センチュリー 21 レディス ゴルフ。 センチュリー21 レディスゴルフトーナメント2019(テレビ東京)の番組情報ページ

センチュリー21レディスゴルフトーナメント

センチュリー 21 レディス ゴルフ

センチュリー21レディスゴルフトーナメント トーナメント情報 創設 開催地 () 開催コース (2019年) 基準打数 Par72(2019年) ヤーデージ 6,470ヤード 5,920 m (2019年) 主催 株式会社 ツアー 競技方法 ストロークプレー 賞金総額 8000万円(2019年) 開催月 廃止 2019年 最高記録 最少打数 199 (2018年) 通算スコア -17 クリスティン・ギルマン(2018年) 最新優勝者 (2019年) センチュリー21レディスゴルフトーナメントはからまで毎年7月第4週にフランチャイズ会社のの主催、(JLPGA)公認により実施されていた女子プロの一つである。 2019年実績、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円。 大会が開始された2014年から2016年まではの伊豆大仁カントリークラブ、2017年・2018年はの瀬田ゴルフコース西コース、2019年はのを舞台に施行されたが、JLPGAとの契約満了に伴い2019年限りで終了となった。 歴代優勝者 [ ] 開催回 開催年 優勝者名 スコア 開催地 開催コース 備考 第1回 2014年 -11 静岡県 伊豆大仁カントリークラブ 第2回 2015年 -15 大会連覇 第3回 2016年 -9 第4回 2017年 -11 滋賀県 瀬田ゴルフコース西コース 第5回 2018年 -17 日本女子ツアー史上6人目のアマチュア優勝 第6回 2019年 -9 埼玉県 石坂ゴルフ倶楽部 10歳代最後の日にプロ初優勝 テレビ中継 [ ]• 大会2日目・最終日の模様ををはじめとする6局ネット、及びので同日録画放送。 また滋賀県で開催された2017年・2018年大会は地元のも2日目・最終日について同日時差放送を実施した(2018年はTXN系列同様も実施)。 脚注・出典 [ ]• ゴルフダイジェスト・オンライン. 2019年12月18日. 2019年12月18日閲覧。 - スポーツニッポン、2014年7月27日配信、2017年7月23日閲覧• - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年7月26日閲覧• - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年7月24日閲覧• - サンケイスポーツ、2017年7月23日閲覧• - びわ湖放送公式サイト、2017年7月23日閲覧• - びわ湖放送公式サイト、2018年7月17日閲覧 外部リンク [ ]•

次の

2019 センチュリー21レディスゴルフトーナメント

センチュリー 21 レディス ゴルフ

2018. 22 LPGAツアー20戦『センチュリー21レディスゴルフトーナメント』 賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円 大会最終日が7月22日、滋賀県大津市・瀬田ゴルフコース西…• 2018. 22 世界は、本当に広い。 今大会を終了して、改めて思い知ったことです。 優勝した米国のクリスティン・ギルマンさんは、日本ツアー初出場。 現在20歳で、しかも今年は全米女子…• 2018. 22 2位タイに終わった小祝さくらは、「4番でバーディーをとったときは流れが良かったので、チャンスがあると思いましたが」。 6番のボギーでギルマンに並ばれ、そこ…• 2018. 22 木村彩子(2位タイ:-13) 「最終日に伸ばすことができたので、目標はクリアできました。 良い時と悪い時の差が激しいので、毎週予選通過をして多く上位で戦え…• 2018.

次の

【2019】センチュリー21レディスゴルフトーナメント フルリーダーボード|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

センチュリー 21 レディス ゴルフ

このページの目次 CLOSE• コースコンディションを整えるキーパーさんたちの作業も、かなり大変なことが伺いしれます。 初日、2日めとトップを守った初優勝を狙う小祝さくら選手でしたが、前半を2バーディー・2ボギーのイーブンとし、スコアを伸ばすことができません。 さらに11番でボギーを打ってしまい、スタート時より1打後退してしまいました。 代わりにトップに立ったのが、12番までで5バーディー・1ボギーと、4つスコアを伸ばしたアマチュアのクリスティン・ギルマン選手(アメリカ)でした。 この時点で、2位に4打差をつけているということは、史上2人目のアマチュア初出場・初優勝を飾る可能性も高くなってきましたね。 (1人めは、2012年の「サントリーレディスオープン」で優勝したキム・ヒョージュ選手) 8歳からゴルフを始めてOBを打ったことがないという、安定度抜群のショット力は、プロの試合でも通用しすぎるほど通用していますね。 日米の20歳対決という注目ポイントもありましたが、アメリカ優勢といった流れです。 小祝さくら選手がスコアを伸ばせないのは、「先週も最終日に崩れたので、同じミスをしないようにしたいです」という自らのコメントが、プレッシャーになったのかも?と解説の村口史子さんは予想していましたが、小祝選手本人の表情は、プレッシャーがかかっているようには見えませんでしたね。 笑 実際に、あがり2ホールを連続バーディーであがっているので、メンタルの切り替えがかなり上手なのかもしれません。 試合のほうは、アマチュアのクリスティン・ギルマン選手がそのまま逃げ切り優勝。 宮里藍選手以降、レギュラーツアーでもステップアップツアーでも、アマチュア優勝が珍しいものではなくなってしまいましたね。 賞金は、1つづつ順位が繰り下がった選手に割り振られるため、1位と2位の合算額を、2位タイのふたりで分け合い、4位の選手が3位の賞金、5位の選手が4位の賞金・・・・とずれ込んでいくことになりました。 グリーンコンディション• コンパクション:23 ホール別クラブ選択 14番 523yds par5• 木村彩子:残り162yds 6i• 小祝さくら:残り150yds• クリスティン・ギルマン(アマ):残り149yds 8i 16番 162yds par3• 比嘉真美子:7i• 上田桃子:7i• 木村彩子:7i• 小祝さくら:6i• クリスティン・ギルマン(アマ):7i 17番 357yds par4• 木村彩子:残り-yds AW• 小祝さくら:残り-yds SW 18番 334yds par4• 木村彩子:残り-yds PW• クリスティン・ギルマン(アマ):残り113yds ウェッジ• 小祝さくら:残り108yds ウェッジ 2日め 初日に1イーグル・8バーディー・ノーボギーの「62」という凄まじいスコアを叩き出したのが、黄金世代のひとり小祝さくら選手でした。 先週の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」でも4位と好調ですし、灼熱の日本列島をものともしない若さも感じます。 話題の黄金世代同士のライバル心も大いにあるでしょうから、初優勝も期待できそうでしね。 それにしても、「62」を出されると、ジョン・ミジョン選手、アマチュアのクリスティン・ギルマン選手(アラバマ大・世界アマチュアゴルフランキング8位・2014年全米女子アマ優勝)の「65」もかすんでしまいましたね。 2日めも伸ばし合いのバーディー合戦となりました。 小祝さくら選手は、我慢の前半を乗り越えて3バーディーまで持っていきましたが、17番で痛恨のボギー。 単独トップからco-leaderへと落ちてしまいます。 しかしながら、好調さが崩れることはなく、最終ホールでしっかりバーディーをゲットし再び単独トップに返り咲きました。 ただし、各選手に好スコアが出ている状況ですから、3打差くらいはセーフティリードとは言えないと思います。 実際に、新垣比菜選手が、8バーディー・ノーボギーの「64」を出しているように、最終日のピン位置によるとはいえ、2日め終了時点で上位にいる選手には全員優勝の芽はありそうですね。 飛ばしの練習法 川岸史果:軽いものを速く振る・片手素振り 比嘉真美子:一呼吸で5連続素振り 穴井詩:ワイドスタンス・腕の力を抜く 18番ホール・ドライブングディスタンス 1位:原英莉花 267yds 2位:比嘉真美子 266yds ホール別クラブ選択 14番 523yds par5• クリスティン・ギルマン(アマ):残り109yds(3打目) 15番 389yds pa4• ユン・チェヨン:残り171yds 5i• 小祝さくら:残り168yds• クリスティン・ギルマン(アマ):残り150yds 8i 16番 155yds par3• 小祝さくら:7i• クリスティン・ギルマン(アマ):7i 17番 357yds par4• 小祝さくら:残り90yds ウェッジ• クリスティン・ギルマン(アマ):残り80yds ウェッジ 18番 334yds par4• クリスティン・ギルマン(アマ):残り109yds PW• 小祝さくら:残り96yds PW 最終結果 1位 -17 クリスティン・ギルマン(アマ) 2位タイ -13 木村彩子 4位タイ -12 カリス・デイビッドソン 6位 -11 ジョン・ミジョン 7位タイ -10 上田桃子 ユン・チェヨン 10位タイ -9 サイ・ペイイン 17位タイ -7 20位タイ -6 辻梨恵 2日目結果 1位 -13 小祝さくら 2位 -12 クリスティン・ギルマン(アマ) 3位 -11 ユン・チェヨン 4位 -10 カリス・デイビッドソン 5位タイ -9 木村彩子 ジョン・ミジョン 7位 -8 新垣比菜 8位タイ -7 上田桃子 サイ・ペイイン 10位タイ -6 テレサ・ルー 三ヶ島かな 比嘉真美子 21位タイ -3 辻梨恵 残念ながら、藤崎莉歩選手、選手、小橋絵利子選手、選手、斉藤愛璃選手は予選落ちとなりました。 2年連続2位の菊地絵理香選手には、今年こそ優勝を勝ち取ってリベンジを果たしてほしいですね。 開催日:2017年7月21日~23日• 優勝賞金:1,440万円• 女子ツアーも250ヤード以上のドライバーショットが、ひとつの指針となる数字になってきたようです。 しかしながら、最終日に追い上げてきたユン・チェヨン選手のドライバー飛距離は240ヤードと、最近の女子ツアーでは飛ばし屋とは言えない数字ですが、フェードでしっかり「狙ったところにボールを置く」 ということがスコアに直結しているとい事実も見逃せません。 ドライバーの飛距離があるのが有利なのは間違いないですが、それ以外の武器でも戦えるということなんでしょうね。 このあたりは、男子のアメリカツアーにはないものですが、女子がパワーゴルフ一辺倒になる必要はないと思うので良いと思います。 試合の方は穴井詩選手が混戦を制し、ツアー2勝めを飾りました。 ホール別クラブ選択 14番 523yds par5• 穴井詩:残り275yds UT• 川岸史果:残263りyds 15番 408yds par4• ユン・チェヨン:残り182yds UT• 穴井詩:残り156yds 7i• 川岸史果:残り134yds 16番 155yds par3• 穴井詩:8i• 川岸史果:8i 17番 357yds par4• 川岸史果:残り69yds サンドウェッジ 18番 334yds par4• 穴井詩:残り97yds ウェッジ• 川岸史果:残り92yds サンドウェッジ 2日め 全英女子オープン出場組が調子いいですね。 やはり帰国早々だと日本のトーナメントのセッティングは易しく感じるのかもしれません。 川岸史果選手:7バーディー・ノーボギーの「65」• 葭葉ルミ選手:4バーディー・ノーボギーの「68」 葭葉ルミ選手は、先週開催の全英女子オープンでドライビングディスタンス1位になっただけあって、今大会でも圧倒的な飛距離を見せつけてくれています。 2日連続ノーボギーも素晴らしいですね。 その他の好スコアの選手は、下記の通り。 穴井詩選手:2イーグル 7番はホールインワン ・4バーディー・2ボギーの「66」• 蛭田 みな美選手:6バーディー・1ボギーの「67」 一時期はトップに5人が並び、2ストローク内に9人がいるという大混戦となっていました。 誰が抜け出してもおかしくない展開ですので見ていて面白いですね。 また、比嘉真美子選手が14番でイーグルを奪取。 賞金賞50万円を獲得しています。 グリーンコンディション• スティンプメーター:22~23フィート パター・モデル別使用状況• ピン型:44人• マレット型:33人• ネオマレット型:31人 ホール別クラブ選択 14番 523yds par5• 成田美寿々:残り250yds 3W 15番 408yds par4• 成田美寿々:残り153yds 16番 165yds par3• 木戸愛:6i• 成田美寿々:6i 17番 357yds par4• 木戸愛:残り116yds• 葭葉ルミ:残り78yds ウェッジ• イ・ナリ:残り129yds 9i• 葭葉ルミ:残り140yds• イ・ナリ:残り118yds• 選手は手首痛のため棄権しています。 第3回 センチュリー21レディスゴルフトーナメント 【結果と成績】 第1回大会がイ・ボミ選手、第2回大会がアン・ソンジュ選手と、韓国勢が優勝を独占している当大会。 今年こそは、日本人選手の奮起を期待したいですね。 開催日:2016年7月22日~24日• 優勝賞金:1,440万円• そして、優勝争いが最終組の木戸愛、アン・ソンジュ、菊地絵理香の3人に絞られ最終ホールへ。 こういう展開は本当に珍しく、まさに手に汗握る展開になりました。 特に、17番の菊地絵理香選手のパーパットは、「これを外せば、優勝争いから脱落」という場面でしたので、難しい右に曲がるラインをしっかり沈めた時は、最高の笑顔がでました。 ここ数試合の、菊地絵理香選手の不機嫌顔が気になっていたところなので、そちらの面でも安心させてもらいましたね。 結果的に優勝は、唯一18番をバーディーとしたアン・ソンジュ選手が、連覇を達成しました。 ベストアマは、アメリカでも期待されているシエラ・ブルックスさんが獲得しています。 ホール別クラブ選択 15番 357yds par4• 木戸愛:残り135yds 9i• 菊地絵理香:残り108yds• アン・ソンジュ:残り110yds PW 16番 415yds par4• 木戸愛:残り144yds 9i• 菊地絵理香:残り125yds PW• アン・ソンジュ:残り124yds PW 17番 382yds par4• 成田美寿々:残り98yds ウェッジ• 木戸愛:残り87yds 9i• アン・ソンジュ:残り76yds• 菊地絵理香:残り62yds SW 18番 347yds par4• 成田美寿々:残り101yds AW• 香妻琴乃:AW 2打目• 木戸愛:残り111yds• 菊地絵理香:残り90yds ウェッジ• アン・ソンジュ:残り77yds ウェッジ セカンドラウンド 日没サスペンデッドの、初日の残りホールを消化するためのスタートから、セカンドラウンドへと突入した土曜日です。 先週に引き続いて、好調をキープしている木戸愛選手がトップ、続いて、ここに来て、ようやく調子を上げてきた香妻琴乃選手が、5位タイにつけています。 大混戦という状況ですので、誰が優勝してもおかしくないと思います。 暑い夏に強い選手と、そうでない選手の差が現れる時期ですので、「チャンス」だと考えている選手は、ガンガン攻めてギャラリーを沸かせてほしいですね。 ホール別クラブ選択 14番 162yds 実測158yds par3• 木戸愛:8i 15番 357yds par4• 若林舞衣子:PW 2打目• 木戸愛:残り100yds 9i• 香妻琴乃:9i 2打目• 青木瀬令奈:残り128yds 16番 415yds par4• 若林舞衣子:5W 2打目• 青木瀬令奈:残り157yds UT• ジョン・ミジョン:残り157yds• 木戸愛:残り147yds 8i 17番 382yds par4• 若林舞衣子:PW 2打目• 青木瀬令奈:残り102yds• 木戸愛:残り80yds ウェッジ 18番 347yds par4• サタヤ:SW 2打目• 青木瀬令奈:残り101yds AW• 木戸愛:残り82yds ウェッジ 最終結果 1位 -9 アン・ソンジュ 2位タイ -8 4位 -7 5位タイ -10 ジョン・ミジョン O. 第2回 センチュリー21レディスゴルフトーナメント 【結果と成績】 昨年から始まった当大会ですが、まさに「猛暑」の中、開催されました。 ヒグラシの鳴き声が聞こえるリゾートコースなので、若干の涼しさをテレビを通しても感じることが出来ますが、それでも暑いことは変わりなく、出場選手は体力を削られる大会なのは間違いないでしょう。 開催日:2015年9月24日~26日• 優勝賞金:1,080万円• トップのアンソンジュ選手は初日8アンダーで、2日めは7バーディー・2ボギーの67。 ほかにも2日めに伸ばしてきた選手は・・・• 飯島茜選手:7バーディー・ノーボギーの65• 福田真未選手・鈴木愛選手:6バーディー・ノーボギーの66• ペ・ヒキョン選手:2イーグル・2バーディーの66 となっていますので、「パー69」という感覚でみていました。 アマチュアでは、新垣比菜選手、選手、蛭田みな実選手、永井花奈選手の4人が予選通過したのも素晴らしいですね。 あと、プレイとは関係ないんですが、暑さ対策として、藤田光里選手がアイスバッグを胸にあてて歩くシーンが可愛かったですね ホール別使用クラブ 15番ホール par3 177yds• 東浩子 7i• 菊地絵理香 7i• アン・ソンジュ 8i 16番ホール par5 548yds• 若林舞衣子 残り268yds U5 レイアップ• 菊地絵理香 残り259yds W3• アン・ソンジュ 残り246yds W3 2オン成功 17番ホール par4 386yds• 東浩子 残り141yds 7i or 8i• 菊地絵理香 残り133yds 9i• アン・ソンジュ 残り120yds PW 18番ホール par4 388yds• 菊地絵理香 残り147yds 7i• アン・ソンジュ 残り122yds 9i 最終日 トップのアン・ソンジュ選手が13番まで1つしか伸ばせない間に、• 菊地絵理香選手が7バーディー・ノーボギーの65• 若林舞衣子選手が5バーディー・ノーボギーの67 と、確実にその差を縮まっていきました。 そして、2位のペ・ヒキョン選手が14番でバーディーをとり14アンダーで追いつきます。 ただし、それでも動じなかったアン・ソンジュ選手が16番でバーディーをとり、そのまま1打リードを守りきって今季初優勝を飾りました。 アマチュアの新垣比菜選手が16番ホールでイーグルを奪取し、それまで8アンダーでフィニッシュしてアマトップだった蛭田みな実選手を抜き去り、10アンダー6位タイでベストアマを獲得しました。 同じくアマチュアで同い年の選手も9アンダーで8位タイと、アマチュア2人がベスト10フィニッシュとなりました。 プレイ内容とは関係ないのですが、キンクミちゃんのノースリーブのウェアはセクシーでしたね。 ホール別使用クラブ 14番ホール 343yds par4• 東浩子 残り134yds 9i 15番ホール 168yds par3• ペ・ヒキョン 8i• 東浩子 7i• アン・ソンジュ 8i 17番ホール 386yds par4• 東浩子 残り134yds 8i• アン・ソンジュ 残り115yds PW• ペ・ヒキョン 残り115yds PW 18番ホール 388yds par4• 東浩子 6i• アン・ソンジュ 8i• ペ・ヒキョン 9i 18番ホール・ティーショット飛距離• 香妻琴乃:259yds• 藤本麻子:248yds• 上田桃子:243yds• 金田久美子:241yds• 菊地絵理香・ アマ :238yds 最終結果 1位 -15 2位タイ -14 ペ・ヒキョン 4位タイ -12 若林舞衣子 6位タイ -10 新垣比菜 アマ 8位タイ -9 アマ 11位タイ -8 36位タイ -2 44位タイ -1 2日め結果 1位 -13 アン・ソンジュ 2位 -10 東浩子 3位 -10 ペ・ヒキョン 4位タイ -10 飯島茜 イ・ボミ 菊地絵理香 若林舞衣子 8位タイ -10 福田真未 鈴木愛 金田久美子 原江里菜 新垣比菜 アマ 藤田光里 残念ながら、、植田希実子、の各選手は予選落ちとなりました。 第1回 センチュリー21レディスゴルフトーナメント 【結果と成績】 今年から新設された当大会。 初代女王は誰になるのか?という興味もありますが、伊豆のリゾートコースで行われるので、ギャラリーの楽しみ方も通常の大会とは違ったものになるような『気がします。 夏休みの開催ということで、ジュニア世代のギャラリーもプロのプレイに酔いしれてほしいですね。 開催期間:2014年7月25日 金 ~27日 日• 優勝賞金:1080万円• 優勝副賞:メルセデスベンツ C180アヴァンギャルド をラウンドしてみる 出場している選手の中で、小麦色になってきている選手が増えてきて、「夏なんだな~」と思わずにいられない大会になりましたね。 顔は日焼け止めをしっかり塗っていても、手足は日焼けしていて、まさに太陽の下でプレイするスポーツなんだという気持ちにさせられました。 さて、試合のほうは風のせいもあるかもしれませんし、初めてのコースというのもあるかもしれませんが、イマイチ盛り上がりに欠ける展開でしたね。 イ・ボミ選手の優勝という結果でしたが、追随する選手がもっとプレッシャーをかけるような内容でないと、見ているほうも興奮しませんね~。 毎試合、そういう内容というのは無理にしても、「逆転してやる」という気概をもっと見せてほしかったなというのが正直な感想です。 男子ツアーの人気がなくなったのは、そういう張り詰めた緊張感が感じられなくなったというのが原因のひとつでしょうから、女子もいまの人気を継続していくために、もっと貪欲になってほしいですね。 最終結果 関連ページ 「第31回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「第11回 PRGR レディスカップ」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「Tポイントレディス ゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「ヤマハレディースオープン葛城」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「スタジオアリス女子オープン」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「フジサンケイレディスクラシック」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「ほけんの窓口レディース」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「リゾートトラストレディス2018」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2018」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「ニチレイレディス」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「アース・モンダミンカップ 2018」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「ニッポンハムレディスクラシック」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「北海道 meiji カップ 」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「CAT Ladies」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「日本女子オープンゴルフ選手権」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「富士通レディース」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「TOTOジャパンクラシック」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「大王製紙エリエールレディスオープン」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。 最終成績やプレーのことなどをあれこれと。 過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。 5度 5W:PING G400 17. 5度(PING TOUR 173-65) 7W:PING G400 20.

次の