オレカバトル 終了。 オレカバトルの平均価格は5,817円|ヤフオク!等のオレカバトルのオークション売買情報は24件が掲載されています

オレカバトルの平均価格は5,817円|ヤフオク!等のオレカバトルのオークション売買情報は24件が掲載されています

オレカバトル 終了

記録の鍵とは 5章の2度目の解禁 による解禁 より始動したシステム。 プレイ開始時に「記録の鍵」のスキャン及び作成が行える画面が現れる。 うっかりボタンを連打してスキップしないように注意。 使用して遊ぶと個人のプレイデータをKONAMIのサーバーに保存できる そのため筐体がオフライン状態だと使用できない。 持っていれば以下の各種機能が使えるようになるほか、にも参加できるようになる。 オレカバトルを一層楽しめるようになるので、是非とも作ろう!! 記録の鍵でできる事 「G ゴールド 」と「どうぐ屋」 「記録の鍵」を使用してプレイする事で、G ゴールド を貯める事ができ、 貯めたGを消費する事で特別なアイテムを使用する事ができる。 Gによる買い物は、記録の鍵を読み込んだ際にゲームメニューに現れる「どうぐ屋」で行う事ができる。 どうぐ屋を終了するとゲームメニューに戻される。 戻された際のゲームメニューからは「どうぐ屋」は消えている。 アイテムストック機能 新序章解禁と共に追加されたシステム。 カード排出画面で敵味方のドロップ・所持アイテムから選択することで、 記録の鍵に1つだけアイテムを預けておけるというもの。 新しく預けたり、使用したり、モンスターに持たせるために引き出したりしない限りいつまでも預かっていてもらえ、 預けたアイテムを合体の館でそのまま使用する事もできる。 敵が2つ以上レアドロップしたときや、別のカードへのアイテムの移動、厳選作業の効率アップなどに利用させてもらおう。 新4章解禁後からはカード排出画面で「ストック」タブから利用する事ができる。 クエストモード 新4章最終解禁と共に追加されたモード。 敵と戦いながらエリアを進めていくクエストが遊べる。 のような本来は条件を満たさないと登場しないボスも登場するので、思い思いのパーティで遊ぶ事ができる。 最初は新序章しか選べないが、クエストをクリア エリア3のボス砦で勝利 すると次の章が解禁される。 次の章へ行くときはクエストクリア後、レバーを右に長く倒すと行くことができる。 前の章に戻りたいときは左に長く倒すと戻ることができる。 クエストモードで敵チームを撃破すると鬼の銅鑼や海賊のラッパなど道具屋で買える道具が手に入ることがある。 各エリアのボスを討伐することでエリアクリアとなり、次のエリアが解禁。 また、エリア2解禁と同時に条件ボス、ランダムボスが出現する塔も解禁される。 このランダムボスが出現する塔はクエストクリア後はラスボス系統が居続ける。 倒さない限り他のランダムボスが出現しなくなる。 一度倒せば従来通り他のランダムボスも出現するようになる。 戦闘に敗北した場合は各エリアにいる普段は暗いスライムの表示が明るくなり、選択するとスライム3体のチームに挑むことができる。 初回におけるエリア3ボス• 新序章:• 新1章:• 新2章:• 新3章:• 新4章:• 新5章:• 新6章:• これはおそらく新5章は各難易度のボスが他の章に比べて少ないため、数合わせのために調整されたのであろう。 クエストクリア後、ランダムボスの塔に居続けるボス• 新序章:• 新1章:• 新2章:• 新3章:• 新4章:• 新5章:• 新6章:• 新7章: 参考 各エリアの砦のボスは順番が固定されている。 あとに出現するボスほど討伐難易度が高い。 各砦に出現するボスを全て倒すと、その砦に旗が立つ。 旗が立った砦は、その砦でこれまで出てきたボスがプレイごとにランダムで3体選ばれ登場し、これを選ぶことになる。 なお、クエストモードでは討伐リスト対象ボスを倒しても、討伐リストに名前を登録する事ができない。 と連動 「パンドラのメダル」でも記録の鍵を使用する事ができる。 ゲーム中の通常時、レバーを下に長押しする事で読み込む事ができる。 現在できる事はGを貯める事のみの模様。 「記録の鍵」の作り方• プレイ開始時に『「記録の鍵」を作る』を選ぶ。 この時、100円を追加投入する必要がある。 自分の使用している名前と同じ名前を入力する。 キーマスコット 記録の鍵右下に表示されるアイコン を選択する。 最初からあるキーマスコットはタマゴン、ケロゴン 赤 、ケロゴン 青 、ケロゴン 黄 、ケロゴン 緑 の5種類。 名前入力時に「コピー鍵を作る」と言う選択肢も用意されている。 無くしたり、汚したりしてしまっても良いように、予備の記録の鍵が欲しい場合はここで作ろう。 コピーとは言うがキーマスコットは再選択が可能。 また、条件を満たすとどうぐ屋で新しいキーマスコットが購入できるようになり、コピー鍵のキーマスコットに使用できる。 オレカンペキスタートセット では「カンペキ仕様」と呼ばれる記録の鍵が手に入る。 この記録の鍵はプラスチック製の頑丈な物で、更に 口を開けたケロゴン 赤 と言う特別なキーマスコットになっている。 初めての記録の鍵として使用できるのは勿論の事、既に記録の鍵を持っている場合はデータを引き継いで使用する事もできる。 但し、この記録の鍵は「台によってはスキャンされ辛い」と言う事が報告されている。 読み込まれにくい時は、の「カードを読み込み辛い場合の対処法」を参考に対応を試みよう。 それでも読まれ辛い事が続くようであれば、その台ではコピー鍵を使うようにしよう。 手に入るアイテム 現在手に入るアイテムはボスステージへ行く為のアイテム、キーマスコット、絵の3種類に分類される。 ボスステージへ行く為のアイテムは消耗品であり、通常のアイテムと違ってモンスターに持たせる事はできず、記録の鍵で管理される。 どうぐ屋で何度でも購入でき、複数個ストックしておく事も可能。 ボスステージに行くアイテムは、ステージ選択画面の右下にある「どうぐを使う」で使用する事ができ、使用するとボスステージに直行する。 この方法でボスステージに行った場合にアイテムが消費される。 どうぐ アイテム名 値段 効果 出現モンスター 水晶のベル 2500G 一度だけ水晶の洞窟を出現させる 駒草の押し花 2500G 一度だけ高ボッチ島を出現させる 天空のハープ 2000G 一度だけ天空神殿を出現させる 天使族モンスター、 鬼の銅鑼 1000G 一度だけ鬼岩島を出現させる 新序章・新4章BOSS 海賊のラッパ 1000G 一度だけ海賊船を出現させる 新1章・新5章BOSS 竜巻のリュート 1000G 一度だけ大竜巻を出現させる 新2章・新6章BOSS 迷いの笛 1000G 一度だけ迷いの森を出現させる 新3章・新7章BOSS 暗黒教義の割符 600G 一度だけ秘密の地下聖堂を出現させる 珍鳥のヒナ 600G 一度だけ巨鳥の巣を出現させる 闇のチケット 300G 一度だけ闇のコロシアムを出現させる 後述 鍵飾り 鍵飾り キーマスコット は記録の鍵を読み込んだ状態で各章の主人公、魔王 魔皇 、最終ボス、イベントドラゴンをスキャン、バトルするとそのモンスターのマスコットが買えるようになる。 購入すると、以降コピー鍵を作る際にキーマスコットとして選択できる。 鍵飾りを出現させるには、レベル10の使用が必要なモンスターと、レベルが関係ないモンスターが存在する模様。 なお、レベル10の使用が条件の物は、ゲーム中のレベルアップでレベル10になった場合でも購入可能となる。 その為、厳密にはレベル10のカードをスキャンする必要はない。 また、イベントドラゴンは敵選択時に上入力してスキャンする事でもキーマスコットが買えるようになる。 過去には主人公モンスターの鍵飾りは進化後のレベル10を使用しても鍵飾りが解禁される事があった ようだが、現在は進化後のスキャンでは解禁されないようになっている。 鍵飾りの一覧は。 絵 アイテム名 値段 効果 イコンの包みくじ 500G ポスターの欠片がランダムで手に入る。 イベントの 勝利数賞品のイラストは、以降のイベントでも勝利数賞品として入手できる。 絵の一覧は。 闇のコロシアム 闇のチケットを購入する事でしか行く事のできない特別なステージ。 相手モンスターは、毎回ランダムで以下のチームから3チームが出現する。 新3章解禁までは1チーム、その後2チームを経て現在の形に ここで登場するモンスターが落とすのは、ここでしか入手できない特別なアイテムである。 金枠ではないがレア、称号も付く 落とすモンスターに持たせることで特定の技が強化されたり、新技を覚えるようになったりする。 相手チーム・モンスター アイテム 効果 1 虫の殻 EX技を強化 ドルフィンパドル改 新技【大剣の一撃】を覚えるようになる 一角幻獣の光角 【すくいあげ】を強化 2 サファイアの杖 【アイス】系を強化 【ファイア!! 】【ファイア!!! 】を覚えるようになる また、に持たせると【ファイア!! 】を覚えるようになる ジークエッジ 【アサシンエッジ】を強化 東国の秘術 【デンゲキ】系を強化 3 もうどくばり 【マヒ針】【毒針】を強化 虫の殻 EX技を強化 風切の大鎌 【音速衝撃波】が強化 4 ダーク・ストーン 【ダーク!! 】【ダーク!!! 】を覚えるようになる 猛毒マヒ袋 【マヒ針】【毒針】を強化 狂気のダガー 新技【狂い斬り! 】【狂い斬り!! 】を覚えるようになる 激怒の錨 新技【イカリ立ち】を覚えるようになる 純金塊 新技【ぶんどる! 】を覚えるようになる 8 極光のダイヤ 新技【光技クォードリリオン】を覚えるようになる 9 聖堂騎士長の書 新技【ヘブンズソード】を覚えるようになる 大僧侶の書 新技【生命蘇生の光】を覚えるようになる 赤く錆びついた大鉈 HP・攻撃力アップ、【断罪】とEX技を強化 10 初代のキセル 新技【天下御免の見栄っ張り】を覚えるようになる カゲロー忍法帖 新技【忍法 大ガマ発破】を覚えるようになる 11 ドラゴニックソウル・ピュア 新技【キズナの力】を覚えるようになる 12 真・ヴァンパイアキラー 新技【透明薬】を覚えるようになる 13 深海のハープ 新技【魔人魚の歌】を覚えるようになる ロイヤル強壮剤 新技【ビッグシールドアタック】を覚えるようになる 宿命のバルムンク 新技【ドラゴンキラー】を覚えるようになる Gの集め方• バトルに勝利する。 敗北や引き分けの場合は全く貰えない。 相手が通常モンスターの場合は50~200G程。 相手がボスの場合は190~340G程。 ・・・を使用すると貰えるゴールドが1. 2倍になる。 効果は重複するため3体で組めば通常の1. 728倍に増額される。 ・・のEX・超EX技を使用すると貰えるゴールドが大きく増える。 を使用すると貰えるゴールドが少し減る。 かりモンを使うと獲得ゴールドが減る。 ・・の【コウショウ】【交渉】【バイシュウ】【買収】【ショウダン】、・の【投げ小判】・EX技を使用すると貰えるゴールドが減る。 特定の技を使用する。 この方法で得たGはバトルの勝敗に関わらず手に入る。 ・・・・・・・の技【ぬすむ】【ぶんどる】• ・のEX・超EX技• のEX・超EX技 Gが出るとは限らない• の【それでは始めます! 】 逆に減る場合もある• メダルゲーム「モンスター烈伝オレカバトル パンドラのメダル」で記録の鍵を使用して遊ぶ。 手っ取り早くGを集めたいならボスに勝利する事がベスト。 更にチームに【ぬすむ】等を使用できるモンスターを入れておくと尚良い。 稼ぎ向けボスモンスター• 第5章 討伐報酬:250G どのような編成であってもコナミコマンドを入力する事で必ず戦える。 【ためる】や【スピードアップ】でサボる事が多い、EX技が複数回攻撃でEXゲージを貯めてくれる等、倒しやすい要素も多め。 味方の数が減るとEX技のダメージが1体に集中して大ダメージを受けてしまうので、・・等の回復ができるモンスターを連れて行くと安全に勝利しやすい。 討伐リストも存在するため、討伐リスト埋めに挑戦しながら稼ぐのも面白い。 新序章 討伐報酬:476G 条件モンスター Lv10 または Lv10 が必要。 確定出現のあるボスの中で、一戦ごとに貰える額が最も大きい。 但し、この方法で稼ぐのであれば、なるべく育った相性の良いモンスターを連れていきたい。 特に連戦する場合はモチベーションを保つためにも【ミラージュ】については対策必須と言えるだろう。 物理ではない土属性・熱属性の高威力技は希少なため、属性には拘らず「高火力の物理ではない技」を探すと良い。 丁度良いモンスターを持っていないなら「【ミラージュ】を使われないうちに物理でごり押し」も戦略となる。 長期戦になると覇将ネルガルからの大ダメージ技も控えているので、その点でも短期戦が非常に重要だと言える。 新序章 討伐報酬:約400G 条件モンスターが必要。 必要となるモンスターも1体だけなので、チーム編成の自由度も高く、稼ぎには打って付けと言える。 しかし、報酬が480Gと通常プレイにおいては625Gのに次ぐ破格の数値である。 BOSSの中でも異例の3体構成であり、1体ごとのHPがBOSSの中でも最低値の250であるため、全体攻撃で一気に倒してしまえば1~2ターンで終わったりする。 また、バトル終了後に合体にも利用できるので、やの厳選にも最適。 ちなみに上記のは同じ新5章に登場するランダム出現専用ボスである。 など強力なを連れて稼ぎを行う場合、が出た際には、そちらへと挑むのも良い。 特殊 他 討伐報酬:500G 「プラチナプライベートチケット」を持っているオレカバトラーならば何度でも挑戦できるため、相応の対策をとっていれば、稼ぎに有効活用できる。 また、バトル入手も可能なので、ステータスの厳選と併行して行うのもいいかもしれない。 なお通常の「プライベートチケット」では1回しか戦えないため、残念ながら稼ぎ目的で利用するのは不可能である。 特殊 討伐報酬:440G 「星の章」始動後、毎週水・土・日曜日にて確定出現する「ライト彗星」でバトルが可能で、バトル後カード化可能なモンスター。 勝利すれば討伐リストにも記載されるので、G稼ぎや厳選も兼ねて挑んでみるのも良い。 水・土・日曜日以外は確定出現ではないので注意。 ちなみにオレコマンドで出現するときの討伐報酬は220Gに下がっている。 期間限定 討伐報酬:440G 期間限定エリアだが、現在は常に登場しており、約一か月周期で登場するモンスターが更新されるようになっている。 以降のモンスターは、いずれも討伐報酬がと同じ440G に設定されていて、こちらは曜日に関係なく挑戦できる。 捕獲可能なので厳選を兼ねて挑むのも良いだろう。 なお、初登場が以前のボスは報酬額が440Gより低く、復刻の場合でも変わらないため稼ぎには不向き。 期間限定 ・ 討伐報酬:500G これらのモンスターに勝利すれば 500Gと破格の高額報酬が貰えるので、開放されている時に何度も倒せば簡単にGを貯める事が出来る。 いつでも使える稼ぎ手段ではないので注意。 開放される日を見逃さないように情報をよく確認しておこう。 なお、アイテムを使用すればいつでも戦えるが、購入費用に討伐報酬の5倍ものGが必要となるので、等を用いたとしても稼ぎにはならない。 期間限定 討伐報酬:400G ・と同じく、期間限定ではあるが一戦ごとに高額報酬が貰える。 それらと比べると一戦あたりで貰える額は落ちるが、短時間で一戦を終える事ができるので、最も効率良く稼ぐ事ができる。 しかし、出現期間は既に終了しており、再出現があるかは現時点では不明である。

次の

モンスター烈伝 オレカバトルとは (モンスターレツデンオレカバトルとは) [単語記事]

オレカバトル 終了

モンスター烈伝 オレカバトルとは、がするトレーグである。 概要 オレカバトルの『オレカ』とは「オレの」を略したもの。 通常のと大きく異なる点は、 はその場で印刷されることである。 には 「オレー 所有者の名前 の 名 」というように刻まれ、自分だけのが作成できる、というわけである。 名前だけでなく、や、さらに所持まで加えれば限の組み合わせが存在する。 後に、この印刷方式は様々なで取り扱われる事になる。 ゲームの流れ 大まかなの流れとしては以下の通り。 では3枚のをする。 がい、もしくは3枚に満たない場合は選んだ章のとが助っ人に来る。 違うのもできるが、その場合は「かりモン」扱いとなる。 終了後に、いくつかの相手補が登場、レで戦いたいを選んで、開始となる。 は33の戦で、動き続けるを止めて戦う方式。 このでは、したに記載されたが反映される。 この他に、を溜めて発動する技がある。 が終了すると勝敗に関係なくする。 が上昇する他、が1~2個変化する。 の変化は強制ではなく、気に入らなければ変化させないことも可。 ただし、「かりモン」はしない。 ・が可な場合はの館へ、それ以外はの化に移行する。 は1に必ず1枚排出される。 2枚を排出する場合は追加のが必要となる。 自分のは論、戦った相手に排出可ながいれば、勝敗に関係なく必ずできる。 やなどの条件が必要なや「かりモン」は排出する事ができない。 排出後は・のが表示されて終了。 並んでいる子がいたら替わってあげよう。 変遷 第5章稼動中期より記録の鍵が導入され、G のが加わった。 当初はを任意で出現させるが取り扱われていたが、期間限定のと戦えるや、記録の鍵のを変える『鍵飾り』、全部集めれば店頭ポをで排出できる『の包みくじ』などが追加された。 また、後述のオレ決定戦で中に使う専用具の購入にも使われる。 第6章稼動中期よりのでもオレカバトルが遊べるようになった。 なお、オレカバトルのではを遊ぶ事はできない。 、新7章をもって全ての章で解禁が2巡し、翌以降はの幻定復活などが行われている。 章・エリア 東西南北に4つのが存在し、それぞれのに2つずつ、計8つの章(序章~第7章、新序章~新7章)が存在している。 1ヵ毎に新が追加され、3ヶ毎に新しい章が稼動している。 新章、新の解禁方法が特殊で、付属のをする事で解禁される。 もしないと解禁されない。 この他にもや期間限定の、次世代ホェア限定のが存在する。 ストーリー オレカバトルは一般的なのようなが存在せず、各のや中の、の紹介から自分でを解いていくしかない。 なお、これらからのを集めて推測されるは、およそ ゲーとは思えないほどである。 オレ最強決定戦 期間限定で開催される大会。 これまで各店舗で行われていた『オレカバトル』とは違い、こちらは状態にあるなら、どこでも参加可となる。 まずは定された条件(の合計が6以下、2のみ、種族限定など)でを登録する。 の相手は別のが登録したで、、も同一のもの。 するとオレを得る事ができる。 (負けた場合もほんの少し貰える) このオレを溜めて全のを相手に順位を競う。 終了後は迎撃の準備となる。 ここで登録した内容が、他の相手として登場、ここで自分のがした場合もオレを得る事ができる。 迎撃の際はを有利にする大会用のを持たせたり、【召喚】で呼び出すの登録をする事ができる。 第2回であるラ杯以降は新たに店舗が出現、迎撃用のが後、稀に入手できる等の変更がされている。 KONAMIオールスター 本は発なので、が数多く参戦している。 『』の親子,『』の,『』の・・・ 特に、からへした時は一見の価値あり。 iPhone版オレカバトル の他に、のとして同様のが存在する。 基本的なの流れは変わらないが、の存在やの仕方、に勝たなければをできない等、いくつか版と異なる。 また、版で育てたは、で使用できる。 (としては排出できない) 後に大幅に、、との連動、オレ決定戦に似た『闘技場』、等が追加された。 テレビアニメ よりで放送中。 「」とで放送されている。 とでも、同年より配信中。 こちらは単独作品として配信されている。 はとの共同。 をが担当する。 関連動画 関連商品 関連チャンネル 関連項目• オレカの印刷方式を流用した向け• オレカ方式でが印刷される GRR を搭載•

次の

モンスター烈伝 オレカバトル

オレカバトル 終了

モンスター烈伝 オレカバトルとは、がするトレーグである。 概要 オレカバトルの『オレカ』とは「オレの」を略したもの。 通常のと大きく異なる点は、 はその場で印刷されることである。 には 「オレー 所有者の名前 の 名 」というように刻まれ、自分だけのが作成できる、というわけである。 名前だけでなく、や、さらに所持まで加えれば限の組み合わせが存在する。 後に、この印刷方式は様々なで取り扱われる事になる。 ゲームの流れ 大まかなの流れとしては以下の通り。 では3枚のをする。 がい、もしくは3枚に満たない場合は選んだ章のとが助っ人に来る。 違うのもできるが、その場合は「かりモン」扱いとなる。 終了後に、いくつかの相手補が登場、レで戦いたいを選んで、開始となる。 は33の戦で、動き続けるを止めて戦う方式。 このでは、したに記載されたが反映される。 この他に、を溜めて発動する技がある。 が終了すると勝敗に関係なくする。 が上昇する他、が1~2個変化する。 の変化は強制ではなく、気に入らなければ変化させないことも可。 ただし、「かりモン」はしない。 ・が可な場合はの館へ、それ以外はの化に移行する。 は1に必ず1枚排出される。 2枚を排出する場合は追加のが必要となる。 自分のは論、戦った相手に排出可ながいれば、勝敗に関係なく必ずできる。 やなどの条件が必要なや「かりモン」は排出する事ができない。 排出後は・のが表示されて終了。 並んでいる子がいたら替わってあげよう。 変遷 第5章稼動中期より記録の鍵が導入され、G のが加わった。 当初はを任意で出現させるが取り扱われていたが、期間限定のと戦えるや、記録の鍵のを変える『鍵飾り』、全部集めれば店頭ポをで排出できる『の包みくじ』などが追加された。 また、後述のオレ決定戦で中に使う専用具の購入にも使われる。 第6章稼動中期よりのでもオレカバトルが遊べるようになった。 なお、オレカバトルのではを遊ぶ事はできない。 、新7章をもって全ての章で解禁が2巡し、翌以降はの幻定復活などが行われている。 章・エリア 東西南北に4つのが存在し、それぞれのに2つずつ、計8つの章(序章~第7章、新序章~新7章)が存在している。 1ヵ毎に新が追加され、3ヶ毎に新しい章が稼動している。 新章、新の解禁方法が特殊で、付属のをする事で解禁される。 もしないと解禁されない。 この他にもや期間限定の、次世代ホェア限定のが存在する。 ストーリー オレカバトルは一般的なのようなが存在せず、各のや中の、の紹介から自分でを解いていくしかない。 なお、これらからのを集めて推測されるは、およそ ゲーとは思えないほどである。 オレ最強決定戦 期間限定で開催される大会。 これまで各店舗で行われていた『オレカバトル』とは違い、こちらは状態にあるなら、どこでも参加可となる。 まずは定された条件(の合計が6以下、2のみ、種族限定など)でを登録する。 の相手は別のが登録したで、、も同一のもの。 するとオレを得る事ができる。 (負けた場合もほんの少し貰える) このオレを溜めて全のを相手に順位を競う。 終了後は迎撃の準備となる。 ここで登録した内容が、他の相手として登場、ここで自分のがした場合もオレを得る事ができる。 迎撃の際はを有利にする大会用のを持たせたり、【召喚】で呼び出すの登録をする事ができる。 第2回であるラ杯以降は新たに店舗が出現、迎撃用のが後、稀に入手できる等の変更がされている。 KONAMIオールスター 本は発なので、が数多く参戦している。 『』の親子,『』の,『』の・・・ 特に、からへした時は一見の価値あり。 iPhone版オレカバトル の他に、のとして同様のが存在する。 基本的なの流れは変わらないが、の存在やの仕方、に勝たなければをできない等、いくつか版と異なる。 また、版で育てたは、で使用できる。 (としては排出できない) 後に大幅に、、との連動、オレ決定戦に似た『闘技場』、等が追加された。 テレビアニメ よりで放送中。 「」とで放送されている。 とでも、同年より配信中。 こちらは単独作品として配信されている。 はとの共同。 をが担当する。 関連動画 関連商品 関連チャンネル 関連項目• オレカの印刷方式を流用した向け• オレカ方式でが印刷される GRR を搭載•

次の