アーク ナイツ ナイチンゲール スキル。 【アークナイツ】スペクターのスキル・ステータス性能についてがっつり解説!【☆5・前衛】

[プレイ日記] アークナイツ その3 高レアの育成(昇進2)を始める

アーク ナイツ ナイチンゲール スキル

ナイチンゲールの詳細 ナイチンゲールの概要 ナイチンゲールは対術に対して特化をした性能を持つ星6の範囲回復型医療オペレーター。 素質、スキル共に味方オペレーターの術耐性を強化するものとなっており、術攻撃を持つ敵に対しては特攻とも言えるような性能を持っており、術攻撃を行ってくる相手が頻繁に出現するステージでは非常に強力なオペレーターとなっています。 ナイチンゲールの性能 基本ステータス ブロック数 1 攻撃速度 遅い 2. 85s 初期コスト 16 最大強化時コスト 15 再配置時間 遅い 70s 特性 同時に味方3人を回復 基本ステータスは基本的な範囲医療のものとなっており、特段目立つような点はありません。 他の範囲医療と比べると配置コストは高めとなっていますが、レアリティから考えると相応のコストと言えます。 術耐性は素のステータスでは5と術耐性に特化した構成と考えると低めにはなっていますが、素質「白悪魔の庇護」は自身にも効果があり、実質的には術耐性は最大で22となっているため、ステータスの面で言えば欠点らしき欠点は見当たりません。 攻撃範囲 初期 昇進I 昇進2 攻撃範囲 スキル3攻撃範囲 通常時の攻撃範囲は一般的な範囲医療と同じものとなっていますが、スキル3の攻撃範囲が非常に広くなっており、ナイチンゲールを陣形の中心から別の場所に配置するということでも無い限りはほぼ全てのオペレーターを補えるほどの広さとなっています。 通常時の回復範囲となるナイチンゲールの後方もスキル3ではしっかりとカバーしてくれるのでおおよその欠点は無いと言えます。 星6のため潜在突破は困難を要しますが、可能であれば4段階目までは狙ってみるのも良いかもしれません。 この効果はナイチンゲール自身も効果の対象になり、更には聖域発動中に追加される攻撃範囲内にいるオペレーターも対象となります。 素質2「うたかたの幻影」 素質2「うたかたの幻影」はナイチンゲール配置時に平地マスにのみ配置することが出来る鳥籠ユニットを2つ取得することが出来るというもの。 鳥籠のHPはナイチンゲールのレベルに比例し、最大で6000となります。 鳥籠は文字通りデコイとなる存在でアークナイツの最後に配置したオペレーターが優先的に狙われるという仕様を活用することで一定時間のあいだ、鳥籠に敵の攻撃を向けさせるということが出来ます。 また、ブロック数が0となっているため、近接攻撃タイプの敵ユニットの攻撃を鳥籠に向けさせることは出来ませんし、鳥籠のストックはナイチンゲールを撤退させても回復することは無く、使い切りであるという点には注意が必要です。 スキル1やスキル2と比べると非常にシンプルな効果となっており、単純にナイチンゲールの回復力を高めるものとなっています。 術攻撃を行ってくるような敵がいない場合にはこちらのスキルをセットしておくことをオススメします。 アーツシールド ナイチンゲールが次回回復を行う際、回復対象となる全てのオペレーターに5秒間、術ダメージを一定値まで吸収するシールドと術耐性の強化を付与するスキル。 シールドによって敵の術攻撃が無効化や軽減されるだけでなく、ナイチンゲールの素質によってただでさえ術耐性が上昇している状態から更に術耐性を強化するため、ナイチンゲールの回復範囲にいるオペレーターは非常に強固な術耐性強化の恩恵を受けることが可能となっています。 スキル3と比べると瞬間火力は劣ってしまいますが、アーツシールドは継続的に術耐性の強化が出来るため安定性から言えばこちらのほうが上。 もっとも、アーツシールドはナイチンゲールの攻撃力を上昇させる効果が無いため、物理攻撃の敵に対しては全く役には立たないという点には注意が必要です。 聖域 攻撃範囲を拡大し、ナイチンゲールの攻撃力が上昇、更には攻撃範囲内の味方の術耐性と術回避を強化するナイチンゲールにとって切り札とも言えるべきスキル。 非常に強力なスキルではある一方で必要となるSPも非常に大きく、初回であれば最速5秒で発動することは出来るものの、それ以降はSPブーストが無ければ120秒に1回しか発動することが出来ません。 通常のザコ敵相手に使うとオーバースペックとも言えるような性能となっているので、基本的には術師やアーツバードといった術攻撃を行ってくる相手が複数出現した場合等に運用することが基本となるでしょう。 2 同種の効果は高いほうのみ適応 基地スキルはどちらもナイチンゲールと同じ宿舎にいるオペレーター全員の体力回復速度を上昇させるというもの。 効果としてはかなり強力ではありますが、問題はナイチンゲールの体力を消費させるための基地スキルが無いということ。 そのため、ナイチンゲールを宿舎に入れる理由が乏しく、基地スキルとしては腐ってしまっている感は否めません。 まとめ 素質やスキルと全ての性能が術耐性に特化しているとも言えるナイチンゲールはまさに術攻撃に対して特攻性能があるオペレーターと言えます。 一方で物理攻撃に対しての性能はあまり高くはありません。 そのため、物理攻撃が中心のステージではフィリオプシスやパフューマーのほうが優秀な場面が多く、星6医療と言えど万能なオペレーターでは無いという点には注意が必要です。 ただ、5章の内容からも分かるように特にメインストーリーでは術攻撃を行う敵が増加する一方となっており、必然的にナイチンゲールの有用性は今後は上がっていくことになります。 6章が今すぐに実装されるということは無いため至急ではありませんが、今後活躍することが確約されているオペレーターでもあるため、入手したのであれば今後を見据えて育成しておくことはオススメします。

次の

【アークナイツ】ホシグマ/攻撃できる盾⁉最高レアリティの重装オペレーター

アーク ナイツ ナイチンゲール スキル

最近ハマっているスマホアプリ、アークナイツのプレイ日記。 今回はBOX紹介(手持ちのキャラ紹介)や、育成の悩み等の話題。 現在は、その昇進2のパワーで殲滅作戦3と5章ハードまでクリア。 強襲作戦がまだ結構残っている状態で、ゆっくり攻略していく予定。 強襲が終わってしまうとさすがにやることがないし、育成する理由もなくなるのでまったりやるつもり。 軽くBOX紹介 手持ちの高レアは現在こんな感じ。 課金の方は、毎月、月パス+月間スカウトパック程度の予定。 しかし、この前のエイヤの時にけっこう課金してしまった。 そしてエイヤは出ないという散々な結果に終わる(やはり、ガチャは悪い文明!! 代わりにスカジ、イフリータ等をゲット。 未所有なのは、エイヤ、ナイチンゲール、アンジェリーナ、チェン。 あとは上級資格証でナイチンゲールを確保できれば上出来かなというところ(エイヤ、チェンは交換対象になりそうもないので)。 特に欲しいのは、リスカム(SP回復)、アズリウス(狙撃で術ダメージ)、ナイトメア(攻撃兼回復役)。 できれば、レッド、テキサス、ワルファリンあたりも欲しい(きりがない)。 スカジ、スペクター、シージ、ホシグマ、イフリータ、メイヤー、ソラなど上げたいキャラはいっぱい。 全体のバランスを考えつつ、今も悩み中。 この悩んでいる時が一番楽しいかもしれない。 BOX的には術師が不足気味。 エイヤなし、スカイフレアなし、ナイトメアなし。 アーミヤ、ギターノは縛りプレイ用に残しておくかで昇進を保留中。 イフリータはコストが重いのと、布陣の中核になりすぎるのが気になって、同じく保留中。 ラップランドはスキル2で術ダメージ。 特殊能力封印も大きい。 さらに、スキル1で物理攻撃回避型にして壁役的な運用という手もある。 プラマニクスは元から術系。 また、術師が不足しているなら、スキル2のデバフで防御を下げて物理でゴリ押すという方法もステージによってはありかなと期待している(重装ラッシュが1回のみといったケースならいけるかも)。 公開求人でエリートタグが出現 ズィマーを昇進2にすることに決めたのは、つい先日の話。 ズィマー自体はゲームを始めたばかりの頃に引いていたのだが、育成せずに放置していた。 理由は主に以下の3つ。 しかし、クーリエを育てているうちに昇進2も視野に入ってきて悩むようになった。 昇進2にして今後もずっと使うなら、ズィマーのスキル2の方が魅力的だからだ。 そんな時に公開求人でエリートタグが出る。 もちろん上級エリートはいまだになし 小躍りして喜んだが、タグをよく見るとクロワッサンが濃厚……。 ここはもうワンチャンでインドラに期待したい所存。 先鋒のコスト-1は地味にうれしい。 ちょうどこの頃、ピックアップの方でシージが来ていて、上級資格証の交換対象にもなっていた。 シージは前から欲しかったので迷わず交換でゲット。 先鋒の育成計画が一気に進展した。 しかし、昇進1の際に素質で自身の配置コスト-1。 クーリエと比べても1の差しかない。 しかもズィマーは昇進2にすると、素質で「他の先鋒キャラの配置コストが-1になる」という効果がある。 シージとセットでの運用を考えているため、実質コスト-1。 ズィマーであればスキル2で味方の先鋒の攻撃力アップも可能。 シージのスキル3と組み合わせるというロマンがある。 そんな訳で、ズィマーを急遽育成し、昇進2にする予定となった。 現在はピックアップガチャ更新で、そのズィマーが上級資格証の交換対象。 潜在能力強化用に交換で1体追加してしまおうと思っている。 次のイベントもそろそろ始まるようなので楽しみである。

次の

【アークナイツ】2回目の上級エリートタグでシルバーアッシュが引けた!

アーク ナイツ ナイチンゲール スキル

コスト:16• 攻撃速度:遅い• ブロック:1• 再配置:遅い• ラベル:遠距離・治療・支援 3体同時回復できる医療キャラとしては最大の16コスト。 といっても医療全体で見ると標準的な数値です。 攻撃範囲というか回復できる範囲は自身の後ろマスまで及びます。 これって結構良いですよ。 使いやすい範囲だと思います。 初期から発動できる素質を持っています・ 術攻撃がきついマップではかなり頼もしい存在ではないでしょうか。 昇進を重ねていくにつれて耐性も大きく向上させることができます。 昇進2から新しく追加される素質は幻影を呼び出すことができると。 ブロックはできませんが、術耐性が高く、物理回避もできますので遠距離攻撃ができる敵のターゲットを取ってデコイにするという戦術もこなせるようになります。 回復力を高める効果でSP40は少し多いですが30秒効果となかなかの効果時間があります。 スキル2はSP11の自動回復と回転率もよく、なかなか底上げできない対術を底上げしてくれます。 1回チャージできる点も嬉しいですよね。 スキル3は更に術耐性を向上することができ、術回避の効果も付与できます。 対術攻撃の最終手段として活躍してくれそうですが、SP120と発動までに時間がかかる点に注意。 効果時間は60秒と長いですのでここぞという時を見極めて発動しましょう。 1 宿舎の癒しの女神として活躍してくれますね。 疲れたキャラをどんどん回復してもらいましょう! ナイチンゲール まとめ 3体同時回復や対術性能、召喚でのデコイなど貴重な役割を持てるキャラとして活躍してくれそうです。 術攻撃が耐えられないといった時は是非とも出撃させてダメージを減らしてもらいたいですね。

次の