もらってください 敬語。 「していただく」の意味と使い方、敬語、「してくださる/させていただく」の違い

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

もらってください 敬語

「教えてください」 (教えて下さい)の意味 「教えてください」はそもそも敬語表現 「教えてください」は「教える」に「くれ」の尊敬語である「ください」が合わさったものです。 「ください」自体に尊敬の意味が含まれるので、「教えてください」も敬意のある表現ということになります。 ちなみに、このように他の動詞にくっついた「ください」は、漢字ではなく平仮名で書くのが普通です。 「教えてください」 の敬語表現 まずは、「教えてください」を少し変化させて敬意の度合いを上げる表現をご紹介します。 「お」をつけて丁寧に「お教えください」 尊敬や丁寧の意味の「お」を加えて「お教えください」とすると、より丁寧な表現になります。 「ます」をつけてより丁寧に「お教えくださいませ」 さらに、丁寧語の「ます」をつけると「お教えくださいませ」となり、より丁寧になります。 これを「お教えくださいますか」「お教えくださいませんか」と疑問形の形にすると、相手に判断の猶予を与えることになるので、一方的に頼むよりも丁寧だとされています。 また、ここに丁寧語の「です」を加えて「お教えくださいませんでしょうか」ということもありますが、これは二重敬語になっているので誤りです。 「いただけませんか」を使う:「お教えいただけませんか」 「くださいませんか」の代わりに「いただけませんか」を使うこともできます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 謙譲語よりも尊敬語の方が敬意の度合いが高いという人もいます。 一方で、「いただく」の方が相手への感謝の気持ちが現れていると考える人もいるようです。 はっきりした大きな違いがあるわけではないので、使いやすい方を選べばよいでしょう。 また、この場合の「いただく」も「ください」と同じく平仮名表記にするのが一般的です。 「お教え願います」という表現も 「お教えください」「お教えくださいませんか」といった言い方の他に、「お教え願います」といった表現もあります。 教えてくれることを願うのですから、意味は「教えてください」ということになります。 「お教えくださいませんか」と同じように、「お教え願えませんか」と相手に判断をゆだねる形で使うこともできます。 「教えてください」の敬語表現例の一覧 ここまで「教えてください」を原型とした敬語表現を見てきました。 まとめると以下のようになります。 教えてください。 お教えください。 お教えくださいませ。 お教えくださいますか。 お教えくださいませんか。 お教えいただけますか。 お教えいただけませんか。 お教え願います。 お教え願えませんか。 「教える」の類語を使った敬語表現 続いて、「教える」の類語を使った表現をご紹介します。 さまざまな言い方ができるので、状況に合わせて選びましょう。 「ご教示」の意味と使い方 「教示」は、読んで字のごとく「教え示すこと」という意味の言葉です。 教えてもらうことの内容に関わらず使えます。 「教えてください」という意味で使いたいときは、「ご教示ください」と表現します。 また、「教えてください」と同じように、「ご教示くださいませ」「ご教示いただけませんか」「ご教示願います」といった表現もできます。 「ご教授」の意味と使い方 「教授」は、「学術・技芸について、継続的に体系だって教え授けること」という意味です。 「教示」に比べて、使える範囲はかなり限定されます。 使い方は「教示」と同じく、「ご教授ください」「ご教授願います」といった形で用います。 現在は「教示」とすべきところで「教授」とされているケースが多く見られます。 「大学教授」など「教授」の方が身近な言葉ということもあって混ざってしまったものだと考えられますが、本来なら「教示」と「教授」は違った意味の言葉です。 誤った使い方をしないよう、きちんと区別しておきましょう。 ビジネスメールや電話で使える表現一覧 「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」の代わりに使える表現はたくさんあります。 一挙にご紹介しましょう。 ご教示ください。 ご教授ください。 ご指導ください。 ご連絡ください。 ご回答ください。 ご意見をお聞かせください。 伺ってもよろしいですか。 「~ください」という表現は、すべて「教えてください」のように語尾を変化させて使うこともできます。 聞きたい内容や相手によって上手に使い分けましょう。 「教えてください」の英語表現 何かを教えてもらいたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。 フォーマルな表現は「inform 人 of 物」 もっともフォーマルだとされているのが、「inform 人 of 物」という言い方です。 informの意味は「情報を与える」ですから、「(物)の情報を(人)に与える」という意味になります。 「人」には、教えてもらう人を入れます。 自分が教えてもらうときはme、会社として聞きたい場合にはusを使うのが普通です。 また、「物」には教えてほしい内容がきます。 実際に使うときは、「Please inform me of your address. 」や「Could you inform me of your address?」のように、pleaseやcould youをつけます。 日本語の「くださいませんか」や「いただけませんか」と同じように、Could you~?と尋ねる表現の方がよりフォーマルだとされています。 関係が築けてきたら「let 人 know(物)」 「inform 人 of 物」はフォーマルな分、少し堅苦しくもあります。 相手との関係が築けてきたら、「let 人 know(物)」を使いましょう。 「Please let me know. 」や「Would you let me know?」だけで「教えてください」ということもできますが、教えてもらいたいものを後ろにつけることもできます。 親しい仲なら「tell 人 物」 一番シンプルなのがこの言い方です。 「Please tell me~. 」や「Could you tell me~?」という表現を聞いたことがあるという人も多いでしょう。 簡単なだけに敬意の度合いは低く、親しい仲か、緊急のときに使われます。 仕事上のパートナーやお客様相手の場合は、上の2つを使いましょう。 まとめ 人に何かを教えてもらうのは、それだけでも少し緊張するもの。 そこで適切な表現が出てこないと、ますます混乱してしまいます。 まずは「教えてください」の基本形から変化させ、徐々に別の表現も身につけていきましょう。 正しい敬語で相手に伝えられれば、頼まれた相手も気持ち良く教えてくれるはずです。 ここでご紹介した表現をぜひマスターして、教わり上手になりましょう。

次の

「もらう」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方10選

もらってください 敬語

ビジネスシーンにおいて、やはり 「もらう」行為というものはつきものです。 お茶の接待や差し入れを「もらう」こともあれば、仕事を「もらう」こともあります。 【敬語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? まず「もらう」には 「くださる」「いただく」など、さまざまな敬語があります。 もちろん、それぞれの言葉は、相手とその関係、相手と自分たちのビジネス上の状況などを踏まえて、適切な言葉を使う必要があります。 早速ですが「もらう」の敬語について、詳しく見ていくことにしましょう。 1.「もらう」の敬語で一般的なのは「お受け取りになる」「いただく」など 「もらう」という言葉をビジネスシーンで敬語として使用する場合、一般的な敬語としては「お受取りになる」や「お納めになる」となることが多いです。 例えば、先方の企業に資料などを送った場合は、「資料をお送りしましたのでお受取りになってください」というように使うのが一般的です。 一方、先方の企業から資料が届くときには、「いただく」や「頂戴する」といった 謙譲語を含む敬語と使用すると良いでしょうす。 例えば、「新商品のご提案をいただきまして、ありがとうございます」のように使用することをおすすめします。 スポンサーリンク 2.電子メールに使われる「ご査収」は敬語になるのか? 「もらう」の敬語には、「お受取りになる」や「いただく」以外にも、さまざまな敬語があります。 例えば、電子メールなどで見る機会の多い「ご査収」という言葉も敬語にあたります。 「ご査収」には、書類などをよく調べて受け取るという意味があります。 実際に使うときには「資料を添付しておりますので、よろしくご査収ください」というように、先方に送った資料などを読んでもらいたい、そのことを伝えるために使うことが多いです。 この時に注意が必要なのは、既に確定した資料などを見てもらうときです。 ここで「ご査収」といってしまうと、既にすりあわせ済みの案件をまた見て欲しいという意味になり、相手に 二度手間をかけてしまうことになるので、作業や商談の進み具合によっては「ご査収」という言葉を使わない方がいいでしょう。 【尊敬語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 敬語は行動の主体が誰かによって、使い方が変わります。 特に「相手の行動や相手の物を敬った表現」を敬語表現を尊敬語と言い、基本的に「お~になる」「お~られる」「お~くださる」という使い方をします。 この章では、もらうの「尊敬語」について詳しくご紹介します。 1.「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」または「お納めになる」が基本 もらうといえば、相手から自分に対して何かを「もらう」ことが一般的です。 自分から相手に対して何かを贈る場合は「あげる」ですので、自分があくまで 受身になっていることを忘れないようにしましょう。 スポンサーリンク ですので、自分がどのような立場の人から、なにをもらうのかによって、敬語も変わってくるというわけです。 実際、「もらう」の尊敬語は 「お受け取りになる」または 「お納めになる」のいずれかが望ましいでしょう。 例えば、上司が誰かから贈り物をもらうとき、自分は部下として上司に贈り物をするのですが、あくまで目上の上司に贈り物をするのですので、そこで「もらってください」とか「おもらいください」では、失礼極まりないです。 その時に「贈り物ですがお受け取りください」というようにすれば、尊敬語を十分に活用できているといえます。 2.「もらう」の尊敬語をビジネスシーンで使うときの例文は? それでは、実際に「もらう」の尊敬語を、実際に使うときの例文をいくつかご紹介したいと思います。 先ほども紹介しましたが、目上の人に対して何らかの贈り物をする時に、どのような言葉を使うと 失礼に当たらないか、それを考慮しながら例文を見てください。 ここで紹介したいのは 「お納めください」という尊敬語です。 別の言い方をすれば「ご査収ください」とも言い換えることができるのですが、目上の人に対して何かを報告する、金額を提示するときには、それらに関する資料を「お納めください」と尊敬語で渡すことも可能です。 お納めくださいとは、平たく言えば「納入」のことです。 納入するという行為を、尊敬語で先方に伝えると「お納めください」となる、その仕組みだけは覚えておいてください。 3.第三者の立場で「もらう」行為を表現するときには「もらわれる」で十分 ビジネスシーンにおいては、自分以外の誰かが「もらう」行為を行い、そのことを自分が伝えなくてはならないこともあります。 例えば、上司が取引先の企業から資料を提供されていた、そのことを「もらう」の尊敬語を使って表現するならば、次のような言葉になります。 スポンサーリンク 一般的には「もらわれる」という言葉を使うのが、ビジネスシーンにおいては常識といえます。 最後の例文の「おもらいになる」という言葉でも、使って問題があるわけではありません。 ですが、めったに聴かない言葉であることと、聞き間違えると「おもらし」など、汚らしい言葉に聞き取れることもあるので、できることなら「もらわれる」とか「受け取られる」など、 シンプルで 意味がわかりやすい敬語を使うことをお勧めします。 【謙譲語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 次に「もらう」の謙譲語を見ていきましょう。 謙譲語の場合は、目上の人から自分に対して何かを頂戴すること、そのことを へりくだって表現することで、相手に対する経緯を表現する必要があります。 「もらう」の謙譲語についても、例文を踏まえて詳しくご紹介しましょう。 1.「もらう」の謙譲語としては「いただく」でも十分活用できる そもそも、謙譲語は 自分側をへりくだる表現です。 謙譲語は、基本的に自分の行為または自分側の人の行為を指して使うのが基本です。 例文としては、次のような例があります。 ・A社の部長様からご連絡を頂戴しました ・B社のご担当者様からご提案をいただきました ・C社との業務提携の話で、お話をくださいました ここで 「くださる」という言葉を例示しましたが、この「くださる」も十分謙譲語として使えます。 一般的に「くださる」は、自分たちよりも目上にあたる人々が、自分たちのためにアクションを起こしてくれた時などに、使うことのできる謙譲語ですので、活用してもいいでしょう。 【丁寧語】…「もらう」の基本的な使い方とその意味とは? 次に「もらう」の丁寧語を見ていきましょう。 丁寧語は一般的に 「です・ます」を動詞や形容詞に付け加えるだけで活用できるとされていますが、「もらう」の場合には、なかなか難しい場合があります。 「もらう」の丁寧語は、単純に言えば 「もらいます」になってしまいますので、これでは物をもらうだけなのか、何かをしていただくことなのか、正直言ってわかりにくいのです。 そのことを踏まえて、これから例示する内容について確認してみてください。 1.「もらう」の丁寧語は「です・ます」ではなく「えます」で代用する 丁寧語は、日常的に幅広く使える丁寧な言葉であり、「です・ます調」を使うだけなので、非常にシンプルに丁寧さを表現することができます。 しかし、 目上の人とのコミュニケーションの際には、尊敬語や謙譲語と組み合わせて使うことが望ましいです。 「もらう」の丁寧語は単純にです・ます調に直すと「もらいます」になることは、先ほどご紹介しましたが、もともと「もらう」という行為が相手にお願いをする意味があります。 それが「もらいます」と言い切ってしまえば、まるで行為を 強制するニュアンスになってしまうので、このまま使うと高圧的な印象を与えてしまいます。 ですので、「もらいます」ではなく、むしろ「もらえます?」と疑問形にして使う方が、相手への高圧的な印象を少しは和らげることができます。 2.「もらう」と「くれる」の意外な意味の違いにも注目しよう 「もらう」と同じ意味合いの言葉といえば 「くれる」という言葉があります。 ・上司の許可もあって、弊社にいいご提案を差し上げることができました。 ・同僚の協力で、弊社のご提案を実現させていただく目処が立ちました。 このように、丁寧語を使って立てるべきは「弊社」であることを、日ごろから忘れないでください。 何気なく使っている会話文の中で、これらの丁寧語の言い間違いに気づく人はいないかもしれませんが、むしろ気づく人がいれば、あなたの 気遣いに気づくことになるでしょうから、きっとあなたの株が上がることは間違いないでしょう。 まとめ 今回は「もらう」という言葉の敬語について、詳しくご紹介しました。 「もらう」という言葉には、相手から受けた恩恵に対する 敬意が込められています。 その恩恵に対して、もちろん「ありがとうございます」という言葉を発することは必要ですが、いただいた恩恵に関して、十分に敬意を払った接し方をすることも重要です。 もちろん、その時には自分の立場をへりくだって相手に伝えるということは、どんな敬語を使うときでも変わりはありません。 特に「もらう」という言葉には、「いただく」「頂戴する」「お受け取りになる」など、さまざまな敬語があるということは、さまざまな感謝の表し方が必要であったという証ともいえます。 ビジネスでは、どのような出来事が、いつ起こるかわかりません。 そんな「いつかの出来事」の時に、過去の振る舞いが失礼になっていて、親身に対応をしてもらえなくなるようなことがないように、日ごろからしっかりと敬意を払った接し方を心がけましょう。

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

もらってください 敬語

たとえば電話のやり取りや口頭での会話では伝わりづらい場合には、相手の方との認識を合致させるためにも資料を送ったり、反対に相手の方から送ってもらうこともあると思います。 または取引先、営業先に対して何かを発注したりものを送ってもらいたい時などには、メールや口頭で「送ってください」と依頼することもあるでしょう。 ビジネス上で、私たちは社内、社外ともにメールや文書などで「送ってください」という表現を使う機会は多々あるのではないでしょうか。 しかしいざ「送ってください」と相手の方にお願いする場合、そのまま「送ってください」と伝えてもいいのでしょうか。 そこで、場合に応じて正しく「送ってください」という表現を使うためにはどのように表現するべきなのか、シーンごとに詳しく見ていきましょう。 こちらから「送る」場合 では反対に、相手に「送ってください」などと「~してほしい」ことを依頼したい場合には、どのように表現すべきなのでしょうか。 そのまま「送ってください」は失礼 「送ってください」という言葉自体は「ください」と使われていることから丁寧に伝えているように見えますが、そのままでは命令形ですので、非常に失礼な表現となります。 相手との関係性に関わらず、相手に不快な思いをさせてしまう可能性がありますので、使用は控えましょう。 それではどのようにお伝えすればよいのでしょうか。 敬語表現「送っていただけますでしょうか」 相手に「送ってください」などの「~してほしい」ことを依頼したい場合、一般的な表現としては、「送っていただけますでしょうか」と表現されることが多いのではないでしょうか。 これはたとえば取引先、営業先からメールを「送ってほしい」場合などに使われるのが一般的です。 また資料などの目視できるものを送ってほしい時には、ただ「送ってください」「送っていただけますでしょうか」ではなく「ご送付くださいますようお願いいたします」などと表現すれば、相手に失礼にならずに敬語として通用します。 「ご送付くださいますようお願いいたします」とは、 尊敬語「ご」+「送付」+「くださる」(「くれる」の尊敬語)+「お願い」+尊敬語「いたす」+「ます」となり、敬語として成立しています。 申し訳ない気持ちを添える クッション言葉とは クッション言葉とは、相手に何かをお願いする、お断りする、異論を唱えるなど、相手に依頼したり否定的な言いにくいことなどを伝える際に、言葉の前に添えて使用する言葉のことを指します。 このクッション言葉を使用することによって、直接的な表現を避け、丁寧で優しい印象を相手に与える効果があります。 また、相手に失礼にならずに伝えることができます。 ただしクッション言葉を複数用いて多用すると、わざとらしく聞こえたり、回りくどい印象に取られてしまうこともありますので、適切な頻度で使用することで発揮される言葉であることを覚えておきましょう。 クッション言葉の例 ・恐れ入りますが ・申し訳ございませんが ・失礼ですが ・早速ですが ・あいにくですが ・差し支えなければ ・お手数をおかけしますが ・できましたら ・申し上げにくいのですが ・よろしければ 以上を踏まえて、「送ってください」に申し訳ない気持ちを添えると以下のような表現となります。 (例) ・恐れ入りますが、送っていただけますでしょうか ・申し訳ございませんが、送っていただけますでしょうか ・お手数ではございますが、送っていただけますでしょうか こうすることで、「送ってください」という気持ちをさらに丁寧に表現することができます。 より丁寧に依頼したい場合 督促とは、先にもお伝えしたように、一度依頼した内容について再度依頼するものであり、「いつ何を依頼したか」が重要な部分となります。 この時に、このままでは高圧的な印象や冷たい印象を与えてしまう可能性がありますので、「行き違いがあったのではないか」という気遣いの一言を添えると、好印象を与えられます。 ご多忙中とは存じますが、至急お送りくださいますようお願いいたします。 なお、行き違いで送付いただいている場合は、失礼をお許しの上、お手数ですがその旨ご連絡をお願いいたします。 ビジネスで「送ってください」を使う場合の例文 それでは実際に、ビジネスシーンにおいて「送ってください」と使う場合を想定して、いくつか例文をご紹介いたします。 (例) ~依頼形での「送ってください」~ ・先日ご依頼した書類をお送りいただけますでしょうか。 ・ご多忙中とは存じますが、資料をご送付いただけますと幸甚です。 ・恐れ入りますが、至急カタログをお送りくださいますようお願い申し上げます。 このように、依頼の形での「送ってください」と督促の形の「送ってください」など、使うシーンによっても使い分ける必要がありますので、参考にしていただけると嬉しいです。 関係性や内容を踏まえて使い分ける.

次の