もあるはず。 日中から入園している場合、イルミリオンの入場料は無料。 しかも、16時で一旦閉園となるが、追い出されずに園内で待機できる。 (昨年度の金曜日。 その間、レストランが混みあうので早めに座席確保) イルミリオンだけの入場者は17時にならないと入園ゲートが開かない。 ゲート前で結構な数のお客さんが列を作っていたので、ビックリした。 日中は閑散としている園内。 でも、イルミリオンの時間になるとお客さんがめちゃくちゃ増える。 イルミネーションを観覧するための順路には人が溢れ、ゆっくりとしか歩けない。 我が家は点灯後1時間で退場したが、駐車場には続々と車が入ってくる。 徒歩のお客さんもゾロゾロ続いている。 どうやら新宿と横浜から直通バスが出ているらしい。 娘たちは大規模イルミネーションを見るのは初めて。 とっても興奮していた。 2015-16シーズンのイルミリオンのテーマは「英国のクリスマス」! PFのキャラクターであるパディントンベアの映画が2016年に日本公開される。 そこにフューチャーしているのかな? キャンプ場と温泉施設 遊園地に隣接するキャンプ場()では、見晴らしの良い丘の上で BBQが楽しめる。 (も書きました) 我が家は次女がもう少し大きくなったら挑戦予定。 窯焼きピザ体験など、お肉以外の美味しい体験もあるようだ。 敷地内に 日帰り温泉施設もある! 「 さがみ湖温泉ゆるり」 存在は知っていたけど次女のオムツが外れるまで行けなかった。 (オムツが取れていない子は湯船に浸かれない。 備え付けのベビーバスを使用する。 露天部分も広く、ゆったりリラックスできた。 お食事処は、メニューが少なくてちょっと困った。 でも、やまと豚のカツ煮のお肉が柔らかくて美味しかった。 (2016年に再訪したら、美味しくなくなってた) 1日遊んだ後に汗を流して帰れて、気持ちよかった~。

次の