ありがたいお言葉をありがとうございます。 「ありがたい」を敬語で使うには?ビジネスメールに便利な類語も紹介

「大変ありがとうございます」の意味と使い方・敬語・ビジネス

ありがたいお言葉をありがとうございます

「ありがたい」の意味とは? 「ありがたい」の意味は「滅多にない・感謝」 「ありがたい」の語源は「有り難し(ありがたし)」で、「有る(あること)」と「難い(むずかしい)」の2語からできています。 思いもしない幸運に恵まれたり、期待していなかったような助けが得られたりすると、私たちは「ありがたい」ことが起きたと感じます。 現在では「ありがとうございます」というあいさつ言葉になっていますが、古くは「有り難ふ御座りまする」といいました。 「ありがたい」の表記は「ひらがな」が基本 ネットで変換すると「有難う御座います」の候補もありますが、「ありがたい」も「ありがとうございます」も、表記する場合はひらがなにするのが一般的です。 あいさつ言葉には「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など由来となる言葉が存在しますが、いずれも基本的には「ひらがな」で書くことになっています。 「ありがたい」の使い方と注意点 「ありがたい」はお断りのクッション言葉 「ありがたい」は謝意を伝えるときだけでなく、ビジネスマナーとして欠かすことのできない「クッション言葉」としてもたいへん重要です。 クッション言葉とは、用件を丁寧にお断りしたいときや異論を唱える場面で結論の前にひとこと添えるクッションのような役割をする言葉のことで、「せっかくのありがたいお誘いですが~」「たいへんありがたいお話ではありますが~」のように使います。 「ありがたいです」の乱用は避けよう 「ありがとうございます」の代わりに「ありがたいです」と言うことも可能ですが、「形容詞+です」は短絡的で稚拙な印象になりやすいため、そういった用法が習慣になっていないか見直してみましょう。 しかも、「ありがたい」の丁寧語表現としては「ございます」の方がより丁寧であるため、あいさつ言葉として定着している「ありがとうございます」をわざわざ「ありがたいです」と言い換えると他意を疑われることにもなりかねません。 「感謝の言葉」と「嬉しい」の表現は分けよう あまり一般的でない表現を乱用することのデメリットは、「クセの強い人」と言う印象を相手に与えてしまうことです。 授業中に先生の口ぐせを数えてしまったという経験はないでしょうか。 もうすこし神経質な人ならストレスを感じて授業に集中できなくなってしまったかもしれません。 たしかに、紋切型のあいさつよりも率直な気持ちを口にしたほうが伝わりやすい場合もありますが、「ありがたいです」は自分の気持ちを表現する言葉として、一般的な慣用句である「ありがとうございます」とは使いわけることをおすすめします。 ビジネスでは避けたい「~たいです」 「ありがたいです」の乱用を避けるべきもうひとつの理由に、近年増えつつある「~たいです」という表現に対する評価が分かれていることもあげられます。 「~してください」と依頼するのではなく、「~して頂けるとありがたいです」「~していただきたいです」のような言い回しは自分の希望をやんわりと伝えているだけなので、コミュニケーションとして不完全な印象です。 「して頂きたいならちゃんと依頼しろ」と相手に思わせてしまうリスクがあります。 「ありがたい」の類語と言い換え 類語は「幸いです」「幸甚です」 「幸い(さいわい)」「幸甚(こうじん)」は、かつてはそれほど頻繁に目にすることはありませんでしたが、近年とくに「~してくだされば幸いです」「いただけますと幸いです」という表現は、メールの締めには欠かせない決まり文句となっています。 本来の意味は「~してもらえるとうれしい」という希望の謙遜表現で、「幸甚」は「はなはだ(非常に)うれしい」という意味です。 いずれも書き言葉であり、話し言葉に使われることはありません。 それほど強い意志をあらわす言葉ではないため、近年では「~してください」という依頼の婉曲表現として用いられる傾向がありますが、もともと「~してもらえたら私が幸せです」という表現なので、同じ文面の中で乱発してしまうと「自分の幸いばかり」と違和感を覚える人もいるようです。 また、判で押したような「マニュアル敬語」になってしまうリスクもあるため、適宜「お願いいたします」「助かります」などのふさわしい言葉に置き換えたいところです。 「ありがたい限りです」で喜びをあらわす 「ありがたい」は形容詞なので、ほかの言葉と組み合わせることで生き生きとしたオリジナリティを出すことができます。 「とてもありがたく心に沁みます」など、感謝をあらわすほかの表現と抱き合わせて気持ちを伝えましょう。 「ありがたい限り」とは、「願ってもない」「最高にありがたい」「感謝の気持ちで心がいっぱい」という意味で、丁寧なお断りでも「ご厚意はありがたい限りなのですが、いまは十分間に合っています」のように使います。 「過分なるお言葉」「おかげさま」で言い換える 「過分(かぶん)」とは「身に余るほどの」という意味で、「過分なるご厚情」「過分なるお心遣い」のように「ありがたい」の内容とセットで言い表します。 「おかげさま(御蔭様)」は江戸時代から使われている古い言い回しで、見えない力が働いて実力以上の幸運に恵まれたという謙遜表現です。 感謝をあらわす言い回しに謙譲表現が多いのは、多くの人が感謝するとき自然に謙遜な気持ちになるためではないでしょうか。 まとめ クッション言葉やあいさつ言葉としおなじみの「ありがたい」は、形容詞としてあらゆるシーンや立場で使えるポピュラーな言葉なので、それだけに使い方には注意したいものです。 敬意の足りないビジネス用語はそれだけで問題ですが、あまり大げさな表現になってしまうのもスマートなビジネスパーソンはいえません。 敬語としては間違っていないのに、何となく浮いてしまう「コピペ敬語」「マニュアル敬語」にならないためにも、過不足のない言葉選びを心がけましょう。

次の

有り難いお言葉の意味と使い方|言い換え表現/返し方/例

ありがたいお言葉をありがとうございます

誠にありがとうございますはビジネスシーンで使える? 誠にありがとうございます:敬語としてビジネスに使える 「誠にありがとうございます」は、敬語として正しくビジネスにも使える言葉です。 「誠に」の言葉には心の底からや嘘偽りなくの他、本当に実にと言う意味があります。 本当にありがたいと思う気持ちを伝える場合、「心の底からありがとうございます。 」や「実にありがとうございます。 」と使う人はあまりいませんね。 「誠に」を「大変」に言い換えするのも意味が成立しません。 「大変」とは非常にとや一大事と言う意味になります。 「非常にありがとうございます。 」とは言いませんね。 正しいビジネスでの敬語として使うなら「誠にありがとうございます。 」が、一番一般的でスマートな使い方ではないでしょうか。 「されている」と言う事は相手に丁寧に使う言葉としてよく出てきますね。 使い方を間違えると恥ずかしいだけでは済まされません。 ビジネスシーンでは信用問題にもなりますので、下の記事を参考にして正しい敬語や使い方を理解しておきましょう。 誠にありがとうございます:誠意が込められている 「本当にありがとうございます。 」と「誠にありがとうございます。 」ではどちらに誠意を感じるでしょうか。 おそらく後者に誠意を感じる方が殆どでしょう。 関係性が同等や親しい間柄なら本当にと使う方が堅苦しくなく良いですが、ビジネスとなると相手の方の立場がどのような場合でも使えるので後者を選ぶ方が良いですね。 誠にありがとうございますの使い方・例文は? 誠にありがとうございますの使い方 「ございます」は「ある」の丁寧語になります。 相手が目上の場合や取引先の場合に使うと良いでしょう。 「誠にありがとうございます。 」と敬語を使えば失礼に当たることも軽々しく感じる事もないですね。 覚えておきたい事として文章で「ありがとうございます」を表現する時は、重ねて使わないようにしましょう。 別の表現に言い換えると、感謝の気持ちがより伝わりますよ。 会社の上司や先輩から提出資料の間違いを教えてもらった場合「ご指摘誠にありがとうございます。 お陰様で大変良い資料に仕上げる事が出来ました。 」と使いましょう。 教えた甲斐があったと感じてもらえますよ。 ビジネスに限らず様々なシーンで自分の都合に合わせて貰う事は珍しくありません。 わざわざ都合を変更してもらった相手には「こちらの都合にもかかわらずお時間を作っていただき、誠にありがとうございます。 」と言いましょう。 身内以外の方から頂き物をした場合は「いつもお気遣いいただき、誠にありがとうございます。 大変立派な物で驚きました。 」と伝えれば、差し上げた方も嬉しい気持ちになりますね。 間違っても気を遣わなくてもよかったのにと取られるような言葉は慎みましょう。 贈り物をした方も気分が台無しになってしまいますよ。 お互いが気分よくなる言葉を選びたいですね。 自分の力だけでは到底成し遂げる事ができなかった事が完了した時に使えますよ。 「この度は突然のお願いにもかかわらず、誠にありがとうございました。 お力を貸していただき大変助かりました。 」と言います。 「ご足労いただき、誠にありがとうございます。 」や、少し前の出来事なら「遠路はるばる、誠にありがとうございました。 」や「先日はわざわざお越しいただきまして、誠にありがとうございました。 」とします。 「不躾な質問を致しましたところ快くお答えくださいまして、誠にありがとうございました。 」と自分の事を不躾であった即ち失礼な行動を認め、謝罪の言葉を含んだ上で誠意をもってお礼を伝える形になっています。 急なお願い事を聞き入れてもらった時は「先日は突然無理なお願いを申し上げましたのにお引き受けくださり、誠にありがとうございました。 お陰様で何とか乗り切る事が出来ました。 」と言えば、相手の方も頑張って協力して良かったと思えるでしょう。 物質的な事ではなく精神的に気を遣ってもらった場合に心から感謝を述べる時に使いましょう。 「私のためにお気遣いくださいまして、誠にありがとうございます。 」と伝えるのが一般的に使いやすいですね。 誘ってもらえると思いもしなかった相手から勉強会や何かのパーティに誘ってもらい、有意義な時間を過ごす事ができた嬉しさを伝える事も出来ます。 「先日は私にまでお声がけしていただき、誠にありがとうございました。 大変有意義な時間を過ごす事が出来ました。 」と伝えれば、また誘ってもらえますよ。 「誠にありがとうございます。 」と組み合わせる言葉として「お忙しい中」があります。 ビジネスでの使い方や言い換え方など知っておくと便利ですよ。 下の記事に詳しく紹介されているので、参考にしてください。 誠にありがとうございますの言い換え表現は? 言い換え表現:どうもありがとうございます 「誠にありがとうございます」の言い換え表現として、「どうもありがとうございます」があります。 ありがとうの気持ちにどうもを付ける事によって本当にありがとうと言う気持ちを強調している一般的に使える言葉です。 どうもは丁寧語ではありますが、誠にと付ける方がありがたいと思う言葉の重みを感じますね。 言い換え表現:この度は感謝申し上げます 「誠にありがとうございます」の言い換え表現として、「この度は感謝申し上げます」があります。 申すは言うの謙譲語で、自分が相手よりへりくだった言い方をしています。 感謝しますでは丁寧な印象を受けませんが、感謝申し上げますに変えると感謝してもしきれませんと相手を立てつつ気持ちのこもった言葉になります。 言い換え表現:本当にありがとうございました 「誠にありがとうございます」の言い換え表現として、「本当にありがとうございました」があります。 誰にでも伝わる分かりやすい表現ですね。 ビジネスシーンや上司に対して使う場合は敬語を用いる方が良いので、「誠にありがとうございました」をおすすめします。 誠にありがとうございますの英語は? 英語で表現:相手に時間を作ってもらった時(ビジネスでも使える) 「誠にありがとうございます」を相手に時間を作ってもらった時のお礼を英語に言い換えます。 Thank you very much for making time in your schedule. あなたの時間を作っていただき本当に感謝しますの意味があります。 ビジネスでも使えるので覚えておきましょう。 英語で表現:感謝してもしきれない気持ちを伝える時 「誠にありがとうございます」を感謝してもしきれない気持ちを英語に言い換えて伝えます。 「enough」には十分な不足のないと言う意味があるので、本当に感謝している様子が伝わりますよ。 誠意が伝わる英語表現なので覚えておくと便利ですよ。 誠にありがとうございますは他の感謝の言葉と組み合わせて使うと効果的 とても感謝している気持ちを伝えるのに一度お礼の言葉を述べるだけでは物足りなさを感じたり、どれほど感謝しているかと言う強い思いを伝えたい場合は、文章の前半に「誠にありがとうございます。 」と使って、後半や末尾に「心からお礼申しあげます。 」や「深く感謝申しあげます。 」などと付け加えると良いですね。 感謝の言葉を伝えられて悪い気持ちになる人は誰もいないでしょう。 正しい使い方で相手も自分も気分良くなれるように、言葉の意味を知り理解して使いたいですね。

次の

「ありがとう」だけじゃない!ビジネスの場で使える「感謝の言葉」

ありがたいお言葉をありがとうございます

「気遣い」はあれこれと気を遣う、神経を使うことを指します。 たとえば、メールに「お世話になっております」、「お忙しいところ」などのフレーズを付け加えたり、面談時にお茶を出したりコート掛けを準備したりするなどが「気遣い」にあたります。 そのような最低限とも言えるビジネスマナーに対するお礼、感謝の気持ちを伝える時に「お気遣いいただきありがとうございます」を使うと良いです。 「気遣い」には心配の要素も含まれますが、多くの場合はビジネスシーンにおける上述のような「気遣い」を指しますので、「ご心配ありがとうございます」を使ってしまうとちょっとニュアンスが異なってしまいます。 類似表現2「お心遣いいただきありがとうございます」 「心遣い」は「気遣い」よりも広範囲の心遣い、思いやりを指します。 たとえば、メールに「(寒い日が続いておりますので)ご自愛ください」、「(当日は天候が悪い予報ですので)お足元にお気を付けください」などのフレーズを入れたり、面談時に空調が適当か聞いたり、雨の日ならタオルを用意したりするなど、相手のことを想像して心をはたらかせるものが「心遣い」にあたります。 そのようなビジネスマナーの枠にはまらない、相手への思いやりに対するお礼、感謝の気持ちを伝える時に「お心遣いいただきありがとうございます」を使います。 「心遣い」には心配以上に思いやりの気持ちが強いので、相手の方の思いやりに対しては「ご心配ありがとうございます」より「お心遣い」を使った方が適切です。 類似表現3「ご配慮いただきありがとうございます」 「配慮」は「心遣い」とかなり似ており、心配りを含めた気遣いを指します。 通常の気遣いに加えてより心を掛けてもらったり、興味を持ってもらったり、思いを巡らせて気を回してもらった時に「ご配慮いただきありがとうございます」を使うと、相手への感謝の気持ちを丁寧に伝えることができます。 「配慮」には心配の気持ちもありますが、気持ちに加えて何か具体的に調整してくれたり、取り計らってくれたりすることも含まれています。 そのため、「配慮」いただいた場面では「ご心配ありがとうございます」よりも「ご配慮いただきありがとうございます」という表現を用いた方がより感謝の気持ちが伝わるので、こちらの表現も押さえておきたいです。 類似表現4「ご心配お掛けして申し訳ありません」.

次の