珍 プレー 好 プレー 2019。 【MLB】通算105勝のリークが今季プレーを辞退|プロ野球アンテナ

TBSラジオ珍プレー好プレー大賞

珍 プレー 好 プレー 2019

ダイヤモンドバックスのマイク・リーク投手(32)が、今季はプレーしない選択をしたことが29日(日本時間30日)、明らかになった。 複数の米メディアが伝えたもので、新型コロナウイルス感染拡大の不安から、辞退する初のメジャーリーガーとなった。 通算105勝のリークは、レッズ、ジャイアンツ、カージナルスなどで主に先発としてプレーし、昨季途中にマリナーズからダイヤモンドバックスへ移籍。 今季もローテーションの一角として期待されていた。 リークの代理人を務めるダニー・ホーウィッツ氏は「今回のパンデミックが続く間、マイク(リーク)と家族は今季プレーすることについて多くの議論をしてきた。 マイクにとって簡単な決断ではなかった。 彼はダイヤモンドバックスのチームメートの幸運と健康を願っており、2021年を楽しみにしている」との声明を発表した。 関連記事• 2019年10月24日 04:00 - [なんJ 野球をまとめてみたよ]• 2019年12月21日 21:31 - [非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~]• 2019年11月25日 23:01 - [非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~]• 2019年11月25日 00:01 - [非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~]• 2020年2月8日 12:01 - [非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~]• 2020年2月7日 22:47 - [なんj@やきうの時間]• 2019年12月1日 23:15 - [ポリー速報]• 2020年2月8日 10:30 - [竜速(りゅうそく)]• 2019年12月1日 10:30 - [ツバメ速報]• 2019年10月23日 16:00 - [なんJ 野球をまとめてみたよ].

次の

「チキンラーメン!!」「えっインド人のカレー!?」爆笑問題プレゼンツ、珍プレー好プレー大賞2019結果は!?

珍 プレー 好 プレー 2019

約4ヶ月の中断時期を経て26日に再開したJリーグ(J1は7月4日)。 それに合わせてBS1『サッカーの園~究極のワンプレー~SP Jリーグ好プレー珍プレー!』が放送された。 まず最初に紹介されたのは、前園21歳のときの伝説のプレー。 95年の横浜フリューゲルスvsセレッソ大阪戦で魅せた、キレキレのドリブルゴールだ。 PA前でボールを奪った前園は一気にドリブル開始、細かいステップで2人のディフェンダーに相次いで尻もちをつかせると、キーパーもかわして右脚ゴール。 ワイルドなドヤ顔でキメる前園さんでした。 スタジオの前園は「キーパーをかわして打つまでをイメージしてた。 細かいタッチと緩急への意識が随所に現れたプレー」と自画自賛。 だがゲストの中澤は「ディフェンスがひどいですね」の辛口コメントを繰り出して番組開始。 94年のヴェルディ川崎vs清水エスパルス戦、右サイドでボールを受けたカズはゴールへ一直線、待ち構えるDFを高速シザーズでかわし、右脚を振り抜いて鮮やかなゴールを決めた場面だ。 カズのシザーズに相手はなすすべ無し、分かっていても止められない必殺技だ。 スピード、キレ、スタミナの三拍子が揃って初めて使いこなせるこの技は、まさにカズの豊富な練習量とストイックな体調管理から生まれたものだ。 そしてしばしの箸休め時間は、珍プレーや人気の外国人選手を案内するコーナー。 Jリーグ初のオウンゴールが井原正巳だったのは意外なトリビア。 柏GK南雄太の180度腕回転オウンゴールは、今でもコスられる名作珍プレーだ。 懐かしかったのは「ドモダチナラ、アタリマエ~」のアルシンド、ユニークなキャラと落ち武者ヘアーで人気となりCMにも引っ張りだこだった。 そしてよく覚えているのは93年の浦和レッズvs鹿島アントラーズ戦。 福田正博のJ初ゴールをレッズの選手が集まって大喜び、でもその間にプレーを再開され、あっという間に失点を喫してしまうという間抜けなシーンだ。 「選手が全員自陣のピッチに入った瞬間、試合が再開できる」というルールを知らずに、自陣に集まってはしゃいでしまった福田さんとレッズイレブン。 主審に抗議するも、後の祭りだったという情けない次第だ。 番組インタビューを受けた福田は「喜びすぎちゃいけない。 それとルールは勉強しなさい」を今更ながら学んだらしい。 後半の話題は、90年代半ばから2000年代始めまでJリーグを沸かせた2強、鹿嶋アントラーズとジュビロ磐田のライバル対決。 中でも伝説となっているのが、01年の年間王者を決めるチャンピオンシップ第2戦の試合だ。 互いに「嫌なチーム、燃えますよね」「熱いんですよ!、バチバチ感ていうのか」と当時の想いを振り返る。 前半25分、鹿島の小笠原満男が壁越しを狙った左コーナーへのFK、それを磐田キーパーのヴァン・ズワムがファインセーブで弾く。 さらに名良橋のクロスから中田浩二が、そして本山雅志のスルーパスから柳沢敦がシュートを放つが、いずれも外れてしまう。 一方の磐田もフリーになった藤田俊哉がヘディングで合わせるが、秋田豊の冷静な対処で塞がれ無得点、一進一退の攻防が続いた試合は0-0のまま延長戦へ入る。 そして延長前半の10分、あの「伝説のフリーキック」が生まれた。 前半と同じ左20mの位置にFKのチャンスを得た鹿島。 小笠原は短い助走から右脚一閃、ボールはヴァン・ズワムの逆を突いてゴール右隅に吸い込まれていった。 当時は延長Vゴール方式、小笠原の一振りで2連覇となる年間チャンピオンを決めた劇的シーンだ。 もう一つのビックマッチは、02年の2ndステージ終盤での対戦。 延長の終了間際、味方ブロックの跳ね返りを素早く拾った福西がドリブルからのインステップ・シュート、鮮やかにGKの右を突き破り延長Vゴールとなる。 これで磐田は同年前後期ステージ完全制覇を達成したのだ。 ボールを受けてからゴールまでの5秒間にいくつかの可能性を考えたという福西、元ブラジル代表ドゥンガの「頭と体は常に動かしておく」という教えを実践した、大一番で生まれた会心のゴールだった。 前園は2チームの強さについて「自分たちのサッカーがはっきりしている」と分析、中澤は「ジュビロに関しては選手(中山、高原、名波、藤田ら)がすべて、もう止めれない」と絶賛だ。 若い有望選手がどんどん海外でプレーするようになった今では、もうこんなチームは現れないだろうと思うと少し残念。 Jリーグといえば、毎年繰り広げられる熾烈な残留争いも見所のひとつ。 その中でも最も印象深いのが、J1-J2の入れ替え制が導入された99年、浦和レッズ最終節の試合だ。 残留を懸けサンフレッチェ広島との試合に臨む浦和。 だが残留を争う他会場のライバル・ジェフ市原が勝点3を得たため、浦和は90分以内での勝利(延長での勝利は勝点2)が絶対条件となる。 しかしゴールネットを揺らすことなく、0-0のまま90分が終了。 浦和のJ2降格が決まってしまったが、引き分けがない当時のルールで、Vゴール方式の延長戦が続く。 意味のなくなったゲームで虚しくボールを追いかけるレッズの選手たち。 延長後半の1分、ペトロビッチの上げたクロスに福田が詰めて、Vゴールの決着となる。 しかしゴールを決めた福田に喜びの表情はなく、抱きついてきた池田学に応えることなくその両腕をふりほどく。 涙する福田に「来年あがってくればいいじゃないですか」と励ましの言葉をかける広島の森保一。 Jリーグ史上最も切ない「笑顔なきVゴール」の名場面だ。 前半最後の話題として3人が語るのが「黄金世代」の中心、小野伸二選手の天才的プレー。 あの柔らかなボールタッチとトリッキーな技で魅せるプレーは、まさに予測不能のオリジナルスタイルだ。 そんな彼の特徴がもっとも表れたのが、フェイエノールトから浦和に復帰した06年の鹿島戦で披露した「究極のプレー」。 PA前でパスを受けた小野は、右足アウトサイドの絶妙なループシュートでゴール。 PC画面でこのプレーを観ていた川口能活も「足首のつくりがどうなっているんだというキック」と苦笑いするしかない。 前園によれば、右足アウトサイドでボールを浮かせるのは至難の業。 それをいとも簡単にやってのけるのが小野の凄さだ。

次の

僧侶枠の珍プレー好プレーを振り返ろう! 歴代作品のスター選手が魅せる特番が9月15日放送

珍 プレー 好 プレー 2019

概要 [ ] 毎回、12球団やの試合の中から激突、乱闘、抗議、審判受難、珍妙な観客乱入、野球選手の取材、最後の数分で好プレーなどペナントレースを始めキャンプ、オープン戦、日本シリーズ等で起こった1年間の「珍プレー・好プレー」を特集する特別番組。 なお、好プレーは番組の最後に流れる。 『』が始まった(51年)から(昭和55年)までそれに似た前身の特集コーナーがあり、最初は面白いプレーを集めた傑作集でのナレーションはなく、字幕付きだったが、当時プロ野球ニュースのキャスターだったみのが、メジャーリーグの映像に合わせてふざけ気味に喋っていたところディレクターに「それいけるよ」と判断され、試験的に付きのものを放送したところ大反響を呼び、珍プレー好プレーの企画の実現につながった。 またこれが、みのを番組のにするきっかけにもなった。 そのきっかけを作ったのは中日のの(昭和56年)に起きた『』でにで行われた対19回戦における、中日の宇野選手のエラーがきっかけとなって、『プロ野球珍プレー・好プレー集』が始まったとされる。 さらに、この企画が始まった1980年代には、ができるようになり、これによって、様々な場面を長時間にわたり撮影できるようになった。 これによって、これまでフィルムだったら撮影できなかった様々な表情が撮影できるようになった。 に『 決定!! '83第1回プロ野球珍プレー好プレー大賞』として初放送された。 この回はタイトルに83となっていたが、番組内容はから1983年の3年間の珍プレー好プレーを特集したものであった。 からまではプロ野球前半戦終了後の7月(8月)にも放送が開始されたため、年2回放送の企画に発展した。 番組当初は当番組のも行っているみのもんたや『プロ野球ニュース』のキャスターでもあるが司会だったが、からと、91年総集編からは板東に代わり当時のフジテレビのアナウンサーの中井美穂、96年以降は板東が復帰し、紳助、板東、女子アナ 西山喜久恵、木佐彩子、大橋マキ、内田恭子 の3人体制となっていた。 毎回高視聴率をマークし、他局でも同じ企画の番組が放送されるなど高い人気を誇っていたが、プロ野球全体の人気の低下などを原因に徐々に視聴率が落ち始め、の放送は1984年以来21年ぶりに年1回の放送に縮小され、翌からまでは特番としての放送はなく、事実上の打ち切り状態となっていた。 『 プレゼンツ プロ野球珍プレー好プレー大賞 完全復活祭! あの伝説の珍も甦る〜中居君も思わず笑っちゃいますSP〜』として5年ぶりに復活し、以降2014年までは12月下旬に放送されていた。 より、放送枠が2004年以来11年ぶりに帯に復帰して放送され、同年から『 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞』と題した年1回の特別番組としてに放送されている。 また、中居正広のとしても放送されている。 2015年は司会は、の(2016年は出演なし)で、審査員長が、そしてみのが2002年大晦日以来13年ぶりに特別ゲストとして出演した。 、プロ野球を含むスポーツ全般を扱った本番組の特別編『 緊急生中継! 中居正広のスポーツ珍プレー好プレー みんなで 生 サプライズを! おこしましょうSP』を生放送。 番組のオープニングには本番組のテーマ曲が使用されたが、内容は通常の珍プレー好プレーとは異なり大賞等の賞選出はなく、出演者も中居 とアンタッチャブル のみだった。 - 2011年 - 2013年 - 2013年 - 2019年 - 2019年 珍の殿堂 みのもんた 審査委員長 - 2015年 - 2017年 みのもんた - 2018年、2019年 ナレーション 2010年から2012年までは山崎がメインナレーションでもう一人はサブナレーションであった。 2013年と2014年はみのと山崎のW体制。 2015年から2018年までは松村と山崎とのW体制となり2019年は山崎とナイツが務めた。 なお第1期の映像に関してはみのもんたのナレーションのまま放送しているが2018年のみ一部過去の映像は松村と山崎が吹き返し直していた。 なお2019年のナイツは漫才風にナレーションをしていた。 2019年 - 2010年以前もたまッチ! 内で不定期に相方のと共にナレーションをしていた。 - MLBのみ 2015年 - 2018年 山崎弘也 2013年、2014年 みのもんた - 国内のみ(一部除く)。 2015年以降はナレーションを松村に引き継ぎ珍の殿堂としてスタジオ出演している。 山崎弘也 - 一部国内とMLB 2012年 山崎弘也 () 2011年 山崎弘也 2010年 山崎弘也 (フジテレビアナウンサー) タイトルコール [ ] 第1期の途中の1993年から第2期も共通してその年ブレイクした芸能人・芸人や優勝チームのプロ野球選手、監督 古田敦也、野村克也 が登場することが多く、ナレーションのみのもミリオネアがブレイクした年はCGキャラながら登場した。 また2000年以降は女子アナウンサーが担当することもあり、基本的には一言言ってから珍プレーを紹介するが全く喋らずに紹介することもあった。 1993年:(総集編) 1994年:、中井美穂(総集編) 1995年:(総集編) 1996年:との着ぐるみ(総集編) 1998年:(・)(完全版) 2000年:大橋マキ(上半期、年間) 2001年:みのもんたのCGキャラクター(上半期) 2002年: 2003年:(上半期)、内田恭子(年間) 2004年:(上半期)、、斉藤舞子(年間) 2005年: 2010年:(・・)、マーくん、つば九郎 2012年: 2013年: 2014年:、ジャビット、つば九郎 2015年: 2016年:(たかし・) 2017年: 2018年:() 2019年:(長田庄平・松尾駿) テーマ音楽は当初によるものであったが、1991年からはのアーケードゲーム のを使用している。 みのもんたのナレーション [ ] 当番組の売り物でもあるみののナレーションは初放映時から一貫して務めている他、実は台本を一切貰っておらず映像は前もって見るだけでその後は全てアドリブで収録を行っている。 放送当初は選手名を積極的に連呼していたが、番組が進行するにつれて連呼しなくなった。 元のによると、中日監督当時の星野の台詞は「かなり近い」という。 またナレーションに定評があるものの、行き過ぎたナレーションもあり批判もあった。 ちなみに、好プレーは選手の名前を呼ぶだけである。 (例:松井の好プレーが出ると「松井! 」連続で出るときは「もういっちょ松井! 」という感じでこれに抑揚を多少つける。 )2015年以降の第2期では珍プレーの合間に入れる構成だったため名前を呼ぶ演出が廃止されたが2019年はEDでまとめて放送する演出が復活した(但しローカル枠のため大半の地域では未放送) 審判団にとっての印象 [ ] 番組としては当初は高視聴率を上げているものの、審判団からはあまり快く思われていなかった。 その理由として• 審判が抗議されている場面で、みのもんたの審判のセリフのアフレコと、実際の審判の試合中の言動が全く違っていることが度々ある(例:戦で抗議しているの監督が、ガムを噛んでいる審判に対して「のガム噛みやがって(間接的にロッテから何らかの便宜を受けていると揶揄しているニュアンスに取られることから)」という趣旨のアフレコ)。 誤審を犯した審判が監督に頭が上がらないような表現をしており、事実と異なっている。 審判を完全に馬鹿にしている。 抵抗できない立場にいる審判に対する暴力シーンを流している。 などがあり、勝手なナレーションや暴力シーンの自粛を放送局に要請したこともあった。 歴代珍プレー大賞受賞者 [ ] 2001年~2003年はタイトルに大賞とついていたものの大賞受賞は行われなかった。 :()• :()• :()• :()• :(大洋)• :()• :(日本ハム監督)• :()• :()• :()• :(ヤクルト)、(ヤクルト)• :(巨人)• :()• :(中日)• :(ヤクルト)• :(横浜。 好プレーでの唯一の受賞者)• :(ヤクルト)• : (巨人)• :(ロッテ)• :(中日)• :(中日)• : (ソフトバンク)• :(広島)• :選定なし(代わりに過去の珍プレーから2007年度のが選ばれた )• :(ロッテ)• :(DeNA)• :鈴木あずさ(球場アナウンス担当。 選手・監督以外の球団関係者の受賞は初となった)• :(ロッテ) 歴代「珍プレー名人」 [ ] 特にパフォーマンスに優れた野球選手、番組に多大な貢献をした選手は「名人」と呼ばれ、「名人特集」が数回放送されている。 (中日)• (広島)• (大洋・横浜)• (ヤクルト)• (ヤクルト)• (ヤクルト)• (日本ハム) 放送リスト [ ] 主に枠で放送されていた。 中には19:00-19:30枠の番組を休止して2時間枠に拡大して放送されたり、単発番組枠ではない枠で、通常番組を休止して放送された回もあった。 回 放送日 放送時間() 放送タイトル 番組枠タイトル 1 () 20:02 - 21:48 決定!! '83第1回プロ野球珍プレー好プレー大賞 『』枠 2 () 決定!! '84第2回プロ野球珍プレー好プレー大賞 『』枠 3 (木曜日) 最新版! '85プロ野球珍プレー好プレー爆笑スペシャル 4 1985年(木曜日) 決定!! '85第3回プロ野球珍プレー好プレー大賞 秋のスペシャル 5 (金曜日) 19:30 - 20:54 ' 86オールスタープロ野球珍プレー好プレー最新版!! 『』枠 6 1986年11月7日(金曜日) 19:00 - 20:54 決定!! '86第4回プロ野球珍プレー好プレー大賞 7 (金曜日) 19:00 - 20:54 最新版・'87プロ野球珍プレー好プレー爆笑スペシャル 8 1987年(金曜日) 19:00 - 20:54 決定!! '87第5回プロ野球珍プレー好プレー大賞 9 (金曜日) 19:30 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー'88夏 10 1988年(金曜日) 19:00 - 20:54 決定!! '88第6回プロ野球珍プレー好プレー大賞 11 (金曜日) 19:30 - 20:54 ' 89プロ野球珍プレー好プレー 夏休み特集・お待たせしました! 本家本元・珍プレー集 12 1989年(金曜日) 19:00 - 20:54 ' 89プロ野球珍プレー好プレー大賞 13 (木曜日) 19:00 - 20:54 ' 90夏! 痛快スペシャル プロ野球珍プレー好プレー前半戦!! 14 1990年(金曜日) 19:00 - 20:54 ' 90プロ野球珍プレー好プレー大賞 『』枠 15 (金曜日) 19:30 - 20:54 ' 91プロ野球珍プレー好プレー爆笑最新版 16 1991年() 19:00 - 20:54 ' 91プロ野球珍プレー好プレー大賞 『』枠 17 (金曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'92前半戦スペシャル 『金曜ファミリーランド』枠 18 1992年11月13日(金曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'92総集編 19 (金曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー'93前半戦スペシャル 20 1993年11月12日(金曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'93総集編 21 7月15日(金曜日) 19:30 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'94前半戦スペシャル 22 1994年11月10日(木曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'94総集編 『』枠 23 (火曜日) 19:30 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'95前半戦スペシャル 『火曜ワイドスペシャル』枠 24 1995年11月14日(火曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'95総集編 25 7月5日(金曜日) 21:00 - 22:52 プロ野球珍プレー好プレー'96前半戦スペシャル 『』枠 26 1996年11月12日(火曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'96総集編 『火曜ワイドスペシャル』枠 27 7月22日(火曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー'97前半戦スペシャル 28 1997年11月3日() 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'97総集編 29 (金曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー'98前半戦スペシャル 30 1998年11月3日(火曜日) 19:00 - 20:54 プロ野球珍プレー好プレー大賞'98完全版 31 () 19:00 - 20:54 ' 99プロ野球珍プレー好プレー真夏の超完全版 32 1999年(金曜日) 21:00 - 22:52 プロ野球珍プレー好プレー大賞'99完全版 『金曜エンタテイメント』枠 33 7月14日(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー2000 真夏の夜の超夏祭りスペシャル 34 2000年11月10日(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー大賞2000 究極の20世紀総決算スペシャル 35 7月13日(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー2001夏 21世紀も珍プレーは不滅ですスペシャル 36 2001年(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー大賞2001 ありがとうミスター! 大感謝スペシャル 37 (金曜日) 珍サポーター宣言! プロ野球珍プレー好プレー2002 真夏にもっと燃え上がれSP 38 2002年(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー大賞2002 ありがとう20周年スペシャル 39 (金曜日) プロ野球珍プレー好プレー2003 夏・踊る珍大放出スペシャル 40 2003年(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー大賞2003 珍パワー全開・超お祭騒ぎスペシャル 41 7月9日(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー2004 珍オールスター! 真夏のハッスル大暴れスペシャル! 42 2004年12月3日(金曜日) プロ野球珍プレー好プレー2004 やっぱり野球っておもしろい! 家族そろって気合いだぁースペシャル!! 43 (金曜日) 14:05 - 15:55 プロ野球珍プレー好プレー芸能人大集合! 大宴会SP ローカルセールス枠 44 (水曜日) 17:00 - 18:00 たまッチ! PRESENTS プロ野球珍プレー好プレー大賞2010 完全復活祭! あの伝説の珍も甦る 〜中居君も思わず笑っちゃいますSP〜 45 () 13:30 - 14:25 たまッチ! PRESENTS プロ野球珍プレー好プレー大賞2011 中居君と一緒に大笑い!! ハッピーメリー(珍)クリスマス 46 12月30日(日曜日) 13:30 - 14:30 たまッチ! PRESENTS プロ野球珍プレー好プレー大賞2012 年忘れ(珍)大連発 〜中居君も思わずワイルドだろぉSP〜 47 12月29日(日曜日) 14:30 - 16:00 たまッチ! PRESENTS プロ野球珍プレー好プレー大賞2013 伝説のナレーション完全復活 いつ見るの? いまでしょ! SP〜 48 (水曜日) 12:00 - 14:00 たまッチ! PRESENTS プロ野球珍プレー好プレー大賞2014 みの復活! 49 () 21:00 - 23:10 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2015 〜安心してください! 33年分ありますよSP〜 『』枠 50 11月5日(土曜日) 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2016 今夜決定! 500名超一流プロ野球選手vs徳光率いる豪華審査員No. 1珍はこれだSP 51 (日曜日) 19:00 - 21:54 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2017 祝35周年! 現役選手が選ぶ最新 珍 一挙放出! 空前絶後!! 伝説の乱闘者大集結SP! 『』枠 52 (土曜日) 21:00 - 23:10 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2018 平成最後の珍プレーだよ! 全員集合SP! 『土曜プレミアム』枠 53 (日曜日) 19:00 - 21:54 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2019 プロ野球にわかファンも大歓迎! 1年1度だジャッカルSP! 特別編1 日曜日 緊急生中継! 中居正広のスポーツ珍プレー好プレー みんなで 生 サプライズを! 起こしましょうSP 特別編 2002年の『』内のコーナーとして「中居正広VSみのもんた 珍プレー・生ナレーション対決!! 」が行われた(2002年7月7日放送)。 スタッフ [ ] 2012年以降 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年1月)• イラストレーター:• 構成:、天野敏宏• TD:田原健二• CAM:松井光太郎• LD:渡辺啓史• VE:鈴木貴裕• AUD:藤田勝巳• 美術制作:副島翔太郎(2012年)• デザイン:齋田崇史• 美術進行:足立和彦• CGタイトル:• 編集:平賀雄貴(2011年~)• MA:木村亮充(2011年~)• 音響効果:東藤雅人、横川優子• 技術協力:、• 映像提供:(2011年~)、、、、、、、、、、、、、• 制作協力:、、、、、/• 編成:清水泰貴・大坊雄二(2011年~)、門脇寛至(2012年)• TK:鈴木杏奈• AD:杦本亜紀 、菊鳥隆太• ディレクター:戌亥芳昭• 演出:石武士• プロデューサー:吉田博章• 制作:フジテレビスポーツ局• 制作著作: 過去のスタッフ [ ]• 美術制作:坂内亮(1985年)、一色隆弘(1986年)、川島努(1987年)、重松照英(1994年:総集編)、阿部知宏(2010・2011年)• 美術進行:渡部一夫(1985年、1986年)、山根安雄(1987年)、堀部信行(1994年:総集編)• CGタイトル:木村卓 1992年 :総集編、前川陽介(2010年)、旗野絵里(2011年)• 電飾:(1985年、1986年)、福田喜作(1987年)、谷口雅彦(1994年)• 大道具:林光明(1985年、1986年)、比嘉亘(1987年)、坂井稔(1994年・総集編)• 装飾:岡辰夫(1985年、1986年)、今村文孝(1994年・総集編)• メイク:田川達郎(1985年、1986年)、山崎富美江(1987年)• アクリル装飾:高信作(1985年〜)、熊谷好恵(1994年:総集編)• タイトル:加藤啓次(1985年、1986年)、山形憲一(1987年〜)• 技術:福田勝豁(1983年、1986年〜)、山下則近(1985年)• SW:河合宣貴(1992,1994年:総集編)• カメラ:笹川一男(1985年)、小張豊(1986年)、加藤文也(1987年)、村辻敏幸(1994年:総集編)• 映像:後藤清一(1985年、1986年)、小林勇(1987年)、田中秀穂(1994年:総集編)• 音声:清水幸男(1985年)、吉田信吾(1986年)、三井登(1987年)、野原章(1994年:総集編)• 照明:小宮俊彦(1985年、1986)、山際邦康(1987年)、菅原昇(1994年:総集編)• VTR:上坂伸一(1985年)、吉田正美(1992年:総集編)、大槻浩司(1994年:総集編)• イラスト:(1986年)• MA:中田順一(東北新社、1985年)、国末光敏(東北新社、1986年)、竹岡良樹(オムニバス・ジャパン、1992,1994年:総集編)、中村貴明・民幸之助(2010年)• 技術協力:東京フイルム・メート・(2010年)• マルチビジョン:丸山明道(1986年、1992年:総集編)、三井良浩(フラワースタッフ、1987年)• スキャニメイト:(1986年)• アニメ:(1983年)• AD:菊池裕(1986年)、中根将好(1986年)、坂内謙太(2010年)、藤田真弘(2010・2011年)• ディレクター:矢野順二(1983年)、石山辰吾(1985年〜1987年)、磯部晃人(1985年)、上東渉(1992年~)、(1992,1994年:総集編)、窪田正利(1994年:総集編)、高盛浩和(1996年~)、戌亥芳昭(1998年~)、吉田博章(2003年~)• 演出:松野博文(1985年)、矢野順二(1985年)、鵜月隆郎 1992年:総集編• プロデューサー:小倉浩介(1983年・1994年:総集編)、広瀬忠弘(1983年)、抽口満(1985年)、森洋介(1986年)、高島二六(1987年~)、石川幹雄(1992年:総集編)、鵜月隆朗(1994年:総集編)、菊池裕、 脚注 [ ]• 10「珍プレー好プレーPart. 1」』()p. 7 - 8 より。 『オレたちのプロ野球ニュース 野球報道に革命を起こした者たち』〈TOKYO NEWS BOOKS〉、2017年、141-142頁。 但し2013年までは関東ローカルで系列局は放送時間が異なったり、放送されていなかったが2014年は全国ネットに昇格した。 都内某所から中継出演。 フジテレビ本社から出演。 この映像は内で2007~2008年頃放送されたものを当時のスタジオの音声そのままに使われていた。 そのためスタジオに不在の柴田などの声も紛れていた。 通常は『』枠。 19:00-19:30放送の『』は休止。 19:00-19:30放送の『』は休止。 19:00-19:30放送の『』は休止。 通常は『』(19時台)、『』(20時台)の枠。 19:00-19:30放送の『』は休止。 19:00-19:30放送の『』は休止。 通常は『』(19時台)、『』(20時台)の枠。 通常は『』(19時台)、『』(20時台)の枠。 通常は『』(19時台)、『』(20時台)の枠。 通常は『』(19:00-19:30)、『』(19:30-20:00)、『』(20時台)の枠。 この回は生放送。 は2011年2月19日、16:25-17:20に振替放送。 通常は『』(11:55-13:00)、『』(13:00-13:30)、『東海テレビ制作の昼ドラマ』(13:30-14:00)の枠。 は同年12月29日、13:00 - 15:10に遅れネットで放送。 ・・・・・・は21:48で飛び降り。 2010年はデスク 関連項目 [ ]• - 中居、山崎が出演している番組。 (東海テレビ制作)- かつての新春特番でみのが司会をしていた時期があった。 旧題「プロ野球12球団新春リレーマラソン」。 () - 系列で1995年? まで年2回放送されていたプロ野球特番。 - 日本テレビ系列で2004年まで年1回放送されていたプロ野球特番。 - 及びの番組で放送中に起きた「珍プレー・好プレー」を集めたラジオ番組。 - テレビ東京で放送されていた番組。 プロ野球とは関連はないが、過去のの名シーンを集めたコーナーで「珍プレー好プレー」というタイトルが使われていた。 外部リンク [ ]•

次の