マイクロ ポア メディカル テープ。 【楽天市場】【☆】【定形外郵便で送料無料】住友スリーエム株式会社 3M ネクスケア マイクロポアメディカルテープ ブラウン 22mm×5m<キズあと保護&肌にやさしい不織布テープ>:ドラッグピュア楽天市場店

3M│ネクスケア™ 製品│個人向け医療用品

マイクロ ポア メディカル テープ

手術を二つしました。 指の手術と首の手術です。 手術の傷を縫い、その傷の抜糸をしたときに医者から、傷を綺麗に直すためにしばらく貼っておくことと言われたのが、スリーM社のマイクロポアテープでした。 指の手術をした医者も、首の手術をした医者も両方ともマイクロポアテープを勧めてきました。 調べてみたところ、マイクロポアテープの効果や使い方については以下のリンクが詳しいです。 これによると、テープを貼る目的は、 安静:傷が引っ張られ、傷跡の幅が広がることを防ぎます。 遮光:紫外線による刺激・色素沈着を予防します。 保湿:乾燥による皮膚防御機能の低下を予防します。 テープを貼る期間は、 最初の1-3ヶ月間はテーピングを続けることをお勧めしています。 さて、実際使ってみると、いくつかコツが必要なことが分かってきました。

次の

縫合後の傷跡を残りにくくする方法、保湿クリーム、固定テープの貼り方

マイクロ ポア メディカル テープ

顔などの露出部分の傷あとの保護などにご使用いただけます。 ・ 肌馴染みがよく顔に貼っても目立ちにくい ・ 傷あとの保護に" 送料: 現在ご注文混雑により、日時指定なしのご注文は最大1週間程度お待ちいただく状況です。 商品出荷時にご案内のメール(件名:商品発送のお知らせ)をお送りしておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。 「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。 貼っても目立ちにくい肌色タイプ。 露出部におすすめです。 肌に貼っても目立ちにくい肌色タイプです。 顔など目立つ部位でのガーゼ固定や傷跡の保護にご使用頂けます。 使用量の少ない方に適した少量パックです。 旧パッケージでのお届けになる場合がございます。 医薬品・ヘルスケア・介護 > 絆創膏・綿棒・救急衛生 > サージカルテープ > サージカルテープ 送料: 現在ご注文混雑により、日時指定なしのご注文は最大1週間程度お待ちいただく状況です。 商品出荷時にご案内のメール(件名:商品発送のお知らせ)をお送りしておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。 「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。 通気性にすぐれた、低アレルギー性テープです。 肌に貼っても目立ちにくい色を採用しています。 中程度の粘着力です。 湿った皮膚にもつきやすい粘着剤です。 ご家庭向けに個包装パッケージ。 医薬品・ヘルスケア・介護 > 絆創膏・綿棒・救急衛生 > サージカルテープ > サージカルテープ 送料: 現在ご注文混雑により、日時指定なしのご注文は最大1週間程度お待ちいただく状況です。 商品出荷時にご案内のメール(件名:商品発送のお知らせ)をお送りしておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。 「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。 通気性が高く、ムレにくいのが特徴です。 柔らかく吸湿性の高いレーヨン繊維を使用しているので通気性に優れます。 中程度の粘着力です。 湿った皮膚にもつきやすい粘着剤です。 使用量の少ない方に適した少量パックです。 旧パッケージでのお届けになる場合がございます。 医薬品・ヘルスケア・介護 > 絆創膏・綿棒・救急衛生 > サージカルテープ > サージカルテープ 送料: 現在ご注文混雑により、日時指定なしのご注文は最大1週間程度お待ちいただく状況です。 商品出荷時にご案内のメール(件名:商品発送のお知らせ)をお送りしておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。 「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。 肌色の3Mマイクロポアサージカルテープです。 顔や手足などに貼っても目立ちません。 肌に貼っても目立ちにくい色を採用しています。 中程度の粘着力です。 湿った皮膚にもつきやすい粘着剤です。 旧パッケージでのお届けになる場合がございます。 医療現場で選ばれるメディカルテープで、色は、顔や手足など肌の上で目立ちにくいライトブラウンです。 手で切ることが出来ます。 アレルギーテスト済み すべての方にアレルギーが起きないわけではありません。

次の

【マイクロポア】テープの剥がし方と貼り方│貼り替えのコツを解説

マイクロ ポア メディカル テープ

抜糸をした後、皮膚はくっついていますが、 組織はまだまだ回復する段階です。 傷が安定するまでは自分でケアすることをお勧めします。 皮膚、筋膜には弾性があって、常に引っ張る力が働いています。 傷口も開く方向に力がかかります。 (場所によってもだいぶ違いますが、、) 傷が開くと傷跡が目立つようになったり、 ケロイド(肥厚性瘢痕)になる可能性があるため、それを防ぐために活用したいアイテムが傷跡ケア専用テープ。 外から受ける刺激から傷跡を保護します。 僕は傷跡ケア専用テープの「アトレスケア」と「マイクロポア」を使ってみました。 そして、比較をしてみました。 用途は同じですが、全く違う使い心地です。 どちらがいいのか検証。 おすすめの使い方もご紹介。 傷跡ケア専用テープを特にオススメする場所 関節 関節の外側は皮膚が伸びるので傷口が開くほうに皮膚が伸びやすいかも知れません。 衣服の緩衝しやすい部分でもあります。 また、よく動かす関節も刺激が多いと言えます。 衣服やサポーターなど皮膚への緩衝が大きい部分 衣服は質も大事です。 硬くて摩擦が強くなる服の材質は注意です。 サポーターなどは締め付けになるのでその部分に傷跡があるとケロイド化しやすいです。 アトレスケアの特徴 最大の特徴は中央に寄せる力があることです。 傷跡に向かって収縮するので『皮膚を寄せる』という特徴があります。 傷跡の幅が広がるのを防いでくれます。 マイクロポア(サージカルテープ)にはない機能です。 中央部分だけ収縮する構造になっているので、周辺部分は柔らかくツッパリ感がありません。 運動をしても全く気にならず、貼っていることを忘れてしまいます。 汗の蒸発を妨げず快適さがずっと続きます。 透明のフィルムが目立ちません。 多少の光沢くらいです。 腕や足なら気づかれないで過ごせるのではないでしょうか? マイクロポア(サージカルテープ)の特徴 ドラックストアなどにも売っていると思います。 一般的な傷跡ケアのテープです。 すごく使いやすくて、コストパフォーマンスがいいです。 伸縮性はありませんが、テープに弾力があり肌に馴染みます。 運動しても気になりません。 肌の色に近いですが、肌色より少し茶色っぽいです。 色黒の人なら目立たないかと思いますが、色白の人なら目立つかもしれません。 写真の腕は色白の方かと思います。 どんどん使える気軽さがあります。 安心感があります。 アトレスケアの特徴である寄せる力はないですが、テープ自体に弾力があります。 リンク 「アトレスケア」と「マイクロポア」を比較 それぞれ特徴の違う傷跡用テープ。 比較してどのように使うことが有効なのかを検討してみました。 貼り方が大事になります。 (多分大丈夫ですが、、) 強度的にもコスト的にもマイクロポアの方が運動するときは気にならないです。 運動して汗をかいてもどちらも蒸れが気になることはありません。 傷跡用テープを比べた【おすすめの使い方】 抜糸をした後すぐ、傷跡用テープは使用した方がいいと思います。 僕の経験を踏まえて、テープの特徴を元に検証し、オススメの使い方を考えてみました。 しばらくは外部刺激を気をつけることと共に 「アトレスケアの寄せる力」で皮膚の広がりを常に予防したいと思います。 取り替えるときの肌へのストレスもアトレスケアの方がやさしいので、それもメリット。 その頃には傷跡の状態も落ち着いてきていると思います。 あとは固定でいい時期になるかと思います。 手術後の回復もどんどん進んで運動の強度も上がってきているかもしれません。 そうなると、粘着力があり、外部刺激に対しても強そうな マイクロポアがオススメ。

次の