今治 市 古谷。 愛媛県今治市古谷の住所

今治市に関するトピックス:朝日新聞デジタル

今治 市 古谷

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 愛媛県今治市古谷の自宅倉庫で無職吉井松見さん(当時73)が死亡しているのが見つかってから、27日で1カ月が経つ。 県警は殺人事件として捜査を続けているが、容疑者の逮捕には至っていない。 近くの住民は不安を募らせている。 県警によると、5月27日昼、同居する次男が倉庫の床に血を流して倒れている吉井さんを見つけ、119番通報。 吉井さんの腹などに刃物によるものとみられる複数の傷があり、現場で死亡が確認された。 死因は失血死と判明。 腹の傷が致命傷になったとみられる。 県警は翌28日、106人態勢の捜査本部を今治署に設置。 30日~6月1日の3日間は機動隊など約50人を追加で投入し、大規模な遺留品の捜索を行った。 周囲はため池が点在しており、ボートを出して池を調べる捜査員の姿も見られた。 一帯には梨畑が広がり、吉井さ….

次の

今治市に関するトピックス:朝日新聞デジタル

今治 市 古谷

多伎神社 たきじんじゃ 愛媛県今治市古谷乙47 名にしおはゝ日方の田面のうるふまて 水せきくたせ瀧のみやしろ 式内社 伊豫國越智郡 多伎神社 名神大 旧県社 御祭神 愛媛県今治市(旧朝倉村)にある。 伊予桜井駅の西、4〜5Kmの場所・古谷の奥に鎮座。 通常の道路から、林道らしき舗装路が山へ向っており、 赤い大鳥居が遠目にも確認できる。 大鳥居から少し登ると、道路脇に、ちょっと古い石の鳥居。 さらに、川に沿って道路を登ると、石橋があり、橋を渡ると境内。 到着したころは、あいにくの雨で、暗い境内。 傘をさしながらの撮影は、非常に煩わしいのだ。 境内に入って正面に社殿。 右手に幾つかの境内社が並んでいる。 清水神社・一宮神社・越智神社・天満神社など。 当社の特徴は、社殿後方から境内右手に広がる古墳群。 一見、普通の林のようだが、そこかしこに石組みの墳墓入口が見え、 その数、30数基。 雨が降って暗い境内の林の奥に連なる墳墓は、 一人で歩くには、少し怖いのだが。 入口があれば、覗かずには居られない。 ほとんどが盗掘されており、まともな発掘が行われていないらしい。 そんな情報も、不安感を増幅させる。 奥へ奥へと歩き、雰囲気にも慣れた頃、 いつしか雨も上がり、境内社殿にも陽が射し始めていた。 創祀年月は不詳。 元亀二年には伊予国分寺の神名帳には「多伎不断大願大菩薩」と記され、 江戸時代には、多伎宮、瀧宮、瀧宮牛頭天王などとも呼ばれた神社。 社伝によれば、奥の院の磐座信仰を起源とする神社。 残念ながら、奥の院の位置は確認していないが、 現在、境外末社・磐座神社が鎮座している。 その後、現在地に遷座し、貞観年中に神階を授けられている。 近世に入り、今治藩の雨乞祈願所となり、 大規模な雨乞祈願が、江戸末期まで行われたという。 往古は朝倉郷と高市郷の両郷の氏神であったが、 ある時、一方の氏神にしようということになり、 奥の院の石の向きで決することとした。 翌朝、人々が行ってみると、高市郷の方を向いていたので、 以後、高市郷の氏神となったという。 祭神のとについて。 一対の夫婦神のような名前だが、 多伎都比賣命は、の一柱。 多伎都比古命は、『出雲国風土記』記載のの御子で、 祖母が、宗像三女神の。 ともに宗像系の神とも考えられるが世代が少し違う気がする。 単純に、瀧を神格化して男女神に置き替えたもの、 あるいは、多伎都比賣命の夫を想定して多伎都比古命の名を用いたものか。 石鳥居の近くに、杯状穴と書かれた石。 境内には松茸石。 時代は違うようだが、陰陽石らしい。 牛頭天王とも呼ばれていたからか、神紋は、 八坂・祇園と同じ木瓜紋。 境内には幾つかの境内社。 拝殿の右手にある大きめの境内社は天満神社。 他にも一宮神社、清水神社、越智神社を確認したが、 一つ名前のわからない境内社があった。 『愛媛県神社誌』には、上記の他に荒神社、鷹取神社、大仲神社とある。 順番的には荒神社だと思うが、未確認。 参道の大鳥居 鳥居 社前の八雲橋 境内 社殿 社殿右の天満神社 本殿 境内の松茸石 陽の射し始めた本殿 一宮神社 清水神社 わからなかった境内社 越智神社 多伎神社由緒 旧社格 式内大社 県社 御祭神 当神社は文献に「瀧之神」とあり、往古奥の院の 磐座の信仰に始まり、崇神天皇の御代 六代の孫「瀧の宮」の社号を奉り初代 の斎宮となられたと記されています。 清和天皇の貞観二年(西歴八六〇年)神階を賜わり、 大三島さん、伊曽乃さんと相並んで数度に渉り 昇格し貞観十二年正四位上に昇りました。 (三代実録) 醍醐天皇の延喜年間(九〇五年)式内大社(伊予国に七社)に 列格の光栄に預り、皇室より久しく特別の待遇 に浴し国司、主護職、領主をはじめ庶民の信仰 を集めました。 江戸時代今治藩の祈願所として、雨乞祈願の たびごとに藩主の参拝あり、七日間の祈願は中日 迄を本殿で、後半を奥の院の磐座にて一社伝来 のしきたりによって執り行われ、必ず霊験を いただいたのであります。 広大な境内地の愛媛県指定史蹟三十数基の 群集古墳からは古い歴史と由緒が伺われ、多伎川の 清流と照葉樹を中心とした自然林は全国でも有数、 まさに神様のお座します所であります。

次の

今治 男性殺害1週間 大規模捜索も手掛かり依然なし |愛媛新聞ONLINE

今治 市 古谷

遺体が発見された倉庫(左の白い建物)などを調べる県警捜査員=16日午後0時55分ごろ、今治市古谷 5月27日に今治市古谷、無職男性(73)方の作業用倉庫で男性の遺体が見つかった殺人容疑事件で、遺体が発見されたのは倉庫内にある男性の部屋だった可能性があることが16日、分かった。 関係者によると、寝室は別にあり、男性はテレビを見る際などに使っていたという。 倉庫内の部屋には戸外などにつながる出入り口が複数ある。 関係者によると、息子が帰宅後に倉庫内の部屋の床に血を流してうつぶせで倒れている男性を発見したなどと119番し、救急隊到着まで心臓マッサージなどをしていたとみられる。 敷地には倉庫のほかに母屋と離れ、納屋などがある。 男性は普段は離れで寝ており、日中は倉庫内の部屋などで過ごしていたという。 倉庫内の部屋は、農機具などを置く場所とは壁で仕切られており、床面積は10平方メートル程度。 知人によると、戸外へ通じる複数の扉の中には普段、施錠されていないものもあったとされる。 倉庫にはキャリーなど農業用資材が多数置かれていた。 男性はナシ農家の息子と孫の3人暮らし。 倉庫ではナシの収穫後に直売を行っており、倉庫に男性の部屋があることは知人らの間で知られていた。 捜査本部によると、男性は5月26日、息子と孫の3人で夕食を取っている。 関係者の話では5月27日午前に亡くなった可能性があり、遺体発見時は寝間着ではない服装だったという。 左脇腹や左腕、背中に鋭い刃物によるとみられる傷があり、左脇腹の傷は深く、腕の傷は抵抗してできた防御創とみられる。 死因は失血死だった。 キーワードで関連記事を検索できます•

次の