茨木 市長 選挙 結果。 【結果確定】茨木市議会議員補欠選挙 開票速報2020 立候補者と当選者・投票率・情勢出口調査|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

茨木市議会議員補欠選挙 開票結果速報2020 立候補者と当選者の情勢・出口調査・投票率|選挙の開票結果速報と立候補者の情勢・当選者出口調査を随時更新するサイト

茨木 市長 選挙 結果

4月5日告示・12日投開票の茨木市長選挙は、現職で弁護士の(44)と新人で国土交通省出身の(58)の両氏が立候補を表明している。 寺元氏は大阪維新の会が擁立するいっぽう、福岡氏は自民・公明・立憲民主などの各党や連合大阪、市長選と同時に行われる市議補選に立候補する山下けいき元市議などの推薦や支援も取り付けたようだ。 市長選は、維新一強となりつつある大阪の政治状況に危機感を持った他勢力が結集する構図だ。 国土交通省で長年道路行政畑を歩み、内閣府ではまちづくりにもかかわってきた寺元氏を維新が擁立したことで、市長選挙の争点の目玉にまちづくりが急浮上した。 どちらの候補が当選しても、阪急茨木市駅西口とJR茨木駅西口の再開発は大きく進むことになりそうだ。 前回の市長選挙では維新公認で再選を目指す木本保平市長(当時)に不祥事が発覚した。 木本氏の親族による市税滞納について、木本氏が差し押さえなどを保留させるように徴税担当者に働きかけたとされる疑惑だ。 木本支持をめぐって維新茨木市支部は分裂し、支部長である足立康史衆院議員と、松本利明府議が福岡市長支持に回った。 福岡市長は自民党の占部走馬府議が青年会議所の人脈から担ぎだした候補だったが、当初は足立康史議員も福岡市長に好意的だった。 流れが変わったのは2017年4月の市議選。 大阪維新の会の松井一郎知事(当時)に対して、箕面市選出で自民党の原田亮府議が、維新公認の岩本まもる市議が過去には共産党から出馬していたことをSNSで指摘したことで、足立議員や占部市議を巻き込んだ激しい中傷合戦となった。 ただ、この時点では足立氏も福岡市長を取り込もうとする動きもうかがわれる。 福岡市長も同年10月の総選挙では、自民の原田憲治衆院議員と足立議員の双方を支援するなど、表面上は足立氏も福岡市長を支持しているとみられていた。 しかし、2018年2月に占部府議がツイッターで足立議員のことを「事実を捻(ね)じ曲げだねつ造ばかりする」と投稿したことで対立は泥沼化。 5月には足立議員が名誉棄損されたと占部府議を提訴するにいたった。 さらに大阪北部地震と台風21号と相次ぐ災害を契機に、足立議員は市役所批判を強めた。 当初は福岡市長に同情的だったが、次第に市役所をコントロールできないとして市長の力量が足りないことをほのめかすとようになった。 2019年2月には、占部府議が「チンピラ府議」と名指しされたことを名誉棄損として足立議員を提訴し、対立は決定的なものになった。 そもそも維新は木本前市長の不祥事で代替候補の擁立も模索したものの、時間切れで足立議員らは福岡市長候補支持に回った格好だった。 木本氏支持継続を訴える市議も多く、維新は自主投票を決めた。 しかし2016年に木本前市長の不祥事をめぐり百条委が開かれ、木本氏は百条委で証言拒否をし、大阪地検に告発された。 百条委に対しては足立議員や、福岡市長を支持したとされる維新市議らも木本氏を擁護し、百条委を批判していた。 さらに大阪地検が木本前市長の不起訴を決めたことで、木本氏の疑惑を追及してきた自民や福岡市長へ反発を強めていたとみられる。 前回の市長選で足立議員と松本府議が福岡市長を支持した以上、再選を目指す福岡市長に対抗する独自候補を擁立するには大義名分が必要だ。 福岡市長は弁護士だが行政経験が乏しい。 豊富な行政経験を持つ官僚に白羽の矢を立てたのは当然の結果であろう。 足立議員は支持者の集会で、大阪国道事務所を訪ねた折に事務所長だった寺元氏と初めて会ったと明かしている。 経産官僚出身の足立議員と寺元氏は当時から意気投合し、足立氏も政界へ勧誘していたというが、2016年の茨木市長選では2015年から面識のあったという寺元氏を擁立しなかった。 むしろ寺元氏が内閣府地方創生推進事務局参事官として、全国の都市再生緊急整備地域・特定都市再生緊急整備地域の整備計画に携わるようになって、吉村洋文大阪府知事(当時)の目に留まった可能性が高い。 新大阪駅周辺が「都市再生緊急整備地域の候補地域」として内閣府から発表されており、寺元氏も吉村氏も新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域検討協議会などでかかわっていたとみられる。 福岡市長陣営からは、前回の市長選では足立議員と松本利明府議は支援したにもかかわらず、対抗する候補を擁立することへの批判があるようだ。 維新は3月1日に発行した「茨木維新プレス」で「デマにご注意ください!大阪維新の会は、現市長を一度も公認・推薦しておりません。 4年前の市長選では『自主投票』とし、党として特定の候補者を支援したことはありません。 」と、火消しに追われている。 前回の市議選で落選した滝ノ上万記氏が維新から自民に移ったほか、現職の塚理市議も2月に離党しており、維新では市長選をめぐる路線対立がある可能性もある。

次の

茨木市長選挙開票速報/茨木市

茨木 市長 選挙 結果

茨木市市議会議員補欠選挙2020の開票結果速報・当選者得票数・投票率 茨木市議会議員補欠選挙2020の開票結果は開票速報が発表され次第、得票数順に随時こちらに追記していきます。 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 西本 睦子 51 女 立憲 新 立憲民主党大阪府連合職員 にしもと ちかこ 滝ノ上 万記 47 男 自民 元 政党役員 たきのうえ かずのり 山本 由子 65 女 無所属 新 政治団体役員 やまもと よしこ 円藤 こずえ 49 女 大阪維新の会 新 衆議院議員秘書 えんどう こずえ 浜守 毅 47 男 大阪維新の会 新 社会保険労務士 はまもり たけし 山下 慶喜 67 男 無所属 元 無職 やました けいき 大嶺 学 54 男 共産 新 政党職員 おおみね まなぶ 情報源は自治体の選挙管理委員会事務局やNHKなどの各種報道メディアから発表され次第ご紹介します。 開票時間:• 開票場所:• 有権者数:• 投票率: 茨木市議会議員補欠選挙2020の立候補者名簿一覧や党派情勢 茨木市議会議員補欠選挙2020に立候補した立候補者一覧名簿と立候補者の主な肩書、党派別情報は以下の通りです。 地元有権者の方は事前にどの立候補者に投票するかよく考えておきましょう。 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 西本 睦子 51 女 立憲 新 立憲民主党大阪府連合職員 にしもと ちかこ 滝ノ上 万記 47 男 自民 元 政党役員 たきのうえ かずのり 山本 由子 65 女 無所属 新 政治団体役員 やまもと よしこ 円藤 こずえ 49 女 大阪維新の会 新 衆議院議員秘書 えんどう こずえ 浜守 毅 47 男 大阪維新の会 新 社会保険労務士 はまもり たけし 山下 慶喜 67 男 無所属 元 無職 やました けいき 大嶺 学 54 男 共産 新 政党職員 おおみね まなぶ 定数3に対して7人が立候補している今回の茨木市議選。 立候補者の内訳は元職2人、新人5人、党派別では、自民党1、大阪維新の会2、日本共産党1、立憲民主党1、無所属2で、女性候補者は3人です。 茨木市市議会議員補欠選挙2020|選挙日程や期日前投票など こちらでは茨木市議会議員補欠選挙2020の選挙日や投票時間・期日前投票などについてご紹介します。 地元有権者の方は棄権すること無く選挙に行きましょう。 <選挙日 投票日 > 2020年4月12日 日 <投票時間> 午前7時から午後8時まで 投票所により時間変動の可能性あり <告示日> 2020年4月5日 日 <投票所> 投票所入場券に記載された投票所 <期日前投票について> 2017年 前回 の茨木市議会議員選挙の開票結果 以下は 前回 2017年 の茨木市議会議員選挙の開票結果です。 2020年の選挙と比べてどれだけ投票率や定数が変化したのか、ご参考にしてください。 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 当 3779 米川 勝利 30 男 無所属 現 市議会議員 よねかわ しょうり 当 3297 下野 巌 65 男 自民 現 農業 しもの いわお 当 3063 塚 理 40 男 大阪維新の会 現 市議会議員 つか さとる 当 3032. 6 青木 順子 53 女 公明 現 市議会議員 あおき じゅんこ 当 3000 大村 卓司 55 男 公明 現 市議会議員 おおむら たくじ 当 2957 大嶺 さやか 44 女 共産 現 市議会議員 おおみね さやか 当 2926 安孫子 浩子 55 女 無所属 現 市議会議員 あびこ ひろこ 当 2874 大野 幾子 37 女 大阪維新の会 現 市議会議員 おおの ちかこ 当 2867 松本 泰典 58 男 公明 現 市議会議員 まつもと やすのり 当 2701 河本 光宏 60 男 公明 現 市議会議員 かわもと みつひろ 当 2668 萩原 佳 39 男 大阪維新の会 新 自営業 はぎはら けい 当 2626 篠原 一代 63 女 公明 現 茨木市議会議員 しのはら かずよ 当 2616 辰見 登 68 男 無所属 現 茨木市議会議員 たつみ のぼる 当 2601 坂口 康博 61 男 公明 現 市議会議員 さかぐち やすひろ 当 2563 朝田 充 52 男 共産 現 市議会議員 あさだ みつる 当 2538. 19 上田 光夫 45 男 自民 現 市議会議員 うえだ みつお 当 2533 岩本 守 52 男 大阪維新の会 現 茨木市議会議員 いわもと まもる 当 2450 畑中 剛 50 男 共産 現 政党役員 はたなか たけし 当 2444 山下 慶喜 64 男 新社会党 現 市議会議員 やました けいき 当 2319 中内 清孝 70 男 自民 元 農業 なかうち きよたか 当 2295 稲葉 通宣 42 男 民進 新 団体職員 いなば みちのぶ 当 2258 友次 通憲 60 男 無所属 現 労働組合顧問 ともつぐ みちのり 当 2203 福丸 孝之 45 男 無所属 現 市議会議員 ふくまる たかゆき 当 2203 長谷川 浩 54 男 大阪維新の会 現 市議会議員 はせがわ ひろし 当 2195. 81 上田 嘉夫 70 男 自民 現 市議会議員 うえだ よしお 当 2136 小林 美智子 49 女 無所属 現 市議会議員 こばやし みちこ 当 2028 桂 睦子 48 女 無所属 現 市議会議員 かつら むつこ 当 2024 田中 総司 64 男 民進 現 政党役員 たなか そうじ 1939. 58 山本 隆俊 68 男 大阪維新の会 現 寺院住職 やまもと りゅうしゅん 1683 滝ノ上 万記 43 男 大阪維新の会 現 市議会議員 たきのうえ かずのり 1601 敷知 龍一 55 男 無所属 新 有限会社テクノビレッジ代表取締役 しきち りゅういち 1531 木本 鉄治 45 男 大阪維新の会 新 会社員 きもと てつじ 1531 立花 孝志 49 男 NHKから国民を守る党 新 立花孝志ひとり放送局株式会社代表取締役 たちばな たかし 1490 浅藤 雅志 47 男 共産 新 政党職員 あさとう まさし 1468 山崎 明彦 53 男 大阪維新の会 現 市議会議員 やまさき あきひこ 1237 矢島 秀和 36 男 無所属 新 無職 やじま ひでかず 1009. 42 山本 由子 62 女 無所属 新 政治団体役員 やまもと よしこ 962 中井 浩平 61 男 無所属 新 無職 なかい こうへい 482 川崎 千恵子 52 女 幸福実現党 新 無職 かわさき ちえこ 469 名取 宗 26 男 無所属 新 会社員 なとり しゅう 423 福留 隆司 50 男 無所属 新 自営業 ふくとめ たかし 197 中森 朝雄 74 男 無所属 新 無職 なかもり あさお 114. 広島県議会議員補欠選挙(安芸高田市選挙区)• 茨木市議会議員補欠選挙(大阪府)• 九戸村長選挙(岩手県)• 川内村長選挙(福島県)• 常陸大宮市議会議員補欠選挙(茨城県)• 矢板市長選挙(栃木県)• 坂戸市長選挙(埼玉県)• 坂戸市議会議員選挙(埼玉県)• 松伏町議会議員選挙(埼玉県)• 佐渡市長選挙(新潟県)• 佐渡市議会議員選挙(新潟県)• 東御市長選挙(長野県)• 下呂市長選挙(岐阜県)• 下呂市議会議員選挙(岐阜県)• 御前崎市長選挙(静岡県)• 御前崎市議会議員選挙(静岡県)• 茨木市長選挙(大阪府)• 茨木市議会議員補欠選挙(大阪府)• 太子町長選挙(大阪府)• 三次市議会議員選挙(広島県)• 安芸高田市議会議員補欠選挙(広島県)• 行橋市議会議員選挙(福岡県)• 壱岐市長選挙(長崎県)• 壱岐市議会議員補欠選挙(長崎県)• 衆議院議員補欠選挙・静岡4区• 大船渡市議会議員選挙(岩手県)• 石岡市長選挙(茨城県)• 美里町長選挙(埼玉県)• 美里町議会議員補欠選挙(埼玉県)• 茂原市長選挙(千葉県)• 福生市長選挙(東京都)• 上越市議会議員選挙(新潟県)• 栄村長選挙(長野県)• 山県市議会議員選挙(岐阜県)• 瑞穂市議会議員選挙(岐阜県)• 扶桑町長選挙(愛知県)• 京丹後市長選挙(京都府)• 京丹後市議会議員選挙(京都府)• 丹波篠山市議会議員選挙(兵庫県)• 由良町長選挙(和歌山県)• 由良町議会議員補欠選挙(和歌山県)• 白浜町長選挙(和歌山県)• 倉敷市長選挙(岡山県)• 倉敷市議会議員補欠選挙(岡山県)• 西予市議会議員選挙(愛媛県)• あさぎり町議会議員選挙(熊本県)• 十島村議会議員選挙(鹿児島県).

次の

茨木市長選挙の結果速報、立候補者一覧(2020年4月12日、大阪府)

茨木 市長 選挙 結果

当選回数 2回 在任期間 2016年4月18日 - 現職 福岡 洋一(ふくおか よういち、 - )は、の、。 長(2期)。 来歴 [ ] 大阪府茨木市東奈良に出生。 、卒業。 3月、金蘭千里高等学校卒業。 3月、コース卒業。 、修了。 、法律事務所に弁護士として勤務。 また、甲南大学法科大学院の特別講師も務める。 3月7日、・茨木市長が借入金5千万円を資産報告書に記載していなかった問題が発覚。 このため所属の地元議員らは4月に控えた市長選挙で木本を支援することを取りやめ 、3月中旬、自主投票を決めた。 同年4月10日に行われた茨木市長選挙では、維新やの地元議員の支援を受けた福岡が、維新の一部市議の支援を受ける現職の木本や、推薦の末武和美を破り初当選した。 4月18日、市長就任。 選挙の結果は以下のとおり。

次の