あいりん地区風俗。 クアラルンプールの夜遊びでKLセントラルの激安置屋は?女の子とアイスクリームできるぞ

大阪市西成区は治安が悪い?飛田新地やあいりん地区とは?

あいりん地区風俗

「事情があって、2カ月前にあいりんに来た」というBさん 36 は、松坂慶子似の優しい顔立ちの女性だ。 夜間は、三角公園近くの「立ち飲み屋台」を手伝っているという。 屋台といっても、路上の酒盛りが発展したようなものだが、ここでの彼女の報酬はゼロ。 その変わりに、屋台のオーナーが所有する物置での寝泊まりを許されている。 「清潔ではないけど、屋根の下で寝起きできるだけでも有り難いです」 こう話すBさんは、店では「さゆりちゃん」と呼ばれているとか。 もっとも、AさんやBさんのように「家事手伝い」ができる女性はまだいい。 問題は、本当にホームレス的な生活を強いられている女性たちだ。 Cさん 39 は、今年7月に大阪で事務職の派遣斬りにあい、あいりん地区に流れてきた。 あいりん地区に来た理由は「仕事がない人間でも住みやすそうだから」。 確かに、ここには無職であることを白眼視する人間はいない。 彼女は現在職もないまま、昼間の大半を三角公園の一角でうずくまるようにして過ごしている。 そんなところでは、周囲の目が気になるはずだが、「ここやと警察が見ててくれるから、何かあったら飛んできてくれるワ」とCさんは語る。 公園の隅にある西成警察の監視カメラ。 彼女はアングル的にその真正面に座り、形ばかりの安全を得ているのだ。 夜は職安横や解放会館の一角で、野宿同然に過ごしているが、時に「性的視線を感じることがある」 Cさん という。 そのため自己防衛の手段としてノーメーク、汚い身なりを通しているのである。 ちなみにあいりん地区には、毎年歳末に越冬用のシェルターが増設される。 例年は男性専用だが、今年は女性の利用も認められそうだという。 ホームレスの越冬事情が深刻化しているからだが、慣れない路上生活に悩むCさんにしてみればこれは大きな救いだ。 「今年は女も泊まれる派遣村もできるかもしれんから、期待してんねん。 早くお金になる仕事を見つけたい」 Cさん 一方、あいりん地区では、外国人問題も無視できなくなりつつある。 急増する女性ホームレスの中には「外国人が交じっている」との情報が流れている。 ミナミの飲食店や風俗店で違法に働いていた者が、摘発逃れで流れて来ているというのだ。 「韓国、中国、タイ、フィリピンの女性が多い。 日本語が不自由で、相談に乗るようにしてるけど、ほとんどが不法入国。 警察との関係もあり、手がつけられない時もあります」 ボランティア団体の関係者 あいりん地区の東、飛田新地のほぼ南の果てには、「地獄谷」と呼ばれる一角がある。 飛田新地で商売できなくなった女たちが格安で商売をしていると言われているが、こうした事情からか、最近この一帯には不法外国人女性たちが出没しているのだ。 ただし、不況で同地に住まうことになった女性たちは、今、命懸けの越冬に臨もうとしているのだ。

次の

あいりん地区

あいりん地区風俗

思いつきから大阪まで逃走犯を探しに来たのですがそう簡単に見つかる訳もなく、一日中大阪を捜索しているので体力の限界も感じ始めました。 そこで最終捜索地として選んだのが「あいりん地区」 もちろん逃走犯を探す目的もあるのですが全国的に有名で日本のスラム街の異名を持つ「あいりん地区」を一目見ておきたいという強い好奇心に駆られたので行ってみることにしました。 Sponsored Link 日本のスラム街、あいりん地区 大阪と言えばここというくらい有名な場所「新世界」。 実はここから「あいりん地区」までは徒歩圏内。 薄く塗った部分が「あいりん地区・ドヤ街」。 徒歩で5〜10分くらいの距離です。 「ドヤ」とは「宿(ヤド)」の逆さ言葉で簡易宿所が多く立ち並んでいることに起因しています。 新世界から「あいりん地区」に向かう途中に見えたアパート。 「権利・保証ナシ・日払い可」と書いてある。 「あいりん地区」の最寄り駅になります。 このような光景が続きます。 ビジネスホテル 福助。 価格は1,600円〜という普通のビジネスホテルと比べると破格の設定。 (綺麗なドヤは人気があるようでほとんどが満室になっていました。 ) もちろん想像通りのドヤもあったので紹介していきますね。 明日への活力に!」と書いています。 まるでゾンビ映画のよう。 やけに安い自動販売機は有名ですよね。 ここに配属されると大変そうですね。 中には何人か人がいたのですが怖いので入れませんでした。 好きなラッパーの一人です。 全国的に有名な遊郭ということもあってここで遊んできた友人達は決まってこう言います。 「あそこは楽園だった」と… 僕ももういい大人なので行ってみました。 (歩いただけ) 飛田新地は先ほどのドヤ街から歩いて5分くらいのところにあります。 スケベな顔をした男たちが歩き回っています。 街には料亭が並ぶ通りが何本かあり各料亭の店頭にはお客さんに声をかけるおばちゃんと女の子が座っているので、気に入った女の子を見つけた客はお店に入り女の子と「よろしく」するわけです。 遊郭エリアに入って2〜3秒で友人が言っていた「楽園」の意味がわかりました。 女の子は美人しかいないのです!ここにいる間に何度「可愛い!美人!」と言ったことでしょう。 今まで見てきた美女と思っていた人たちは美女じゃないということがわかりました。 美女とは飛田新地にいる女の子のことなのです。 とにかく文字で説明するには限界があるので男性諸君は一度行ってみることをおすすめします。 ここに行ったらもう気軽に美人や可愛いなんて言葉は使えなくなるはずです。 しかし飛田新地もそうなのですが街にいる人たちがものすごく人間らしいんです。 (男しかいませんでしたが) 衛生環境は決して良くないとは思うのですが路上に座って飲む人の表情やスナックから聞こえる歌声は凄く楽しそうで活気に満ちあふれた街でした。 あいりん地区の小学校越しに見える「あべのハルカス」。 立派なビルの側に貧しい人々が暮らす。

次の

クアラルンプールの夜遊びでKLセントラルの激安置屋は?女の子とアイスクリームできるぞ

あいりん地区風俗

秋山謙一郎 [フリージャーナリスト] あきやま・けんいちろう/1971年兵庫県生まれ。 『弁護士の格差』『友達以上、不倫未満』(以上、朝日新書)、『ブラック企業経営者の本音』(扶桑社新書)、『最新証券業界の動向とカラクリがよーくわかる本』『いまこそ知っておきた い! 本当の中国経済とビジネス』(以上、秀和システム)など著書多数。 共著に『知られざる自衛隊と軍事ビジネス』『自衛隊の真実』 別冊宝島)などがある。 週刊ダイヤモンドでの主な参加特集は、『自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力』『創価学会と共産党』がある。 JAPAN Another Face 白昼の世界からは窺い知ることのできない、闇の世界や夜の世界。 日本社会の「もうひとつの貌」に迫る。 西成ならではの秩序があるのだ (写真:秋山謙一郎、以下同) 人が寝ている路上には、乾いた吐瀉物、未だ乾いていない立小便の跡、そして明らかに人のものと思われる糞便があちこちにある。 辺りには、これらにアルコールとタバコが入り混じった、むせぶような匂いが立ち込めている。 数年前に比べると随分と薄くなったといわれるその匂いは、鼻腔と喉の奥からしばらくの間、取れることはない。 何度すすいでも丸一日残っていた。 もちろん服にもこびりつく。 記者の場合は2度洗濯してやっと取れたくらいである。 だが今、その時着ていた服を見る度に、あの「西成の匂い」が鼻腔の奥から蘇ってくるのが不思議だ。 日雇い労働者や路上生活者の求職の場である「あいりん労働福祉センター」や簡易宿泊所がある。 今では随分と整備され、その街並みはかつてとは比べ物にならないほど綺麗になったという。 それでも、一歩足を踏み入れると、まるで中学校の歴史の教科書に出てくる「戦後すぐの日本」のような光景が目に飛び込んでくる。

次の