クレジットカード viaso。 VIASOカードは審査に通りやすい?それとも通りにくい?

VIASOカードのメリットだけでなくデメリットもたっぷり解説します。

クレジットカード viaso

もれなく使えるオートキャッシュバック機能 Viasoカードの最大の特徴は ポイントが一定貯まると自動でキャッシュバックされることです。 ショッピング1,000円ごとに5ポイントが貯まり、1,000ポイント(要は20万円使うと)貯まると、 自動で1,000円分キャッシュバックされます。 20万円使用で1,000円キャッシュバックのため、還元率は0. ただし、 自動的にキャッシュバックされるのでポイントの取りこぼしが無いことが強みと言えるでしょう。 還元率が1%になる使い方 通常0. ・NTTドコモ• ・au• ・ソフトバンク• ・Yahoo! ・OCN• ・au one net• ・BIGLOBE• ・ODN 携帯電話もプロバイダも有名なところばかりなので、利用していて年間の利用金額が10万円を超えて入ればかなりおトクなカードとして使えますね! 高速道路利用もおトク! さらに、ViasoカードはETCの利用でもポイントが2倍たまります。 仕事関連やプライベートで 高速道路を多く利用される方にとっては1. ETCカード利用10万円分の初期投資がかかるため、毎年多くの利用をする方でないとこちらはおススメできない点です。 発行スピードが早い! 通常申込からカード発行までは3日〜1週間程度かかってしまうのですが、 最短翌営業日発行を行っているため、 すぐに使いたい方にとってはかなり大きなメリットとなります! 年会費無料で海外旅行保険付き!! 年会費無料のカードですが、充実の海外旅行保険が付いているのも魅力の一つです。 旅行先で急に体調が悪くなったりした場合、この保険の魅力を十分味わえるでしょう。 Viasoカードの 海外旅行保険適用は 利用付帯となっているため、旅行代金をカードで支払う必要があります 適用条件 <利用付帯> 死亡・後遺障害 最高2,000万円 傷害・疾病治療 100万円(1事故の限度額) 損害賠償限度額 2,000万円 携行品の損害限度額 1旅行につき20万円(自己負担額1事故3,000円) 救援者費用限度額 100万円.

次の

「d払い」に「VIASOカード」は登録できる?登録できない場合の原因は?

クレジットカード viaso

最短翌日発行できる年会費無料カードが三菱UFJニコスから登場です。 「 VIASOカード(ビアソカード)」は、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの中でも定番の一枚です。 洗練されたデザインが評判で、若い方から年配の方、そして初めての方にも使いやすいのが特徴。 一言でいえば「 選んで間違いのない無難なカード」となっています。 年会費は完全無料、クレジットカードをめったに使わない人でも、更新料などが発生することはないので安心です。 VIASOカードが人気の理由は、さまざまな「キャラクターカード」が用意されているからです。 無難な定番デザインを選ぶもよし、好きなキャラクターの「デザインカード」を選ぶのも良いと思います。 (デザインについては後述します) 目次• VIASOカードの特徴 優れたデザインが人気のVIASOカードですが、ポイント高還元率カードとして、スペック面でも高い評価を得ています。 ポイント還元率が最大10%ってホント? VIASO eショップを活用すると最大10%のポイント還元が得られます。 ビアソカードは通常、 1,000円につき5ポイントが貯まります。 つまり、ポイント還元率は0. 5%です。 年会費無料のクレジットカードの中ではごく普通です。 しかし、ポイントUPモールの「VIASO eショップ」を使った時に、本当の実力を発揮します。 「VIASO eショップ」を経由してネット通販などを利用すると、 ポイント還元率がさらに0. 5%~10%アップします。 利用方法は簡単で、最初にVIASO eショップにアクセスし、そこから利用する予定の通販サイトにアクセスするだけでOKです。 VIASO eショップには、楽天市場やAmazon. jp、Yahoo! ショッピングなど、名だたる通販サイトが多数参加しています。 ボーナスポイントはそれぞれの通販サイトによって異なりますが、主に0. 5~1%アップです。 楽天市場:+1. Amazon. jp:+0. Yahoo! ショッピング:+1. アップルストア:+1. 西友ドットコム:+1. ベルメゾンネット:+1. 0% その他にも数多くのサイトがVIASO eショップに参加しています。 上記はボーナスポイントなので、通常の付与率0. 5%と合わせてポイント還元が受けられます。 例えば、 楽天市場で使うと1. 5%還元、Amazonなら1. 0%還元となります。 貯めたVIASOポイントは キャッシュバックで還元されます。 例えば、クレジットカードの入会月が1月だった場合、1年間貯めたVIASOポイントを、来年の1月に自動的にキャッシュバックすることで消化します。 (1,000ポイント以上の場合に限ります) 1年ごとに自動的にキャッシュバックすることで、ポイント消化ができるので、使い道や有効期限を気にする必要はありません。 VIASOポイントをさらに効率よく貯める 携帯料金はVIASOカードで支払うとさらにお得です。 VIASOポイントは通常、0. 5%還元であるとお話しました。 しかし、特定の場所で使うと還元率が2倍にアップし、さらにお得となります。 還元率がアップする「特定加盟店」は、以下の通りです。 ドコモ・au・ソフトバンク・Yモバイルの携帯料金• Yahoo! BBなどの各種インターネットプロバイダー料金• ETCマークのある高速料金 月々の携帯料金やインターネット接続料はクレジットカードで支払うことができます。 また、ETCカードを使って発生した高速料金もクレジットカードで支払えます。 これらをVIASOカードで支払うことによって、ポイント還元率は2倍となり、さらにお得に使えます。 キャンペーンでさらにポイントが貯まる 期間限定キャンペーンでもポイントがもらえます。 入会後3ヶ月後末日までに15万円以上カードを使う 7,000ポイントプレゼント 入会後3ヶ月後末日までに楽Pay(登録型リボ)に無料登録する 2,000ポイントプレゼント 入会後3ヶ月後末日までに携帯電話料金の支払いを行う 1,000ポイントプレゼント 3ヶ月以内に15万円をカードで支払うだけで、7,000円相当分のポイントが必ずもらえるのはお得です。 楽Pay(登録型リボ)は、自動的に分割払いになってしまう機能です。 リボ払いを希望する人にはおすすめですが、そうでない場合は分割手数料が発生してしまうので、注意が必要です。 ただし、楽Payに登録することで、年間100万円までのショッピング保険が付帯します。 ビアソカードで購入した商品が、もし盗難や破損にあってしまっても、90日以内であれば、補償の対象となる保険です。 2,000円相当のポイントがほしい、ショッピング保険も付けたい、でもリボ手数料を支払うのは嫌だ。。。 そういう人のために、楽Payの裏ワザ的な利用方法をコッソリ紹介します。 もしあなたのVIASOカードの限度額が20万円の場合、楽Payでの「毎月の支払額」を20万円に設定します。 (限度額と同額をリボ支払額にする) すると、リボ払いなのに強制的に一回払いとなります。 リボ払いは一回払いに限り手数料が発生しない仕組みなので、この方法であればリボ手数料が取られる心配はありません。 また、楽Payに登録していることには変わりないので、キャンペーンポイントやショッピング保険といった特典も受けることが可能です。 海外旅行保険もついています 最高2,000万円の海外旅行保険が無料で付きます。 年会費無料のクレジットカードでは、海外旅行保険が付かないことも多いです。 しかし、VIASOカードでは、最高2,000万円分の海外旅行保険が標準で付いています。 旅行代金や飛行機のチケット代をVIASOカードで支払うことが保険適用の条件となりますが、無料で旅行保険が使えるメリットは大きいです。 海外旅行に行くとき、旅行会社からおすすめされた保険や、空港の自販機で保険を購入する人も多いと思います。 いずれも有料でそのつど料金の支払いが発生します。 しかし、クレジットカードに付いている無料の海外旅行保険を活用すれば、大きな節約をすることができます。 18歳以上なら誰でも申し込めます VIASOカードは 18歳以上で電話連絡ができる人なら誰でも申込みできます。 (高校生は不可) 職業に限らず、アルバイトや主婦の方、初めてクレジットカードを持つ方でも安心して申し込むことが可能です。 カードブランドは「MasterCard」が選べます。 (マイメロディのように、デザインによってはVISAが選べる場合があります) 年会費は無料です。 家族カードも含めて無料で使えます。 ETCカードの年会費も無料ですが、初回のみ発行手数料として1,000円+税が必要です。 ETCカードを使って発生したポイントは、通常の2倍還元となるので、高速道路を使う機会が多い方は、こちらも合わせて申し込むと良いと思います。 キャラクターカードが評判すぎる 三菱UFJニコスのViasoカードが人気の理由は、なんといっても「 キャラクターカードが選べる」ことです。 マイメロやくまモンなど、人気のキャラクターとコラボしたカードが選べるのは、VIASOカードだけ。 いずれも特典などは同じで、年会費無料で使えます。 持ち歩くのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、年会費無料のクレジットカードなので、コレクションとして持つもよし、ネット通販の支払い専用として使うもよし、もちろんコンビニ店員さんに見せつけるのもよし(?)です。 キャラクターカードはネットの口コミでも評判です。 クレカの会社からメール来た。 還元率は0. 5%~10%。 キャッシュバック方法は自動で銀行振込される。 サンリオ公式の通販サイト「サンリオオンラインショップ」では、通販限定のオリジナルグッズも取り扱っています。 三菱UFJニコスが運営しているポイントUPサイト「VIASO eショップ」を経由して、VIASOカードで支払うと、 ボーナスポイント+1. 5%が付与されます。 VIASOカードのポイント還元率は通常0. 5%なので、サンリオオンラインショップでの ポイント還元率は2%までアップします。 またサンリオオンラインショップでは独自のポイント制度もあり、商品代金の1%がポイントとして貯まります(1ポイント=1円で使えます)。 そのため、例えば10,000円分の買い物をした場合、貯まるポイントは以下の通りです。 VIASOカード:200ポイント• マイメロカード以外でも2%のポイント還元が受けられる 三菱UFJニコスが発行する「VIASOカード(ビアソカード)」では、前述の通り、マイメロのデザインクレジットカードを発行しています。 VISAとMasterCardが選べるのですが、それぞれ異なるデザインが用意されています。 Visa:マイメロの顔アップ• Mastercard:マイメロとメロディくんの2ショット 絵柄の好みで選んでも良いですし、使い勝手で選んでも良いと思います。 VisaとMasterCardはどちらも国内・世界で圧倒的な普及率を誇っているので、使う場所を選びません。 もちろん、VIASOカードであれば、サンリオオンラインショップで実質3%OFFの特典は受けられます。 VIASOポイントの有効期限は1年間と短い 注意点としては、 VIASOポイントは1年間に1,000ポイント以上貯めないと、キャッシュバックが受けられないまま消滅してしまうことです。。。 VIASOポイントの有効期限は1年間です。 1年の間に1,000ポイント以上を貯めれば、貯めたポイント相当分の金額を、 1ポイント=1円としてキャッシュバックしてくれます。 キャッシュバックを受けるにあたり、手続きなどはいらないので、毎年、貯めたポイントを自動的に消化が可能です。 例えばVIASOカードに入会した月が1月であれば、それから1年間貯めたポイント分を、来年の1月に「キャッシュバック」という形で還元が受けられます。 しかし、例えば1年に500ポイントしか貯まっていない場合、そのポイントはキャッシュバックされることなく消滅してしまいます。 では、年間いくら使えばキャッシュバックが受けられるのか?という話ですが、利用用途によってキャッシュバック対象となる1,000ポイントが貯まる金額が異なります。 通常利用:0. VIASOカードはGETすべき? 管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。 三菱UFJニコスが発行している人気のクレジットカードです。 キャラクターカードを発行していることで、評判となっています。 年会費無料で使えるだけでなく、ポイント還元率もそこそこ高いのが特徴的です。 一般カードのデザインもスタイリッシュで洗練されているので、個人的には初めてクレジットカードを持つ人にもおすすめです。 年会費無料で、全く使わなくても手数料が発生することがないため、好きなキャラクターのカードをコレクションとして発行する人も多いようです。 キャラクターデザインカードは、普段から持ち歩くメインカードとしては使いにくいかもしれませんが「サンリオオンラインショップでお得に買い物したい」など、 ネット通販専用と割り切れば、使い道も十分あると思います。 クレジットカードの口コミ VIASOカードの利用者や利用を検討している人の評判をまとめてみました。 通販とかネットでの支払いでしか使わないと思うし、viasoカードあたりでいいかなぁ。 — 頼緋良 yorihira VIASOカードのポイントプログラムでいくら還元されてるのか初めて確認した。 年間で5600円が現金で還元される(手続きは不要)のはお得なのかどうか…… — 鼓やったろう drillsoul.

次の

選ぼう!VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

クレジットカード viaso

年会費無料のクレジットカードの申し込みを検討していて、 「VIASOカード」と「ライフカード」のどちらがよいか迷っている人もいるかもしれませんね。 VIASOカードとライフカードでは、ポイント還元率や家族カードが無料で発行できるなど共通点はあるものの、 ポイントアップ方法や還元方法などにそれぞれ特徴があります。 2種類のカードを多角的に比較してみると、それぞれの有利な面やお得な使い方がはっきりして、自分にぴったりなカードを分かるはずです。 そこで今回は、VIASOカードとライフカードのどちらのカードを作るとよいか悩んでいる人のために、両カードの特徴やスペックについて徹底的に比較します。 VIASOカード ライフカード 券面デザイン 年会費 無料 無料 家族カード 無料 無料 ETCカード 年会費:無料 新規発行手数料:税別1,000円 年会費:無料 新規発行手数料:無料 申込資格 高校生を除く18歳以上で 安定収入のある方または学生の方 高校生を除く18歳以上の方 国際ブランド Mastercard JCB・VISA・Mastercard 還元率 0. 5% 0. 5% 旅行保険 国内:なし 海外:最高2,000万円 なし 両カードともに 本カード、家族カード、ETCカードの年会費は無料です。 ただし、 VIASOカードのみETCカードの新規発行手数料が税別1,000円かかるので注意しましょう。 VIASOカードはETCカードの利用で還元率が2倍の1. 国際ブランドはライフカードの方が選択肢が多い 海外旅行や海外出張用にクレジットカードを作ろうと考えている場合は、クレジットカードの国際ブランドも気になりますよね。 VIASOカードの国際ブランドはMastercardのみ、ライフカードはJCB・VISA・Mastercardの3種類から選べるので、 国際ブランドの選択肢としてはライフカードのほうが多いです。 しかし、Mastercardは世界的な加盟店シェア率2位の国際ブランドなので、 国際ブランドがMastercard一択でも、とくに海外利用で困ることはないでしょう。 Mastercardはコストコでも唯一決済可能な国際ブランドでもあるので、コストコをよく利用する人でも便利ですよ。 すでに国際ブランドがMastercardのクレジットカードを持っていて、「2枚目のクレジットカードだから別の国際ブランドを持ちたい」という場合は、Mastercard以外の選択肢もあるライフカードのほうがおすすめです。 国際ブランド• 審査基準で比較 クレジットカードに申し込むときに心配になるのが審査落ちですが、両カードの審査基準はどうでしょうか。 VIASOカードとライフカードの申込資格はどちらも「高校生を除く18歳以上の方」、ただし VIASOカードでは「安定収入のある方または学生の方」との条件が追加されています。 審査の際に収入を申告しなくてはなりませんが、学生の場合は世帯収入もカウントされ、専業主婦でも申込可能なので、条件としてはそれほど変わらないといえるでしょう。 ただし、ライフカード株式会社は消費者金融大手「アイフル」の子会社であるのに対し、VIASOカードの三菱UFJニコス株式会社は銀行系の発行会社です。 一般的に、 クレジットカードは消費者金融系よりも、銀行系のほうが審査が厳しいとされています。 そのためVIASOカードとライフカードの審査基準を比較すると、VIASOカードのほうが審査基準は少し厳しめで、過去に支払い遅延などを起こしていて信用情報に傷があると審査に影響する可能性があります。 発行スピードでは、VIASOカードが若干有利 審査が少し厳しめのVIASOカードですが、発行スピードで比較すると 「最短翌営業日発行」のVIASOカードのほうが、ライフカードよりも若干有利です。 とはいえ、ライフカードは「最短3営業日発行」発行なので、わずか1営業日の違いですね。 発行に1〜2週間かかるクレジットカードもめずらしくはないため、 両カードともに発行スピードは速いといえます。 クレジットカードの審査基準• ポイント還元率で比較 それでは、気になるVIASOカードとライフカードの ポイント還元率を比較してみましょう。 5ポイント 1,000円ごとに1ポイント 1ポイントの価値 1円 5円相当 基本還元率 0. 5% 0. 5% ポイント付与条件 都度利用ごと 都度利用ごと 有効期限 1年 2年(最大5年) 基本還元率はともに0. また、ポイント付与条件も同じで、どちらも月間累計金額に対してではなく、 カード利用ごとに付与されます。 ただし、付与率と1ポイントの価値は異なっているほか、ライフカードは999円以下の少額決済がポイント付与の対象にならないので注意が必要です。 VIASOポイントはオートキャッシュバック VIASOポイントには、他のクレジットカードではあまり見かけない特徴があります。 それは、 VIASOポイントは入会月を基準に1年で貯まったポイントが、1ポイント=1円として銀行口座に振り込まれることです。 他のクレジットカードのポイントは自分で希望の商品に交換する必要がありますが、VIASOポイントであればそのような手間がかかりません。 ただし、 キャッシュバックの対象になるのは1,000ポイント以上(通常還元率で年間20万円利用)であるため、それに満たない場合はポイントが全て失効します。 VIASOカードを利用するのであれば、年間20万円の利用額を超えるように注意しましょう。 ライフサンクスポイントの有効期限は最大5年 ライフサンクスポイントの有効期限は2年あります。 さらに、「繰越手続き」を毎年することで 最大3年延長ができるため、 最大5年まで有効期限を延長することが可能です。 そのため、じっくりポイントを貯めたい人には、ライフカードのほうが向いているでしょう。 ETCカード利用:ポイント2倍(還元率1. 携帯電話・インターネットプロバイダ料金の支払い:ポイント2倍(還元率1. mobileです。 インターネットプロバイダは、Yahoo! BB・OCN・au one net・BIGLOBE・ODNが対象になります。 ライフカード ライフカードには新規入会や誕生月、年間利用金額などに応じたポイントアップ特典が用意されています。 入会後1年間:ポイント1. 5倍(還元率0. 75%)• 誕生月:ポイント3倍(還元率1. 年間の利用金額に応じて翌年度の還元率が最大1. 5倍(還元率0. 8倍(還元率0. 0倍(還元率1. 年間50万円利用で300ポイントのボーナスポイント 入会するだけで還元率が0. また、 2年目以降も年間50万円以上利用すれば、0. さらに、年間50万円以上利用の条件を達成すればボーナスポイントまでもらえるのでお得です。 高還元率クレジットカード比較• ネット通販の利用で比較 クレジットカードをネット通販で使う人は多いでしょう。 VIASOカードとライフカードをネット通販の利用で比較すると、 VIASOカードのほうがお得です。 VIASOカードには「VIASO eショップ」、ライフカードでは「L-Mall」の会員専用ポイント優待サイトがあります。 それぞれのサイトを経由してネット通販すると、ポイント還元率がアップするというものです。 幅広いネット通販をお得に利用できるうれしいサイトですが、全体的に「VIASO eショップ」経由のVIASOカード利用のほうが、還元率が高くなっています。 例として、いくつかのポイントアップ対象店舗での還元率を比較してみましょう。 0% なし どちらの優待サイトでもさまざまなネット通販が利用できますが、全体的にVIASOカードの方がポイントアップ還元率が高くなっています。 ネット通販利用でお得なクレジットカード• ポイントの使い勝手で比較 クレジットカードのポイントは、使い勝手も重要です。 VIASOポイントは先述の通り、すべてのポイントが1年ごとにオートキャッシュバックで、1ポイント=1円として現金に交換されます。 対して、 ライフサンクスポイントは1ポイント=1円の等価で共通ポイントやギフト券などに交換したり、キャッシュバックにしたりすることも可能です。 ポイントはキャッシュバック一択という人はVIASOカードでよいと思いますが、 共通ポイントやギフト券などに交換したい人はライフカードを選んだほうがよいでしょう。 ライフサンクスポイントの主な交換先と交換率を紹介します。 付帯保険で比較 海外旅行用のクレジットカードを探している人だと、海外旅行保険が付帯しているかも気になるのではないでしょうか。 VIASOカードとライフカードでは、 VIASOカードのみ海外旅行保険が付帯しています。 ただし、付帯条件が利用付帯なので、出国前に旅行代金をVIASOカードで支払わう必要があります。 また、両カードともにショッピング保険もありますが、あまり実用的な補償内容ではないので期待はしないほうがよいでしょう。 VIASOカード VIASOカードには、 最大2,000万円の海外旅行保険が付帯しています。 補償内容について、くわしく見てみましょう。 付帯条件 利用付帯 死亡・後遺障害 最高2,000万円 傷害治療 最高100万円 疾病治療 最高100万円 携行品損害 最高20万円 救援者費用 最高100万円 賠償責任 最高2,000万円 最高2,000万円の補償が受けられるのは、死亡・後遺障害と賠償責任補償です。 利用頻度の高い傷害治療や疾病治療補償の補償額は最高100万円なので、他のクレジットカードの海外旅行保険と組み合わせるなどしたほうがよさそうですね。 ショッピング保険については、登録型リボ「楽Pay」に登録すれば年間100万円までの補償が受けられます。 無条件でショッピング保険が適用できるクレジットカードもあるので、お得とは言い難いでしょう。 ライフカード ライフカードには海外旅行保険はなく、ショッピング保険のみ付帯しています。 ただし、ショッピング保険が適用できるのはJCBブランドのみで、さらに海外利用分のみ年間50万円補償とかなり限定的で不便なものになっています。 ライフカード(旅行傷害保険付き)を発行すれば、最高2,000万円の海外旅行保険と最高1,000万円の国内旅行保険が利用できます。 ただし年会費が税別1,250円(初年度無料)かかるので、入会するかどうか迷うところですね。 海外旅行保険の補償が手厚いクレジットカード• 入会キャンペーンで比較 クレジットカードの中には入会キャンペーンが開催されているものが多くありますが、VIASOカードとライフカードの入会キャンペーンはどうなっているでしょうか。 両カードの 入会キャンペーンについても比較してみましょう。 最大額のキャッシュバックを受けるには、2カ月で50,000円分利用すればよいということですね。 会員専用WEBサービスに登録してカードを利用するだけなので、とくにむずかしい条件もありません。 入会キャンペーン詳細• 適用条件やプレゼントされるポイント数は、以下の通りです。 カード発行:1,000円相当(200ポイント)• 入会3カ月後末日までに税込5万円以上のカード利用:4,000円相当(800ポイント)• 入会3カ月後末日までに税込10万円以上のカード利用:さらに4,000円相当(800ポイント)• 入会3カ月後末日までに家族や友達を紹介:5,000円相当(1,000ポイント)• 入会3カ月後末日までにリボ払いの利用で1,000円相当(200ポイント) 満額の15,000円相当のポイントを獲得するためには、 「10万円利用」「家族・友達紹介」「リボ払い利用」という条件があるので、VIASOカードよりは難易度は高いですね。 入会キャンペーン詳細• カードデザインの選択肢で比較すると、豊富なデザインカードが用意されているVIASOカードが有利です。 ただし、シンプルなデザインでよいのであれば、ライフカードでも問題ありません。 ライフカードはカードデザインの選択肢は少なめですが、色は3色から選択できますよ。 VIASOカード VIASOカードではシンプルなピーコックグリーンのデザイン以外に、 キャラクターなどがデザインされた12種類のデザインカードも選べます。 機能はどのデザインでも同じです。 マイメロディ• シナモロール• ぐでたま• ふなっしー• くまもん• けいおん!• ラブライブ!• Wake Up, Girls!• コウペンちゃん• トランスフォーマー• ファイナルファンタジーXIV• 浦和レッズ ライフカード ライフカードは基本の色がブルー以外に、ブラック・レッドと 合計3色が用意されています。 カラーを変えても、基本的なデザインそのものや機能は変わりません。 ポイント交換の手間なくお得に還元を受けたい方にはVIASOカード VIASOカードはポイントがオートキャッシュバックによって現金で還元されるので、 ポイント交換の手間をかけずに、お得に還元を受けたい人におすすめです。 ただし、年間の累計が1,000ポイント未満の場合は還元されず失効するので、通常還元率0. 携帯料金の支払いでポイント2倍、ネット通販の利用でポイント2倍以上など、ポイントアップを活用すれば最大10倍のポイント還元が受けられるので、ポイントが失効しないよう上手にポイントを貯めましょう。 なお、ETCカードの利用でもポイントが2倍になりますが、 ETCカードの発行に税別1,000円の新規発行手数料がかかるので、ETC利用目的ではおすすめできません。 最高2,000万円の海外旅行保険が利用できたり、個性的なカードデザインから選択できたりといった特徴もあるので、海外旅行保険の補償を強化したい人や他とは違うクレジットカードを持ちたい人にもよいでしょう。 豊富なポイントアップ特典で得たポイントを交換したい方にはライフカード ライフカードは、ポイントアップ特典やポイントの交換先が豊富なのが特徴なので、 効果的にポイントを貯めて、共通ポイントやギフト券に交換したい人におすすめです。 ライフカードのポイントアップ特典の注目ポイントは、 入会初年度にポイント1. 5倍(還元率0. また、 2年目以降も年間50万円以上利用すれば還元率0. 年間200万円利用すれば、ポイント2倍の1. さらに誕生月はポイント3倍になるので毎年1カ月間は1. 貯まったポイントは最大5年まで有効期限が延長でき、楽天ポイントやdポイントなどの共通ポイントやギフト券に等価で交換できます。 国際ブランドがJCB、VISA、Mastercardの3種類から選べるので、Mastercard以外の国際ブランドを探している人にもおすすめです。 VIASOカードとライフカードどちらも年会費無料なので、両方発行して使い分けするのもアリ! VIASOカードとライフカードのどちらが自分にぴったりなカードなのかお分かりになったでしょうか。

次の