両面テープ おすすめ。 凹凸面でもがっちり!超強力両面テープ「Scotch」シリーズ

両面テープの選び方とおすすめ人気ランキング10選【剥がせるタイプから強力タイプまで】

両面テープ おすすめ

カーペットの両面テープを剥がす前に!まずは構造を知っておこう! カーペットがずれないように、フローリングなどに両面テープを使って固定されている方も多いと思います。 しかし、しっかりした粘着力のある両面テープほど、剥がす時には苦労するものですよね。 ここでは、フローリングに貼り付けたカーペット固定のための、両面テープの剥がし方について考えてみましょう。 まず、より的確な剥がし方を考えるうえで、両面テープの構造を理解しておきましょう。 一般的な両面テープは、紙や布、不繊維、プラスチック、ゴムなどの様々な支持体を粘着剤で上下から挟み込み、表面に剥離ライナーがついた4層構造になっています。 剥離ライナーというのは両面テープの粘着剤を守っている、剥離剤代わりのツルツルの紙のことです。 この構造からも分かるように、両面テープは裏表をくっつけるために粘着剤が2層になっているので、剥がす時にはカーペットとフローリングの両方に気を配らなければなりません。 また、剥がしたテープの跡が、カーペットの裏側とフローリングの両方に残ることも考慮しなければいけません。 カーペットの両面テープを剥がす前に!基本的なテープの剥がし方を知っておこう! 基本的なテープの剥がし方をご存知でしょうか。 もちろん、貼られている場所や、貼られていた時間によっては、簡単に剥がれないこともあります。 テープを剥がす時は、「剥がす速度」と「剥がす角度」の2点に注意しましょう。 まず、「剥がす速度」ですが、こちらはとにかく、端からゆっくりと剥がすことが重要です。 間違っても、ベリベリッと勢いよく剥がさないようにしましょう。 カーペットを固定している両面テープを剥がす場合、フローリングが傷つく可能性があります。 鈍角や直角方向に引っ張ると、フローリングの表面まで一緒に剥がれてしまうこともケースもあるため、気をつけましょう。 この2点に注意することで、カーペットとフローリングを接着した両面テープを綺麗に剥がせる確率が、格段にアップするといわれています。 カーペット裏側についた両面テープの剥がし方 カーペットとフローリングを固定してしまうと、そう頻繁にテープを剥がしたり、貼り直したりすることはないでしょう。 何年もずっと貼り付けたままでいると、両面テープを剥がす際に、しっかりくっついた粘着剤に手を焼くことになります。 ここでは、カーペットの裏側にべったりとついてしまった、両面テープの粘着剤残りの剥がし方についてまとめてみましょう。 テープの粘着剤残りを剥がすといいますと、市販のシール剥がしなどが頭に浮かびますが、このような溶剤といわれる薬液を使った方法は、カーペットの裏側に使用することはあまりおすすめできません。 シール剥がしをはじめとする溶剤は、溶けてカーペット内部にまで染み込み、毛足などを傷めてしまうともいわれています。 剥がし方の手順ですが、まずはじめに、氷でカーペット裏側の粘着剤が残っている部分を冷やします。 少し時間をおいてから、冷えて固まった粘着剤の糊の大きなかたまりを金属櫛などを使って取り除きます。 次に、ドライヤーを使ってしっかりと残っている粘着剤の部分を温めます。 その後、当て布をした上からドライヤーの冷風で冷やし、固まった糊を剥がすという作業を繰り返します。 こちらが、カーペットに残った粘着剤の大部分を剥がす、一般的な方法といわれています。 フローリングに残った両面テープの剥がし方 フローリングに残ってしまった両面テープはどのように剥がせばいいでしょうか。 前章でも触れましたが、カーペットを固定するためにしっかり貼られた両面テープを力任せに引っ張ることは、フローリングに大きな傷をつくる原因にもなります。 長い間くっついていた両面テープを、スルッと綺麗に剥がすことは難しいということを念頭に入れて、丁寧にゆっくりと、根気よく作業を進めていきましょう。 剥がし方の手順ですが、ここでもドライヤーを使います。 まず、ドライヤーの温風で残ったテープ部分を温めます。 古くなって硬化した粘着剤をドライヤーの熱で緩めることで、テープがより剥がしやすくなります。 また、テープを剥がし終えた後の、フローリングに残ってしまった粘着剤には、市販の「テープ糊剥がし専用スプレー」が効果的です。 こちらのスプレーは、粘着剤を瞬間冷却させ、硬化させてもろくすることで剥がしやすくするタイプがおすすめです。 ホームセンターや、通販などで購入することができますので、準備しておくといいですね。 このようなスプレーを使っても残っている、しぶとい粘着剤跡は、ラッカーやシンナーなどの溶剤で拭き取ると綺麗に仕上がります。 身近なものも使える!フローリングに残った両面テープの剥がし方 前章で取り上げた「テープ糊剥がし専用スプレー」や、ラッカーやシンナーといった溶剤がなくても、身近なものを利用して、カーペットを固定している両面テープの剥がし残りを綺麗にすることができます。 ここでは、お手軽にできる、フローリングに残った両面テープの剥がし方についてまとめてみます。 1つ目は、料理用のお酢です。 キッチンペーパーにお酢を染み込ませたものを、両面テープ部分に重ねて、少し時間をおいてからゆっくり剥がしていきます。 キッチンペーパーの上からラップを重ねると効果的といわれていますが、匂いが少々きついので、しっかりお部屋の換気をしておきましょう。 2つ目は、中性洗剤です。 残ってしまった両面テープの粘着剤部分に塗布し、10分ほど放置した後、ヘラなどを使って擦り落とします。 中性洗剤に含まれる界面活性剤に、粘着剤部分を浮き上がらせる効果があるといわれています。 3つ目は、消しゴムです。 両面テープを剥がした後に、残った粘着剤だけを取り除く場合におすすめです。 残った粘着剤の上から擦るだけですので、とても簡単です。 どれもご家庭ですぐに用意できるものですので、使いやすいものから試してみて下さい。 剥がすことを前提にしたテープ選びを! これまで、カーペットをフローリングに固定していた両面テープの剥がし方について、いくつかの方法を取り上げてきましたが、そもそも剥がしやすい両面テープというものはないのでしょうか。 やはり、両面テープの剥がし残りや、粘着剤跡が気になるという消費者が多く、メーカーでは「貼る時はしっかり、剥がす時は綺麗に」という商品開発は永遠の課題ともいわれています。 そんな中で、水分を与えることで粘着剤がゼリー化して剥がれやすくなるテープが、すでに流通され、高い評価を得ているようです。 また、粘着剤の中に熱で膨らむ物質が含まれ、アイロンやドライヤーを使うことで粘着剤部分が膨らみ、剥がしやすくなるといったテープが、実用化に向けて開発中ともいわれています。 実際に、ホームセンターなどでカーペット用の両面テープを探してみると、剥がしやすくフローリングなどの表面に負担をかけにくいことをウリにしている商品も、多数出回っているようです。 しっかりと固定したい場所にこそ、剥がすことを念頭にした両面テープ選びが大切といえますね。 カーペットの両面テープは根気よく丁寧に剥がそう! 1度貼ると、頻繁に剥がすことがあまりないのが、カーペットとフローリングを固定する両面テープです。 カーペットの裏側にくっついた粘着剤や、フローリングに残った両面テープの剥がし方はいくつかありますが、どれも根気がいるものです。 さらに、カーペット自体やフローリングを傷めない気配りをしつつ、丁寧な作業を心掛けましょう。 また、溶剤などは、小さい範囲内で試してから使用するようにしましょう。

次の

【最強】両面テープのおすすめ人気ランキング10選|強力なのはどれ?はがせるタイプや透明なものも!

両面テープ おすすめ

レビュー: 29 【特長】JIS規格Z1541性能に適合。 柔軟で強靭なアクリルフォーム基材を採用した、非常に強い接合力を持つ両面テープです。 素材の変形や縮みにもよくなじみ、振動する場所でも高い接着力を発揮。 シール性、耐薬品性にも優れています。 屋内・屋外で使用できます。 【用途】金属、プラスチック、ガラス、タイル、木などの接着に。 素材の変形や縮みにもよくなじみ、振動する場所でも高い接着力を発揮します。 基材が柔らかいので、初期接着に優れ、ザラザラした合板・木にも使えます。 JIS規格 Z1541 1種レベル 構造用接合部 に適合しています。 基材が柔らかいので、初期接着に優れています。 抗菌加工したタイルにも接着が可能です。 JIS規格〈Z1541〉1種レベル 構造物接合部 に適合してます。 基材が柔らかいので、初期接着に優れています。 ザラザラした合板・木にも使えます。 JIS規格〈Z1541〉1種レベル 構造物接合部 に適合してます。 塩ビ素材の接着に【用途】【接着できる素材】。 プラスチック ポリプロピレン・ポリエチレン、軟質塩化ビニール。 金属 鉄・アルミ・ステンレスなど。 ガラス。 硬質ゴム。 【接着できない素材と場所】。 シリコーン・フッ素樹脂加工面。 軟質ゴム。 塗装がはがれやすい面。 球面・球体。 凹凸の激しい面 コンクリート・ブロックなど。 浴室など湿気の多い場所。 耐水性は、完璧で耐塩水性もあります。 特殊合成樹脂が原料で、溶剤が含まれていないのが最大の特長です。 その為使用後張り合わされた部分が硬化することなく緩衝材的な効果があり曲げても大丈夫です。 被着体を選択せず、ポリエチレンやPTFEなどの無極性の面やベニヤ板、コンクリート、鉄などの粗面に対しても粘着力 接着力 は強力です。 接合を良くする特殊処理の必要がなくその上粘着力 接着力 が強力な為使用量が少なくすみ非常に経済的です。 シリコン液 またはオイル をハサミ・ナイフ等にぬって切断して下さい。 はがすときはトリクレン、ベンジン等をたらし巻きとるようにして残りを取り除くことが出来ます。 寒冷期にはテープの保温留意する事、作業の際、温める必要のある場合もあります。 被着体の表面のホコリ、油、水等の異物を取り除いて下さい。 【テープ長さ m 】30【テープ厚さ mm 】0. 溶剤を含まず、特殊合成樹脂を原材料としているので貼り合わせ部分が硬化せず、緩衝材的な効果もあり曲げても大丈夫です。 食品衛生法にも適合しているので幅広いシーンでご使用頂けます。 粘着力が強力なため、小さくカットしても強度を保つことができ経済的です。 【用途】DIY、ホビー、モノづくりにおける生産加工及び補修用品【使用方法】被着体表面のホコリ、油分・水分等の異物を取り除いてください。 両面テープを接着する面にしっかりと貼り、剥離紙をはがします。 他面と貼り合わせた後、十分に圧着します。 本製品をカットする場合、ハサミ、ナイフ等にシリコン液を塗るか、刃を水でたっぷりと濡らして切断してください。 4 24. 3 、鉄同士:343. 1 34.

次の

テープ 【通販モノタロウ】

両面テープ おすすめ

両面テープの選び方 接着力で選ぶ By: 両面テープを選ぶときにまず確認する必要があるのは、接着力です。 気軽に購入できる両面テープの多くには、「一般用」と書かれています。 一般用の両面テープは、紙や発泡スチロールといった軽い素材を接着するのに十分な接着力を備えているのが特徴。 手軽に使える両面テープを探しているのであれば、一般用の製品を購入しましょう。 また、一般用よりも強力な接着力の両面テープを探しているのであれば、「多用途」と記載された製品を選ぶのがおすすめです。 多用途の両面テープはプラスチックや金属といった多少重いものにも使用できます。 一般用の両面テープを使って剥がれてしまった場合には、多用途の両面テープを使ってみましょう。 使用する場所で選ぶ By: 両面テープは、製品ごとに得意とする使用場所が異なります。 そのため、購入前にどこで使用するかを考え、適した製品を選ぶことが重要です。 平らな壁やボードなど、凸凹のない場所で使うのであれば、薄手の両面テープがおすすめ。 両面テープの厚みがないので、貼り付けたいものが不自然に浮き上がるのを避けられます。 一方、タイルやコンクリート、家の外壁など凸凹のある場所で使う場合は、厚手の両面テープがおすすめです。 凸凹があると薄手の両面テープが剥がれやすくなってしまうため、より強力な接着力を誇る厚手の両面テープが向いています。 そして、使用する場所の湿気が多ければ防水タイプ、高温になる場所であれば耐熱タイプなど、特殊な両面テープを使うのもおすすめです。 使用場所に適した両面テープを選ぶことで、本来の接着力を発揮できます。 どこで使用するかによって、両面テープを使い分けましょう。 使用されている素材で選ぶ 紙・不織布 By: 紙や不織布でできている両面テープの特徴は、ほかの素材に比べて薄いことです。 素手やハサミで簡単に切れるため、手軽に使えます。 テープ自体がとても薄いので、紙など厚みのない素材同士を接着可能です。 紙や発泡スチロールなど軽いものを扱う工作や、ポスターや写真、ポップの貼り付けなどにおすすめ。 価格もほかの素材より安いことが多く、手軽に常備しておけます。 布 By: 布製の両面テープは紙や不織布よりも厚みがあるため、やや耐久性に優れています。 多少重さのあるものを接着でき、木材やプラスチック、金属などに使用可能です。 また、凸凹している壁やベニヤ板などにも使えるのがポイント。 両面テープに厚みがあることで凸凹を上手く埋めて、しっかりと固定してくれます。 紙や不織布の両面テープよりも強力な製品を探している方におすすめです。 ゴム・アクリル By: 耐久性を重視して両面テープを選びたい方には、ゴムやアクリル素材の両面テープがおすすめです。 弾力と厚みがあるのが特徴で、天気や気温の影響を受けやすい屋外の使用も可能。 車や家の外壁など、外に貼り付けたいものがあるときに活躍します。 ただし、ほかの素材よりも分厚いため、ハサミを使用しても切るときに力が必要です。 軽い素材を接着するのであれば、布製の両面テープで事が足りるケースも珍しくありません。 事前に接着するものの素材を確認したうえで、ゴムやアクリル製の両面テープが必要かどうかを見極めましょう。 両面テープのおすすめ ニチバン NICHIBAN ナイスタック 一般タイプ NW-15 一般用両面テープのなかでも特におすすめのアイテム。 両面テープといえばこちらをイメージする方も多いほど有名です。 再生紙を採用しているため、手で簡単に切れる手軽さが特徴。 紙や発泡スチロールを用いる工作や、写真・ポスターの貼り付けなどに活躍します。 カッター付きで綺麗に切り取れるのもポイント。 変な形に破けて使えないという事態を避けられます。 手軽に使えて紙類を貼り付けるのに十分な接着力を誇る両面テープを探している方におすすめです。 ニトムズ Nitto はがせる両面テープ くりかえし貼れる透明 T3820 繰り返し貼ってはがせるのが特徴の両面テープ。 ポスターやポップの掲示など、貼り替えが必要になることが多い場合に活躍します。 何度でも使える秘密は、粘着剤の違い。 掲示物の方には、一度貼り付いたらはがれにくい強力な粘着剤を使用しています。 一方、壁面に貼り付ける方は何度でもはがせる弱粘着剤を採用。 ポスターの場所を移動させるときにも、安心して取り外せます。 さらに、透明なのでガラス面に貼り付けても景観を損ねないのがポイント。 掲示物の邪魔をせず、縁の下の力持ちとして接着します。 十分な接着力を持ちつつ、何度も繰り返し使える両面テープを探している方におすすめです。 清和産業 SEIWA 布につかえる強力両面テープ SHBW-1014C 布に貼り付けられる両面テープ。 布を使用する手芸や工作におすすめです。 水に強いため、濡れる恐れのあるアイテムにも活用できるのがポイント。 洗濯には対応していませんが、ちょっとした応急処置にサッと使えるのが魅力です。 裾がほつれたスカートやズボンの応急処置や仮止めに使えば、仮縫いをする必要がありません。 布同士を貼り合わせたあとにアイロンをかければ、より強力に接着可能。 テープの素材は不織布のため、手軽に切れるというメリットもあります。 ミシンを使わない布工作をしたい方や、布に対して強力な接着力を持つ両面テープを探している方におすすめです。 スリーエム 3M スコッチ はがせる両面テープ 強力 薄手 SRE-12 屋内用の両面テープ。 ポリエチレンや金属、ガラス、タイル、木などさまざまな素材に使えます。 1つ持っていればあらゆる素材に対応できる万能な両面テープを探している方におすすめです。 接着力が強く、貼り合わせたいもの同士をしっかりとくっつけられるのが嬉しいポイント。 屋内での使用であれば、いろいろなシーンに対応できます。 また、強力な接着力であるにもかかわらず、綺麗にはがせるのもメリット。 テープがちぎれることなく、スムーズにはがせて対象物にダメージを与えません。 接着力の強さとはがしやすさを両立させた両面テープを探している方におすすめです。 スリーエム 3M スコッチ 強力両面テープ 防水用 SWP-15 防水用の両面テープ。 アクリル系の粘着剤を採用しているため、水がかかっても接着力が衰えません。 ベランダや庭に敷くマットなど、屋外での使用も可能です。 雨風の影響を受けにくく、屋外でも問題なく使える両面テープを探している方におすすめ。 屋内でも濡れる恐れのある浴室や水道周りなどに使えるので、多くの場所で活用できます。 テープ自体はアクリル製で、周囲の環境によって変化しにくいのもポイント。 長く耐久性を維持できる防水用両面テープを購入したいと考えている方におすすめです。 スリーエム 3M スコッチ 強力両面テープ 外壁面用 SKB-20 外壁面用の両面テープ。 耐久性の高いアクリル系粘着剤を使用しているため、屋内の剥がれやすい場所だけでなく、屋内でも使えます。 凸凹のある外壁やコンクリート、ベニヤ、ブロックなどに使ってもはがれにくいのが特徴。 フラットではない場所でも難なく使える両面テープを探している方におすすめです。 テープの素材には不織布補強のアクリルフォームを採用し、天候に左右されない丈夫さを実現しています。 接着力が強く、一般用の両面テープがはがれてしまう凸凹した場所でも使える両面テープを購入したいと考えている方におすすめです。

次の