保険 口コミ。 ペット保険の口コミ・評判ランキング | みん評

障がいのある方向けの保険「ぜんち共済」の評判・口コミやデメリットを紹介!

保険 口コミ

 ソルベンシー・マージン比率:1,709. S&P格付けランキング:AA- 保険料が安い理由は、 インターネットからの申し込みがメインになるからです。 店舗を持たないので人件費がかかる箇所が少なく、店舗を持つ保険会社と比べると保険料がかなり下がります。 さらに 非喫煙者と血圧の基準値が満たしていればさらに割割引になることも人気の理由でしょう。 自分にあった形のオーダーメイド的な要素は少ないですが、 『一般的な保障内容でできるだけ保険料を抑えたい』という方にはぴったりの保険です。 生命保険は自分なりにカスタマイズする人もいますが、 医療やがん保険に関してはあまりカスタマイズをするケースは少なく、 あっても特約をプラスするぐらいでしょう。 そう考えると チューリッヒ生命の保険商品はコスパがいいので選ぶ人が多いのもうなづけます。 保険商品は長く付き合うものですから背伸びをせずに自分に合ったものを選びましょう。 友人のおすすめで、インターネット経由で申し込みました。 申し込みの商品は、 「終身がん治療保険プレミアム」 「終身保険プレミアムDX」 上記2商品です。 がん保険は主流の抗がん剤や放射線治療のみで契約ができるので、無駄なものがなく非常にコスパが良いと思いました。 主契約だけであれば、数百円なので、他社と比べると断然安いです。 私の場合は医療保険も一緒に申し込んだのですが、入院や手術は医療保険でカバーできると思ったので、その不要な部分もないことも良いと思いました。 医療保険はストレス性疾病の長期入院保障がありがたいです。 保険料も他社に比べても安いので、コスパが良いです。 チューリッヒグループということで契約しましたが、日本ではチューリッヒ生命というと知名度がないので、そこはちょっと不安ではあります。 子供が産まれたこともあり、万が一に備えてチューリッヒ生命の定期保険プレミアムに加入しました。 決め手となったのは保険料の安さですね。 私は非喫煙有料体型という分類になるそうでかなり保険料が安くすみました。 喫煙者だとちょっと高くなるみたいですね。 またチューリッヒは電話で健康の相談やセカンドオピニオンが受けられるサービスがあるので助かります。 ただ、友人や口コミサイトでチューリッヒ生命の評判を見るとどうやら給付の際の対応がいまいちだそうですね。 肝心なところで対応がいまいちっていうのは少し不安になります。 通販型の保険会社だから仕方ないんですかね? 保険料は安いしサポート面も頼りになると思っていただけに少し残念だし不安になりました。 一度、生命保険の相談窓口で見直しをしてもらって他に良い生命保険が無ければチューリッヒでとりあえず継続しようと思います。 家族のためにも出来る限り希望に沿った生命保険にたどり着きたいものです。 一年ほど前に生命保険の見直しをしていてチューリッヒ生命保険の終身医療保険プレミアムDXに加入しました。 基本的なものは他とあまり変わらないと思うのですがチューリッヒ生命保険の終身医療保険プレミアムDXには胃潰瘍等のストレス疾病に対しての入院もカバーしている点で加入を決めました。 手続きはパソコンからすぐでした。 必要事項記入時にわからない所と気になるところがあったので電話で問い合わせたのですが、オペレーターが接客慣れしてないような人にあたってしまい、少し時間がかかりました。 自分の年齢で他の生命保険会社の月の保険料を調べてみると、チューリッヒ生命保険の倍くらい取られるところが多いです。 でも月の保険料金は安いですが、その分手術給付金が安いような気がします。 入院給付金や先進医療給付金なんかは他の生命保険会社と変わらないです。 加入してからがん保険の加入について少し調べていた時に、生命保険の口コミや評判が気になって調べてみました。 チューリッヒ生命は過去に行政処分を受けたことがあるらしいですね。 会社も元々がスイスの会社だったなんて知らなかったので、このまま契約していて良いものか不安になっています。 10代後半で結婚して23歳にして二児の父親です。 収入UPのために最近危険を伴う仕事に転職したので、生命保険に入ることを親族から勧められました。 でもそもそも自分の収入では家族を養うのが難しくて転職したのに保険の支払いなんてとてもできない・・・と思っていました。 嫁がやりくり上手で家計のことを任せているのですが色々なランキングや比較サイトを見て安い保険を見つけてくれました。 チューリッヒ生命保険の定期保険プレミアムです。 自分の場合だと保険額1000万10年定期で月々の支払いが960円。 節約のために1年前から禁煙したのが良かったのか、こんなに安い値段で保険に入れました。 喫煙していた時は月々数千円タバコに遣っていたのでそれを考えると安すぎていいのか?という感じです。 そういえばチューリッヒ生命保険って聞いたことあるな~程度だったのですが、一気に好感度が上がりました(笑)定期保険『プレミアム』となんだか高そうな名前ですが、ネットからの見積もりも簡単で、保障内容もシンプル。 55歳満了とか色々あるみたいですが、この先今の仕事をし続けるかも分からないので、10年定期で十分です。 嫁と子供の将来を心配せずに安心して仕事ができそうです。 特に大きな病気を抱えているわけではないが、健康診断で血圧と血糖値が高くて医者から注意するように言われていた。 それを機に保険内容を見直したら(ほとんど妻にまかせっきりで把握していなかった)、もし病気になった際には不十分だと感じ、他の生命保険会社を検討し始めた。 自動車保険がチューリッヒだったこともあり、チューリッヒ生命保険の資料を請求。 血圧によって保険料が変わったり(つまり不健康ほど高い)、内容によっては加入できないものも商品によってはあるため、電話でオペレーターと相談しつつ、思いやり医療保険の終身タイプに加入した。 チューリッヒ生命保険の思いやり医療保障は前提として"健康に不安のある方向け"だから、保障内容は充実している。 オペレーターの女性も「軽い持病や健康に不安がある方がよくお問い合わせくださいます」と言っていて、内容も丁寧に説明してくれた。 これから長く付き合っていく保険なんで、感じが良い対応をされて加入する気に。 保険料も4000円ちょっとで入院や手術を一生保障されるのはありがたい。 これから末永くよろしくお願いします。 という気持ちで加入した。

次の

弁護士保険「Mikata(ミカタ)」の口コミ・評判まとめ

保険 口コミ

楽天カードでも有名な楽天の自動車保険、こちらに関心のある皆さんも多いことでしょう。 楽天損保の自動車保険で保険料を抑えつつ、交通事故等の補償も万全にしたいですよね。 しかし、楽天損保の自動車保険へ加入している方々が、どんな感想を持っているかご存知でしょうか。 楽天損保の自動車保険の評判・口コミも、皆さんの保険選びの参考として活用できることでしょう。 そこで今回は 「楽天損保の自動車保険の口コミ・評判と、その特徴」について• 楽天損保の保険加入者の声(評判)• 楽天損保の自動車保険の特徴とは?• 楽天損保とソニー損保との比較 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読めば、楽天損保自動車保険の評判と、基本的知識が良くわかるはずです。 ぜひ、最後までご覧ください。 楽天損保の自動車保険「長期契約ASAP6」は、最大で 6年契約が可能です。 この長期契約ASAP6のメリット・デメリットは次の通りです。 ASAP6のメリット 長期契約のメリットは、やはり手続きで手間取ることもなく楽という点でしょう。 6年間の長期保険契約ならば、毎年、保険の更新契約をする必要はありません。 保険の補償が途切れる心配や、手続きをその都度行う手間も無いですよね。 そして、ASAP6のもう一つのメリットは、 等級ダウンを防げる場合がある点です。 保険期間が6年で、3等級ダウン事故が1件ならば、次契約の 事故有係数適用期間は0年となります。 当然、どこで事故があっても、上記の条件に合致すれば事故有係数適用期間は0年ですよ。 つまり、継続保険料が翌年に高くなることはありません。 1年契約の自動車保険よりも、長期保険契約ならば保険料は軽減されます。 ASAP6のデメリット この商品そのものというより、長期契約のデメリットになりますが、• 他の保険会社への乗り換えのしづらさ• 安易に補償を使ってしまいがち こちらでは事例をあげ、楽天損保とソニー損保の保険料がどれくらい違うのか、比較してみましょう。 ソニー損保との比較同じネット型保険であるソニー損保と比較すると、次のようになります。 (例)• ドライバー:30歳(免許証の色ゴールド)• 等級:15等級• 運転者限定:本人と配偶者のみ• 年齢条件:26歳以上• 車両保険 :なし• その他特約:なし• 長期契約の場合 では、楽天損保で利用できる長期契約の場合、保険料はどうなるでしょうか? こちらも事例をあげて解説してみましょう。 (例)• ドライバー:35歳(免許証の色ゴールド)• 等級:15等級• 運転者限定:本人と配偶者のみ• 年齢条件:30歳以上• 車両保険 :なし• その他特約:なし• 保険期間:6年 楽天損保にも充実した ロードサービスが設けられていますよ。 こちらではその内容と、ソニー損保のロードサービスと比較してみます。 楽天損保のロードアシスタンスの内容 まずは楽天損保のロードアシスタンス(ロードサービス)について説明しましょう。 次のようなサービス内容となっています。 事故・故障現場から修理工場へのレッカー費用• 落輪時のクレーン作業費用• 次のようなサービス内容となっています。 キーの閉じ込み・紛失時の鍵開け• バッテリーあがり時のジャンピング• パンク時のスペアタイヤ交換• 各種オイル漏れ時の補充• 冷却水補給• その他現場で対応できる軽作業• ロープ使用程度による落輪引上げ作業• ガソリンor軽油を最大10リットルまで無料補給 利用者の評判も良く、楽天損保の自動車保険に加入したい人もいることでしょう。 既に楽天会員の方々は、「契約で楽天スーパーポイントがつくのでは?」と期待しているかもしれませんね。 2017年9月まで楽天の自動車保険の無料一括見積もりをすれば、楽天ポイント1,111ptがプレゼントされました。 しかし、 2017年10月以降はこのプレゼントは廃止されています。 では、前述した楽天損保の自動車保険「長期契約ASAP6」を契約すれば、どんな特典があるのでしょうか? ASAP専用の特典として、 「ゴールド免許割引」があります。 ASAPを契約した方々に限定し、「運転免許証の色:ゴールド」であることを条件に 保険料15%分が割引されます。 なお、楽天会員の場合、保険料の払込を楽天でクレジットカード払にすればポイントはもらえます。 これは楽天損保の保険に限らず、別の保険会社と契約して払込を楽天のクレジットカードで行う場合も同様ですね。 楽天損保の自動車保険の口コミ・評判と、その特徴について解説してきましたが、いかがでしたか。 今回の記事のポイントは• 楽天損保の事故対応・顧客対応の評判は概ね高い• 楽天損保オペレーターの丁寧・迅速な対応は良い評判となっている• ドライバーがロードサービスに連絡すると、迅速かつ適切な処置も評判が良い• 楽天損保の自動車保険は、最大で6年契約が可能• 楽天損保の自動車保険には、GPSを利用した位置情報サービスがある• 楽天損保の自動車保険に加入する場合、特典として楽天ポイントが貰えるわけではない• 楽天損保の保険「長期契約ASAP6」では、ゴールド免許割引という専用のサービスがある でした。 他の保険利用者の評判が概ね高い保険でも、ご自分の希望にそぐわない自動車保険もあります。 また、評判・口コミで保険利用者が自動車保険に、強い不満を表している場合もあるでしょう。 しかし、後日、保険会社の努力でその不満点が改善されていることもあります。 利用者の評判・口コミは、皆さんの保険選びの参考の一つと位置付けるべきですね。 保険選びの際は、いろいろな保険をピックアップし、内容を比較すると良いでしょう。 ほけんROOMでは自動車に関する記事を他にも多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

次の

医療保険の口コミ・評判ランキング | みん評

保険 口コミ

・一度の診察にかかる費用は約5,000円~1万円位が多い。 ・年間診療費は約4万~9万円、6歳以降から診療費が上がる傾向がある。 ・疾患ごとの診療費の範囲は1万~10万円と年齢問わず幅広い。 ・腎不全、糖尿病を発症した場合の年間診療費は12万~17万円。 ・高額な医療費がかかる病気として、 0歳未満に多い先天性疾患 5~15万円 、 1~6歳に多い誤飲 10~30万円 、 年齢と共にかかりやすくなる下部尿路疾患 10~30万円 、その他、骨折、がん、ヘルニアなどの病気にかかると30万円以上の高額な治療費が必要になることもある。 すべて自己負担をするとなった場合、それなりに負担となることが分かり不安になりますね。 保険をチェックする上で知っておくと、より保険内容を理解しやすくなるキーワードがいくつかあります。 また「 補償対象外となる病気や医療行為がある」ことを知っておくことが大切です。 50%、70%、80%、100%などの割合があり、割合が高くなるほど支払われる保険金が高くなるため保険料も上がる傾向があります。 この金額の範囲内で保険料が支払われます。 限度額、回数を超えた部分は自己負担になります。 例 免責金額3千円…3千円は自己負担。 3千円を超えた分に対して保険が適用される。 免責条項はとても幅広く、次年度の更新時、補償内容、既往歴や先天性疾患、待期期間、予防医療など様々な決まり事があるため約款や重要説明事項などを注意してよく確認しておくことが大切です。 待機期間中に病気やケガをしても保険金がもらえないため、できれば待期期間がないものや、短い方が安心です。 保険会社ごとの取り扱い内容、どの位の待機期間を設けているのか確認が必要です。 どの年齢でも一定のタイプもありますし、右肩上がりに上がっていくタイプもあります。 保険料の視点から考えるならば、総合的な費用を抑えるためにも保険料の上がり幅が少なく、月額が低めのものを選択するのが良いと思います。 どこまで保険で補ってもらいたいか、何を優先したいのかという視点から考えてみても良いですね。 生後間もない時期、病気が増えてくる時期、高齢期など加入したい時期の目安はあるかと思いますが「健康であること」が加入条件になることが多いため早めに加入することを検討した方が良いでしょう。 また複数の保険に加入することも可能ですが、保険金額はそれぞれの保険会社から満額支払われるわけではありません。 この比率は大きければ大きいほど良いとされます。 ・100%補償では保険料が最安値の割に補償が手厚い。 ・すべての補償率で保険料が安めだが限度額は高い。 ・12歳以降の保険料の値上がりはなく負担額が一定になる。 ・免責金額の設定がない。 ・最大補償額は高いが制限がある。 ・補償率は高い方がいいと考える方。 ・保険料を抑えつつも終身まで更新し続けられる保険を検討している方。 ・12歳以降の保険料の値上がりはなく負担額が一定になる。 ・50%補償の保険としてはPS保険に次いで保険料が安い。 ・1回の入院ではなく、1つの病気に対してかかった医療費を総合的にカバーしてくれる点が良い。 ・免責金額の設定がない。 ・保険が一種類のみで内容が把握しやすい、他社との比較もしやすい。 高額治療が必要になった場合1回の限度額を簡単に超えてしまいそうな点と、自己負担が高めな点が気になります。 ・手厚い補償や高額治療にも備えたいと考える方。 ・病気だけ補償するプランを選択したい方 他の保険ではケガが補償されていない場合など。 おすすめしたいペット保険BEST3比較表! おすすめしたい保険順に「ペッツベスト」、「FPCペット保険」、「PS保険」について保険内容の詳細を比較してみました。 年齢ごとまたは年齢を重ねることによって発症しやすい病気があります。 飼い猫の種類に合わせて病気にかかりやすい時期に加入するのか、万が一に備えて継続加入するのか、検討するのは飼い主次第です。 また、何を選んだらいいか迷ってしまう程に約束事が多く複雑なペット保険ですが、押さえておくべきポイントをしっかり理解することで自分の希望に合った保険が見つけやすくなるということが分かると思います。 ペット保険は比較検討するのが良いと言われているようにサービス内容や価格を並べて見比べることのできるwebサイトも豊富なため、今回の記事と併せて判断材料の一つとして役に立てていただければと思います。 飼い猫の現在、未来の状態を考え、飼い主としてどこまでペットにしてあげられることがあるのか常に考えていきたいですね。

次の