年末の挨拶 例文 社内。 年末社内の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

年末の挨拶を英語で伝えよう!使えるあいさつの例文

年末の挨拶 例文 社内

ありがとうございます。 しかし、普段の仕事では単純なミスが多く、振り返れば、やり直しの指示を頂いてばかりの一年でした。 来年はそうしたミスの回数を減らすため、細心の注意を払って業務を行っていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、より一層の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年もよろしくお願いいたします。 その際には何かとお時間を取ってご相談に乗って頂き、誠にありがとうございました。 現在は先生にご指導いただいたことを活かし、日々の業務に向き合っております。 とは言え、少しは慣れたもののまだまだ社会生活で迷うことや分からないことも多いので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 お身体にお気をつけ、良き新年をお迎えください。 さて、ここまで年末の挨拶メールへの送り方を見てきましたが、逆に誰かから年末の挨拶メールを受け取った場合の返信について、取り上げてみましょう。 まず、ビジネスにおけるメールの返信は当日中、遅くとも翌日までが期限です。 やむを得ず、メールを見るまでに時間が掛かってしまった場合には、「返信が遅くなってしまいまして、誠に申し訳ございません」など、お詫びのメッセージを入れておくのが基本です。 年末の挨拶メールも、たいていは最終営業日の数日前に届きますので、このルールに従って返信すればOKです。 返信内容は、最初に挨拶メールを受け取った事への御礼を述べる以外は、通常の年末のメールと同じで構いません。 御礼だけでは片手落ちですから、自社の休業情報などもきちんと伝えるようにしましょう。 この度はご丁寧に年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年も引き続きよろしくお願いいたします。 年末の挨拶メールは、基本的に相手を訪問する手間を避けるために送るので、通常は送った相手をわざわざ訪問することはありません。 逆に訪問をするのであれば、そこで直接挨拶をすれば良いわけで、やはりメールを送る必要はなくなります。 しかし、年末は、1年の御礼の挨拶にかこつけて、普段あまり行くキッカケのない取引先に行くチャンスでもあります。 もちろん、取引先への挨拶は直接訪問するのが一番ですから、伺うことに問題はありません。 とは言え、普段から顔を出している相手であれば、そのついでに挨拶をすればいいのですが、そうでない場合は、あらかじめアポイントをとってから訪問するのがマナーです。 また忙しい年末ですから、長居は先方に対して失礼です。 メールで希望する日付と時間帯を複数上げて選んで貰い、所要時間も伝えておくようにしましょう。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年末の挨拶メールの結び.

次の

年始の挨拶サクッとメールで社外向けと社内向け

年末の挨拶 例文 社内

年末社内の挨拶の全体的なまとめとしては、相手に対する敬意や礼儀、礼節を常に意識した挨拶にしなければならないと言うことです。 挨拶をすることは基本中の基本です。 それは年末の挨拶だけでなく、常日頃の挨拶も変わりません。 しかし年末の挨拶は、その年のけじめとして重要なことです。 そのような挨拶ができることが社会人として求められているので、しっかりとした挨拶ができなければ評価が下がってしまいます。 ですからそうならないためにも、その年のけじめとしてしっかりとした挨拶ができるように心がけておく必要があります。 年末はとても忙しい時期です。 ですから、挨拶をしようとした人が忙しく働いている場合もあります。 そのような場合に、相手の立場に立たず挨拶を始めたら、とても不愉快な思いをされてしまいます。 それは自分にとっても相手にとっても良いことではなく、お互いに不愉快なままで年を越してしまうことにもなりかねません。 そのようなことにならないためにも、相手のことを思いやって何時頃挨拶をすれば良いかを考える必要があるのです。 そのような柔軟さを身に付けることも、社会人に求められているのです。 相手を思いやる心を持っていれば自然とそれが相手にも伝わり、同じ挨拶でも相手に伝わる感じ方が変わってくるのです。

次の

年末挨拶の正しい時期と言葉選び【ビジネス(社内)編】

年末の挨拶 例文 社内

異動辞令は突然に・・・ということはあまりないと思いますが、社会人であれば人事異動はつきものです。 つい、慌ててしまい、挨拶メールが機械的になってしまいがちではないでしょうか。 ここでは、心のこもった社内向け異動挨拶メールの書き方をご紹介します。 文例を参考に、後任へのスムーズな引継ぎができるようにしましょう。 異動挨拶メールのマナーは?書き方のポイントと例文 そもそも、異動挨拶メールはなぜ必要なのでしょうか? 子供の頃のことを思い出してみてください。 ある日突然、同級生が学校に来なくなったら心配になりますよね。 その上、学校へ来ない日が長引けば、「私が貸した本、どうしよう?」「なぜお休みの理由を説明してくれないのだろう?」と考えてしまいませんか? 社会人になっても同様で、毎日一緒に働いていた人がある日突然いなくなってしまうと周囲は様々な心配をします。 子供の頃と違い、組織の一員として責任を持って働く社会人が、何の挨拶もなく職場を離れるということは、あなた自身の信頼が低下する恐れがあります。 ことわざで「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、最後にきちんと挨拶をすることで、その後も良好な人間関係が継続できます。 面倒くさいと思わずに異動の挨拶メールを出しましょう。 では、挨拶メールの書き方を順番に確認していきましょう メールを出すタイミングは? 辞令が発令された後から異動数日前までに出しましょう。 業務で頻繁にやり取りをする方にはすぐにお知らせをして、後任者へ引継ぎを行わなくてはいけません。 避けたいのは、異動当日の終業間際です。 メールを受け取った相手は驚きますし、ひょっとしたら聞きたいことなどがあるかもしれません。 後述しますが、異動挨拶のメールをいただいたら返信するのがマナーです。 その時間すら与えないことにもなりかねませんから気をつけましょう。 「お世話になった人」全員にお知らせすべき? 「お世話になった人」の範囲はそれぞれ考え方があると思います。 気の合わない人や過去トラブルになった人もいるかもしれません。 しかし、縁あってその方々とお付き合いをしたのですから、出来る限り「お世話になった人」の範囲を広く捉えて挨拶をしましょう。 まず社内では、部署の上司含め全員へ。 他部署では、業務上やり取りをした方、過去に上司だった方、仲が良かった方などです。 社外では、現在進行中の取引先の担当者、個別のお客様へもお知らせしましょう。 現在取引はなくても過去にお世話になった方がいれば、その方へもお知らせするとさらに良いでしょう。 BCCで送ってもよいか? 本来であれば、一人一人に感謝の気持ちを込めてメールを送るべきです。 BCCの場合、形式的な文面になりがちです。 そのため受け手側は「私のためにわざわざご挨拶をしてくれた」という気持ちにはなりません。 しかし、宛先が多く個別に書く時間がない場合は、BCCで送るのもやむを得ません。 この場合は• 「本来であれば、皆様お一人お一人にご挨拶をすべきところ、まとめてのご挨拶となります無礼をお許しください」 というように、「簡略化して申し訳ない」という文言を加えましょう。 また、上司や特にお世話になった方へはBCCにせず、一人ずつ思い出などのエピソードも添えて送信すると喜ばれます。 社内向け異動挨拶メールの例文とポイント 記載する内容は、異動先の部署と異動日、感謝の言葉と今後の抱負です。 では、項目毎に見てみましょう。 広報部の田中です。 (2) このたび4月1日付で人事部へ異動することとなりました。 万全の引継ぎをいたしますので、引き続きご協力いただけますよう お願いいたします。 (3) 人事部では採用業務を担当いたしますが、広報部での経験を活かし、 社員の皆様に喜んでいただける人材確保に励んで参りたいと思います。 今後ともご指導いただけますようお願いいたします。 (4) 本来であればご挨拶に伺うべきところ、メールにて失礼させていただきますこと お許しください。 広報部 田中 TEL:03-XXXX-XXXX (1)タイトル タイトルは、「異動のご挨拶」「異動のお知らせ」など簡潔にします。 異動が重なる時期は、多数の異動メールが届く可能性がありますので、すぐにわかるよう「異動のご挨拶:広報部田中」と部署と名前を記しておいてもよいでしょう。 (2)異動先の部署と異動日、感謝の言葉 異動先と異動日は必須です。 感謝の言葉を記す際には、その方とのエピソードなど具体的な事柄を上げて感謝の気持ちを伝えると相手の心に響きます。 (3)今後の抱負 新しい部署での意気込みと今後も協力をお願いしたい旨も書きます。 業務上、交流は減るかもしれませんが、いつどこでまた一緒に仕事をするかはわかりません。 良い関係が継続できるよう、忘れずに記載をしましょう。 (4)メール連絡のお詫び 最後に、対面で挨拶しないことの無礼を詫びる言葉も添えます。 社外向け異動挨拶メールの場合は? 社外向けメールもおさえるべきポイントは同じです。 社内向けでは相手との親密さに応じて敬体「です、ます」で書くこともあるでしょう。 しかし社外向けの場合は、一番丁寧な最敬体(~ございます、~いたします、申しあげます など)を使います。 また、社外の方の一番の心配ごとは、異動に伴い「これまでの業務を誰が漏れなく引き継いでくれるか」です。 引継ぎ期間中は、「自分もCCに入れて欲しい」「不明点はいつでも連絡して構わない」など、相手が安心する言葉を盛り込みましょう。 社外メールは会社を代表する文書でもあります。 あなたの異動挨拶メールが会社の印象を左右するということも忘れないようにすることが大切です。 いかがでしたか?異動時は引き継ぎや片付けなど気忙しく、社内・社外問わず型どおりの挨拶メールで済ませてしまう方も多いでしょう。 しかし、ひと手間加えることであなたの好感度アップに繋がります。 お伝えしたポイントを踏まえて、しっかりとご挨拶をしましょう。 異動挨拶メールへの返信マナーと例文 異動挨拶メールを受け取った場合は、異動日までに返信するのが良いでしょう。 休暇中などでメールチェックができず当日までに返信できなかった場合は、お詫びの言葉を添えて返信します。 それでは、一つずつ盛り込む内容を確認しましょう。 異動挨拶メールへの返信例文とポイント お世話になったことのお礼、異動先での活躍を願う言葉は必須です。 では、文例を見ながらポイントを見ていきましょう。 Re:異動のご挨拶 広報部 田中さん お疲れ様です。 (1) このたびはご丁寧にご挨拶のメールをいただきありがとうございます。 こちらこそ、田中さんには大変お世話になりました。 お手数をおかけいたしますが、引き継ぎをどうぞよろしくお願いいたします。 (2) 人事部へ異動とのことで、ご一緒する機会が減るのはとても残念ですが、 また社内でお会いすることもあると思いますので、 お話できるのを楽しみにしております。 田中さんの明るさと素敵な笑顔で、人事部での更なるご活躍をお祈りいたしております。 慣れるまで何かと大変かと思いますが、体調に気をつけてお過ごしください。 今後ともよろしくお願いいたします。 続いて、差出人とのエピソードなどを通じてお世話になったことに対する感謝の気持ちを書きます。 差出人が苦労した場面などあれば、労いの言葉も入れると良いでしょう。 (2)異動先での活躍を願う言葉 最後に異動先での活躍を願う言葉と、今後のお付き合いをお願いする言葉で締めくくります。 差出人にとっては、不本意な異動の場合もあります。 仮に挨拶メールにそのような内容が記載されていたとしても、返信する際はマイナスな表現はせずに前向きな言葉を選んで書くよう心がけることが大切です。 社外向け異動挨拶メールへの返信の場合は? 基本は社内メールと同様ですが、自身が差出人の異動先とも取引がある場合は、引き続きお世話になることのお願いを記します。 また、自身は差出人の異動先と取引がないものの、会社として差出人の異動先と取引がある場合は、可能な範囲で、自社担当の紹介をする旨を記載してもよいでしょう。 社外向け異動挨拶は、会社と会社のお付き合いです。 複数の部署に知り合いがいることは人脈も広がり、ビジネスチャンスも増え双方にとってメリットがあります。 なんとなく返信するのではなく、会社としての繋がりを意識しながら返信することが大切です。 いかがでしたか?たかが「異動挨拶メール」されど「異動挨拶メール」。 「心のこもった異動挨拶メール」で、より良い人間関係を構築し、異動を機に自身の成長に繋げていきましょう。 一般的なビジネスメールの書き方とマナーに不安がある方は、「」も、合わせてご覧ください。 ライタープロフィール スマートコミュニケーションズ株式会社 代表取締役 篠原あかね 研修講師、イベントコンサルタント (株)リクルートで研修アシスタント、秘書を経て、研修講師として活動。 強い組織創りの人材育成トレーニングを各企業で行う傍ら、自身の宴会幹事経験で得た「宴会も仕事も求められるスキルは一緒」であることを体系化した「愛される宴会部長セミナー」も開催。 テレビ・雑誌など各メディアでマナーや宴会に関するコメンテーターとしても活動中。

次の