Zoom ホワイト ボード 機能。 Zoom(ズーム)Web会議やオンラインミーティングに使えるソフトZoomの使い方まとめてみました

zoomのホワイトボード機能ご紹介!オンラインでも記録共有自由自在

Zoom ホワイト ボード 機能

業務効率化やテレワークの需要が高まるにつれて、ビデオミーティングシステムの利用数が伸びています。 その中でも、特に「Google hangouts meet(以下Meet)」は「Zoom」が人気です。 では、この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。 今回は「Google hangouts meet」と「Zoom」を比較し、違いなどをまとめているので、ビデオミーティングシステムを選ぶときの参考にしてください。 Google hangouts meetの特徴 MeetはGoogleが提供している通話・ビデオミーティングのアプリです。 通常のGoogleアカウントでは「ハングアウト」となっていますが、G Suiteを利用することアップグレード版の「Google hangouts meet」を利用できます。 URLを共有するだけでミーティングを開ける Meetでミーティングを行う方法は非常に簡単です。 主催者がミーティングを設定し、発行されるURLを共有するだけで参加することができます。 基本的にG Suiteのアカウントを持つ人が参加できますが、ゲストの設定をすればアカウントを持たない人を招待することが可能です。 ミーティングの設定方法はGoogleアプリ上の「Meet」から設定する方法と、Googleカレンダーで設定する方法があります。 Googleカレンダーを利用すれば、スケジュールを作成すると同時にミーティングの設定もできるので便利でしょう。 メモ・チャットで情報を共有しながらミーティングを進められる Meetではミーティングを設定するときに、その詳細情報をメモすることができます。 その情報はミーティング中に参加者は確認することが可能です。 そのメモにミーティングの内容や進行内容を記載しておけば、スムーズに進められます。 Meetには時間制限がないので、ミーティングが長くなりそうな場合はメモ機能を有効活用するのがおすすめです。 また、メモできるのはテキストだけでなく、ミーティングで使う資料を添付することもできるので便利です。 同じ資料を参加者と同時に閲覧することで、事前に資料を印刷して配布する必要はなくなるので、効率良くペーパーレスを進められるでしょう。 他にも、スプレッドシートやGoogleドキュメントのURLを共有しておけば、音声やビデオを繋ぎながら1つのファイルをメンバーで同時編集できます。 チーム全体で作成する資料がある場合や、研修を行う場合にも便利です。 画面を共有できる Meetは参加者の画面を共有することができます。 例えば、何かトラブルが起こった際にMeetで繋ぎ、トラブルが起こっているメンバーのデスクトップ画面を共有してもらうことで状況をスムーズに把握できるでしょう。 テレワーク中のメンバーに、業務の進め方など研修を行う際は、自身の画面を相手に共有することで説明をしやすくなります。 このように情報共有をスムーズに行えば業務効率を高められるでしょう。 Google hangout meetがおすすめの人・シーン Meetの利用がおすすめなのは、既にG SuiteなどGoogleのサービス・アプリを使っている人です。 Googleカレンダーなどのアプリと連携できるので、今までの業務を効率化できるでしょう。 しかし、G Suiteを利用していないと「Google hangouts meet」は使えません。 (ミーティングの主催はできません。 ) 無料で作成できるGoogleアカウントの場合は、「ビデオハングアウト」を利用できますが参加人数などに制限があるので注意してください。 Zoomの特徴 Zoomはアメリカの「ズームビデオコミュニケーションズ」が提供しているビデオミーティングシステムです。 最近ではテレワークの増加に伴い需要が高まっており、話題になっているシステムの1つです。 他のシステムにはないユニークな機能も多く人気があります。 基本的な機能は全て搭載 Zoomはオンライン上でビデオミーティングを行えるシステムであり、GoogleのMeetと同様に基本的な機能は揃っており、URLを共有することでミーティングに参加できます。 例えば、ミーティング中にチャット機能を使い、他の参加者を邪魔することなく意見を出すことができます。 他にも画面共有を行うことでプレゼンテーションを円滑に進められます。 無料プランでもミーティング内容をレコーディングすることもできるので、重要な会議の内容を残しておくこともできるでしょう。 ユニークな機能の一例 Zoomの特徴的な機能の一例を紹介していきます。 手を挙げる機能-Zoomなどのビデオ会議の場合、発言が重なってしまい内容が聞き取れないことがよくあります。 そこでZoomでは「手を挙げる」機能を使うことで、参加者に発言したいことを意思表示でき、ミーティングの流れを止めることなく発言できます• 安全運転モード-スマホ版には安全運転モードが搭載されており、発言するとき以外はミュートになります。 運転の雑音などを気にすることなく音声を繋いでミーティングができます• 美肌モード-Zoomには美肌モードと呼ばれるが外見を補正する機能が備わっています。 女性の方であれば短時間のミーティングのためにメイクをするのは気が重いでしょう。 そこで、美肌モードを使えば、ある程度肌を良く見せられます• バーチャル背景-バーチャル背景とは、指定した画像を背景に設定することができる機能です。 カメラが自動的に顔や体を判別してくれ、それ以外の背景を仮想背景と入れ替えるのです。 もし部屋がビデオに映せない状態でも、バーチャル背景を利用することで上手く隠すことができるのです 無料版の注意点 Zoomは無料でも利用でき100人まで参加できますが、3人以上のミーティングは40分しか行えません。 もし、長時間のミーティングを行いたい場合は、主催者(ホスト)が有料プランを利用するか30分~35分毎にミーティングを設定し、新しいURLを発行し共有する必要があります。 ミーティング時間に制限があることは、Zoom最大のデメリットなので利用する際は注意してください。 ただし、2人のミーティングは時間無制限で利用できるので、マンツーマンのミーティングにおすすめです。 Zoomがおすすめの人・シーン Zoomはユニークな機能が多く、「ビデオを使った会議」に特化しているシステムです。 ビデオミーティングの環境を整えたい場合や、テレワークで業務に参加しているメンバーが多い場合、バーチャル背景や美肌モードがあると喜ばれるでしょう。 特に1対1のミーティングであれば無制限で利用できるので、チーム全体ではなくメンバー間でコミュニケーションを密に取りたいときにも向いています。 実際に近年では、ミーティングだけでなく「Zoom飲み会」を開催されることも増えており、コミュニケーションツールとしても人気が高まっています。 Google hangouts meetとZoomの比較まとめ Meet Zoom 料金 Basic:680円/月/人 Business:1,360円/月/人 Enterprise:3,000円/月/人 基本:無料 プロ:2,000円/月/ホスト ビジネス:2,700円/月/ホスト 企業:2,700円/月/ホスト ビデオミーティングの 参加人数の上限 Basic:100人 Business:150人 Enterprise:250人 基本:100人まで (3人以上は40分まで) プロ:100人まで ビジネス:300人まで 企業:500人まで ビデオミーティングの特殊効果 特になし 美肌効果 仮想背景 画面共有 あり あり チャット機能 あり あり モバイル対応 あり あり ホワイトボード機能 なし あり ミーティングの録画 あり(Enterprise版) あり Google hangouts meetとZoomは利用する費用が大きく異なり、有料サービスであるMeetの方がミーティングの規模や無制限でミーティングができるなど優れています。 バランスが取れた機能のシステムを使いたい場合はMeetを選ぶのがおすすめですが、ビデオミーティングに特化し、ユニークな機能を使いたい場合はZoomを利用するのがおすすめです。 それぞれの特徴に押さえて、自身やチームに合ったシステムを選びましょう。

次の

Zoomの「ホワイトボードの使い方」について教えてください

Zoom ホワイト ボード 機能

業務効率化やテレワークの需要が高まるにつれて、ビデオミーティングシステムの利用数が伸びています。 その中でも、特に「Google hangouts meet(以下Meet)」は「Zoom」が人気です。 では、この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。 今回は「Google hangouts meet」と「Zoom」を比較し、違いなどをまとめているので、ビデオミーティングシステムを選ぶときの参考にしてください。 Google hangouts meetの特徴 MeetはGoogleが提供している通話・ビデオミーティングのアプリです。 通常のGoogleアカウントでは「ハングアウト」となっていますが、G Suiteを利用することアップグレード版の「Google hangouts meet」を利用できます。 URLを共有するだけでミーティングを開ける Meetでミーティングを行う方法は非常に簡単です。 主催者がミーティングを設定し、発行されるURLを共有するだけで参加することができます。 基本的にG Suiteのアカウントを持つ人が参加できますが、ゲストの設定をすればアカウントを持たない人を招待することが可能です。 ミーティングの設定方法はGoogleアプリ上の「Meet」から設定する方法と、Googleカレンダーで設定する方法があります。 Googleカレンダーを利用すれば、スケジュールを作成すると同時にミーティングの設定もできるので便利でしょう。 メモ・チャットで情報を共有しながらミーティングを進められる Meetではミーティングを設定するときに、その詳細情報をメモすることができます。 その情報はミーティング中に参加者は確認することが可能です。 そのメモにミーティングの内容や進行内容を記載しておけば、スムーズに進められます。 Meetには時間制限がないので、ミーティングが長くなりそうな場合はメモ機能を有効活用するのがおすすめです。 また、メモできるのはテキストだけでなく、ミーティングで使う資料を添付することもできるので便利です。 同じ資料を参加者と同時に閲覧することで、事前に資料を印刷して配布する必要はなくなるので、効率良くペーパーレスを進められるでしょう。 他にも、スプレッドシートやGoogleドキュメントのURLを共有しておけば、音声やビデオを繋ぎながら1つのファイルをメンバーで同時編集できます。 チーム全体で作成する資料がある場合や、研修を行う場合にも便利です。 画面を共有できる Meetは参加者の画面を共有することができます。 例えば、何かトラブルが起こった際にMeetで繋ぎ、トラブルが起こっているメンバーのデスクトップ画面を共有してもらうことで状況をスムーズに把握できるでしょう。 テレワーク中のメンバーに、業務の進め方など研修を行う際は、自身の画面を相手に共有することで説明をしやすくなります。 このように情報共有をスムーズに行えば業務効率を高められるでしょう。 Google hangout meetがおすすめの人・シーン Meetの利用がおすすめなのは、既にG SuiteなどGoogleのサービス・アプリを使っている人です。 Googleカレンダーなどのアプリと連携できるので、今までの業務を効率化できるでしょう。 しかし、G Suiteを利用していないと「Google hangouts meet」は使えません。 (ミーティングの主催はできません。 ) 無料で作成できるGoogleアカウントの場合は、「ビデオハングアウト」を利用できますが参加人数などに制限があるので注意してください。 Zoomの特徴 Zoomはアメリカの「ズームビデオコミュニケーションズ」が提供しているビデオミーティングシステムです。 最近ではテレワークの増加に伴い需要が高まっており、話題になっているシステムの1つです。 他のシステムにはないユニークな機能も多く人気があります。 基本的な機能は全て搭載 Zoomはオンライン上でビデオミーティングを行えるシステムであり、GoogleのMeetと同様に基本的な機能は揃っており、URLを共有することでミーティングに参加できます。 例えば、ミーティング中にチャット機能を使い、他の参加者を邪魔することなく意見を出すことができます。 他にも画面共有を行うことでプレゼンテーションを円滑に進められます。 無料プランでもミーティング内容をレコーディングすることもできるので、重要な会議の内容を残しておくこともできるでしょう。 ユニークな機能の一例 Zoomの特徴的な機能の一例を紹介していきます。 手を挙げる機能-Zoomなどのビデオ会議の場合、発言が重なってしまい内容が聞き取れないことがよくあります。 そこでZoomでは「手を挙げる」機能を使うことで、参加者に発言したいことを意思表示でき、ミーティングの流れを止めることなく発言できます• 安全運転モード-スマホ版には安全運転モードが搭載されており、発言するとき以外はミュートになります。 運転の雑音などを気にすることなく音声を繋いでミーティングができます• 美肌モード-Zoomには美肌モードと呼ばれるが外見を補正する機能が備わっています。 女性の方であれば短時間のミーティングのためにメイクをするのは気が重いでしょう。 そこで、美肌モードを使えば、ある程度肌を良く見せられます• バーチャル背景-バーチャル背景とは、指定した画像を背景に設定することができる機能です。 カメラが自動的に顔や体を判別してくれ、それ以外の背景を仮想背景と入れ替えるのです。 もし部屋がビデオに映せない状態でも、バーチャル背景を利用することで上手く隠すことができるのです 無料版の注意点 Zoomは無料でも利用でき100人まで参加できますが、3人以上のミーティングは40分しか行えません。 もし、長時間のミーティングを行いたい場合は、主催者(ホスト)が有料プランを利用するか30分~35分毎にミーティングを設定し、新しいURLを発行し共有する必要があります。 ミーティング時間に制限があることは、Zoom最大のデメリットなので利用する際は注意してください。 ただし、2人のミーティングは時間無制限で利用できるので、マンツーマンのミーティングにおすすめです。 Zoomがおすすめの人・シーン Zoomはユニークな機能が多く、「ビデオを使った会議」に特化しているシステムです。 ビデオミーティングの環境を整えたい場合や、テレワークで業務に参加しているメンバーが多い場合、バーチャル背景や美肌モードがあると喜ばれるでしょう。 特に1対1のミーティングであれば無制限で利用できるので、チーム全体ではなくメンバー間でコミュニケーションを密に取りたいときにも向いています。 実際に近年では、ミーティングだけでなく「Zoom飲み会」を開催されることも増えており、コミュニケーションツールとしても人気が高まっています。 Google hangouts meetとZoomの比較まとめ Meet Zoom 料金 Basic:680円/月/人 Business:1,360円/月/人 Enterprise:3,000円/月/人 基本:無料 プロ:2,000円/月/ホスト ビジネス:2,700円/月/ホスト 企業:2,700円/月/ホスト ビデオミーティングの 参加人数の上限 Basic:100人 Business:150人 Enterprise:250人 基本:100人まで (3人以上は40分まで) プロ:100人まで ビジネス:300人まで 企業:500人まで ビデオミーティングの特殊効果 特になし 美肌効果 仮想背景 画面共有 あり あり チャット機能 あり あり モバイル対応 あり あり ホワイトボード機能 なし あり ミーティングの録画 あり(Enterprise版) あり Google hangouts meetとZoomは利用する費用が大きく異なり、有料サービスであるMeetの方がミーティングの規模や無制限でミーティングができるなど優れています。 バランスが取れた機能のシステムを使いたい場合はMeetを選ぶのがおすすめですが、ビデオミーティングに特化し、ユニークな機能を使いたい場合はZoomを利用するのがおすすめです。 それぞれの特徴に押さえて、自身やチームに合ったシステムを選びましょう。

次の

【Windows 10】「クリップボード履歴」を活用する:Tech TIPS

Zoom ホワイト ボード 機能

スポンサードリンク ホワイトボードの基本機能 ・選択 ・テキスト ・絵を描く ・スタンプを ・スポットライト ・消しゴム ・フォーマ ・元に戻す ・やり直し ・消去 ・保存 の操作ができるメニューバーが出現します。 詳しくご説明していきます。 選択 ホワイトボードに書き込んだ図や絵を選択する事ができます。 コピペ、移動などするときに選択範囲を指定することができます。 テキスト 文字を挿入することが出来ます。 絵を描く メイン機能です。 マウスでは字を書いたりすることが難しいので、ペンタブレットを使うのがおすすめです。 また、線を引く以外にも矢印、四角形、円形など色々あります。 スポットライト 主催者はスポットライトを選択するとポインターを出すことが出来ます。 スポットライトと矢印を選択できます。 消しゴム 書き込んだ図やテキストを消去することが出来ます。 フォーマ 文字や線の色、大きさ、太さを調整できます。 元に戻す ひとつ前の動作前に戻すことが出来ます。 消去 3つの方法で消去できます。 すべてのドローイングを消去・・・すべての描画を消去 マイドローイングを消去・・・自分の描画を消去 ビューアを消去:ドローイング・・・他の人の描画を消去 状況に応じて使いましょう。 保存 ホワイトボードの画面をそのまま保存することができます。 保存をクリックすると緑の帯で保存されましたと表示されます。 その横のフォルダに・・・と書いた(上の図で赤く囲った所)をクリックすると保存したデータを確認できます。

次の