黒井 ミサ。 あの味が直江津に上陸!食堂ミサはまや店オープン

新潟県上越市の人気ラーメン店ミサが直江津に新店をオープン

黒井 ミサ

今回は、この邪悪な儀式「 黒ミサ」について、実際に行われた実例なども合わせて紹介したい。 「 黒ミサ」とは、カトリック教会で行われている「ミサ」が元になっている。 では、この「ミサ」とはどんな儀式であろうか。 まずはそこを探っていこう。 ミサとは、キリストが磔になる前に弟子と行った「最後の晩餐」を起源とする、カトリック教会の儀式である。 儀式を通じてパンとワインをキリストの肉体と血とし、それを食することでキリストと一体化する。 これがミサである。 通常、カトリック教会では毎日ミサが行われており、信者にとってはとても日常的な儀式である。 また、中世ヨーロッパでは降雨や豊作、病気の治癒などを神に祈願するために行われることもあった。 同じキリスト教であっても、プロテスタントなどの他宗派では、「ミサ」の名前では呼ばれないので注意してほしい。 このミサとは反対に、悪魔の力を借りて邪悪な願いを叶えようとするのが「 黒ミサ」である。 黒ミサでは、十字架を逆さまに持つ、ワインの代わりに尿を用いる、神の代わりに悪魔の唱える、などの方法が用いられる。 ミサのパロディーとして生まれた 黒ミサには決まった様式がなく、目的や儀式を司る司祭によって進め方はさまざまだった。 ただ、邪悪で淫らな儀式であることは全ての 黒ミサに共通しており、神聖なはずの祭壇に裸の女性を用い、夜通し淫らな行為を楽しむこともしばしばだったと言われている。 実例を紹介しよう。 まず紹介するのは、本書の106ページに紹介されている「ラ・ヴォワザンの 黒ミサ事件」。 この事件の発端となったのは、ルイ14世の愛人であったモンテスパン公爵夫人だ。 元々彼女はルイ14世のもっともお気に入りの寵姫であったが、年を重ねるにつれてその寵愛は薄れ、ルイ14世はほかの女性に心を移していた。 モンテスパン公爵夫人は、なんとしても寵愛を取り戻したかったのだ。 当時、ラ・ヴォワザンは魔法や薬品に精通したと言われており、多くの 黒ミサを主宰すること魔女として有名だった。 モンテスパン公爵夫人はその噂を聞きつけ、1673年、ついに 黒ミサに手を染めてしまうのである。 一回目の 黒ミサでは、公爵夫人自らが祭壇となり、子どもの血がワインの代わりに使われた。 そして、アスタロトやアスモデウスなど悪魔の名を唱え、最盛期の美しさと王の愛を取り戻すべく祈った。 モンテスパン公爵夫人の 黒ミサは、計3回行われた。 発覚した際の逮捕者は非常に多く、世間を震撼させたという。 フランスのガスコーニュ地方で行われていたこの 黒ミサは、悪人たちが逆恨みを晴らすため、相手に復讐することが目的である。 「聖セケールの 黒ミサ」は、コウモリやフクロウが巣くっているような廃墟の教会で行われた。 本来丸くて白いはずの聖餅は黒い三角形のものを用い、ワインの代わりは洗礼を受けていない嬰児を投げ込んだ井戸の水が使われる。 十字を切る際も、手を使わずに左足で地上に描くという作法である。 この邪悪な儀式を行う司祭は、永遠の地獄に落ちるという。 聖セケールの 黒ミサの標的となった人物は、だんだんと衰弱していく。 原因は不明で、どんな名医でも治療することは出来ない。 標的となったが最後、死ぬまで逃れられないのである。 フィクションにおける黒ミサ 暗黒の儀式である 黒ミサは、日本のフィクションでもたびたび登場している。 長年怪奇系の作品に触れている人なら、まずは『エコエコアザラク』を思い浮かべるのではないだろうか。 『エコエコアザラク』は1975年から週刊少年チャンピオンに連載された古賀新一氏による漫画だ。 主人公の中学生「黒井ミサ」は、 黒ミサだけでなく、タロットや悪魔召喚、わら人形の呪いなどあらゆる黒魔術を駆使して、敵対する人間を不幸に陥れていく。 人間の心の闇を描くオカルト・ミステリーだ。 長い間カルトな人気を誇り、テレビドラマや映画などで何度も映像化されている。 手塚治虫氏の『ばるぼら』という作品には、その名もズバリ『 黒ミサ』という回が登場する。 『ばるぼら』では、売れっ子作家である美倉洋介がある日小汚いフーテン女「ばるぼら」に出会い、翻弄されながらもその奇妙な魅力にとりつかれていくという物語が展開する。 「 黒ミサ」の回で行われる儀式は結婚式であり、呪いや黒魔術とは少しテイストが異なるかもしれない。 だが、手塚治虫氏独特のタッチで描かれる淫靡な儀式は一見の価値があるだろう。

次の

【魔術師・黒井ミサ誕生!不死身の怪物を倒せ!“ゆず”の北川悠仁も出演?】エコエコアザラクII BIRTH OF THE WIZARD(1996)

黒井 ミサ

ミリオンムック53「COMIC GON! - コミック・ゴン - 第4号」ミリオン出版, 1999年3月1日発行• 『週刊少年チャンピオン』1976年9月20日号(39号)• C0076。 100(2002年5月号)、、2002年5月1日、 150頁、 雑誌コード:01843-05。 「小中千昭 インタビュー&批評」『地球はウルトラマンの星』、、2000年3月30日、48頁。 2012年9月14日閲覧。 小中千昭. エコエコアザラク -眼-. 2012年9月15日閲覧。 「巻末とじこみ付録 宇宙船 DATA BOOK 2005」『』Vol. 118(2005年5月号)、、2005年5月1日、 142頁、 雑誌コード:01843-05。 編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。 p47.

次の

中郷のラーメン店「ミサ」 黒井地区に新店オープンへ

黒井 ミサ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 、世俗を離れて密かに魔術をあやつる斎呀一族が住んでいた小さな村が、謎の女・霧江による大量虐殺によって消滅した。 時は流れて現代、考古学者が斎呀一族の村と思われる場所から、霧江のミイラを発掘した。 ミイラは100年の封印から突如として甦り、考古学者たちに襲いかかる。 復活した霧江は次々と殺した相手にのりうつりながら、黒井ミサという少女を探していた。 まだ黒魔術を会得する前のごく普通の高校生だったミサは、自宅で同級生たちとパーをしていたところを、霧江に体を乗っ取られた死体に襲われ、間一髪のところで斎呀と名乗る男に救われる。 逃げるようにして斎呀のアジトに転がり込んだミサは、彼が霧江を倒すという使命を帯びて100年以上も生きながらえてきた斎呀一族最後の生き残りであることを知り、さらに自分に強力な魔術パワーが秘められていることも教えられた。 霧江を倒すために自分の力が必要とされていることを知ったミサは、斎呀とともに霧江のミイラが保管されている大学の研究室に忍び込む。 (引用:) -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 今回は 、劇場版第2作である 『 BIRTH OF THE WIZARD』(1996)を紹介します。 前回取り上げた1作目の続き・・・かと思いきや、 この作品では 黒井ミサがどのようにして魔術師となったのか? 魔術師になる以前の、普通の高校生だった頃のミサが描かれています。 『 BIRTH OF THE WIZARD』は最も自分好みで、かつ理想に近い作品です。 劇中で医者や警官・・・様々な人間に乗り移って、その体を操ります。 操られて、支配された人間は圧倒的な怪力と耐久力を駆使して、 ミサに襲い掛かります。 彼女を狙うのは、秘められた強大な魔力を自分のものにするため。 ナイフで刺されても、拳銃で撃ち抜かれても効果なし。 さながら のような雰囲気になってます 笑 オープニングでは過去に 霧江(本人)が殺戮を行っていた様子が出てきますが、 ここのアクション、そして演出で一気に映画に引き込まれますね。 自分を守って重傷を負った 斎呀を治療するため、 体に手を当てて、彼の言葉に合わせて回復の呪文を唱えます。 すると彼女の能力なのか、この時に 斎呀の過去や、 自分に強大な魔力が備わっている事、彼がかつて自分と会っていた事・・・ それらが映像となって自分の頭の中に入り込み、全ての事情を知ります。。。 霧江の襲撃から逃げる最中、 ミサは徐々に 斎呀に惹かれていきます。 本当は ミサを戦いに巻き込みたくない 斎呀も彼女を気にかけている。 そんな2人の関係性も見どころですね。 終盤ではその 斎呀や友人、、親しい人間に乗り移った 霧江と対峙し、 ミサは苦悩する事となります。 友達とのパー中、買い出しに行った ミサが帰ってきたのだと思って、 「 おかえり~」とドアを開けると、 霧江(この時は医者に乗り移っている)に 顔面を握りつぶされて、 壁に叩きつけられます・・・音が生々しい。 さんは、ドラマ版の でも登場しています。 あちらではまだ普通に出番はあったのですが、今作の扱い・・・ しかし、この 退場シーンは、 霧江の恐ろしさを印象付ける良いシーンになっていました。 結界を貼る、雷(?)を落とす、幻影を作る、短剣の大きさを変化させる、等。 彼のアクションは存分に堪能できる作品ではないでしょうか。 斎呀と 霧江の因縁は現代から100年も前に遡ります。 かつて恋人だった 霧江は死ぬのですが、 斎呀は禁断の秘術を用いて蘇らせました。 しかし蘇った彼女は以前とは違う化け物となり、 斎呀のいた村を滅ぼします。 彼は 霧江を倒す使命を言い渡される。 彼女を倒すカギとなるのは、100年後に生まれる、 強大な魔力を秘めた 黒井ミサであると知ります。 そのため ミサの力を必要としていたんですね。 ここの 翔子の 悪女演技はなかなか見ごたえありますよ。 前作の さんを彷彿とさせます。 この 霧江はしぶとい相手ですな。 使いこなせるわけがないと、 霧江に言われますが、 斎呀の力を借りて、その呪文を発動します。

次の