マスク 用 不織布 販売。 マスク 自社製造で販売する専門店

マスク50枚入:980円(税別)追加販売決定。メルトブロー不織布マスクを廉価で提供し『新しい生活様式』『STOP新型コロナウィルス』に貢献させていただきます。

マスク 用 不織布 販売

マスク製造販売 優れた品質(BFE99. 不織布マスク製造をおこなっておりますワークアップ株式会社、代表の遠藤周一と申します。 マスクは口につけるものです。 そう考えた私は、中国に飛び、何度も何度も清潔なマスク工場探しをおこないました。 しかし、どこを探しても私が探していた清潔な工場は見つけれませんでした。 それならいっその事、自分で納得のいくマスクを つくってしまおう! それで完成した工場がこちらです。 汚いトイレのある工場から良品は生まれません。 弊社日本の事務所も毎朝代表の遠藤が心をこめて掃除しています。 なぜ、ここまで出来るのか? と思われる方もいらっしゃるでしょう。 実は、弊社はDMなどでよく使われるOPP袋(透明封筒)の製造販売の会社です。 不織布マスクもこれと同じポリプロピレンから出来ており、製造工程も非常に似ているのです。 だから日本の技術を応用して、このような工場を完成させることができました。 写真左側が、弊社代表の遠藤です。 ワークアップ株式会社中国マスク工場にて撮影。 代表の遠藤も、かつて中国に3年半ほど駐在しており、工場の従業員には中国語で直接指導できることから、日本の衛生管理、品質管理に対する価値観の違いを従業員に徹底的に理解させています。 【設立の理念】 現在、新型インフルエンザ騒ぎの際の粗悪なマスクがまだ余剰在庫として沢山流通しているようですが、良品の供給によりこのような不衛生で健康に悪いマスクを追放することを目指しております。 詳しくは: すべての中国製のマスクが劣悪な環境で製造されているとはいいません。 しかし、私自身、中国のマスク工場を訪問するなかで、不衛生な工場から日本語パッケージのマスクが出荷される姿を見ております。 もし、貴社が劣悪な環境で製造されたマスクを販売されていた場合、あるいは従業員の方に使用させていた場合、貴社の企業姿勢や企業価値まで問われかねません。 マスクは人の健康を守るためのものです。 企業の利益が優先されてはいけません。 安全性が優先されるべきです。 貴社の取り扱いされているマスクがどのような材質を用い、どのような環境で生産されているのか、今一度ご確認ください。 弊社は自信をもってすべてを公開します。 一般に医療機関で使用される不織布マスクはBFE95%以上が基準となっていますが、弊社の不織布マスクは99. 9%と高い数値が証明されております。 マスク製造業者にとっては、この検査を行う以上、常に同じ製造工程で製造された不織布原料を使用し、同じ工程で加工すること、また自社の供給量をオーバーするからといって安易に外注に出さないなど、厳格な製造管理が必要です。 安価なマスクにおいては、外注や、余りの原反生地など、安い不織布原材料を使用している場合も多く、中には検査をパスした後は、品質の悪い原料を使ってマスクを製造しているケースも見受けられます。 弊社は、マスク生産における清潔な環境や、BFE99.9%のフィルター性能だけでなく、原料の不織布の安全性にも徹底的にこだわっております。 ゴムの品質(伸縮率)が悪く耳が痛くなってきた経験はございませんか? 弊社の不織布マスクは耳ゴム部分にもこだわり、従来のマスク製品の約1.4倍の伸縮率があります。 例え長時間着用されていても、耳が痛くなりにくく、耳にかかる負担は非常にラクになるよう、計算して生産しています。 やはり顔につける物だから、安全性が第一です。 ノーズワイヤーといった鉄芯が入っている場合、万が一不良があった場合、目や顔部分に大変危険ですので多少コストが高くなっても弊社は安全な原材料を使用しております。

次の

【6/26以降順次発送】使い捨てマスク 50枚 888円 (税込) 送料無料 不織布マスク 3層構造不織布

マスク 用 不織布 販売

2020年5月31日、台湾メディア・ETtodayは、中国本土でマスク用不織布の価格が暴落したと報じた。 記事は、中国本土メディアの報道を引用して中国におけるマスク用不織布価格の状況について紹介。 まず「証券時報」の報道として、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが弱まりつつある中で、一般のマスク用不織布価格が1トン当たり45万人民元(約680万円)から2000元(約3万円)にまで急落し、高級不織布もわずか6日間で65万元(約980万円)から40万元(約600万円)にまで下落したと伝えた。 記事によると、不織布の需要がピークだった時期に商機とみて友人とともに不織布製造機を6台購入したという江蘇省揚中市のホテル経営者の女性は「最初は1トン35万元(約530万円)で売れた。 その後、20万元(約300万円)まで値が下がったが、4月初めに武漢の封鎖が解除されると再び高騰して、40万元(約400万円)になった」と語る一方で、「4月15日に同市当局が市内の不織布生産を一斉停止する命令を下したので、機械を15万元(約230万円)で売ってホテル経営に専念した」と話したという。 女性によれば、不織布製造機は今や1万元(約15万円)でも買い手がつかない「ごみ同然」の状態だという。 また、同市でやはり不織布生産に乗り出した男性は、200万元(約3000万円)を投じながら質の悪い中古の製造機しか手に入れられず、品質管理が厳しくなる中で「合格品」の不織布が作れなかったと紹介。 「何とか紙おむつにできるくらいの代物で、1トン当たり1万元でしか売れなかった。 損をした」と嘆いているそうだ。 記事は、中国メディア・21世紀経済報道が伝えた内容として、「不織布バブルに手を出して利益を出した人はわずか10%で、90%の人は損をした。 100万元(約1500万円)の大損をした人もいる」という業界関係者の話を紹介している。

次の

【5/7国内出荷予定】3層不織布マスク50枚入りを1,800円(税抜き)で原価販売へ【限定出荷数60万枚】 【会社・法人・団体】|アンルーラルのプレスリリース

マスク 用 不織布 販売

WORLD for the World このたびの新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患されている方々に心よりお見舞いを申し上げます。 この度、株式会社ワールドでは、新型コロナウイルス感染症予防の一環として、マスクの限定販売を開始いたします。 マスクのパッケージには、当社グループの想いを世界に届けるメッセージとして 「WORLD for the World(世界のためのワールド)」という言葉を記しています。 ワールドグループは、一日も早い事態の収束を願うとともに、 サステナビリティある社会の実現に貢献し、企業の社会的責任を果たすため、 これからも私たちができることに取り組んでまいりたいと考えています。 1人様20箱 各種20枚 限りのご注文となります。 販売当初は在庫に限りがあり、購入希望者様全員に販売ができない状況であったため、ご注文の数量の上限に制限を入れさせて頂いておりました。 この度、追加生産ができたことにより、販売在庫数を潤沢に整うことができました。 ただし、1人様で大量のご注文は受けることができませんので「 1人様20箱 各種20枚 限りのご注文」 とさせて頂きます。 今回の商品は予約販売ですので、お手元に商品が届いていない状況で購入数量の変更を希望の場合は、 ご注文をキャンセル後に、改めて再度ご注文いただけますようお願いします。 既に商品をお届け後の場合は、ご注文のキャンセルはできませんので、再度ご注文をお願いします。 販売予定枚数、商品原価、販売価格に関してのお問合せにはご返答致しかねます• 商品の発送は予定となりますので、入荷状況により多少前後する場合がございますので予めご了承ください• カート毎に送料及び支払方法により手数料が必要となります• 注文確定後の配送先、支払い方法変更は不可となります• 同配送先にて複数注文が発覚した場合、複数注文分はキャンセルとさせて頂きます• 衛生商品の為、お客様都合による返品、開封後の返品は不可となります• マスクの転売行為は法律で禁止されております。 違反した場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます.

次の