料金プラン ドコモ。 【2020年版】ドコモFOMAガラケーの料金プラン/最安は通話のみで745円~

【ドコモ】らくらくホンのおすすめ料金プランは?月額料金を計算してみた!

料金プラン ドコモ

スマホ本体代を分割支払い時の 頭金0円! dカード GOLD申込で最大 18,000ポイント!• > 読了時間:約 2 分 ドコモが5月に発表した新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」について、橋本環奈さんと江口洋介さんのCMで耳にしたことがある人も多いですよね。 ケータイ電話からスマートフォンへの移行が伸びるにつれ、電話として利用するよりもインターネットやLINEを用いた通話をすることが主流になってきました。 そんな社会のスマートフォンに対するニーズの変化に応じた新料金プラン 「ギガホ」「ギガライト」をドコモが新しく出したことで、プランへの注目度も高まっています。 「ギガホ」「ギガライト」とはどんなプランなのか、これまでの従来プラン「かけ放題」とは何が違うのか?どちらがおトクなのか?について見ていきましょう。 月額基本使用料 2年定期契約あり 2,700円 2年定期契約なし 4,200円 国内通話料 ドコモ携帯電話宛 無料 他社携帯電話宛 固定電話宛 データ通信量 パケットパック加入 データ通信利用料によりパケットパックを選択 パケットパック未加入 Xi 0. 6円/KB FOMA 0. 08円/パケット SMS送信料 SMS(国内) 3円/回〜、受信無料 国際SMS 50円/回〜、受信無料 「かけ放題」とは、月額2,700円(2つ折り携帯は2,200円)で24時間いつでも国内通話が無料になるプランです。 ドコモ同士だけでなく、他社携帯や固定電話への通話も無料となる文字通りの「かけ放題」で、電話をよく掛ける方には、大変お得なプランとなります。 しかし、これまで王道のプランであったドコモの「かけ放題」は2019年5月末を期限に 新規の契約受付が終了してしまいました。 これにはドコモで新登場する料金プラン「ギガホ」「ギガライト」に移行してほしいというドコモ側の意図が隠されています。 ただし、2019年5月以前に「かけ放題」の契約をしている方は引き続きかけ放題プランをご利用できます。 もしも30GBの容量が超過した後も送受信の最大1Mbpsの速度であれば利用可能です。 1Mbpsの速度であれば、従来の通信制限速度128kbpsでは全く見られなかったWebサイトやTwitterのタイムラインの閲覧が可能になります。 定期契約のあり/なしを選択するには、2年間同じ回線を継続して利用することが条件になります。 定期契約ありは自動更新あり/なしの選択も可能です。 POINT家族にドコモユーザーがいる場合はギガホプランが割引に もうひとつの料金プラン「ギガライト」 ギガホプランは毎月のデータ容量が30GBと決められていますが、1ヶ月で30GBも使用することはないという方には 「ギガライト」プランをおすすめします。 ギガライトプランの料金システムはギガホプランと同様です。 まずはご利用料金について見ていきましょう。 ご利用料金(税抜) ご利用可能データ量 月額料金/定期契約あり 解約金 月額料金/定期契約なし 解約金 ステップ4/〜7GB 5,980円 1,000円 6,150円 - ステップ3/〜5GB 4,980円 1,000円 5,150円 - ステップ2/〜3GB 3,980円 1,000円 4,150円 - ステップ1/〜1GB 2,980円 1,000円 3,150円 - その他の国内通話料/SMS送信料の月額や音声通話オプションの利用料金についてはギガホプランと同額なので割愛します。 ギガライトは毎月定額の利用料金になるのではなく、月ごとに利用したデータ通信量によって 金額が変わるところが特徴です。 Wi-Fi環境が整っているためデータ量をあまり消費しない、月によって変動はあるが毎月それほどデータ量は使わないという方にはこちらのプランをおすすめします。 こちらのギガライトプランも、ギガホプラン同様「みんなドコモ割」によって回線数に応じて500円/2回線、1,000円/3回線〜割引されます。 POINT月に変動はありながらも1〜5GBしか使わない方はもう一つの「ギガライト」プランがおすすめ 「かけ放題」と違う点 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」は従来料金プラン「かけ放題」と何が違うのでしょうか。 「かけ放題」プランは国内の音声通話がドコモユーザー同士はもちろんのこと、他社のユーザーや固定電話であっても無料でした。 しかしデータ通信に関しては別途「パケットパック」に加入する必要がありました。 一方、新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」はパケットパックに加入する必要もなくデータ通信の料金を 通話料とまとめて支払うことができます。 Wi-Fi環境がない場所で動画を再生する人は30GB/月、変動があるがデータ量はあまり使わないという人は1〜7GB/月を利用することができます。 しかしかけ放題プランのように、国内の音声通話が無料ということはありません。 もしも通話することが多い場合は、別途で5分通話無料/かけ放題オプションのいずれかに加入する必要があります。 ギガホ割 ギガホプランを新たに契約した方は、初回の適用月から6ヶ月間のあいだ、月額料金が 1,000円割引されます。 それがギガホ増量キャンペーンです。 通常は月30GBまで利用できる大容量プランのギガホですが、期間中は 月60GBまで増量されるんです。 自宅のネット環境を整備するために少しの間だけでもデータ量が欲しいといった方にも有り難い増量キャンペーンです。 条件は特段あるわけではなく、ただ「ギガホ」に加入している・これから加入するという方であれば対象となります。 ドコモ光セット割 ネット回線「ドコモ光」に加入している/新規契約する方のファミリー割引グループ内に新料金プランを利用している方がいれば、月額料金が 永年1,000円割引されます。 dポイントクラブのステージは以下の規定により決まります。 画像引用元:ドコモ公式サイト• 新プラン「ギガホ」は通話料とデータ量がセットになったプラン• 従来のプラン「かけ放題」は新規契約終了• データ通信は毎月30GB、2年間の定期契約ありで6,980円。 有料で音声通話オプションがつけられる• 「ギガライト」は、2年間の定期契約ありで2,980円(1GB)〜利用できる• ギガホ割、ドコモ光セット割、ずっとドコモ特典、はじめてスマホ割などの割引サービスが用意されている 「かけ放題」+パケットパックとどちらがおトク? では実際に、ギガホ・ギガライトと「かけ放題」+パケットパックではどちらがおトクになるのか検証してみましょう。 「パケットパック」にはおひとり向けと家族向けの2つの契約が用意されています。 おひとり向けの場合 毎月のネット使用量を「2GB」「5GB」「20GB」「30GB」から選択 家族向けの場合 家族全体で毎月のネット使用量を「10GB」「15GB」「20GB」「30GB」から選択 それぞれについて詳しく見てゆきましょう。 ひとり向けのプラン それぞれのプランと月額定額料金をご覧ください。 パケットパック名称 (利用可能データ量) 月額定額料 ずっとドコモ割 (15年以上の場合) ウルトラデータ LLパック (30GB) 8,000円 -800円 ウルトラデータ Lパック (20GB) 6,000円 -800円 データMパック (標準) (5GB) 5,000円 -800円 データSパック (小容量) (2GB) 3,500円 -600円 通常のユーザーであれば、5GBのデータMパックがおすすめです。 データSパック(小容量)(2GB)以外のプランは、使いきれずに余ったパケットを繰り越して次の月に使うことができるので、無駄になりません。 例えばGBのデータMパックのプランなら、今月3GBしかネットを使わなければ残りの2GBは 翌月に繰り越して使うことができるのです。 なお、ウルトラデータLLパックとウルトラデータLパックを契約する場合、テザリングは事前の申込みが必要となり、月額定額料1,000円が発生します。 パケットパック名称 (利用可能データ量) 月額定額料 ずっとドコモ割 (15年以上の場合) ウルトラシェアパック 100(100GB) 25,000円 -2,500円 ウルトラシェアパック 50(50GB) 16,000円 -1,800円 ウルトラシェアパック 30(30GB) 13,500円 -1,200円 シェアパック15 (標準) (15GB) 12,500円 -1,200円 シェアパック10 (小容量) (10GB) 9,500円 -1,000円 シェアパック5 (小容量) (5GB) 6,500円 -800円 家族でムダなくパケットをシェアできるので、ご家族そろってドコモユーザーという方にはこちらをおすすめです。 一回線ごとに利用できるデータ通信量を設定することもできます。 ただし、シェアパックのパケットを家族でわけあうには子回線1台ごとに月額定額料500円の シェアオプションに加入する必要があるのです。 また、パケット料をみんなで均等割して払うこともできます。 シェアパック定額料やオプション定額料などの合計額をグループ内で均等割にできるので、離れて暮らす家族の使用料を本人が支払いたい時に便利です。 なお、ウルトラシェアパック100・ウルトラシェアパック50・ウルトラシェアパック30の場合、テザリングは事前の申込み+月額定額料1,000円が必要です。 ひとりでデータ通信を使用するのであれば、どのデータ容量でもギガホ・ギガライトのほうが 3,000円ほどおトクになりますね。 ただし家族間でデータをシェアする場合は、一人あたりの月額料金も減らすことができます。 シェアパックで使用したい場合はかけ放題とパケットパックのセットがおトクになることもあります。 しかし一人あたりの月額料金がギガホよりも安くなるのは、ウルトラシェアパック30を 4人以上でシェアする場合になります。 3人以下の場合はギガホとギガライトを家族の使用状況にあわせて契約したほうがおトクになります。 データをシェアする人がいない• データをシェアできる人数が3人以下• Wi-Fi環境外でもSNS等で動画や画像を見たい• Wi-Fi環境外でゲームをしたい• 通話はLINEで済ませることが多い データをシェアする人がいない・シェアできる人数が3人以下 ギガホはデータ量をシェアすることができません。 そのため、大容量ながら毎月一人で30GB 増量期間中は60GB のデータを使う必要があります。 かけ放題で追加できるデータシェアパックでウルトラシェアパック30を頼みたい場合、4人以上でシェアするのであればギガホよりおトクです。 しかしウルトラシェアパック30を3人以下でシェアするのであれば ギガホの方が結果的におトクなので、ギガホがおすすめです。 Wi-Fi環境外でもSNS等で動画や画像を見たい・ゲームをしたい Wi-Fiがある環境ではどれだけSNSで動画を見たりゲームをしていてもデータ量を気にする必要はありません。 しかし学校や職場への移動中などはWi-Fi環境が整っていないことがあります。 通勤・通学中の時間つぶしとしてSNSを見たいという方や動画・ゲームを楽しみたいという方はギガホの方がおすすめです。 かけ放題で追加できるデータパックの30GBプランよりもギガホの方が月額料金がおトクなので、ギガホを選びましょう。 通話はLINEで済ませることが多い ギガホプランにすると家族以外の国内通話 30秒につき20円 が基本料金に含まれています。 もしも国内通話をかけ放題と同じように付けたい場合はオプションとして追加する必要があります。 現代は若い方を中心に友人や仕事仲間との連絡や通話をLINEで済ませてしまう人が多いです。 その場合通話オプションをつける必要もないので、 基本の月額料金だけで安く抑えることができます。 かけ放題プランは通話メインのプラン体系となってしまうので、普段通話をしないという方にとっては勿体無いですよね。 データをシェアしないならギガホが断然おトク• シェアして家族で使い分けるよりも、ギガホ・ギガライトで契約する方がおトクなことも• 通話オプションは必要な人だけつければOK それでも迷う!という方はドコモのしっかりシミュレーションがおすすめ それでも自分で判断するのは不安という方は、ドコモが公式サイトで紹介している「しっかりシミュレーション」を試してみましょう。 しっかりシミュレーションでは、My docomoにログインをすることですぐにデータの使用状況や現在のプランを加味した上で、おすすめのプランを提示してくれます。 更に、新料金のギガホまたはギガライトの内訳と、現在支払っている料金の内訳を 詳しく比較できるので分かりやすいです。 ショップに相談に行く手間も省け、そのまま契約を変更する手続きもできるので、オンラインのしっかりシミュレーションはおすすめですよ。 ドコモの新料金プランはおすすめ ここまでまとめてみましたが、かけ放題プランに比べるとギガホ・ギガライトは月額料金が高く見えます。 しかしこれは「データ使用量」がセットになっているためです。 かけ放題プランにパケットパックを追加する場合、 ギガホ・ギガライトのほうが3,000円ほどおトクになります。 また大容量プランのギガホでは、6ヶ月間1,000円割引されるなどおトクなキャンペーンも実施されています。 現在かけ放題プランを利用している方もプラン変更が可能なので、この機会に是非利用してみてください。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモの料金プランには変更するベストタイミングがるので、途中解約金で損をしないための手順をご紹介していきます。 新料金プランが登場し「そろそろ料金プランを見直したい」と考えている方は多いでしょう。 そんなとき気をつけてほしいのが、料金プランを変更する際のタイミングです。 […]• グローバル化が進んでいるため、仕事やプライベートなどさまざまなシーンにおいて海外にてスマートフォンを使えることは重要です。 そこで、ドコモから提供されている「海外パケ・ホーダイ」が注目されています。 この記事では、「海外パケ・ホーダイ」とはどういった内容なのかを解説 […]• ドコモの5Gギガホ音声割について説明し、旧プランとの違いを解説していきます。 5Gギガホ音声割は、3月25日から始まるドコモ5Gスマホの対象プラン契約時に適用される割引です。 この記事では、ドコモの5Gギガホ音声割が適用される条件や注意点についてご紹介します。 […]• ドコモの格安スマホでおすすめの機種には、安いだけではなく画面が大きかったり使いやすかったりなど多種多様なプランやオプションがあります。 実際に、オンラインショップでできる料金シミュレーションで計算すると、ドコモの格安スマホは月々2,772円で利用可能です。 ドコモの […]• ドコモには使い放題のプランはあるのでしょうか。 ここでは、ドコモで最大限楽しめる使い放題のプランをご紹介します。

次の

「ドコモのスマホ料金プラン」どう選ぶ? ポイントは3つ【2020年最新版】

料金プラン ドコモ

スマホ本体代を分割支払い時の 頭金0円! dカード GOLD申込で最大 18,000ポイント!• > 読了時間:約 2 分 ドコモの料金プランには変更するベストタイミングがるので、途中解約金で損をしないための手順をご紹介していきます。 新料金プランが登場し「そろそろ料金プランを見直したい」と考えている方は多いでしょう。 そんなとき気をつけてほしいのが、料金プランを変更する際のタイミングです。 というのも、料金プランを変更する際には手数料や場合によっては違約金が必要となり、 それらの金額は適切なタイミングか否かで大きく異なるのです。 では、具体的にはどんなタイミングで料金プランの変更を行えば良いのでしょうか。 料金プランを変更するのに最適なタイミング、変更する際の手順、注意点などをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。 ドコモの料金プラン変更タイミング• 料金プランの変更を考えている方、お得な料金プランがあるのならそちらに乗り換えたいと考えている方は参考にしてみてください。 新プランが登場したタイミング 画像引用元: プランが刷新されたタイミングというのは料金プランを見直す絶好のチャンスとなっています。 なぜなら、ドコモは新しい料金プランを導入したタイミングでを行う傾向にあるのです。 キャンペーンの内容は様々ですが、• 〇ヶ月間毎月〇円割引• 新プラン加入者にdポイントをプレゼント といったものが多く、大抵は何かしらの割引もしくはポイント還元といった形で得をすることが出来ます。 1万円相当のdポイントが貰えるキャンペーンが実施されることもあるので、新プラン導入時は 新しいキャンペーンが行われないかチェックしておきましょう。 ただ、ガラケー用プランなどマイナーな料金プランがリニューアルした場合はキャンペーンが行われないこともあるので注意が必要です。 契約更新のタイミング 料金プランを変更するタイミングとして最も多いのがこの「」です。 解約金なしプランに加入していない限り、ドコモでは特定のタイミング以外で 契約を解除すると解約金が発生します。 契約更新のタイミングとはその解約金が発生しない時期のことで、このタイミングであれば出費をすることなく料金プランを変更することが可能なのです。 しかし、契約更新の際に料金プランを変更するとなると、新プラン導入時のキャンペーンを使えないなどの弊害もあります。 そのため、お得なキャンペーンがある場合、あえて契約更新を待たずに料金プランを変更するという方法も検討してみるべきでしょう。 残債の支払いが終わったタイミング 24回払いでスマホを購入したのなら、残債を支払い終えるタイミングでちょうど契約更新の時期が来ます。 そのタイミングなら、スマホを機種変更しつつ料金プランを変更できるので面倒な手続きを1回で終えられるのです。 とは言え、契約更新のタイミングで料金プランを変更する際と同じく、キャンペーン等を使いにくいというのは難点になります。 基本的にはこのタイミングで機種変更をするのがベストですが、 契約更新のタイミングでプラン変更する際と同様お得なキャンペーンがあるならそちらを優先しても良いでしょう。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 料金プラン変更で違約金が発生しない方法• 契約更新のタイミングで料金プランを変更する• 違約金なしプランに加入する 現状これらの方法以外で違約金から逃れるのは難しいです。 契約更新のタイミングとは 2年縛り契約の満了月とその翌月のことで、それ以外の月だと違約金を支払わなければ契約を解除することが出来ません。 ただ、最近ドコモは違約金の金額を従来の9,500円から1,000円にまで引き下げており、以前に比べると違約金の存在は料金プラン変更の弊害になりにくくなっています。 そのため、違約金以上に得をするタイミングがある場合は、あえて違約金を支払うという方法を取っても良いでしょう。 注意しておきたいのは違約金なしプランの存在です。 違約金なしプランは名前の通りいつでも違約金なしで契約を変更できるプラン。 しかし、その分毎月の料金が高いという欠点があります。 違約金が1,000円と格段に安くなった今、わざわざ違約金なしプランを選ぶ必要はないでしょう。 「いつでも契約変更できるようにしておきたい」という考え方の方もいらっしゃるかもしれませんが、 基本的には違約金のある通常プランを選ぶことをおすすめします。 料金プランを変更する際の注意点 料金プランを変更する際には、違約金だけでなく他にも気をつけておくべきことがあります。 料金プラン変更時の注意点2つ• 抑えておくべき点を見逃してしまうと損をしてしまうこともあるので、料金プランを変更する際は以下の注意点をよく読んでから手続きをするようにしましょう。 シェアパックに加入している場合は要相談 画像引用元: 現在ドコモで主流となっている「ギガライト」、「ギガホ」の両プランはデータシェアに対応していません。 そのため、現在家族でシェアプランに加入している方がギガライトやギガホにプラン変更する場合、各回線それぞれがギガライトもしくはギガホに加入しなければならないのです。 ここで問題となるのが、 シェアプランからギガライト、ギガホに乗り換えるとほとんどの場合料金が高くなってしまうということ。 1回線辺り500円でデータ量をシェア出来るようになるデータシェアに比べて、最低でも毎月1,980円は掛かってしまうギガライトは相性が悪いのです。 このような事情があるため、家族でドコモを使っている場合は、しっかり家族と相談した上でプラン変更するか否かを決めるようにしましょう。 変更前にシミュレーションをしておく 画像引用元: 基本的には新しい料金プランの方がお得となっていることが多いものの、人によっては今加入しているプランの方がお得であることもあります。 そのため、料金プランを変更する際は必ず料金シミュレーションをして、現状のプランとどちらがお得か比較してみるようにしてみましょう。 シミュレーションを行う手順は以下の通りです。 「商品・サービス」をタップ• 「料金・割引」を選択• 「料金シミュレーション」をタップ この手順で料金シミュレーションのページを開いた後は、表示される指示に従ってプラン内容を決定して下さい。 そうすると、シミュレーション結果が表示されます。 シミュレーション結果を保存することが出来るため、比較の際にはいくつかの結果を保存しておくと良いでしょう。 シミュレーションを怠るとせっかく新しい料金プランに変更したのに毎月の通信費が高くなってしまった、というような事態になりねないので注意して下さい。 ドコモの料金プラン変更手順 一口に料金プランを変更すると言っても、変更する方法にはいくつかの種類があります。 まず、具体的にドコモで料金プランを変更する方法はこちらです。 料金プラン変更方法3つ• 基本的にはこれらの方法のうちいずれかで料金プラン変更の手続きを行うことになります。 ここでは全ての方法について解説するので、自分にはどの方法が適しているのか考えてみてください。 実店舗で変更する場合 画像引用元: 契約変更や機種変更、キャリア乗り換えをする時はドコモショップや家電量販店を利用するという方が少なくないでしょう。 そんな実店舗での契約変更は、こちらの2ステップで行えます。 実店舗へ赴く• 契約変更をしたい旨を伝える 非常に簡単であり、分からないことは店舗にてスタッフに質問をすれば良いため、誰でも手軽に契約変更をすることが可能です。 しかし、 実店舗で契約変更をする場合はかなり長い待ち時間が必要となるため、まとまった時間が取れない限り手続きを行うのは難しいでしょう。 手早く手続きを終えたいのであれば、他の方法で契約変更した方が無難です。 電話で変更する場合 電話で契約変更をする場合は実店舗で変更する場合に比べてさらに簡単で、インフォメーションセンター 151 に電話をすることで手続きが行えます。 音声ガイダンスを使って手続きをすることも可能ですが、手っ取り早く済ませたいのならオペレーターに繋いでもらった後、契約変更したい旨を伝えるのが良いでしょう。 また、電話にて手続きをする時は ネットワーク暗証番号が必要となるため、事前に自分が設定した番号がどんなものであったのか確認しておくことをおすすめします。 ネットワーク暗証番号が分からない場合はMy docomoにて再設定を行うことが可能です。 オンラインで変更する場合 画像引用元: オンラインで契約変更をする場合はドコモユーザー専用サイト「My docomo」を利用します。 My docomoにて手続きをする場合は、こちらの4ステップです。 My docomoへアクセス• 「契約内容・手続き」を選択• 「料金プランを変更する」をタップ• 変更したいプランを選択し手続きを完了させる 実店舗や電話で契約変更をする場合と違い、24時間いつでも手続きが可能で、待ち時間もありません。 そのため、 契約を変更するのならオンラインで行うことをおすすめします。 他の方法は何かしらの事情がありオンラインでの手続きが行えない時の代替えと考えておいた方が良いでしょう。 契約変更はお得なタイミングで行おう! ご紹介した通り、契約変更を行う時期としてベストなタイミングは3つあります。 基本的には契約更新、残債を支払い終えたタイミングがベストですが、お得なキャンペーンがある場合は新プラン登場のタイミングで手続きをしても良いでしょう。 また、契約変更の際にはタイミング以外にも注意しておくべきことがあるため、手続きの際には注意すべき点を見逃していないかよく確認するようにして下さい。 お得に契約変更できるタイミングを探り、注意点をしっかり踏まえておけば、契約変更は難しいことではありません。 逆にタイミングを考えず、プランの吟味やシミュレーションを行わずに契約変更をしてしまうと大きく損をしてしまうこともあるので注意しましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモオンラインショップと店舗でスマホ購入の価格に違いがあります。 ドコモオンラインショップのメリットと店頭のメリットをそれぞれ紹介し、どちらが安いのか解説していきます。 ドコモのスマホ・ケータイを機種変更したいなと思った時、ほとんどの方はお住まいの地域にあるドコモショップ […]• ドコモには使い放題のプランはあるのでしょうか。 ここでは、ドコモで最大限楽しめる使い放題のプランをご紹介します。 ドコモなどの大手キャリアには様々なオプションが存在します。 オプションの中には「こんなものまで?」と痒い所に手が届くものもあり、上手く使いこなせばスマホライフをより豊かにすることが出来るでしょう。 ただ、いくら便利なオプションとは言え、考え無しにオプションに加入して […]• ドコモの5Gギガホ音声割について説明し、旧プランとの違いを解説していきます。 5Gギガホ音声割は、3月25日から始まるドコモ5Gスマホの対象プラン契約時に適用される割引です。 この記事では、ドコモの5Gギガホ音声割が適用される条件や注意点についてご紹介します。 […]• グローバル化が進んでいるため、仕事やプライベートなどさまざまなシーンにおいて海外にてスマートフォンを使えることは重要です。 そこで、ドコモから提供されている「海外パケ・ホーダイ」が注目されています。 この記事では、「海外パケ・ホーダイ」とはどういった内容なのかを解説 […].

次の

ドコモのシンプルプランが危ない!? 注意点と安く使うための方法を解説します!

料金プラン ドコモ

「 親にドコモのらくらくホンを持たせたいんだけど、料金プランはどれになるのかよく分からない…」 「 今ガラケーだけどらくらくスマホに機種変更した場合の料金はどうなるのか…」 このような悩みがあるんじゃないでしょうか。 シニア向け機種であるらくらくホンですが、料金プランは一般スマホを契約する場合と違いはありません。 ドコモのらくらくホンシリーズには「ドコモケータイ」と「スマホ」の機種に分かれています。 実際に、 ドコモのらくらくホンを利用した場合の毎月の月額料金も計算してシミレーションもして見ていきましょう。 ケータイプラン ギガライト ギガホ で、二つ折りのガラケータイプのらくらくホンは、ケータイプランのみ契約可能。 らくらくスマホを契約するなら、ギガライトもしくはギガホのどちらかを選ぶようになります。 まずはそれぞれの料金プランの特徴について解説していきます。 ドコモケータイプランなら通話料+通信量込み 参照: 家族内通話無料 1,200円 通信量100MB ガラケータイプのらくらくホンのみ契約ができる料金プランがドコモケータイプランです。 今までのようなSPモード、通信量が別で請求されることはなくすべて込みでの料金で1,200円の分かりやすい料金プランです。 通信量も100MBまでも料金に含まれてるのがポイント。 電話メインでらくらくホンの利用を考えているのであればドコモケータイプランを選ぶことでかなりお得に利用ができるでしょう。 らくらくスマホに機種変更を考えている人向けの料金プランを見ていきましょう。 ギガライトなら最大7GBまで使った分だけの料金プラン 参照: 5GB~7GB 5,980円 3GB~5GB 4,980円 1GB~3GB 3,980円 0GB~1GB 2,980円 らくらくスマホに機種変更する場合に契約できる料金プランの一つがギガライト。 最大7GBまで 使ったデータ容量に応じて定額料金が変わるしくみになっています。 毎月の通信量がそれほど多くない場合は、ギガライトを選びましょう。 また、7GB以上のデータ量が必要である人は続いてご紹介するギガホを利用するといいですね。 ギガホなら30GBまで使える大容量プラン 参照: 30GBまで 6,980円 ギガホもらくらくスマホを契約する場合に選べる料金プランです。 データ通信は30GBの大容量プランであるのがポイント。 ネット閲覧はもちろん動画サービスなどの利用が多い人であれば、ギガホを選択することで毎月の通信量に不安をもつこともなくなるでしょう。 単純に毎月の通信量が7GBを超えるかもという人であればギガホを選択すればいいでしょう。 とはいえ、らくらくスマホを持つのが高齢者であると考えれば少数派かもしれません… らくらくホンで電話もたくさんする場合は「音声オプション」も検討 ドコモケータイプランもギガライト、ギガホに関してもあくまでもデータ通信の料金プランです。 もし、らくらくホンを利用する際に電話頻度が多い人は 音声オプションの加入を検討する必要があります。 オプションに申し込むことで、定額通話サービスが可能となります。 2019年11月1日より音声オプションに対しての割引きサービス「」も開始されました。 毎月700円が最大12ヶ月適応されるので、5分間の通話オプションは実質無料で利用ができますよ。 はじめてスマホ割が適応となり、60歳以上の年齢の場合に限りますがらくらくホンを利用する人であれば条件はクリアできる可能性は高いでしょう。 ギガライトにしてもギガホにしても基本料金は正直高いです。 なので、それぞれの料金プランに割引きサービスを適応させることでお得に利用できますのでうまく活用していきましょう。 ドコモの料金プランに割引きを適応させれば・・ ガラケータイプのらくらくホンに機種変更する際に契約する場合のケータイプランは月額1,200円から安くすることができません。 ただ、らくらくスマホへの購入を考えていて ギガライトかギガホを契約するのであれば月額料金を割引きすることが可能です。 割引前 はじめてスマホ割(最大12か月間) みんなドコモ割(永年) ドコモ光セット割(永年) 割引後 2回線 3回線以上 1回線 2回線 3回線以上 5,980円 5GB~7GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円 4,980円 3GB~5GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 2,980円 2,480円 1,980円 3,980円 1GB~3GB -1,000円 -500円 -1,000円 -500円 2,480円 1,980円 1,480円 2,980円 0GB~1GB -1,000円 -500円 -1,000円 なし 1,980円 1,480円 980円 ギガライトの割引サービスはギガホ割が対象ではないので、最大3つの割引サービスが併用できます。 すべての割引サービスが適用で最大3,000円も月額料金が安くなりますよ。 らくらくホンに機種変更してギガライトを利用した場合は、データ通信が1GBまでの利用で家族で3回線以上利用していた場合は、 月額980円から利用することが可能です。 ギガホ割が適用されると、ギガホを家族3回線以上で利用していた場合とギガライトを5GB~7GBで利用する場合と同額の月額料金で使えることになります。 このあたりはよく考えて料金プランを選ぶ必要があるでしょうね。 で、これらはあくまでも料金プランのみの月額維持費のイメージ。 あとは 「本体端末代金」+「料金プラン」で月額料金の目安をシミレーションしていきましょう。 ドコモらくらくホンの本体価格+料金プランの月額料金 ドコモらくらくホン F-02J らくらくスマートフォン me らくらくスマートフォン4 今回はこちら3機種のらくらくホンで本体代金とそれぞれの料金プランを選んだ場合の月額料金をシミュレーションしてみました。 月々1,200円に本体端末代金の分割金を足しても、 月々2,200円からの利用が可能です。 料金プランをギガライトにした場合、最も高くて1回線で5GB以上のデータ通信を行った場合の4,790円です。 最も安くなるのは、 3回線以上で利用してデータ通信を1GB以下に抑えた場合の1,790円という場合になります。 どんなに使っても5,000円未満になるので、今までのケータイの料金プランとあまり変わらないで利用することができるのではないでしょうか。 また、 ギガホを選ぶことでギガホ割が適応されます。 5GBしか使えなくて4,790円より、30GBまで使えて4,790円の方が断然お得なのも分かりますね。 ・ギガライト.

次の