デュタステリド 副作用。 【クリニック監修】本当のところ、デュタステリドの効果と副作用はどうなの?|薄毛・AGA治療のあれこれ、Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)の頭髪コラム

【体験談】プロペシアとデュタステリドを3年服用した効果と副作用

デュタステリド 副作用

デュタステリドとは比較的新しいAGAの治療薬です。 髪の毛のボリュームが気になる方なら「ザガーロ」というお薬の名前を一度は聞いたことがあるかもしれません。 デュタステリドはザガーロに含まれている成分の名前です。 今回はこのデュタステリドについて効果の高さや副作用などについて詳しくご説明していきます。 デュタステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療薬 デュタステリドはAGAの治療薬です。 これまで主流だったAGA治療薬であるフィナステリド(プロペシア)は、2005年に厚生労働省の承認を受けました。 一方でこのデュタステリドが承認されたのは2015年です。 プロペシアの承認から10年後にAGA治療への承認を取得した、比較的新しい治療薬として知られています。 デュタステリドはザガーロという商品名で一般に販売されているお薬です。 発売元はグラクソ・スミスクライン ザガーロとしてデュタステリドを販売しているのは、大手製薬企業のグラクソ・スミスクライン(GSK)です。 アボルブカプセルと成分は同じ デュタステリドといえばアボルブカプセルという名前で販売されているお薬もあるのをご存知でしょうか。 アボルブカプセルには0. 5mgの規格しかありませんが、こちらもザガーロと同様にグラクソ・スミスクラインが販売しているものです。 ザガーロとアボルブカプセルの見た目はとても良く似ていますが、なぜ同じ成分のお薬を別の名前で販売しているのでしょうか。 実はアボルブカプセルはデュタステリドを含むお薬ではあるものの、AGAの適応はありません。 前立腺肥大症の治療薬として販売されているものなのです。 一方でザガーロの適応は男性における男性型脱毛症の進行遅延のみ。 成分は同じでも取得している適応が違うお薬なのですね。 ちなみにザガーロは薬価未収載のお薬なので、処方している病院によって価格が変わってきます。 後ほど詳しくご説明しますが、デュタステリドはAGAを進行させるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるお薬です。 発毛を促進させるものではありません。 もちろんAGAの進行を抑えることで、抜け毛が減り髪の毛の本数を増やせるのでまったく効果がないわけでは決してありません。 より高い効果を実感したい方は、デュタステリドでAGAの進行を抑えた上で、発毛を促進させるミノキシジルを併用して治療をしていくケースが多いです。 治療効果の実感にはおよそ6か月必要 すぐにでも髪の毛をフサフサにしたい、AGAのことを気にしない生活をしたいとお思いの男性も多いでしょう。 しかしデュタステリドは服用を始めてもすぐには発毛効果を実感できません。 一般にデュタステリドによるAGAの治療効果を評価するには6か月必要だと言われています。 6か月と聞くととても長く感じますよね。 なぜこんなに時間がかかってしまうのでしょうか。 これには毛髪サイクルが関係しています。 休止期から成長期へ移行するのにだいたい3~4か月ほどかかります。 成長期に移行した髪の毛がしっかり育つことで毛髪のボリュームを実感できるようになるのです。 しかし生えている髪の毛すべてが一気に休止期から成長期へ移行するわけではなく、それぞれがそれぞれのサイクルで成長しているため、デュタステリドの効果を実感するのにおよそ6か月かかってしまいます。 デュタステリドとフィナステリドの違い デュタステリドは比較的新しいお薬だと言いましたが、デュタステリドが出る前はプロペシアという名前のフィナステリドを含んだ治療薬が主に使われていました。 デュタステリドとフィナステリド、いったい何が違うのでしょうか。 違いを詳しく見ていきます。 AGAを進行させる原因はジヒドロテストステロン デュタステリドとフィナステリドの違いを説明する前に、まずはAGAがなぜ進行してしまうのかをおさらいしておきましょう。 AGAの原因を理解しておくことでデュタステリドとフィナステリドの違いもよりわかるようになります。 AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きによって進行していきます。 ジヒドロテストステロンが毛母細胞に働くと、髪の毛の成長をストップさせるように働いてしまうため脱毛が起きてしまうのです。 このジヒドロテストステロンは体内に最初から存在しているわけではありません。 テストステロンという男性ホルモンが変換されることでジヒドロテストステロンが出来上がります。 デュタステリドの特徴 まずはデュタステリドの特徴から見ていきましょう。 AGAを進行させる原因であるジヒドロテストステロンの量を減らしてあげることで治療をしていくものです。 〈効果を実感するまでの期間〉 デュタステリドを飲みはじめておよそ6か月で効果を実感できます。 フィナステリドの特徴 次にAGA治療薬とし歴史の長いフィナステリドの特徴を見ていきましょう。 〈医薬品名〉 プロペシア 〈剤形〉 錠剤 〈作用機序〉 作用機序はデュタステリドとほとんど同じです。 しかしデュタステリドと異なる点が1つだけあるので注意。 〈効果を実感するまでの期間〉 フィナステリドを飲みはじめておよそ6か月で効果を実感できます。 効果が出るまでの期間はデュタステリドと変わりません。 デュタステリドは半減期がとても長いのが特徴 大まかなデュタステリドとフィナステリドの違いを説明しました。 しかし実はもう一つ大きな違いがあるのです。 「半減期」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日常ではめったに耳にする言葉ではないので、初めて聞く方も多いかと思います。 半減期とはお薬を飲んでから成分量が半分になるのにかかる時間のことです。 デュタステリド0. 1mgを飲んで、それが体の中で0. 05mgまで減るのにどれくらいの時間が必要なのかを表します。 この半減期もデュタステリドとフィナステリドとでは大きく違うのです。 デュタステリドの半減期はとても長いことで知られています。 グラクソ・スミスクラインが開示しているデータによると、デュタステリドの半減期は約3~5週間であると記載されています。 これは0. 1mgのデュタステリドが0. 05mgになるのに3~5週間もかかるということです。 半減期が短いお薬だと数日から数時間程度のお薬もあるので、デュタステリドの半減期がいかに長いかがおわかりいただけるでしょう。 一方でフィナステリドの半減期は0. 2mgの規格だと2. 8時間、1mgだと4. 2時間です。 半減期が長いということは、それだけ体内に留まっている時間も長いということ。 つまり持続した効果が期待できるとも言えます。 デュタステリドは副作用の頻度が高いのも特徴 デュタステリドの半減期が3~5週間ととても長いことがわかりましたね。 半減期が長い=体内に留まる時間も長くなるのですが、これによって体に思わぬ害が出てしまうことがあります。 お薬の成分が長い時間体に留まるということは、過剰摂取のリスクも高まってしまうということです。 また持続してお薬が体の中で働いている状態になるため、副作用も起きやすくなってしまいます。 実際にデュタステリドは半減期の短いフィナステリドよりも副作用の頻度が高いことが明らかです。 それぞれの副作用の起きやすさを比較してみます。 〈デュタステリドで副作用が起きる頻度〉 臨床試験の段階でデュタステリドを服用した557例のうち95例で何かしらの副作用が起きたと報告されています。 これは全体の17. 1%に当たる方が副作用を起こしたことになります。 報告されている副作用のうち、とくに発生頻度が高いのは以下のものです。 ・勃起不全(4. 3%) ・リビドー(性欲)減退(3. 9%) ・精液量減少(1. 3%) 〈フィナステリドで副作用が起きる頻度〉 フィナステリドはデュタステリドよりも副作用が起きる頻度は少ないです。 臨床試験でフィナステリドを服用した276例のうち副作用が報告されたのは4. 0%に当たる14件のみとなっています。 単純に副作用が起きる頻度だけ見るとデュタステリドはフィナステリドより4倍以上も高いのです。 ちなみに起こりやすい副作用としては以下のものが挙げられます。 ・リビドー(性欲)減退(1. 1%) ・勃起不全(0. 7%) デュタステリドは効果が期待できる反面、副作用も起こりやすいお薬であることを理解しておかなければなりません。 しかし効果が高い反面、デュタステリドは半減期が非常に長いことから副作用が起きやすいというデメリットがあります。 効果と副作用のバランスをうまく見極めて治療を進めていくことが大切です。

次の

【クリニック監修】AGA治療薬「デュタステリド」の副作用と効果|薄毛・AGA治療のあれこれ、Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)の頭髪コラム

デュタステリド 副作用

Contents• 若ハゲの背景とAGA(男性型脱毛症) 若年性のハゲが蔓延している背景には、 AGA(男性型脱毛症)がありますが、まずは若ハゲの原因を知ることがポイントになります。 男性のハゲの原因の 大半はAGA です。 特に AGAの特徴は、後頭部、側頭部の毛が残っているということ。 さらに、U字ハゲ、M字ハゲは生え際から薄毛が進みますが、この場合の原因もAGAと考えらえています。 頭のてっぺんである頭頂部にできるO字のようなハゲは、他の原因も考えられますが、やはり、多くはAGAが原因になっている場合が多いようです。 また、AGAは年齢を重ねるほど発症率が上がってきますが、10代、20代に見られる若ハゲは、ほぼAGAと見て間違いないでしょう。 この2つが生成する DHT (ジヒドロテストステロン)は、 髪の毛の元となる細胞「毛母細胞」の働きを抑制する作用があることから、薄毛との関係が最も深いホルモンとされています。 また、遺伝の影響もあることも明確になってきています。 他には、 生活習慣も薄毛と深い関わりがあります。 次のような生活習慣を続けている方は、見直しの必要があるでしょう。 睡眠不足• 亜鉛の不足• ストレス• ヘアスタイル• 刺激度が高いシャンプー• 湿ったままの髪• 紫外線• しかし2015年以降、 デュタステリドを成分にしたAGA治療薬「 ザガーロ」にも関心が寄せられています。 デュタステリドはフィナステリドがそうであったように、 前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、それをAGA治療薬として使用したところ、薄毛改善の効果が認められています。 もともと前立腺肥大の原因に、AGAの原因となっている DHT (ジヒドロテストステロン)が挙げられていることから、 AGAにも効果があるとされています。 実際に、デュタステリド0. 5mgの経口投与を2週間投与したところ、 血清中のDHT濃度が 8 7. 5%減り、半年後には 89. 7%減った研究成果が報告されています。 前述でも簡単に説明しましたが、頭髪が短髪になり成長しないまま抜けてしまう原因は、 毛包に存在する男性ホルモン受容体(アンドロゲン・レセプター)とDHTが結びつくこと。 そのことで、髪の毛の元の毛母細胞の活性が抑制されてしまい脱毛します。 デュタステリドを服用すると前立腺肥大はもとより、AGAの改善も見ることが出来るということで、現在、AGA治療薬の新薬として関心が高まっているのです。 まずは、旧薬の プロペシアから見て行きましょう。 そして、効果効能では、プロペシアは男性型脱毛症の遅延ですが、デュタステリド(ザガーロ)では、男性型脱毛症になっており、 明らかに デュタステリド(ザガーロ)の効果の方がより 発毛に期待ができる といえるでしょう。 実際に、プロペシアの効果効能は、男性における男性型脱毛症の遅延とされ、デュタステリドの効果効能は、男性における男性型脱毛症とされていることから、 デュタステリドの方が男性型脱毛症により効果的であるとされています。 次に、 本当に髪の毛の発毛に効果があるのかということになります。 目的 男性の男性型脱毛症患者を対象に、ザガーロ0. 02mg、0. 1mg、0. 5mgの用量反応性を検討するとともに、デュタステリド(ザガーロ)のプラセボに対する優越性、およびデュタステリド(ザガーロ)のフィナステリドに対する非劣性を検証することを目的とした。 対象 20~50歳の男性型脱毛症患者917例 主要評価項目 発毛(24週時における頭頂部の毛髪数のベースラインからの変化量) 副次評価項目 発毛(12週時における頭頂部の毛髪数のベースラインからの変化量) 育毛(毛髪の太さのベースラインからの変化量、硬毛数のベースラインからの変化量) デュタステリド(ザガーロ)による発毛効果 24週時における頭頂部の毛髪数のベースラインからの変化量は、 デュタステリド 0. 001 ミリメートル この結果から見ますと、5. 45となり、 デュタステリド0. 5mgの方が、フィナステリド1. 0mgよりも、 1. 45倍の効果がある とされています。 このような結果からみて、 発毛についても、毛髪の太さについても、 デュタステリドの方が効果が期待できると言えるでしょう。 その場合では、フィナステリドでは対応が出来ないことです。 プラセボ群 フィナステリド 1mg群 ザガーロ 0. 1mg群 ザガーロ 0. AGAの治療ついては、男性ホルモンのDHTの産生の阻害が影響していることから、副作用は男性機能に関係するものが多いようです。 特に目立つのは 勃起不全 で、フィナステリド1mg群の6%、ザガーロ0. 5mg群の5%は20人に1人の確率で起きるわけですから、 結構、深刻な問題になるかも知れません。 (ただしプロペシアの正規製薬会社の発表データでは、勃起不全は1〜2%とより低い発生率となっています) 赤ちゃんが欲しいカップルにとっては、AGAの治療よりは2世の誕生の方を優先にしたいものですよね。 リビドー減退は、言ってみれば性欲がなくなるということですから、これも男性機能に関係があります。 精神障害についても、意外と高いパーセンテージで副作用が見られますが、これが男性ホルモンとの関連から、そういった症状が現れるのは必然性があるのかも知れません。 しかし、 副作用が全く起きない男性もいるため、一概に副作用が出る出ないとは言い切れません。 なぜデュタステリドは知名度が低いのか? プロペシアは、AGAマーケットに対して先行ブランドとしてのポジションを確立しています。 一方のデュタステリド(ザガーロ)は、10年のハンディを背負って市場導入したわけですから、なかなかプロペシアほどの知名度は上がりません。 コミュニケーションの場で言えば、剛力彩芽さんを起用したテレビコマーシャルがオンエアされていますが、薬事法の関係もあり効果訴求ができないので、プロペシアに対してのUSPがまったく感じられません。 まずは、プロペシアを服用したにもかかわらず効果が実感できない人に対して、デュタステリド(ザガーロ)への薬チェンジの効果を発信することで、第一選択薬としてデュタステリド(ザガーロ)が選ばれる世界観を構築することがポイントになります。 ところが一方で、つぎのような噂が立っています。 それは、 デュタステリド(ザガーロ)はステロイド薬なので服用しないほうがベターという 噂です。 特に、ステロイドは免疫抑制が起こるために、感染症に罹りやすくなります。 そのデュタステリドですが、日本国内では、まだまだ認知されていませんが、 アメリカ、ヨーロッパでは、結構浸透して薬効も理解されて浸透しているようです。 デュタステリドは効かなくなる耐性が発生する? 前述でもあったように デュタステリド(ザガーロ)の耐性について触れましたが、仮に、ステロイドであった場合、薬に耐性ができて確かに効能が悪くなるので、服用量の増減を調節する必要があります。 しかしながら、 デュタステリド(ザガーロ)は、ステロイドではないので継続服用しても耐性はつきません。 デュタステリド(ザガーロ)がステロイド系の薬と思われ、耐性がつくのではと誤解されたのは、デュタステリド(ザガーロ)が アザステロイドであるにもかかわらず ステロイドと誤認され、それが独り歩きしていることによるものと考えらています。 実際に、構造式はステロイドの誘導体ですので、よく似た構造式になっています。 AGAの治療については長期的になる可能性があるだけに、耐性問題を見過ごすことはできません。 服用する場合には、このように しっかりと薬品情報を手にすることが重要です。 AGA医薬品として認可されているの? デュタステリドは、 2015年9月にイギリス本社のグラクソ・スミスクラインがAGA(男性型脱毛症)の治療薬の認可を厚生労働省から得ました。 AGA薬としては10年の間がありますが、プロペシア(錠剤)に次いで2番目になります。 剤型はカプセルで、0. 1mg、0. 5mgの2種類があります。 前立腺肥大の治療薬「 アボルカプセル」として既に服用されていることから、商品名、カプセルの色は違いますが 薬自体は全く同じということになります。 韓国では日本より早い2009年に「アボダート」として先行発売されており、日本は2番目の導入となります。 このように歴史は浅いですが、 前立腺肥大症の治療薬としては世界102カ国で、既に実績を作っていますので、安心して服用することができます。 2015年9月に承認を受け2015年11月24日から本格的に発売される予定でしたが、生産上の問題から延期になり、最終的に2016年6月13日に ザガーロ(ZAGALLO)という商品名で発売されました。 実際の処方は、AGA医院ということになるのですが、別に、美容外科のような専門科だけでなく、一般的な内科医院でも取り扱っていますので、地元の医院に問い合わせた上で診療を受けるようにしたいですね。 デュタステリド製剤の種類 日本ではデュタステリドAGA治療薬「ザガーロ」しか存在していません。 現在ジェネリックも販売されてはいません。 しかし海外では特許事情が異なるため、デュタステリド製剤が作られ、販売されています。 ここでは、海外で販売されているデュタステリド製剤をご紹介します。 アボダート(アボルブ) グラクソ・スミスクラインから発売されている前立腺肥大症の治療薬で、「ザガーロ」と同じ成分なので、当然、AGA治療薬としても使用は可能ですが、医師処方薬ですので一般的に手に入れることは出来ません。 ただし、海外から個人輸入することはできます。 (価格は 6,000円程度)• デュタス(アボダートのジェネリック) インドが本社の Dr. Reddys laboractoriesが製造、そして販売するデュタステリド製剤で、 アボダートのジェネリックになります。 成分的には「ザガーロ」と同じですので、薬効も一緒ということになります。 Reddys laboractoriesはフジフィルムと提携している、インドでも有数のジェネリック製造・販売会社です。 デュプロスト(正規薬剤) インド、ムンバイが本店のCipla社のデュタステリド製剤で、「ザガーロ」と同じ成分です。 用量も0. 5mg製剤で、それ故、効果も一緒ということになります。 Cipla社はインド第2位の製薬メーカで、16,000人を超える従業員がいるビッグカンパニーです。 デュタプロス トルコの「Kocak FARMA ilac ve Kimya Sanayi A. 」から製造・販売されている デュタステリド製剤で、「ザガーロ」と同じの0. 5mgのカプセル形状で、効果も一緒です。 以上のデュタステリド製剤は 個人輸入をすることが可能です。 しかし、その場合は個人の責任で行わなければなりません。 副作用が怖い人はやはりクリニックで処方してもらうのがベストでしょう。 ちなみに今やスマホによるオンライン診察でデュタステリドも処方してもらえる時代です。 当サイトではこちらのAGA専門クリニックのオンライン診察をオススメしていますのでご参考までに。 デュタステリドはAGA治療にとって必要不可欠な成分! 前頭部や頭頂部が薄毛になることはとても辛いこと。 薄毛にならないまでも、せめて細くてもいいから毛髪がある状態を望む傾向があります。 しかしながら、薄毛の原因が解明され、薬を服用するだけで効果があることが証明されると、多くの男性が当然のことながら、少しでも薄毛になるのを遅らせたい、できるなら目立たない程度まで回復させたいと思うのは仕方のないことです。 そうであるならば、少なくともデュタステリド製剤「ザガーロ」、そしてフィナステリド製剤の「プロペシア」について、しっかりと学んだ上で、服用するようにしたいですね。 AGAは薬での治療が可能• プロペシアとデュタステリド「ザガーロ」の薬効比較では、デュタステリド「ザガーロ」の方が上• 副作用は男性機能に出現• デュタステリド「ザガーロ」の耐性はほとんど心配がない• デュタステリド製剤は個人輸入が可能• AGAの治療に際しては、しっかりと機序、薬効、副作用を学習する.

次の

医療用医薬品 : ザガーロ

デュタステリド 副作用

ザガーロは最新のAGA治療薬で、従来のAGA治療薬よりも効果の期待度が高いことから注目されています。 ここではザガーロの有効成分であるデュタステリドが、どのようにして効果を発揮するのか、副作用や注意点、実際の試験結果などを解説しています。 分かりやすいようにしていますが、内容自体は変更していません。 kegg. 1mg/ザガーロカプセル0. info. pmda. ザガーロの効果 ザガーロは「男性における男性型脱毛症」に効果・効能があります。 男性型脱毛症は一般的に「AGA」と呼ばれ、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因でヘアサイクルが乱れ、徐々に薄毛が進行していく症状です。 AGAの臨床試験では、ザガーロは脱毛を防ぐだけでなく、頭頂部に対して 健康的な毛髪の増加が認められました。 健康的な毛髪が増加することを「発毛」として定義づけているため、ザガーロは「脱毛防止効果」にプラス「発毛効果」も認められているのです。 それに対し、フィナステリド1㎎の場合 56. 5本、デュタステリド0. 1㎎の場合 63. 0本、デュタステリド0. 5㎎の場合 89. 6本増加しています。 この臨床試験の結果、 デュタステリドはフィナステリドよりも増毛効果があるということが認められました。 1㎎と0. 5㎎では副作用の差がないことが分かっているので、 0. 5㎎の方がAGA治療には向いていると言えるでしょう。 この作用の違いが効果にも大きく出てきて、プロペシアでは効果を得ることができなかったけど、ザガーロでは効果が出たという方もたくさんいます。 ザガーロの服用方法 ザガーロは食事の影響がありませんので、時間帯はいつでも大丈夫です。 1日1錠を継続して服用します。 水またはぬるま湯が好ましいです。 24時間毎の服用が望ましいので、飲み忘れの無いよう、 毎日なるべく決められた時間に服用しましょう。 開始用量 ザガーロにはデュタステリド0. 1㎎、0. 5㎎の2種類があります。 クリニックによっては0. 5㎎のみで、0. 1㎎を取り扱っていないところもあります。 副作用も差が無いことから、効果を期待したい方は0. 5㎎の服用が推奨されていますが、初めての服用や心配な場合は0. 1㎎からはじめ、徐々に増量していきましょう。 服用期間 ザガーロもプロペシア同様、服用してからすぐ効果が現れるわけではありません。 薬があっているかどうか見極めるためにも、 6ヶ月間は最低でも服用を続けなければいけません。 逆に6ヶ月間服用を続けても、なにも効果が無ければザガーロが合っていないということも分かります。 ザガーロは服用を続ければ続けるほど効果を実感できるので、最低でも6ヶ月間は服用を続けましょう。 ザガーロの副作用 1%以上 ・性機能不全(勃起不全など) 1%未満 ・発疹、頭痛、抑うつ、乳房障害(乳房のふくらみなど)、腹部不快感 頻度不明 ・蕁麻疹、浮腫、アレルギー反応、そう痒症、めまい、味覚異常、精巣痛、精巣腫、脱毛症(体毛)、多毛症、腹痛、下痢、倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加 プロペシアより頻度は高め プロペシアより作用が強いことから、副作用も比較して多くなっています。 主に勃起不全や、リビドー減退、精液量減少など性機能不全がプロペシアよりも増加しています。 国内で52週間投与した時の副作用 日本国内ではザガーロを52週間(1年1ヵ月)長期投与した際、副作用がどれくらいの頻度で引き起こすかの検証したデータがあります。 これによると主な副作用は勃起不全(ED)や精液の減少など主に性に関する副作用が確認されました。 副作用 発生頻度 勃起不全(ED) 11% 射精障害 4% 性欲減少 8% 頭痛 1%未満 発疹 1%未満 その他、上記で紹介したような頭痛や発疹などが同様に1%未満で報告されています。 ザガーロを服用してはいけない人 健康状態や年齢によって、ザガーロを含めたデュタステリド製品を服用できない人がいます。 薬剤が触れることによって体内に吸収される恐れもあるので、触るのも禁忌です。 ・未成年 安全性が確立されていないため服用できません。 ・重度の肝機能障害 上記に該当する場合には、日本国内のクリニックでも 医師は処方を行わないので、服用してはいけません。 ザガーロと飲み合わせが悪いお薬 ザガーロは毎日継続して服用するお薬です。 飲み合わせが悪いお薬がありますので、注意しましょう。 併用禁忌薬 現在、ザガーロに対して併用禁忌薬は報告されていません。 併用注意薬 ・リトナビル等CYP3A4阻害作用がある薬 併用することによって、デュタステリドの血中濃度が上昇する可能性があります。 注意薬ですので、服用には慎重になる必要があります。 ザガーロやそのジェネリックを通販する場合に万が一不安な場合は、まず医師に相談すると安全に服用することができますよ。

次の