お年玉 いつまで 時期。 お年玉を渡す期間 いつまでに渡せばいい? 相場を年齢別に考察

お年玉はいつからいつまでいくらあげる?もらえない年齢は?少ない

お年玉 いつまで 時期

スポンサーリンク 年齢別お年玉の金額の相場 ・ 未就学児(0~6歳) 未就学児の場合によっては3歳位まではお金じゃなく お菓子とかを渡すご家庭 も多いです。 4歳~6歳で見ていくと500円~多くて1000円程度が相場に成っています。 お年玉を持ってお菓子を買いに行ったり、本を買ったりするには丁度良い金額 ですね。 ・ 小学校低学年(6~9歳) 小学校低学年に成ると 1000~3000円 位が相場になります。 この年齢に成るとお年玉の意味が解ってくるので 年齢が上がるに比例して少しづつ増やしていく感じですね。 ・ 小学校高学年 9~12歳) 小学校高学年は 3000円 位が相場になります。 お友達とお買い物やお出かけ代にお年玉を使う頻度が増えてきますので お年玉の使用方法などを決めていく時期かもしれませんね。 ・ 中学生(12~14歳) 中学生にも成るとバラツキが出始めます。 1番多い金額は 5000円 でした。 5000円が金額的にも丁度良いかと思います。 ・ 高校生(14~15歳) 高校生の相場は 5000~10000円 1年生は 5000円 2年生は 7000円 3年生は 10000円 と決めても良いと思います。 ・ 大学生 もう大学生に成ると一般的に上げなくても良い年齢かとと言う意見が多い ですね。 あげるなら 10000円 が一般的だと思います。 ・高校を卒業したら ・就職したら ・20歳になったら ・アルバイトを始めたら 人によってさまざまな「大人」の基準が有るので悩んでしまいますね。 統計 1番多い意見では、 「高校を卒業」するまではあげる。 2番目は 「社会人に(20歳)なるまで」が次に多い意見でまとまりました。 高校を卒業することは大人への分岐点なのかもしれませんね。 でもお年玉をあげる年齢などの決まりはないので「何歳まで」あげようと 家族・親族で決めても良いかなと思います。 そうすることで少しは悩みが解消しますね。 どの位の範囲までお年玉はあげるの?と言う悩みも出てきますね。 旅行がお年玉の代わりだったり、毎月のお小遣いでしたりご家庭でのルールが 有ると言う事でしょう。 お年玉事情はむずかしい 毎年の定例行事になっているお年玉、頭を悩ますイベントだと思います。 大体の相場を参考にご家族・親戚・両親でルールを決めて、楽しみにしている 子供たちに渡しましょう。 最高な笑顔が見れるでしょう(笑) 基本的には、あげる方の心持ち一つとも言えますので、常識の範囲内で新年をお迎えいたしましょう。

次の

お年玉はいつまでにあげるもの?渡す時期や年齢の決まりはあるの?

お年玉 いつまで 時期

子供にとっては楽しみなお年玉。 私も子供の頃はわくわくしていました。 しかし、大人になり、子供も授かると、 「いつからわたすべきなのか?」 悩みの種にもなります。 また、他の親戚の子供にはわたすものなのか? そこも悩みどころです。 私は、以下の通りにお年玉に関して決めました。 自分の子供に上げるお年玉は、理解できる年齢になってからあげる• 他の人から子供あてにもらったお年玉は子供の口座に貯金しておく• 親戚の子供には、実母に相談して決める• 18 歳までお年玉をあげる事にする お年玉はお金の使い方などを学ぶ大事な機会でもあるので、 しっかりルールを決めた上でわたしたいですよね。 自分自身の子供の頃の体験談と共に、 以下、詳しくお話していきます。 お年玉いつから誰にあげるべき? 親戚が多いと時期や金額も悩みの種に スポンサーリンク 私が子供の頃は、いつからもらっていたのか、 明確には覚えていません。 おそらく、小学生か幼稚園からでしょう。 小学生ではもらっていた事を覚えています。 幼稚園児の頃はもらっていなかった気はしますが、 はっきりは覚えていません。 小さい頃は、お年玉の半分くらいは 母が預かって貯金をして、残りは自分で考えて 使うか、使わないか決めていました。 大きくなり小学校中学年にもなると 全額、自分で決めて管理していました。 大体、ゲーム等を正月に買い、 後は貯金していました。 自分の口座を作ってもらう事で、 より貯金での楽しみが出来ました。 通帳をみて、少しずつ増えていく事が楽しみでした。 経験を通して考えると、 自分の子供も、ある程度の年になるまでは 親である自分が管理するつもりです。 お金の価値、お金の数え方などが分からないうちは 親が管理すべきでしょう。 その時に欲しいものにすぐ使ってしまい、 後先の事を考えられないからです。 お金の価値や計算方法が分かれば、 親からもお年玉を渡す予定です。 また、私は近くに住んでいる親戚が多く、 交流もさかんでした。 私が子供の頃は、 私より年上で、成人しているいとこが多く、 伯母や伯父も私の母よりも年上でした。 その為、たくさんの人からお年玉をもらう事が多かったのです。 今度は私が成人して、子供も授かりました。 しかし、今は実家から少し離れて暮らしています。 帰ったら親戚にも顔を出しますが、 私が子供の頃より頻繁ではありません。 また、私がまだ学生の頃にいとこは子供を産み、 私はお年玉をあげた事はありませんでした。 そこで、お年玉をあげるべきなのか? 悩むところではありました。 一人で悩んでも仕方ない為、母親に相談しました。 いとこの子供には母親はお年玉をあげていました。 そして、反対に伯母は私の子供にお年玉を用意していました。 まだ1歳になる前からもらっていました。 その為、私といとこの親同士でやり取りはしているが、 その子供である私達は無理にしなくてもいいといわれました。 私の子供がもらった分は、私の母がいとこの子供に返す。 私までお年玉を用意してしまうと、 向こうも気を使うからとのことでした。 住んでいる場所の都合など、 なかなか頻繁には会えなくなった親戚。 無理してお年玉をあげるなどをせずに、 たまに会う時にお土産などを渡す位が 互いに気を使わずにいいでしょう。 親戚について迷った事があれば、 実母に相談して正解でした。 因みに、伯母からもらったお年玉は、 子供名義の口座に貯金しています。 親戚からお年玉を受け取った場合、 お金について理解が深まるまでは貯金していきます。 お年玉はいつまであげる? 高校卒業=お年玉卒業でOK!? お年玉はいつまであげるべきか。 これも悩みます。 私が子供の頃は、18歳まで、 高校生までお年玉をもらっていました。 一人だけ、20歳までお年玉をくれる人もいました。 高校を卒業すると、働きに出て、自分でお金を稼いだり、 学生でも社会人でも、地元を離れる人も多いでしょう。 私も、地元を離れて大学生活を送っていました。 正月には帰るようにしていましたが、 帰らない人もいます。 そして、自分の子供の場合はどうなるか。 地元を離れていないかもしれないし、 離れて暮らしているかもしれない。 それはその時にならないとわかりません。 どちらにせよ、 高校卒業までがちょうど良い区切りとなるでしょう。 一人暮らしの場合、お年玉がなくても、 仕送りをこまめにすることになります。 実家暮らしでも、色々とお金がかかるでしょう。 その為、お年玉をあげるのは、 高校卒業までにしたいと考えています。 まとめ 子供の頃は楽しみだったお年玉も、 大人になると悩みの種となります。 自分の子供にはいつからあげるべきか… 親戚の子供にはお年玉をあげた方がいいのか… いつまでお年玉をあげるべきなのか… 悩みは沢山あります。 お年玉は、お金を自分で管理する勉強にもなります。 しかし、はやくあげすぎても、自分では管理できないどころか、 お金の価値も分からず、不必要なものに使ってしまいます。 お金の価値や数え方を理解してから渡した方がいいでしょう。 それまでは、あげるとしてもお金ではなく、 おもちゃやお菓子でもいいでしょう。 親戚には、悩む場合は親に相談すると 解決しやすいです。 気を互いに使って、疲れる事のないように、 慎重に決めましょう。 無理にあげる必要はありません。 また、お年玉は高校卒業を区切りにするとやめやすいです。 お年玉の分のお金を、仕送りなどに回しましょう。 子供にとって、どうする事が一番なのか、 良く考えて決めましょう。

次の

お中元の時期はいつからいつまで?関東・関西・東北・北海道・九州など

お年玉 いつまで 時期

スポンサードリンク 喪中の時はお年玉をあげる? 喪中の時は、お正月のいろんな行事を控えるものですが、お年玉は控えるべきなのかどうか悩みますよね。 特に、子供たちがお正月の一大イベントとして楽しみにしているものですし、あげないというのもちょっとかわいそうな気もするし、あげたいなぁという気持ちの方も多いと思います。 では、本当のところは、喪中の時にお年玉はどうしたらいいのでしょうか? まずは、お年玉の意味合いから考えてみましょう。 お年玉というのは、昔は、お正月に神様の御魂を分けて頂くという神事でした。 鏡餅を依代とされている年神様の魂がお餅にやどり、それを雑煮として頂くことで、年神様の魂とその年の幸福を一緒に分け与えて頂くというものだったんです。 それが現在では、お餅がお金に変わり、意味合いも「新年おめでとう」という意味で渡しているような所があるので、 本当は控えるのが正しいというのが一般の考えです。 ただ、喪中とは関係のない親戚の子供や知人の子供にとっては、いつももらえるお年玉がもらえないのは、寂しいですよね。 そこで、 「お年玉」としてお金を渡すのではなく、ただの「お小遣い」として渡すというのであればOKだろうという見解が最近は多くなっています。 今回は、「お年玉」ではないので、お年玉と書かれているポチ袋等を利用するのはやめておきましょう。 また、水引などがついたものを毎回使っていた場合は、紅白や赤金、金銀などの慶事を表す水引がついたものを使用するのは控えるようにします。 お年玉と書かれていないポチ袋も100均で売られていますので、探してみるといいですね。 喪中で「お年賀」はよくないでしょうし、「文具代」「書籍代」と書いて渡してあげるといいですね。 「お勉強がんばってね」 「いつも頑張っていて偉いね」 「また遊びに来てね」 などなど。 子供たちにとっては、貰える方が嬉しいでしょうし、子供中心で考えるなら、名目を変えて、渡してあげるのがいいと思います。 そのような気持ちになれないなら、渡さなくてもいいでしょう。 相手の親御さんにはお気持ちが伝わると思いますよ。

次の