鶯谷 花物語。 【鶯谷風俗】「花物語 りん(36) Cカップ」~人妻とエッチな体験談~ : 人妻風俗体験ブログー若妻や熟女とHな体験談ー※濃厚注意※

[B!] 鶯谷花物語りん

鶯谷 花物語

花物語ってどんなお店? 花物語は鶯谷の典型的なコンセプト店で【 AF専門店】という括りになります。 AF=アナルファックの事です。 一般的なデリヘル店で働く嬢たちにとってAFはほとんど縁のないものです。 もちろん デリヘル嬢に限らず一般女性もほぼ経験はないでしょう。 男性にとってもあまり人気は高くなく、AF好きは少数と言えます。 そんなニッチなニーズにも関わらず、答えてくれるお店があるのが 鶯谷であり、この花物語なのです。 料金システムとお給料 料金システムは以下の通りです。 60分16000円 90分25000円 120分30000円 本指名のみ1000円 これだけ見ると一般的なデリヘルと料金は同じように見えます。 しかし、 花物語はAF専門店なのでAFが基本プレイとして含まれているのです。 AFは前述したとおり、かなりマニアックなサービスです。 お店によっても料金は異なりますが安くても5000円、高いと10000円のオプションプレイです。 通常、デリヘルのお給料は基本給が店側と折半でオプションは女の子にフルバックというのが基本です。 60分16000円でAFオプションがつくとすると8000円プラス5000円~10000円となるため、13000円~18000円くらいの手取りが一般的なデリヘルではもらうことができます。 それが花物語の場合は8000円で終わってしまうという事です。 ハードプレイ主体のオプション さらに驚愕なのは、 AF以外のオプションもほぼ無料な事です。 他店では有料であろう花物語での無料オプションを書き出してみました ・パンスト破り 1000円 ・放尿プレイ 2000円 ・オナニー鑑賞 2000円 ・ローター 1000円 ・バイブ 2000円 ・ごっくん 3000円 ・浣腸 3000円 ・ソフトSM 3000円 値段はあくまで参考価格なのでお店によって異なりますがAF以外にも実にたくさんの有料オプションが無料になっています。 無料オプションを組み合わせることでかなりのSMプレイを楽しむことができてしまいます。 オプション好きのお客さんからしたらこんなに安く遊べるデリヘルは他にないかもしれません。 鶯谷の特徴と花物語の実態 花物語の料金やお仕事内容をまとめてみましたがここまでは表向きで、実態はここからです。 そもそも、鶯谷には変わったコンセプト店が多いという話でしたがつまり「 地雷クラスの嬢を集めました」と言い換えても過言ではありません。 自称・地雷店のパイオニアとして全国的に有名な【 デッドボール】も鶯谷が発祥の地です。 一般的なお店で稼げる嬢が SMだのAFだのってわざわざ辛い思いをしてまで移籍するなんてことはあり得ませんからね。 ではお客さん視点から考えてみると 鶯谷のデリヘルを利用するメリットは何でしょうか? ズバリ本番行為です。 鶯谷は昔から本番あり(下手したらナマ)で有名な地域です。 本番が当然のソープは料金が高くて使えないが鶯谷に行けばとりあえず本番ができる! そんなお客さんが集まってくる場所なのです。 特に花物語の場合ですがこの風潮は顕著です。 鶯谷の風俗嬢の中には本番行為をしない嬢も少数ながらも存在しますが、花物語に至っては皆無でしょう。 その理由は前項であげたシステムにからくりがあります。 理由は至って簡単。 「 本番とAFどっちが楽ですか?」という事です。 ごくごく稀なAF好き女性を除いてAFは苦痛です。 通常は排泄物が出てくる場所であって何か異物を挿入する場所ではないです。 お尻の穴で快楽を得ている人は少ないですしなにより1日に何回もしていると痔になります。 そんな体に負担のかかるオプションが無料でついていてお仕事の度にお尻に入れられるわけがありません。 嬢たちはみな自分からAFの代わりに本番行為をお客さんに推奨することになるのです。 本番行為の方が楽に終われますからね。 花物語で働く利点 では花物語で働く利点なんかあるのでしょうか? 多くのこれから風俗業界に入ろうと考えている女の子はそう思います。 あるんです。 きちんと利点が。 例えば貴女がまだ20代前半でスタイルもよく愛嬌のあるカワイイ女性であれば、高級デリヘルや高級ソープで1日10万稼ぐ事もできるでしょうし、手コキ店などのソフトサービスでも1日5万稼げるかもしれません。 もしも、貴女が多少ぽっちゃりで20代後半でもそこそこの接客能力があれば大衆デリヘルで1日2万稼ぐ事も出来るでしょう。 本番もしなくていいかもしれません。 ではそんな平均的~平均以上のスペックを持つ嬢が多数しているデリヘル店に、 激ポチャ、 電波系、 ワキガのババアなど 男性にとってマイナス要素たっぷりの嬢がいたらその嬢はどうなるでしょう? 毎日お茶ひいて帰る、それだけです。 デリヘル嬢は基本、出来高制なのでお仕事が入らなければお給料はゼロ円です。 大切なのは背伸びせずに 自分のスペックに合ったお店選びをするということです。 そして、花物語には保障制度があります。 最大で15000円程だとか。 待機保証がでる事自体はそんなに珍しくはありません。 お店によって基準は違いますが、時間帯だったり曜日だったり忙しくなるだろうと思われる時間に出勤してくれる嬢に保証をだすお店は近年多くなってきています。 また基本は保障制度がないお店でも、 スカウト求人を通して採用されている出稼ぎ嬢はみんな保証をもらっています。 しかし、鶯谷の激安店で働いているくらいのスペックの嬢たちに保障制度はあまり適用されません。 スカウト会社を通しても5000円がいいところです。 それが花物語は15000円です。 MAX値だとしても地雷クラスの嬢につく保障としては高額です。 どんなお店で働きますか? 地雷クラスのお店だと稼げる有料店だという事がわかった花物語ですが、これから風俗店で働くとして貴女はそんなお店を選びますか? 著者はスカウトをしていた経験からこう思います。 少しだけ背伸びをしてお店を選ぼう どういう事かと言うと 色々な風俗店、色々な嬢を見てきた結果わかったのは• 愛嬌のある嬢は売れる• 努力している嬢は売れる という事です。 肥満なら痩せる努力はできます。 待機中にただ寝っ転がってスマホいじるのではなく、柔軟体操をしたり、筋トレをしたり、食事制限をしたりなど 日常で行える努力もあります。 次はお化粧です。 お化粧が上手な嬢は100円ショップで揃えた化粧品でも見事に化けで見せます。 カモフラージュが上手という意味です。 お客さんと会話を楽しんでいますか? ただ ヤルだけの接客ではお客さんも乱暴になります。 会話でコミュニケーションをとった後プレイはいちゃラブプレイに持っていきやすいです。 他にもまだまだ方法はありますが、どんな女の子であれ 大衆デリヘル店で勤務できるくらいのスペックには努力でもっていけるのです。 年齢がいっていても大衆人妻店での勤務は可能です。 激安店での勤務は基本、見た目でどうこう言われることはありませんが、それでもやはり本数に影響します。 ただ、それでも仕事はそこそこ入るのでダイエットも化粧もお客さんとのコミュニケーションもとらなくていいので楽かもしれません。 しかし、ハードなプレイや過剰な本番行為に 体は確実に悲鳴を上げていきます。 また、努力を忘れてしまうので女性として、人間としての艶を失い、一生風俗嬢として生きていくかもしれません。 風俗という括りでは高級店も激安店も確かに同じですが、そこで得るもの、失うものにはかなりの差があります。 それぞれのお店のメリットデメリットを理解したうえでお店選びをしていくのが一番得策かと思います。

次の

【鶯谷風俗】「花物語 りん(36) Cカップ」~人妻とエッチな体験談~ : 人妻風俗体験ブログー若妻や熟女とHな体験談ー※濃厚注意※

鶯谷 花物語

花物語ってどんなお店? 花物語は鶯谷の典型的なコンセプト店で【 AF専門店】という括りになります。 AF=アナルファックの事です。 一般的なデリヘル店で働く嬢たちにとってAFはほとんど縁のないものです。 もちろん デリヘル嬢に限らず一般女性もほぼ経験はないでしょう。 男性にとってもあまり人気は高くなく、AF好きは少数と言えます。 そんなニッチなニーズにも関わらず、答えてくれるお店があるのが 鶯谷であり、この花物語なのです。 料金システムとお給料 料金システムは以下の通りです。 60分16000円 90分25000円 120分30000円 本指名のみ1000円 これだけ見ると一般的なデリヘルと料金は同じように見えます。 しかし、 花物語はAF専門店なのでAFが基本プレイとして含まれているのです。 AFは前述したとおり、かなりマニアックなサービスです。 お店によっても料金は異なりますが安くても5000円、高いと10000円のオプションプレイです。 通常、デリヘルのお給料は基本給が店側と折半でオプションは女の子にフルバックというのが基本です。 60分16000円でAFオプションがつくとすると8000円プラス5000円~10000円となるため、13000円~18000円くらいの手取りが一般的なデリヘルではもらうことができます。 それが花物語の場合は8000円で終わってしまうという事です。 ハードプレイ主体のオプション さらに驚愕なのは、 AF以外のオプションもほぼ無料な事です。 他店では有料であろう花物語での無料オプションを書き出してみました ・パンスト破り 1000円 ・放尿プレイ 2000円 ・オナニー鑑賞 2000円 ・ローター 1000円 ・バイブ 2000円 ・ごっくん 3000円 ・浣腸 3000円 ・ソフトSM 3000円 値段はあくまで参考価格なのでお店によって異なりますがAF以外にも実にたくさんの有料オプションが無料になっています。 無料オプションを組み合わせることでかなりのSMプレイを楽しむことができてしまいます。 オプション好きのお客さんからしたらこんなに安く遊べるデリヘルは他にないかもしれません。 鶯谷の特徴と花物語の実態 花物語の料金やお仕事内容をまとめてみましたがここまでは表向きで、実態はここからです。 そもそも、鶯谷には変わったコンセプト店が多いという話でしたがつまり「 地雷クラスの嬢を集めました」と言い換えても過言ではありません。 自称・地雷店のパイオニアとして全国的に有名な【 デッドボール】も鶯谷が発祥の地です。 一般的なお店で稼げる嬢が SMだのAFだのってわざわざ辛い思いをしてまで移籍するなんてことはあり得ませんからね。 ではお客さん視点から考えてみると 鶯谷のデリヘルを利用するメリットは何でしょうか? ズバリ本番行為です。 鶯谷は昔から本番あり(下手したらナマ)で有名な地域です。 本番が当然のソープは料金が高くて使えないが鶯谷に行けばとりあえず本番ができる! そんなお客さんが集まってくる場所なのです。 特に花物語の場合ですがこの風潮は顕著です。 鶯谷の風俗嬢の中には本番行為をしない嬢も少数ながらも存在しますが、花物語に至っては皆無でしょう。 その理由は前項であげたシステムにからくりがあります。 理由は至って簡単。 「 本番とAFどっちが楽ですか?」という事です。 ごくごく稀なAF好き女性を除いてAFは苦痛です。 通常は排泄物が出てくる場所であって何か異物を挿入する場所ではないです。 お尻の穴で快楽を得ている人は少ないですしなにより1日に何回もしていると痔になります。 そんな体に負担のかかるオプションが無料でついていてお仕事の度にお尻に入れられるわけがありません。 嬢たちはみな自分からAFの代わりに本番行為をお客さんに推奨することになるのです。 本番行為の方が楽に終われますからね。 花物語で働く利点 では花物語で働く利点なんかあるのでしょうか? 多くのこれから風俗業界に入ろうと考えている女の子はそう思います。 あるんです。 きちんと利点が。 例えば貴女がまだ20代前半でスタイルもよく愛嬌のあるカワイイ女性であれば、高級デリヘルや高級ソープで1日10万稼ぐ事もできるでしょうし、手コキ店などのソフトサービスでも1日5万稼げるかもしれません。 もしも、貴女が多少ぽっちゃりで20代後半でもそこそこの接客能力があれば大衆デリヘルで1日2万稼ぐ事も出来るでしょう。 本番もしなくていいかもしれません。 ではそんな平均的~平均以上のスペックを持つ嬢が多数しているデリヘル店に、 激ポチャ、 電波系、 ワキガのババアなど 男性にとってマイナス要素たっぷりの嬢がいたらその嬢はどうなるでしょう? 毎日お茶ひいて帰る、それだけです。 デリヘル嬢は基本、出来高制なのでお仕事が入らなければお給料はゼロ円です。 大切なのは背伸びせずに 自分のスペックに合ったお店選びをするということです。 そして、花物語には保障制度があります。 最大で15000円程だとか。 待機保証がでる事自体はそんなに珍しくはありません。 お店によって基準は違いますが、時間帯だったり曜日だったり忙しくなるだろうと思われる時間に出勤してくれる嬢に保証をだすお店は近年多くなってきています。 また基本は保障制度がないお店でも、 スカウト求人を通して採用されている出稼ぎ嬢はみんな保証をもらっています。 しかし、鶯谷の激安店で働いているくらいのスペックの嬢たちに保障制度はあまり適用されません。 スカウト会社を通しても5000円がいいところです。 それが花物語は15000円です。 MAX値だとしても地雷クラスの嬢につく保障としては高額です。 どんなお店で働きますか? 地雷クラスのお店だと稼げる有料店だという事がわかった花物語ですが、これから風俗店で働くとして貴女はそんなお店を選びますか? 著者はスカウトをしていた経験からこう思います。 少しだけ背伸びをしてお店を選ぼう どういう事かと言うと 色々な風俗店、色々な嬢を見てきた結果わかったのは• 愛嬌のある嬢は売れる• 努力している嬢は売れる という事です。 肥満なら痩せる努力はできます。 待機中にただ寝っ転がってスマホいじるのではなく、柔軟体操をしたり、筋トレをしたり、食事制限をしたりなど 日常で行える努力もあります。 次はお化粧です。 お化粧が上手な嬢は100円ショップで揃えた化粧品でも見事に化けで見せます。 カモフラージュが上手という意味です。 お客さんと会話を楽しんでいますか? ただ ヤルだけの接客ではお客さんも乱暴になります。 会話でコミュニケーションをとった後プレイはいちゃラブプレイに持っていきやすいです。 他にもまだまだ方法はありますが、どんな女の子であれ 大衆デリヘル店で勤務できるくらいのスペックには努力でもっていけるのです。 年齢がいっていても大衆人妻店での勤務は可能です。 激安店での勤務は基本、見た目でどうこう言われることはありませんが、それでもやはり本数に影響します。 ただ、それでも仕事はそこそこ入るのでダイエットも化粧もお客さんとのコミュニケーションもとらなくていいので楽かもしれません。 しかし、ハードなプレイや過剰な本番行為に 体は確実に悲鳴を上げていきます。 また、努力を忘れてしまうので女性として、人間としての艶を失い、一生風俗嬢として生きていくかもしれません。 風俗という括りでは高級店も激安店も確かに同じですが、そこで得るもの、失うものにはかなりの差があります。 それぞれのお店のメリットデメリットを理解したうえでお店選びをしていくのが一番得策かと思います。

次の

風俗ガチンコレポート「がっぷりよつ」 : 【鶯谷:人妻】「花物語 AF無料専門店」えり

鶯谷 花物語

職業は女体プロファイラー、アンダーヘアーソムリエ、ソフトタッチャー、プロ妄想、ニューハーフ愛好家等多数で、多重性癖ゆえ風俗レポ界のビリー・〇リガンとの噂も。 風俗業界に巣食って25年あまり。 見捨てた精子は数知れず。 基本路線として女の子のいい部分のみをピックアップするという風俗の新しい遊び方を提唱。 下品な表現が多すぎてご迷惑をおかけることもあるとは思いますが、寛大な心でお許し下さい。 ウッシッシ。 最近は韓国まで鼻の下とチンポを伸ばしてソウル按摩風俗を中心に体験レポート書いてまっす。 【鶯谷:人妻】「花物語 AF無料専門店」えり オフィシャルHPは で、ハメスギ・ヨツ夫と、ハメラレ・ウタコの一線を超えた一戦をお送りしたわけだが、予想以上にブログへの反響があり、読者のみんなのドスケベ好きを確信した(失礼) 今回も例に漏れず強敵を送り込んできた鶯谷が誇る超絶濃厚店「花物語」。 とにかく女性のプロフィールにある一言が気になって仕方ない。 全てを受け入れます 全てを受け入れます 全てを受け入れます さて、今回の対戦は 、関西風味の淫乱な出汁を生かしたドスケベマシーン「えり」さんの登場だ(スター誕生風で) えりさんの破壊力の凄まじさに対応するには、それなりの経験値が必要となるだろう。 初心者には刺激が強すぎるかもしれないが、それでも 「谷(鶯谷)の懐の深さを感じてみたい!」という猛者の資質のあるあなたはこのまま進んでお読みください。 「一旦電話をお切りになってお待ちください」と言われ、電話を切ると、室内の固定電話が鳴る。 電話を出ると 「確認が出来ましたので、女性がお伺いいたします。 先にシャワーを浴びてお待ちください。 」とヒジョーに紳士的な電話対応。 赤坂あたりのラウンジに来ている気分。 さて、と。 とりあえずひとりシャワーへ。 シャワーの水圧を強めにして、チンコに禊(みそぎ)を施すように洗い流す。 あまりに気持ち良い圧がかかるため、今日も戦闘前から全開勃起中。 そう、部屋に入った時から絶対に負けられない戦いがここにある! シャワーを出て5分ほどか。 インターフォンが鳴る。 ドアを開けると、えりさんがいた。 「よろしくお願いします~、えりです~」 「ほぉ~、これが今日の俺の対戦相手か... 相手に不足はないな... 」と思えるドスケベな奥さんオーラ全開だ(奥さんかどうかは知らんが) 小柄な女性で愛想が非常にいい。 関西訛りはすぐわかった。 今日の俺の妄想はこんな感じで決まった。 関西の奥さんが、関西男性との情事に飽きてしまい、関東の男性の「味」を知りたくてわざわざ東京にきた。 東京版のチンコを一度も味わった事がないから、チンコの硬さ、味、勃ち具合に興味深々。 あぁ、反り勃つチンポを想像するだけで私のドスケベなマンコが濡れてきちゃう...。 そんなところか(絶対違う) 部屋に入るなり俺に密着してくるえりさん。 バスタオルを腰に巻いているだけの状態なので、チンコがフルに勃起してしまっているのがすぐわかる。 本格的に始まる前に、精算だけ済ませる。 非常に話好きな女性なので、ちょっぴりトークタイム。 のちに、えりさんが俺の股間をまさぐってくる。 俺はソファーに座ったままで、えりさんは地べたに座った状態。 ふと気がついたんだが、 スカートの中からマンコが丸見えだ。 そうだった!こちらのお店は ノーパンノーブラが基本だった! もそうだった! 「よつ夫ちゃ~ん、私も忘れないでねぇ~」 まぁ、いい(いいのか?) で、えりさんが、俺の腰に巻いているタオルの中に手を入れてくる。 「あぁ... すごく硬くなってる... 熱い」 「もう、えりさんのそういうリアクション見てると、ギンギンになってきちゃうからさぁ... 」 「ベッドへ行こうか... 」 【キス】 えりさんを仰向けに寝かせて、俺が覆いかぶさるような体勢。 チンコをカラダにぶつけると、えりさんもマンコをぶつけようとしてくる。 唇を寄せると、ブッチュ~と積極的に唇を吸ってくる。 舌もべっちょべちょ絡めてくる。 「ぁあああ~... あぷっ... ハァハァ... チャプ」 すでにトロトロだ。 これぞ谷の人妻系風俗!と。 これぞ!と(これは違う) ベッドの外では陽気な女性だが、ベッドへ入るとMっ気抜群でドスケベに入り込みやすいドスケベな女性へ変貌する。 【愛撫】 乳首を舐めようとすると、 「いやぁ~ん、すごく気持ちぃぃいいいい~」と言いながら、えりさん自らおっぱいを動かすもんだから、じっくりネットリ責めるのが難しい。 こんな時は激しく責める方向にシフトを変える。 一気に乳首に食らいつく。 べーチョべチョべチョー! 「いやぁぁあああああああ。 そこ~気持ちぃいいいい!!」 おいおい、すごい大きいな、声。 乳首でそんなに感じちゃったら、この後の 「オマンコペロペロの儀」を執り行ったらどんなことになるのか。 このようなドスケベ丸出しの行為により、乳首はいつものようにチロチロとフェザーリップというわけにもいかず、 旋回舐めを中心に時折、甘噛み(いつもより少し強め)に責めたりすると、全力で感じまくる。 彼女から恐ろしく壮大なエネルギーを感じる。 女性という生き物は、四十も半ばを過ぎると、リミッターを外しやすくなるのか、淫乱係数が一気に跳ね上がる。 俺が常々言っている危険域というのは、このあたりに見られる現象で、呼吸が荒くなり、いよいよ犯されそうな勢いで襲ってくる状態を言う。 そんな女性をてなずけるには、こちらの感情をOFFにして、ビンビンに固くしたドスケベスティックに頼る以外方法が見つからないのだ... (毎度バカバカしい) で、流れに戻ろう。 乳首の両サイドを完全に舐め倒し、えりさんを汗だくに仕上げる。 首筋から、口元まで汗かよだれかわからんがべちょべちょでものすごくエロい。 【マンコ】 もはや言うまでもないが... ぁ~あ、奥さんなんだこりゃ。 おもらしでもしたんじゃねーのかえ?(ちょっと語気強めで) 本当にスケベなマンコだ。 おっぱいを舐められただけで、こんなにズブズブに濡れてしまうとは。 「えりさんっ!えりさんっ!!なんですか、これ。 ちょっと自分で触ってご覧なさい!!」 手を添えるえりさん... 「わっ、すごい... だって気持ちよかったから... 」 「誰に触られてもこんなにスケベなマンコなの!?」 「違うぅぅ~、おっぱい気持ちよくて... 」 「じゃぁ、こんな下品なオマンコにお仕置きだ」と言いながら奴隷犬みたいに舐め始める。 ペルペルペルペル(企業秘密並の繊細な舌の動きで) 「いやぁああああああ~!!!すごく感じちゃう、オマンコ、オマンコ!」 おいおい、部屋の外まで聞こえちゃうんじゃないか。 しかも自分で腰を激しく上下に振るもんだから、最後は俺が舌を出してるだけで勝手にマンコを当ててくるくらいの状況。 あまりに激しく腰を上下するので、俺の人中(デコから顎)はマン汁でべっちょり。 クリは小さめの仮性包茎、ビラが若干あるドドメ色のマンコだが、中は綺麗なサーモン色。 えりさんったら感じ始めると、自分でカラダを動かさずにはいられないようだ。 文字通り、べちょべちょに舐めまくる濃厚さ。 いつくらいからこんなにスケベな女性になったんだろうか?と心の中で問いかけながら、乳首舐めをされる俺。 ここ何年かカラダで快楽を感じながらも脳内でブログの文章を書き始めてる自分がいる(精神分裂症?) 乳首を舐めながら、もうチンコが欲しくて欲しくて仕方ないといった勢いでチンコを触ってくる(えりさんがそんな感情だと思いたい) 【フェラ】 ビンビンで扱いにくそうなチンコを大事そうに掴み(掴むほどデカくないが)、一気にしゃぶり始める。 すごい吸引力。 じゃぶじゃぶじゃぶ。 こりゃ、どうにもこうにもチンポ狂いか。 俺も同様のチンポ狂いだが(それはいらない) 亀頭を中心にじゃぶじゃぶと濃厚に食らいつく。 仕上がってるねぇ~、えりさん。 俺の硬直棒がビクンビクンと跳ねるほど勃起しているので、えりさんのクリにビチンビチンと当たる。 「あっ!あ~、すごい硬いのが当たってる... 」 熱くなったトロマンを俺のポコチンセンサーが感知している。 そのまま腰を下ろすと、ペチャッとした卑猥な音と共に、えりさんの顔が歪む。 「いやぁぁああああ~ん!!!」 「あー、こりゃすごいよ、えりさん。 ぺっちょんぺっちょんスケベな音がする。 これってえりさんのマン汁の音?ローショ使ってないのになんでこんなに濡れちゃってるのよぉおおおおお!!」 緩急つけたピストン輸送。 そのまま体位を切り替え、前後にグラインド。 お互いの手を取り合うと、えりさんが俺の手をすごい力で握ってくる。 これぞ本気。 すくい上げるようなグラインドにもはや絶叫に近いえりさん。 「いっちゃういっちゃういっちゃうぅぅぅぅうううううう!!チンポ気持ちいい?チンポ気持ちいい?」とか上下階へ確実に聞こえそうな絶叫に俺もうっかり興奮してしまい、お腹へビュビュっと大射精。 お互いに添い寝をしててもチンコの勃起がおさまらないほどの濃厚な一発を出した。 欲望のみが支配する鶯谷というこの街でも知られたお店だけに、その存在感は独特。 まだ2人しか遊んでいないが、この 「全てを受け入れます」と書かれた女性ほどドスケベ軍団なのだろうか?(真相は謎)... っていうか、ほとんどの女性が受け入れ可能なわけだが。 えりさんは、とにかく話好きなお母さんと言った感じだが、ベッドでの乱れっぷりはすごい。 彼女ならきっとリピーターさんも多そうだわ。 とにかく濃厚な遊びができるこのお店。 未経験の方は「谷の真髄」を覗いてみるべし! 過激度 (五段階評価) スケベとスケベのがっぷりよつ。 リミット超えしたドスケベで間違いない... 腰壊れるかとオモタ。 コメント一覧 4• がっぷりよつ夫• 2014年10月06日 10:10• ター坊 コメントありがとうございます。 ぜひぜひ一度遊びに行ってみてください。 ター坊さんのブログも拝見させて頂きます。 2014年10月05日 05:51• がっぷりよつ様 はじめまして、ター坊と申します。 以前から貴ブログを拝読しています。 プレイ内容等こと細かく書いてあるので、参考になります。 がっぷりよつ さんの行ったお店にいつか行ってみたいと思います。 私ブログをやってますので、宜しかったら見てください• がっぷりよつ夫• 2014年10月03日 09:54• なお様 はじめまして。 コメントありがとうございます。 風俗のレポートというのは、あくまでその書き手の主観がメインになるので、好き嫌いが分かれると思います。 このブログは、事実のみを記載してますが、基本的に女性の「いい所を探し出す」という趣旨のブログになります。 女性をディスってるブログなども多々ありますが、風俗は考え方、見方を変えればなんだって楽しめるという考えの人間が書いています。 もちろん、サービスがまったく出来ない、性格悪い女性なんてものは、紹介しても仕方ないので、このブログにそもそも載せません。 (他のブログにお任せします) 厳選嬢まとめ... みたいなものです。 なおさんの今後の風俗遊びの参考になれたら嬉しいです。 よろしくお願い致します。 2014年10月03日 07:31• はじめてお邪魔しました。 最近風俗にハマってきたなおと申します。 来週遊ぶお店を探していたら こちらのブログにたどり着きました! 私もおっぱい好きなので毎回素敵な方と巡り会えているのが羨ましいです。 ピンサロからホテヘルへ格上げして遊んでいこうと思っているので、これからも参考にさせて頂きます!.

次の