妊娠 性別 いつ。 コラム:赤ちゃんの性別はいつどうやって決まる? | 牧田産婦人科

妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

妊娠 性別 いつ

男の子or女の子、どちらでも元気に生まれてきてくれればいいと思ってはいても、やっぱり気になってしまうのが"性別"ですよね。 「男の子だったらこんな遊びをしよう」「女の子ならおしゃれさせたい」などと、あれこれ想像している妊婦さんも多いのではないでしょうか。 早めに性別がわかれば、名づけやベビー服・ベビー用品の準備もしやすいですね。 ただし、健診で最初に言われた性別が途中で変わることもあるようですので、先輩ママからは、男の子と女の子の両方の名前を考えたり、どちらの性別になっても使えるベビー服を選んだりしたほうがよいという意見も寄せられています。 また、性別に関するさまざまなジンクスや夢のお告げ、上のお子さんの予言などもあるようですが、当たっていることもあれば反対なことも...。 性別がわかる時期や、性別に関するジンクスなど、先輩ママたちの体験談を見てみましょう。 性別がわかる時期はいつ? ウィメンズパークでの「性別はいつわかった?」というアンケートによると、妊娠5〜7カ月ごろに判明したというかたが多く、妊娠8カ月までには9割以上のかたが性別を聞いているという結果となりました。 少数ですが、出産までわからなかったという人のなかには、生まれたときのお楽しみにとっておいた人もいるということでしょうか。 健診時のエコーで性別を見ることが多いのですが、赤ちゃんの体の向きによっては、お股のあたりが見えにくく、ママをやきもきさせてしまう赤ちゃんもいますよね。 男の子の場合は、ママがエコーを見てはっきりとシンボルだとわかることもあるようですが、女の子の場合は判断しづらいことも。 病院によっては、「性別についての質問には22週以降に答える」といったように、方針を決めているところもあるそうですよ。 性別が変わることってあるの? 最初に健診で聞いた性別があとで変わった…という経験をお持ちのかたもいます。 もちろん、本当に赤ちゃんの性別が変わるわけではないのですが、おなかの赤ちゃんが男の子、あるいは女の子と言われていたのに、途中で違うと言われたケースもあるようです。 生まれてみたら、聞いていた性別とは違っていてビックリしたなんてことも、稀にあるとのこと。 「産婦人科で、男の子と言われて本当は女の子ということは少ないけれど、女の子と言われて男の子ということは少なくない、と言われた」という声もありました。 どちらの性別でも、元気に生まれてきてくれるだけで十分!名前やベビー用品などは、どちらの性別でも大丈夫なように準備しておくとよいかもしれませんね。 性別にまつわるジンクス・お告げ 妊娠中の経過によって、性別を言い当てるジンクスやお告げのようなものはいろいろとあるようです。 たとえば、「つわりが軽いと男の子、重いと女の子」「おなかが前に出ると男の子、丸く広がるのが女の子」といった類のものです。 また、「男の子を抱っこしている夢を見た」「上の子が言い当てた」というように、お告げを受けたかたもいるそうです。 夢については、不思議なことにパパも同じような夢を見たなんて人も。 先輩ママたちの体験談を見ると、まさにその通りになった人もいれば、反対だったというかたも。 さまざまなジンクスを当てはめながら、生まれてくる赤ちゃんの性別を予想してみるのも楽しいですね。 エコー画像やさまざまなジンクス、お告げなどから予想していた性別が当たった人、当たらなかったという人…どちらもいますが、共通しているのは、どちらの性別でもかわいいということ。 まだ性別がわからないうちは、「男の子だったら…」「女の子だったら…」と、性別を想像して楽しむのもいいですね。

次の

妊娠中、赤ちゃんの性別はいつわかる?エコーで見える?【お悩み相談】|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠 性別 いつ

顔つきやおなかの出方、つわりの特徴など、さまざまなものがありますね。 あなたは信じますか?それともまぐれだと思いますか? 妊娠・出産・子育てアプリの「ママリ」でも、このように、性別にまつわるジンクスが当たっていたか外れたかを尋ねる質問がありました。 実際にどのような回答が集まっていたのか、見ていきましょう。 おなかの出方に関するジンクスで、「横に広がると女の子」「丸みがあると女の子」「前に突き出ると男の子」「とんがっていると男の子」というのも、周りの人にいわれたことがある方もいるのではないでしょうか。 でも、当たる場合と外れる場合があるようですね。 あくまで気休め程度に受ける方のがよいかもしれませんね。 無反応。 泡が立ったら男の子、泡が立たなければ女の子といわれているようですが、本当にこれで性別がわかるのかな?と思う方もいるでしょう。 あくまでもジンクスとして楽しむのがよいですね。 この中山寺で安産祈願をしたときにいただける「腹帯」にもジンクスがあるのをご存じでしょうか? 腹帯には性別が書かれているのですが、書かれた性別と実際の性別が逆、というジンクスがあるようです。 この方やその周りの方は、腹帯と性別が逆だったという方がほとんどのようですね。 性別に関するジンクスは占い気分で楽しもう 性別に関するジンクスでさまざまなものをご紹介しましたが、気になるものはありましたか?妊婦時代を思い出して、「当たっていた」「外れていた」と振り返った方もいるのではないでしょうか。 ジンクスはあくまでジンクスに過ぎず、100%当たるというものではありませんが、占い気分でおなかの赤ちゃんの性別を予想してみるのは、マタニティライフの一つの楽しみになりそうですね。

次の

赤ちゃんの性別はいつわかる?判断できる時期と方法 │ マタニティフォトのポータルサイト「Mamany」のブログ

妊娠 性別 いつ

男の子or女の子、どちらでも元気に生まれてきてくれればいいと思ってはいても、やっぱり気になってしまうのが"性別"ですよね。 「男の子だったらこんな遊びをしよう」「女の子ならおしゃれさせたい」などと、あれこれ想像している妊婦さんも多いのではないでしょうか。 早めに性別がわかれば、名づけやベビー服・ベビー用品の準備もしやすいですね。 ただし、健診で最初に言われた性別が途中で変わることもあるようですので、先輩ママからは、男の子と女の子の両方の名前を考えたり、どちらの性別になっても使えるベビー服を選んだりしたほうがよいという意見も寄せられています。 また、性別に関するさまざまなジンクスや夢のお告げ、上のお子さんの予言などもあるようですが、当たっていることもあれば反対なことも...。 性別がわかる時期や、性別に関するジンクスなど、先輩ママたちの体験談を見てみましょう。 性別がわかる時期はいつ? ウィメンズパークでの「性別はいつわかった?」というアンケートによると、妊娠5〜7カ月ごろに判明したというかたが多く、妊娠8カ月までには9割以上のかたが性別を聞いているという結果となりました。 少数ですが、出産までわからなかったという人のなかには、生まれたときのお楽しみにとっておいた人もいるということでしょうか。 健診時のエコーで性別を見ることが多いのですが、赤ちゃんの体の向きによっては、お股のあたりが見えにくく、ママをやきもきさせてしまう赤ちゃんもいますよね。 男の子の場合は、ママがエコーを見てはっきりとシンボルだとわかることもあるようですが、女の子の場合は判断しづらいことも。 病院によっては、「性別についての質問には22週以降に答える」といったように、方針を決めているところもあるそうですよ。 性別が変わることってあるの? 最初に健診で聞いた性別があとで変わった…という経験をお持ちのかたもいます。 もちろん、本当に赤ちゃんの性別が変わるわけではないのですが、おなかの赤ちゃんが男の子、あるいは女の子と言われていたのに、途中で違うと言われたケースもあるようです。 生まれてみたら、聞いていた性別とは違っていてビックリしたなんてことも、稀にあるとのこと。 「産婦人科で、男の子と言われて本当は女の子ということは少ないけれど、女の子と言われて男の子ということは少なくない、と言われた」という声もありました。 どちらの性別でも、元気に生まれてきてくれるだけで十分!名前やベビー用品などは、どちらの性別でも大丈夫なように準備しておくとよいかもしれませんね。 性別にまつわるジンクス・お告げ 妊娠中の経過によって、性別を言い当てるジンクスやお告げのようなものはいろいろとあるようです。 たとえば、「つわりが軽いと男の子、重いと女の子」「おなかが前に出ると男の子、丸く広がるのが女の子」といった類のものです。 また、「男の子を抱っこしている夢を見た」「上の子が言い当てた」というように、お告げを受けたかたもいるそうです。 夢については、不思議なことにパパも同じような夢を見たなんて人も。 先輩ママたちの体験談を見ると、まさにその通りになった人もいれば、反対だったというかたも。 さまざまなジンクスを当てはめながら、生まれてくる赤ちゃんの性別を予想してみるのも楽しいですね。 エコー画像やさまざまなジンクス、お告げなどから予想していた性別が当たった人、当たらなかったという人…どちらもいますが、共通しているのは、どちらの性別でもかわいいということ。 まだ性別がわからないうちは、「男の子だったら…」「女の子だったら…」と、性別を想像して楽しむのもいいですね。

次の