新幹線 チケット 買い方。 新幹線の格安チケットまとめ。初心者におすすめの「割引きっぷ」はコレ!【2020年版】

チケットショップで売られている新幹線切符の買い方、使い方を解説!自由席切符と指定席切符の、2種類の回数券が販売されてるので注意。

新幹線 チケット 買い方

JRの駅窓口での買い方 これらのうち、一番簡単なのが、JRの駅窓口で購入する方法です。 JRの駅の窓口のうち、新幹線のきっぷを売っているのは「 みどりの窓口」といいますが、「みどりの窓口」でなくても、JR駅の窓口であれば新幹線のきっぷを購入できます。 JR駅の窓口なら、全国どの新幹線の列車のきっぷも購入できます。 JR四国の駅窓口で、東北新幹線のきっぷを購入することも可能です。 新幹線のきっぷについてよく分からない方は、まずはJR駅窓口に行くことをおすすめします。 親切に教えてくれるでしょう。 新幹線のきっぷをJR窓口で購入するときは、以下のことを伝えます。 新幹線に乗る区間(東京から大阪、など)• 新幹線に乗る時間(午前10時、など)• 自由席か指定席か この3つのことを伝えれば、窓口の係員が列車を教えてくれます。 指定席の場合は、空席があるかどうかも調べてくれます。 事前に時刻表で乗りたい列車を調べているのなら、その列車番号を伝えれば、指定席の空席を調べてくれます。 自由席と指定席の違いは、「の違い」の項目をご覧ください。 広告 JR駅の自動券売機での買い方 JR駅に設置されている自動券売機でも、新幹線のきっぷ(チケット)を購入することはできます。 購入できるきっぷの種類は券売機の種類によって異なります。 「指定席券売機」や「みどりの券売機」と書かれたものが一番高機能で、ほとんどの新幹線のきっぷを購入することができます。 JRの駅窓口は混雑していることが多く、行列ができていることも珍しくありません。 そのため、時間のない方には券売機での購入がおすすめです。 ただ、指定席券売機は、新幹線に全く乗ったことがない人には、少しわかりにくいかもしれません。 どの列車にするか選ぶと、座席選択画面があり、「座席表から選ぶ」を押すと、好きな車両と座席がシートマップから選べます。 ややこしいと感じた人は「どの座席でも良い」を選ぶといいでしょう。 その後、「乗車券の区間」を選ぶと、最終確認画面が出て、お金を支払います。 操作が多くて、初めて新幹線に乗る人には少しややこしいかもしれません。 JRのインターネットサイトで購入する 新幹線のきっぷはインターネットでも購入することができます。 おおきく分けて、東北・北海道・上越・北陸新幹線系統が「新幹線eチケット」、東海道・山陽新幹線系統が「スマートEX」です。 購入するにはそれぞれのサイト会員になる必要があります。 JR各社は無料会員制です。 詳しくは、「」をご覧ください。 旅行会社の窓口で購入する 新幹線のきっぷは主な旅行会社の窓口でも購入できます。 購入できる主な旅行会社は、JTB、KNT(近畿日本ツーリスト)、日本旅行、びゅう、JR東海ツアーズなどがあります。 大きな旅行会社ではだいたい買えますが、大手旅行会社のなかでもHISだけはJRのきっぷを取り扱っていませんので、新幹線のきっぷも購入できません。 金券ショップで購入する 新幹線の格安チケット類は、金券ショップでも購入できます。 新幹線回数券のばら売り販売が主です。 金券ショップのチケットは安いのですが、払い戻しできないなどの制限があり、予約も自分でしなければならなかったりします。 初めて新幹線のチケットを買う人は、金券ショップ利用は避けた方がいいでしょう。

次の

新幹線の切符の買い方はコレ!券売機で買う手順とメリット!

新幹線 チケット 買い方

新幹線の切符は乗車券の他に特急券が加算されるため、 長距離の移動になるほど高くなる特徴があります。 高額になりやすい新幹線の切符を普通に現金で購入するより、もっとお得に買う方法が知りたいと思いませんか? クレジットカードで新幹線の切符を購入できれば、現金の持ち合わせがなくても新幹線に乗車できるうえに、 クレジットカードのポイントも貯まってお得です。 今回の記事では、• 新幹線の切符をクレジットカードで決済するメリットとデメリット• 新幹線の切符を券売機もしくはみどりの窓口にてクレジットカードで購入する方法• 新幹線の切符をお得に購入する方法と注意点 などについて解説します。 また、新幹線を年に4~5回以上使う方におすすめの 「エクスプレス予約」というネット予約サービスについてもご紹介します。 新幹線の切符をクレジットカードで購入する方法がわかれば、 自分に合ったもっともお得な方法で新幹線の切符を購入することができるようになります。 また、新幹線の切符をクレジットカードで購入するときに、迷うことなくスムーズに手続きすることができるようになります。 【専門家の解説】 新幹線を利用するのであれば、おすすめはビューカードです。 Suicaのオートチャージ設定ができ、エクスプレス予約でビューカード特約の利用が可能です。 ビューカード特約は モバイルSuicaでエクスプレス予約を利用できるため、スマホがあればJR東海、JR東日本エリアの新幹線も チケットレスで安く乗車できます。 JR東海エクスプレス・カードで利用できる「 グリーンプログラム」も対象。 東京在住の方が大阪や名古屋出張があったとしてもモバイルSuicaの端末さえあれば座席の予約から乗車まで利用でき、新幹線降車後の鉄道乗車でもSuicaが利用できます。 みどりの窓口が混雑していても、5分後に出発する新幹線を予約することも可能です。 また、チャージ残高が足りずにオートチャージが効かなくても モバイルSuicaでチャージでき、1. 5%のJRE POINTも獲得可能。 JR東日本の在来線を利用するときには 2%のJRE POINTを獲得できるなど、メインカード or サブカードでビューカードを1枚保有していると便利でしょう。 この記事の目次• 新幹線のチケットをクレジットカードで支払うメリットとデメリット 新幹線のチケットをクレジットカードで購入すると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 まず始めにメリットからご紹介していきましょう。 たとえば、突然新幹線を利用しなければならない以下のような状況になったとしても、クレジットカード決済でスマートに新幹線に乗車することができます。 冠婚葬祭などで突然実家に帰らなくてはならなくなった• 業務上のトラブルですぐに本社に行かなければならない もし現金でしか購入できないとしたら、ATMで現金を用意するなどの必要があります。 ATMでの利用時間や曜日、金額によって手数料がかかることが考えられます。 そのうえ、急がなければならないときにかぎってATMが混雑していることもあるでしょう。 しかしクレジットカードなら、• ATMを探す時間を省くことができる• ATMの混雑に巻き込まれずに済む• ATM手数料をとられずに済む というメリットがあるため、突然のハプニングにも時間を無駄にすることなくスムーズに対応することが可能となります。 現金で購入した場合に比べて、お得に購入することができるメリットがあるといえるでしょう。 特に新幹線のチケットは、距離によって金額が高額になる特徴があります。 高額になりやすい新幹線のチケットをクレジットカードで購入すれば、 効率よくポイントを貯めることができます。 クレジットカードで支払うデメリット 新幹線のチケットをクレジットカードで購入するデメリットは特にありません。 注意点として、利用明細を確認するなどの 後日チェックを忘れずにするようにしましょう。 万が一残高不足で引き落とせないようなことがあれば、クレジットカードの利用が制限されてしまう恐れがあるからです。 新幹線のチケットをクレジットカード決済するメリットとデメリットが理解できたら、次にクレジットカードで新幹線のチケットを購入する方法をご紹介します。 新幹線のチケットをクレジットカードで支払う流れ それでは、新幹線のチケットをクレジットカードで購入する流れを確認していきましょう。 購入方法は、以下の2通りがあります。 (1)券売機で購入する場合 (2)みどりの窓口で購入する場合 それぞれの購入方法を詳しく見ていきましょう。 券売機の場合 券売機で新幹線のチケットを購入する手順は以下のとおりです。 今回はJR東日本の券売機を例にしています。 指定席券売機のある駅に行く• 指定席券売機のメニューボタンから「指定席」もしくは「自由席」をタッチする• きっぷの種類を選択する• 乗車する新幹線を選択する• 乗車駅を選択する• 降車駅を選択する• 乗車日と時間帯を選択する• 利用人数を選択する• 内容を確認し、クレジットカードで決済する 券売機で新幹線のチケットを購入するためには、クレジットカードの 暗証番号が必要になります。 自分がクレジットカードの暗証番号をどの数字で設定したのかを、あらかじめ確認しておくようにしましょう。 もし暗証番号が分からなければ、券売機で新幹線のチケットを購入することができないので「みどりの窓口」で購入してください。 「みどりの窓口」ならば本人のサインで購入可能です。 券売機のある駅はこちらから検索することができます。 みどりの窓口の場合 みどりの窓口で新幹線のチケットを購入する場合は、以下の流れで手続きしましょう。 みどりの窓口のある駅にいく• みどりの窓口で新幹線のチケットを購入することを伝える• 係員から聞かれたことに答える• クレジットカードで決済する みどりの窓口で新幹線のチケットを購入する注意点は、 暗証番号かサインのどちらかが必要 になるという点です。 基本的には券売機でタッチしていく内容(乗車&下車する駅名や、指定席か自由席か)を係員に伝えれば、新幹線のチケットを購入することができます。 もちろん 行きと帰りで経路が異なる場合や在来線を組み合わせる場合であったとしても、券売機で新幹線のチケットを購入することができます。 しかし 機械操作が不安な人はみどりの窓口で対応してもらえば、安心して新幹線のチケットを購入することができます。 みどりの窓口がある駅はこちらから検索することができます。 新幹線のチケットを購入する2つの方法を知っておけば、すぐに新幹線のチケットを購入しなければならない状況になっても、落ち着いて対応することができるようになります。 以下のカードは、券売機やみどりの窓口で新幹線のチケット購入も可能で、日常使いでも便利なイチオシカードです。 会員価格で乗車できる• 乗車直前まで予約変更が無料• 手持ちのクレジットカードで利用できる それではこれらのメリットについて、具体的に解説していきます。 会員価格で乗車できる エクスプレス予約は会員制のサービスとなっており、いつでも 会員価格で乗車することができます。 365 日いつでも会員価格で新幹線に乗ることができるため、年末年始やゴールデンウィークなどの期間もお得に新幹線のチケットを購入することができるのです。 エクスプレス予約の年会費は税別1,000円となっていますが、年会費をあっという間に相殺するだけの魅力的な会員価格が用意されています。 会員価格の例• しかも、 のぞみ ・ひかり ・こだま もすべてエクスプレス予約の会員価格は変わらないうえに、乗車日当日でもエクスプレス予約の会員価格が適用されるメリットもあります。 発車直前まで予約変更が無料 エクスプレス予約は、 発車直前まで無料で予約変更することができます。 たとえば行き先が変更になった場合、通常の新幹線のチケットは2回目以降の変更から手数料がかかってしまいます。 しかしエクスプレス予約なら 手数料無料で何度でも変更することが可能です。 また、チケットを購入したあとにキャンセルしたい場合は、いつでも310円の手数料で済みます。 通常の新幹線のチケットを払い戻す場合は、 前日・当日払戻手数料は特急料金の30%と乗車券220円がかかるので、急な直前のキャンセルでも損をすることがないのです。 手持ちのクレジットカードで利用できる エクスプレス予約は 手持ちのクレジットカードでサービスを利用することができるので、新たにクレジットカードを作成する必要はありません。 ただし、エクスプレス予約の対象ではないクレジットカードの場合は、エクスプレス予約サービスを申し込むことができない場合があるためよく確認するようにしましょう。 手持ちのクレジットカードがエクスプレス予約サービスを利用できるかどうかは、から確認することができます。 3%~0. (本会員の方が対象です。 資料請求でお申し込みの方は対象となりません。 なお、未成年・学生の方はオンラインで口座設定することができないため、翌日お届けの対象になりません。 きっぷではないので前日までに購入しておく必要があり当日に購入することができない• すべてのこだま号ではなく指定されたこだま号でのみ利用することができる• ぷらっとこだまは、計画的にこだま号を利用する人におすすめします。 往復割引 片道が601km以上ある場合は、 往復割引乗車券を購入することができます。 片道が601km以上ある場合は、• 3km)• 3km)• 6km) などがあります。 6kmであるため、往復割引を適用することができません。 金券ショップ 金券ショップで新幹線のチケットを購入すると、お得に乗車することができます。 実際の価格は金券ショップにより異なりますが、 普通に購入するよりも安く購入できるのが一般的です。 ただし、金券ショップでは クレジットカードを使うことができないデメリットがあります。 クレジットカードのポイント還元を狙わずに確実に安く買いたい人におすすめの購入方法です。 金券ショップについては下記の記事で詳細をまとめているため、是非こちらも参考にしてみてくださいね。 高額になりやすい新幹線の切符をクレジットカードで決済すれば、カード会社のポイントをお得に貯めることができる• 新幹線の切符を券売機もしくはみどりの窓口クレジットカードで購入するには、暗証番号を把握しておく• 東海道新幹線または山陽新幹線を利用する場合はエクスプレス予約でお得に新幹線のチケットを購入することができる• お得に新幹線のチケットを購入する方法は、回数券・ぷらっとこだま・往復割引・金券ショップがある 新幹線を利用する人がクレジットカードでの支払い方法を知ることができれば、自分がクレジットカードで新幹線のチケットを買うべきかどうかを即座に判断することができます。 また購入する際には、迷わずスムーズに手続きすることができるようになります。 是非これらの知識を活かしてお得に新幹線のチケットを購入してみてください!• 迷ったらコレ! 年会費が無料• 高還元率だから ポイントが貯まる• 審査も早い! スピード発行• 車によく乗るなら ETC機能付き• 旅行や海外出張で マイルが貯まる• カード支払が多い人には 利用限度額が高い カードの種類• 指定なし• 一般カード• ステータスカード 年会費• 指定なし• 初回無料• 永年無料 国際ブランド• ポイント還元率• 指定なし• キャッシュバック• ANAマイレージ• JALマイレージ• 楽天ポイント• Amazon券• Tポイント 対応電子マネー• 指定なし• 発行スピード• 指定なし• 最短翌営業日• 3営業日以内• 1週間以内• 2週間以内 利用限度額 付帯保険• 国内旅行保険• 海外旅行保険• 盗難保険• ナビナビクレジットカードでは、情報の正確性・客観性・信憑性を担保するために厳正な品質チェックを行っておりますが、 掲載事業者が提供するサービスや国家が定める法律、規約の変更により、当サイト掲載時の情報と一時的に相違が出る可能性がございます。 万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「」よりお知らせください。 内容を確認し、厳正な調査を行ったうえで、速やかに訂正いたします。 提携事業者のサービスへのお申込みにあたっては、提携事業者のサイトやパンフレット等で「会員規約・特約および規程類」「個人情報の取り扱いに関する重要事項」「利用規約」等を事前に必ずご確認下さい。 当サイトで判断できない情報に関しては、大変お手数ですが各提携事業者に直接お問い合わせ下さい。 また、提携事業者の各サービス内容及びキャンペーン等に関するご質問はお受けでき兼ねますので「」 から対象クレジットカードの詳細情報をご確認いただき、それでもご不明点が解消されない場合は、各事業者の公式サイトにてお問い合わせください。 ブラウザ・OS等のご利用環境や情報の暗号化(SSL)については、「」をご確認ください。 なお、「当サイトの掲載情報の取り扱いと正確性について」に定めがない事項は当社が定める「」 が適用されるものとします。

次の

新幹線きっぷの買い方|新幹線旅行研究所

新幹線 チケット 買い方

新幹線は一般的な在来線と異なり、「乗車券」と「特急券」の2種類が必要です。 【乗車券】 乗車券とは、電車を利用する際絶対に購入しなければならない券のこと。 いつも在来線で購入している切符と同じものです。 自宅の最寄駅〜目的地の最寄駅が、乗車券の区間となります。 【特急券】 特急券とは、新幹線や特急列車に乗るために必要な券のこと。 普通列車よりも、速くて快適に移動できる利点に対するプラス料金と考えましょう。 特急券には、新幹線が停車する駅の区間が記載されていますので、購入後は買い間違えていないかチェックしてみてください。 通常、乗車券と特急券は各1枚ずつ発行されますが、場合によっては1枚で発券されることもあります。 また、複数の新幹線を乗り継ぐ場合は、特急列車に乗る回数分の特急券が必要です。 特急券にはさらに「自由席」と「指定席」の2種類があります。 新幹線の種類によってはグリーン・グランクラスといった上のクラスの券もありますので、希望する席を決めてから購入するといいでしょう。 【自由席特急券】 自由席特急券は、席を指定せず、乗る列車も指定されていません。 自分の好きな時間の新幹線に乗れること、最も安価というのがメリットですが、席が決まっていないため、混雑時には移動区間中ずっと立ちっぱなしということもありますのでご注意を。 【指定席特急券】 指定席特急券は乗る新幹線の時間を指定して、席を確保できます。 必ず席に座れるため、電車での移動に慣れていない方や荷物が多い方、小さなお子様を連れている方は指定席特急券を選択するのがおすすめ。 また、当日購入だと希望の時間帯が満席だったということもあるため、繁忙期は事前予約をしておくとよいでしょう。 新幹線の切符はJRの窓口、みどりの窓口、自動券売機、旅行代理店、インターネットなど様々な場所で購入できます。 慣れている方はいつでもどこでも購入できるインターネット、初心者の方は窓口購入がおすすめ! 窓口購入時は ・乗車区間 ・日時 ・人数 ・指定席か自由席か を伝えるだけでOKです。 禁煙が良いのか、窓側か通路側どちらが良いか、などの詳しい選択は販売員さんから聞いてくれます。 順番に答えていきましょう。 支払は現金以外にも、クレジットカードや金券が使用可能。 切符は当日でも購入可能ですが、満席で希望の時間を取れない場合や、グループで席が離れてしまう場合もあります。 前日までに購入しておくのがベターでしょう。 特にGWやお盆、年末年始などの繁忙期は事前購入が必須です!切符は乗車日1か月前の午前10:00から発売が開始されます。 また、トラブルを回避するために、切符購入後は日付や時間をきちんと確認するようにしましょう。 在来線と新幹線の改札口は異なります。 必ず「新幹線」と書かれた改札口を探してください。 新幹線の駅まで在来線で来た場合は、構内にある新幹線乗換口へ向かいます。 改札機では、乗車券と特急券の2枚を同時に通しましょう。 改札を通ったら2枚とも忘れずに回収します。 取り忘れると大変なことになりますので、切符は最後まで大切に保管しておいてください。 新幹線にあまり慣れていない方は、発車時刻より少し早めに駅についておくのがよいでしょう。 新幹線の駅は大きくて広い駅にあることが多いため、改札口を探すのに迷ってしまうかもしれません。 乗り遅れてしまうことのないように、時間に余裕をもって行動することを心がけましょう! 改札を通ったあとでも待合所やお土産屋があるので、乗車時間までゆっくりと過ごすことができますよ。 駅弁を買って、新幹線の中で食べるのも旅の醍醐味ですね! 【乗り方】 改札を通ったら、自分が乗る新幹線のホームを電光掲示板で確認しておきます。 また、自分の席がホームのどの位置に到着するのかまで確認しておくと、スムーズに乗り降りができます。 16両編成もある新幹線のホームは非常に長く、位置を間違えてしまうと端から端まで歩くことに。 【乗車中】 乗車後は、しばらくすると車掌が切符の確認に回ってくることがあります。 その際は持っている切符をすべて見せてくださいね。 【降り方】 新幹線の乗降時間はとても短いです。 到着のアナウンスが流れたら、荷物をまとめてすぐに降りられるよう準備しておきましょう。 無事に降りることができたら、出発同様、2枚の切符を通して改札口を出てください。

次の