ディズニーシー 第8テーマポート。 20180614 OLCプレスリリース 「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」基本計画の合意およびディズニー社とのライセンス契約の延長について

Google Earthを使って東京ディズニーシー大規模拡張の予定地を調べてみる|へちまノート

ディズニーシー 第8テーマポート

『ピーター・パン』をテーマとしたエリア c Disney 特に大型アトラクションでは、海賊にさらわれたウェンディの弟、ジョンを救うため、ゲストはボートに乗り込み、ロスト・ボーイズのあとを追って川を下り、ティンカーベルのピクシーダストでネバーランドの上空に旅立つという内容になります。 新たなディズニーホテルが登場 さらに、このエリアには新たなホテルが登場します。 新テーマポートのストーリーの核となる「魔法の泉」を取り囲むようにそびえ立ち、新テーマポートの全景を客室の窓から望むことができます。 全475室の予定で、デラックスタイプの客室に加え、東京ディズニーリゾートで最上級の宿泊体験を提供するラグジュアリータイプの客室も作られます。 妄想とも言います。 まず全体の内容。 そりゃ第3パークじゃなくてこういう形になるよね、という意味では既定路線。 ただ思った以上にでかい投資額でびっくりしました。 多分単なる拡張だけじゃなく、ホテルを入れたというのがとても重要なのだろうと思いますね。 多分これを持って沖縄のパークとかは消えたな……。 もう舞浜外の収益をとかどうでもいい、ここに注力しよう。 で、アナ雪。 正直この案が生きているとは思いませんでした。 アート内の各要素も香港の。 しかし規模的には香港に完全に軍配が上がっています。 でもそれでもいいです。 次ラプンツェル。 ウォルト・ディズニー・ワールドのマジック・キングダムはでしたけど、今回はアトラクションも含め大盤振る舞い。 「映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストラン」は「The Snuggly Duckling」でしょう。 上海ディズニーランドにも存在するんですがホントに単なるモチーフだけだったので、きっと東京ではガチなものが来ると思います。 全体としてはまあ軽め。 でもそれもどうでもいいです。 一番ヤバイのはやっぱり「ピーター・パン」の大型アトラクション。 この説明の劇ヤバ具合がマジヤバイ。 大型アトラクションでは、海賊にさらわれたウェンディの弟ジョンを救うため、ゲストはボートに乗り込み、ロスト・ボーイズのあとを追って川を下り、ティンカーベルのピクシーダストでネバーランドの上空へと飛び立ちます。 おなじみの音楽とキャラクターに3Dの迫力ある映像が加わり、これまで見たことのないネバーランドの冒険をお届けします。 見たことのない……見たことのない……見たことあるよそれ!!!! この説明、おそらくですが上海ディズニーランドの代表的アトラクション「Pirates of the Caribbean: Battle for the Sunken Treasure」のハードが、初めて上海以外で使われる可能性がむちゃくちゃ高いです。 上海ディズニーリゾート版カリブの海賊はボートライドながら、単なる水流による挙動だけでなく、進行方向を自由自在に変化させることのできる、いわば「トラックレスライド」。 さらには全周巨大スクリーンを使った超没入感のある演出技術を使い、とんでもない体験ができるアトラクションです。 いまだにこのためだけに「上海ディズニーリゾートは体験した方がいい」と思っています。 2016年にオープンした上海ディズニーリゾートでは、これまでにないアトラクションがいくつか登場しました。 が、その後世界各地のディズニーパークへコピーが作られることが明らかになっており、トロンのローラーコースター「TRON Lightcycle Power Run」はマジック・キングダム()に登場します。 が、いまのところディズニーテーマパークにおける最強最大のアトラクションであるカリブの海賊は門外不出でした。 もし本当に東京ディズニーシー版新ピーター・パン大型アトラクションが、上海のカリブの海賊ハードウェアを基にしたものだったとしたら、これはすさまじいニュースになると思います。 もう上海行かなくてよくなっちゃう!これはオリエンタルランド素晴らしい仕事してくれたと思います。 もし本当に上海カリブベースだったとしたら、ですが。 ということで個人的な評価は、他のアトラクションがどんなに普通であっても、ピーター・パン大型アトラクションがアレなら全部許す、です。 それほどまでにすごいハードだと思います。 多分上海ディズニーリゾートに行ったことがある方ならば、ここまで私が推してるのを理解してくれると思っていますが…… あとこれ。 「プププ毎日新聞顔面ブルースカイwwwww」とかいってるとホテルが「空」テーマのなにかだったりしたときに仕返しされそうなので黙っておきます。 そして関連記事。 やっと関連しました。 2014年5月にバルーン上がってから長かった。 本サイトはディズニーを中心とした情報を集める個人サイトであり、ウォルト・ディズニー・ジャパン、株式会社オリエンタルランド、Walt Disney Company、その他関連会社とは一切関係はありません。 This website is not affiliated with, maintained, authorized, endorsed or sponsored by the Walt Disney Company, Oriental Land Co. , Ltd. , Walt Disney Japan or any of its affiliates. This is an independent, unofficial site.

次の

【東京ディズニーリゾート】東京ディズニーシー第8テーマポート「ファンタジースプリングス」の工事進捗状況をレポートします!

ディズニーシー 第8テーマポート

概要 [ ] 米国ディズニー社及びオリエンタルランド社は、(63年)に「第二パーク構想」を発表。 予定総事業費約400億円、完成予定は5年後を予定していた。 計画では、日本で2番目のディズニーパークとして、のやのにある映画スタジオ系施設の建設が決定していたが「日本では映画文化に馴染みがなく将来性に大きな懸念がある」というオリエンタルランド側の強い希望から、(4年)1月に計画を白紙に戻す事となった。 その後、米国ディズニー社及びオリエンタルランド社両社による再協議を経て 、(平成4年)にのにかつて開園が予定されていた「」(仮称)のコンセプトを流用することになり 、(平成8年)にウォルト・ディズニー社と基本契約を再締結 、(平成9年)には浦安市や千葉県と用地譲渡などについての三者協定を締結 、同月末に構想のイメージ図を公表した。 (平成10年)に着工式が行われ 、(13年)に開園した。 施設 [ ]• 名称:東京ディズニーシー(Tokyo DisneySea)• 所在地:1-1• 開園日:(13年)• 経営・運営:• パークテーマ:「 冒険とイマジネーションの海へ」 Where Adventure and Imagination Set Sail• シンボル: 沿革 [ ] 期間限定で開催されたイベントについては「」を参照• (63年) - TDL開園5周年記者会見席上にて第二パーク計画を発表。 最初の名称は 「ディズニー・ハリウッド・マジック」• (元年)11月 - 正式名称は 「・テーマパーク」に決定。 (平成2年) - 第二パークの「ディズニー・ハリウッド・スタジオ・テーマパーク」に関する実施• (平成3年)• - OLC第二パーク検討室設置• - OLC会長(当時)が、ディズニーの社長(当時)との会談で、映画スタジオをベースとした第二パーク中止の方針を正式通知。 2009年5月14日の読売新聞記事「七転八起」によると方針転換に対しウェルズは「我々のやってきた事はの石(the stone of Sisyphus)に過ぎなかったのか」と嘆じた。 その後、この意向は白紙に戻され、新しいパークの開発を開始した。 (平成4年)• - 第二パークのコンセプトとして、アイデア段階の「東京ディズニーシー(仮)」コンセプトがディズニーからOLCに提示。 - 「」(仮称)の計画を発表• (平成5年)• - ディズニーよりOLCに第二パークを含めた舞浜地区マスタープランが提示される。 - 「東京ディズニーシー」コンセプトプレゼンテーションを実施• (平成6年) - 「東京ディズニーシー」ハイコンセプトプレゼンテーションを実施• (平成7年) - 「東京ディズニーシー」基本計画作業を開始• (平成8年)• - 「東京ディズニーシー」基本計画作業総括のプレゼンテーション実施• - ウォルト・ディズニー社とOLCの間で「東京ディズニーシー・パーク」と「東京ディズニーシー・ホテル」の基本契約を締結。 (平成10年) - 「東京ディズニーシー」および「」着工。 (平成12年)• - 参加企業14社(第1期)が決定。 後に(当時の法人)は辞退• - 「東京ディズニーシー・スペシャルプレビュー」開催。 東京ディズニーランド内「ディズニーギャラリー」にて翌年まで。 - 参加企業4社(第2期)が決定• - 参加企業3社(第3期)が決定• (平成13年)• - チケット料金体系が決定• - 注水式• - が参加企業に• - 開業日が決定• - が参加企業に• - オープニング・キャスト(スタッフ)募集が開始• - が参加企業に• - 団体向けチケット予約が開始()• - 全施設の概要が決定• - 個人向けチケット予約が開始(旅行代理店)• - が参加企業に• - が参加企業に• - 各種プレビュー、スニークが開始• 「東京ディズニーシー」スニークプレビュー• 「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」スニークプレビュー• デイタイム・ハーバーショー「ポルト・パラディーゾ・ウォーター・カーニバル」スニークプレビュー• ナイトタイム・ハーバーショー「ディズニーシー・シンフォニー」スニークプレビュー• ブロードウェイミュージックシアター「アンコール!」スニークプレビュー• ドックサイドステージ「セイル・アウェイ」スニークプレビュー• プレビュー・スタート• 1〜10日 プレスプレビュー(報道関係者)• 11・12・18・19日 - 浦安市民対象に無料招待• 13〜17日 ストックホルダープレビュー(OLC株主)• 20〜31日 スポンサープレビュー(参加企業関係者)• 25〜31日 サプライズプレビュー(「ディズニー・サマー・サプライズ」当選ゲスト)• - 前売りチケットの販売が開始• - の放映が開始• - 「東京ディズニーシー・グランドオープニング・プレミア・パーティー」開催• -「東京ディズニーシー」が正式に開園。 (平成14年)• - 「東京ディズニーシー」1,000万人目のゲストが来園• 〜 - 「」初開催• - 「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」合わせて3億人目のゲストが来園• (平成15年)• - が参加企業に• - 「東京ディズニーシー年間パスポート」、「2パーク年間パスポート」発売• - 「」オープン• (平成16年)• - フィナーレバージョン「ディズニーシー・シンフォニー」公演開始• - ナイトタイム・スペクタキュラー「ディズニーシー・シンフォニー 」公演終了• - ナイトタイム・スペクタキュラー「」 公演開始• (平成17年)• - 「」オープン• - 「」オープン• (平成18年)• - フィナーレバージョン「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」 公演開始• - デイタイム・ハーバーショー「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」 公演終了• - 「セイル・アウェイ 」公演終了• - 「 」公演終了• - 「 」公演終了• 〜 - 開催• 7月14日 - デイタイム・ハーバーショー「 」他、 公演開始• - パスポート料金改定。 - 「」 オープン• - 「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」クローズ• - 「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」合わせて4億人目のゲストが来園• (平成19年)• 〜 - 「」初開催• - 「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」が「」になってリニューアルオープン• (平成20年)• 〜 - 東京ディズニーリゾート全体での初めてのアニバーサリーイベントとなる「」開催• (平成21年)• - 「」初開催• - 「」オープン• - が、 東京ディズニーシーを貸し切り、『』を施行。 のプレミアムナイトキャンペーンに、応募総数500万通の中から当選した3,525組7,050人が招待された。 - 東京ディズニーシー「」終了、「キャンドルライト・リフレクションズ」公演終了• (平成22年)• - 「」公演終了• - 「」公演開始• - 「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」を合わせて5億人目のゲストが来園• - が協賛により、『第一生命スペシャルナイト』と銘打ち一夜限りのスペシャルイベントを施行。 スペシャルナイトの応募キャンペーンへの応募総数78万人の中から当選した8,000人が招待された。 - 「」公演開始• - - 「」初開催• - ナイトタイム・スペクタキュラー「」公演終了• (平成23年)• 〜 - に発生したの影響で、東京ディズニーランドと共に設備の緊急点検のため長期休園。 また、地震の影響によりリドアイルにあるスピーカーが折れるという事故も発生したが、ケガ人はいなかった。 、運営会社のは内の市立小中学校5校のトイレ用水として、の水を提供することを発表した。 - 営業再開。 新ナイトタイム・スペクタキュラー「」公演開始• 「テーブル・イズ・ウェイティング」公演開始• 「」オープン• - 「」オープン• - 「」オープン• 〜 - 開催• (平成24年)• 〜 - タワー・オブ・テラーで、落下回数の増加と新プログラムを導入した「」を期間限定で初開催• 〜 - 「」初開催• - 「」で安全バーが開いたまま動きだし、乗客が2週間程度の怪我を負う転落事故が発生。 同事故の影響でまで「」は運行休止。 - 「」オープン• (平成25年)• 〜 - 東京ディズニーリゾート全体での2度目のアニバーサリーイベントとなる「」開催• 〜 - 「ディスニー・サマーフェスティバル」初開催• - ハウス食品の100周年を記念して応募者の中から抽選で合計2,500組7,000名を招待して、『ハウス食品 みんなにありがとう スペシャルナイト in 東京ディズニーシー』が午後7時30分より開催された。 (平成26年)• - 「アンダー・ザ・シー」公演終了• - 「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」を合わせて6億人目のゲストが来園• - 「」公演終了• - 「2016中期経営計画」でロストリバーデルタ南側に8つ目の「新テーマポートの開発」を検討していることが発表された。 (平成27年)• 〜 - 「タワー・オブ・テラー:Level 13」が「」にバージョンアップして期間限定で開催。 - メディテレーニアン・ハーバー可動式ステージ導入• 〜 - 「」初開催• - 「ミスティックリズム」公演終了• - 「キングトリトンのコンサート」公演開始• - 「2016中期経営計画」で8つ目の「新テーマポートの開発」として、一部のエリアをディズニー映画『』の世界をテーマとし、全体のテーマを「」とする方向性となった。 導入時期は2017年度以降。 その後の発表により、計画は延期になったが白紙にはなっていない。 (平成28年)• 1月12日〜4月10日 - 新グリーティングショー「カムジョイン・ユア・フレンズ」公演• 〜 - 開催• - 「」クローズ• - 「」での新エンターテイメントプログラム「」公演開始• (平成29年)• - 「」公演終了• - 「」オープン 、「」のリニューアルオープン• - 新グリーティングショー「」公演開始• (平成30年)• - 「」公演終了• - 「セイリングデイ・ブッフェ」クローズ• - 東京ディズニーリゾート全体での3度目のアニバーサリーイベントとなる「」開催• - 新たなディズニーホテルを有する8つ目のテーマポートの開発を含む「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」を発表。 既存施設への追加投資として過去最高の約2,500億円を投入予定• - 東京ディズニーリゾート公式スマートフォンアプリが誕生。 - ドックサイドステージにて、レギュラーショー 「」公演開始• - 「」オープン• - 「」オープン• - パーク内の一部ショップ、レストラン、および一部商品を除き、、、による決済を導入• - 「」公演終了。 - 8つ目のテーマポートとなる「」の起工式実施。 - 「ホライズンベイ・レストラン」のキャラクターダイニング終了。 - 「ファストパスリマインダー」サービス開始。 - 「デジタルファストパス」サービスの運用開始 ディズニーリゾート公式アプリでパークイン後にパスポートまたは、年間パスポートをアプリで読み込むとアトラクションのファストパスが取得できるようになった。 7月23日 - 「ハンガーステージ」にて新規ショー「」が公演開始。 新アトラクション「」をメディテレーニアンハーバーに導入。 - マーメイドラグーンに「ベビーケアルーム」がオープン。 - (台風19号)の影響で東京ディズニーランドと共に終日休園。 災害により休園するのは東日本大震災以来となった。 (令和2年)• 〜 - 感染症の防止のため、東京ディズニーランドと共に長期休園。 当初はまで休園の予定だったが、その後休園期間の延長が発表された。 そのため3月25日に終了予定だった「ファンタズミック! 」、3月31日にクローズ予定だった「アリエルのグリーディンググロット」は休園期間中に公演終了、クローズとなった。 - 東京ディズニーランドと共により営業再開される事が発表された。 - 東京ディズニーランドと共に営業が再開された。 再開に際しては、営業時間を当面の間8時から20時の短縮営業とし、入園時間の異なる3つの券種をオンラインでのみ販売し、チケットブースは開設しないこととした。 また通常キャストにより行われる開園宣言は、この日のみオリエンタルランド会長の加賀美俊夫の言葉により行われた。 今後の計画 [ ]• 2021-2022年• 時期未定 - メディテレーニアンハーバーにて、新ナイトタイムエンターテイメント「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜」スタート予定。 公演時間は約20分間で、提供はNTTドコモ。 2023年• 時期未定 - 魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界をテーマとした8番目のテーマポート「」をオープン予定。 テーマポートは「」、「」、「」の世界を題材とし、4つのアトラクションと新たなディズニーホテルなどを内包する予定。 パーク [ ] 園内はコンセプトごとに「 テーマポート」と呼ばれる7つのエリアに分かれ、テーマに合わせたアトラクションやが置かれている。 また、TDLとは異なり、やなどのの販売があるなど、客層を大人も視野に入れた設定にしている。 を始めとする著名なディズニーキャラクターの他、やなど、TDSのコンセプトに沿ったディズニーキャラクターの出迎え(キャラクターグリーティング)がある。 園内のアトラクションについては「」を、グリーティングについては「」を、ショップについては「」を、レストランについては「」を、園内外のサービス施設については「」をそれぞれ参照。 テーマポート一覧 [ ] メディテレーニアンハーバー [ ] 詳細は「」、「」、「」、および「」を参照 アナウンス [ ] 東京ディズニーシーでは、東京ディズニーランドとは異なる声優によって園内の日本語、英語のアナウンスがされている。 基本的に男性によるアナウンスとなっている。 また、エントランス付近と、ショーなどをアナウンスする声優が日本語、英語共に異なる。 2011年3月に東日本大震災の影響で休園の後の再開時にはショーのアナウンスをする声優が日本語、英語共に変更された。 日本語はエントランス付近、閉園時などに聞く男性アナウンスと同じ声優に変更、英語は東京ディズニーランドのショー開始時の男性アナウンスと同じ声優となった。 オフィシャルスポンサー [ ] 現在のスポンサー [ ] 出典:• (2011年4月23日 - 2020年3月25日)• (2015年7月1日 - )• トイビル・トロリーパーク• ハンドウォッシングエリア• レストラン櫻• コロンビア・ダイニングルーム• テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ• ( - 2014年9月7日)• (2014年9月4日 - )• ( - 2016年5月16日)• (2017年5月12日 - )• (2017年3月30日 - )• アブーズ・バザール• (2019年2月21日 - )• (2019年7月23日 - )• (2017年7月1日 - )• (2017年12月1日 - )• ブロードウェイ・ミュージックシアター• ケープコッド・クックオフ• ケープコッド・コンフェクション• 宅配センター• カスバ・フードコート• フォトグラフィカ• ユカタン・ベースキャンプ・グリル• ウォーターフロントパーク• ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ• アイスクリームワゴン• ベビーセンター• セイリングデイ・ブッフェ( - 2018年3月31日)• ドックサイドダイナー(2018年8月20日 - )• カフェ・ポルトフィーノ• マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー• 過去の主なスポンサー [ ]• (2001年9月 - 2006年9月)• ビッグシティ・ヴィークル• (2001年9月 - 2006年9月)• ペットクラブ• (2001年9月 - 2006年9月)• ホライズンベイ・レストラン• (2001年9月 - 2006年9月)• (2001年9月 - 2006年9月)• (2003年4月12日 - 2008年4月15日)• ドックサイドステージ• ( - 2016年4月)• ハンガーステージ• ( - (平成29年)8月)• ニューヨーク・デリ 主な建設業者 [ ]• (駐車場)• (ホテルミラコスタ・新テーマポート(2022年完成予定))• (メディテレーニアンハーバー、アメリカンウォーターフロント)• (ロストリバーデルタ) 駐車場 [ ]• 日本導入にあたっては、米国Walt Disney社及びその関連会社であるWalt Disney Attractions Japanが主体となり新たなパークの企画・開発を行ったが、先行の東京ディズニーランドの成功もあり東京ディズニーリゾートをフランチャイズ運営するも、企画・開発に加わることが許され、わずかならがもOLCの意向の反映が実現化されている。 そのため、の様に「米国版パークの100%コピーにこだわる」という導入コンセプト形式ではなくなっている [ ]。 「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」が正式に開業。 出典 [ ]• Themed Entertainment Association. 2017年12月1日閲覧。 千葉日報 千葉日報社 : pp. 1,16,19. 2001年9月5日• シネマカフェ イード. 2018年6月18日. 2019年2月24日閲覧。 千葉日報 千葉日報社 : pp. 1,11. 1988年4月16日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 1988年7月1日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 1992年1月31日• 読売新聞 読売新聞社 : p. 1992年10月2日• 読売新聞 読売新聞社 : p. 1992年10月21日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 1996年5月29日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 1997年3月26日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 1997年3月30日• 千葉日報 千葉日報社 : pp. 1,4,16. 1998年10月23日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 2001年8月12日• YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2011年3月15日. の2011年12月19日時点におけるアーカイブ。 2011年3月16日閲覧。 千葉日報 千葉日報社 : pp. 1,10. 2011年4月29日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 2012年5月30日• 千葉日報 千葉日報社 : p. 2012年6月15日• 映画ナタリー ナターシャ. 2016年10月14日. 2016年12月2日閲覧。 livedoor news. 2017年3月31日. 2017年5月12日閲覧。 cinemacafe. net. 2018年3月3日. 2018年4月14日閲覧。 ウレぴあ総研. 2018年1月15日. 2018年4月14日閲覧。 沓澤真二 2018年11月5日. ねとらぼ アイティメディア. 2018年11月7日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年7月17日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年7月16日. 2019年8月1日閲覧。 2019年8月1日閲覧。 ねとらぼ アイティメディア. 2019年1月18日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2016年4月27日. 2016年12月2日閲覧。 日本経済新聞. 2018年9月27日. NHK NEWS WEB 日本放送協会. 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• 株式会社オリエンタルランド 2018年6月14日. 2018年6月14日閲覧。 株式会社オリエンタルランド 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 株式会社オリエンタルランド 2020年3月11日. 2020年3月11日閲覧。 株式会社オリエンタルランド 2020年3月27日. 2020年4月20日閲覧。 株式会社オリエンタルランド 2020年4月9日. 2020年4月20日閲覧。 株式会社オリエンタルランド 2020年6月23日. 2020年6月23日閲覧。 オリエンタルランド 2020年7月20日. 2020年7月20日閲覧。 株式会社オリエンタルランド. 2016年8月18日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

第8テーマポート:ファンタジースプリングスの詳細と裏側予想【ディズニーシー】|ディズニーマニア!教室

ディズニーシー 第8テーマポート

ベイサイドステーションからの写真 2020年5月30日はこんな状況でした。 2020年6月6日はこんな状況でした。 2020年6月14日はこんな状況になりました。 写真右側のシートで覆われていた部分がコンクリートで綺麗になっています。 写真上の土の山も少し小さくなっています。 掘った部分に土を戻したためだと思います。 さてどこなのだろう・・・ 鉄骨工事の間で作っている橋のようなもの 2020年5月30日はこんな状況でした。 2020年6月6日はこんな状況でした。 2020年6月14日はこんな状況になっていました。 橋の部分より、左側の鉄骨工事が進んでいます。 左右の鉄骨の建物はどんな施設になるのだろう。 ディズニーランド裏にある鉄筋の柱がたくさんある工事現場 2020年5月30日はこんな状況でした。 2020年6月6日はこんな状況でした。 2020年6月14日はこんな状況になっていました。 鉄筋の柱がどんどん長くなってきています。 鉄筋コンクリートの柱がたくさんある施設なので、ここはホテルになるのかなぁ。 もともとあった駐車場部分がホテルの駐車場として利用できるのでいいですね! 東京ディズニーシーと東京ディズニーランドに入場できるホテルになるといいなぁ しかし、ある人の情報によると、ディズニーランドの入場ゲートは1つしか作らないらしい。 ベイサイドステーション駅付近の工事 2020年5月30日はこんな状況でした。 2020年6月6日はこんな状況でした。 2020年6月14日はこんな状況になってました。 鉄筋の柱がどんどん長くなってきています。 ロジャーラビットのカートゥーンスピンの裏付近 ディズニーリゾートラインから工事を行っている奥はなかなか見えにくいです。 カメラのズームで撮影できたものです。 場所はロジャーラビットのカートゥーンスピンの裏付近です。 2020年5月30日はこんな状況でした。 2020年6月6日はこんな状況でした。 2020年6月14日はこんな状況になっていました。 鉄骨工事が進んでします。 2020年6月6日に3階までの高さの部分が1列だったものが3列まで増えています。 大空間を利用したアトラクション施設になると思われます。 (おまけ)トイストーリーホテル付近の状況 2020年5月16日はこんな状況でした。 2020年5月30日はこんな状況でした。 2020年6月6日はこんな状況でした。 に 2020年6月14日はこんな状況になっていました。 ん?あまり変わったように見えないですね。 鉄骨で作られている立体駐車場の陰になって、見えないところで工事が進んでるのだろうか? まだまだ気になるところがありますが、今回はこの辺で。 今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。 参考の記事.

次の