ほっともっと qrコード。 「ほっともっと」 新会員サービス「My Hotto Motto」誕生!

会員サービスについて

ほっともっと qrコード

デンソーウェーブは8日、「QRコード25周年記念 PRイベント」を都内で開催した。 最近では「〇〇Pay」と呼ばれる各種キャッシュレス決済のほか、飛行機やコンサートなどのモバイルチケットにも使われているQRコード。 世界的にここまで普及が拡大した理由はどこにあるのだろうか。 イベントではQRコード開発者の原昌宏氏らが登壇し、QRコードの開発エピソードやこれまでの歴史が語られたほか、最新のQRコード活用例の展示なども実施。 ゲストとしてQRコードと同じ25歳の女優・川島海荷さんも招かれ、イベントを盛り上げた。 都内では8日、QRコード25周年記念PRイベントが開催された。 写真は 左から デンソーウェーブの原昌宏氏、女優の川島海荷さん、デンソーウェーブの杉戸克彦会長 世界中に利用が拡散した理由は? イベント冒頭、デンソーウェーブ代表取締役会長兼CEOの杉戸克彦会長は「QRコードが、25年も前の日本で、それも愛知県刈谷市という地方都市で、さらには自動車部品管理のためにデンソーが開発した、という事実を知らない人も多いのではないか」と切り出す。 1994年当時、自動車工場の現場スタッフが使用していたのはバーコードだった。 しかし1つのバーコードに盛り込める情報は少ないため、1回の作業で10列ほどのバーコードを読み取る必要に迫られることも珍しくなかったんだとか。 バーコードとQRコードの違い そこで、横方向にしか情報を蓄積できなかったバーコードを二次元的に展開することで、バーコードの約200倍の情報量を詰め込めるQRコードが開発された。 不特定多数の利用者に便利に利用してもらうため、特許は無料で公開。 オープンコードにしたことで、それ以降、日本国内のみならず世界中で利用され始める。 杉戸会長は「当時の経営判断だった。 あらためて、経営者の志が高かったと思う」と振り返る。 QRコードを利用した海外のサービス事例。 中国においてQRコード決済の普及が爆発的に伸びている 今なおQRコードは進化中!? QRコードの開発は、たった2人で進められたというから驚きだ。 その生みの親の1人、デンソーウェーブ AUTO-ID事業部 主席技師の原昌宏氏は「今なお、QRコードは進化を続けています」と説明する。 例えば現在、鹿児島銀行と沖電気工業が取り組んでいるのは、QRコードを用いた本人確認システムの導入。 これが実現すれば、キャッシュカードがなくても安全にATMから現金を下ろすことができるようになるという。 一体、どのような仕組みなのだろうか? 会場ではデモが行われた。 見たところ、普通のATM。 左手前にQRコードを読み取るスキャナが設置されている カギとなるのは、「SQRC」と呼ばれる、データの一部を非公開 暗号化 できるQRコード。 利用者はあらかじめ、本人の顔特徴データを埋め込んだSQRCを作成しておく。 それを銀行のATMにかざすと、顔認証が実施される。 本人確認がとれれば、あとは暗証番号を入れて、現金を引き出すことが可能になるという仕組みだ。 SQRCにより「キャッシュカード」「暗証番号入力」で行っていた本人確認よりセキュリティの高い「顔認証キャッシュカードレスATM取引」が実現できる SQRCの顔認証システムを、イベントのゲートに設置する動きもある。 これが実現すれば、来場者は自身のQRコードをかざすだけで会場に入れるようになる。 来年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、2025年には大阪万博も開催されるタイミングだ。 今なお、QRコードの可能性は広がり続けていると言えるだろう。 鉄道会社の駅における活用も進んでいる 「QRコードは、まだまだ人の役に立つことができる」と原氏。 その例として、災害時に被災者の治療方法、投薬情報、レントゲンや心電図などの情報をQRコードに入れて活用する方法などを提案していた。 QRコード、若者の使い方は? 女優の川島海荷さんは、QRコードと同じ25歳。 初めてQRコードを使ったときのことを「なんでこのマークから情報が読み取れるんだろう、と不思議に思ったんです」と振り返る。 普段はどんなところでQRコードを使っているのでしょう? そんなMCの問いかけには「海外で使っています。 お金を両替しなくても、QRコードで支払えるので便利です。 これからの時代、絶対に必要になってくる技術ですよね。 でも、QRコード決済が世の中に出てきたのって、ここ1~2年のことなんだと思っていました」と素直な感想を口にしてはにかんでいた。 QRコードと同じ25歳の川島海荷さん• 予めご了承ください。 関連記事•

次の

「ほっともっと」がスマホ向け新会員サービス、全店共通のポイントなど

ほっともっと qrコード

目 次 1 アプリはどこ? 2 外観はこんな感じ 3 キャンペーンもあるよ 4 まとめ アプリはどこ? はじめに ほっともっと(HottoMotto)のアプリ 「どこ?」 となれば、ココです。 サイトページに貼られているQRコードから App Storeへ飛びます。 とてもかんたん! 外観はこんな感じ インストールが完了すると ココに上げる一連のページが登場します。 アプリの性格説明ページですね。 さらに進むとアプリの最初のページへ ここまでくるとインストールはほぼ完了! アトは上部の右側のボタン MYPAGEをタップしてログインすれば、OK! ということ。 基本、会員であれば、すぐに使えます。 キャンペーンもあるよ また うれしいことにダウンロードしたことで 特典がついています。 会員限定、アプリ限定ですが そこはそれ、お弁当屋さんらしく お弁当購入時に総菜をオマケしてくれる クーポンがもらえるのです。 グッドな『おトク』感を醸してくれます。 まとめ ここまで話を進めてきましたが 大きく思うところを表すとこんな感じですね。 ほっともっと(HottoMotto)の公式アプリ これを概観すると、基本、その中身は同じ でしょう。 サイトにほぼ合わせたつくりに見えます。 そのためか違和感なく使えます。 とはいえ 少々ボタン配置などの構成は違っているので 「あれ、変わった?」 と思うところもありますが 特に引きずるようなものではありません。 コンタロウ的にはこれまでサイトページを スマホのホーム画面に貼っていましたので それをせずとも使えるとあって、大歓迎! また MYPAGE(マイページ)画面がサッと開け 中身を確認しやすいので、ネット注文時は 便利と思います。 ほかにポイント、キャンペーン情報などは 『その他』の『会員サービスとは』を タップすことでチェックもできるので これも便利でしょう。 ただ 『お知らせ』はタップしても開かないので あるのかないのかわからない・・様子。 サイトページのニュース欄がこれに該当する と思うのですが、これから整備されるのか と見なしているところ。 ともあれ スマホ(携帯)で簡単に扱えるので 重宝なのです。 ということで、今回は ほっともっと(HottoMotto)アプリ、こういうの待っていたんだよね! と題し話を広げてみました。 なお これからも気になるところを追いかけ チェックしていくつもり よろしければ、お寄りください。 では、今回はこれで失礼します。 後記 ワカランちんの奮戦記 ・・と題しブログを起こしています。 文章力不足は否めませんが それでもくじけじ・・と いろいろ『PAYPAY』はじめ 『コード決済関連』 ほかに『おトク』情報を見つけては あれこれ語っています。 もちろん、私見ベースですけど。 できる限り お役に立ちそうなものを発信したい と考えていますので お寄りいただけると、大喜びします。 よろしくお願いします。

次の

25周年を迎えた「QRコード」は今なお進化中!? 開発者らが語る歴史と展望

ほっともっと qrコード

デジタルチケット QRコード ラクラク入場チケットサービス! 球団公式ホームページ・モバイルサイトの「Bsオンラインチケット」で購入すると、QRコードをかざすだけでスムーズな入場ができる「デジタルチケット QRコード 」での受け取りが可能になります! ほっともっとフィールド神戸では、試合当日のチケット券売所が混み合い、事前にご予約いただいたチケットの引き取りに大変時間がかかる場合がございます。 「デジタルチケット」なら、当日のチケット引き取りに並ぶ必要はなく、そのまま入場ゲートでQRコードをかざすだけでご入場いただけます。 便利な「デジタルチケット入場サービス」をぜひご利用ください! しかも、ファンクラブ会員証で入場すると、 自動で 来場から15分以内 来場ポイントが付与されます! ファンクラブ受付にて来場ポイント付与の手続きの必要がありません! ひとつのQRコードで、来場者全員がご入場いただけます! ご来場者の人数分のQRコードを入場ゲートでかざす場合、複数人での入場の際に時間がかかってしまいますが、「おまとめ機能」だとたいへん便利! スムーズ! ラクラク入場! 「デジタルチケット QRコード 」をかざして入場! ・チケダスでチケットを発券する必要がありません! ・発券手数料もかかりません! cnplayguide.

次の