いち ぶつ いっか。 一物一価の法則

「物」の書き方

いち ぶつ いっか

A ベストアンサー こんばんは。 少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。 「トン」は「質量」の単位です。 先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。 かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。 小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、 回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため) わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、 やはり、ここは、一言念を押しておいた方が良いと思い、投稿しました。 水なら、1トンの水は1000リットルの体積を示します。 (温度・圧力の条件でわずかに変化しますが) 質量1トンの水は、 地球上なら「1トンの重さ」( =1トン重?・1tw ? )を示しますが、 月とか、宇宙船の中とか、場所が変化すればその重さは大きく変化します。 でも、水そのものがどれだけあるか、という「質量」は変化しません。 体積も、圧力とか温度とかで多少は変化するのでしょうが、 まあ、常識的な温度・圧力のもとでは、 月だろうが宇宙船の中だろうが、だいたい1000リットルです。 こんばんは。 少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。 「トン」は「質量」の単位です。 先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。 かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。 小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、 回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため) わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、 やはり...

次の

「一家言」の読みは「いっかげん」「いっかごん」どっち?意味と使い方も解説

いち ぶつ いっか

概要 [ ] 自由闊達で障壁のない市場において、誰もが価格を統制することができない(プライステイカー:価格受容者)ような場合、取引数量と取引価格は均衡点で約定されるというのが、以来の古典派経済理論における重要な命題である。 しかしアダム・スミス自身が国富論で論じているように現実の経済はこのような理想的な自由競争が行われているわけではなく 、これは古典派経済学を理論的に精緻化していく上での一つの障害であった。 すべての参加者がプライステイカーである場合、同一の市場においては、同じ品質の商品(財の同質性)が異なる価格で取引されることはない。 もし異なる価格で売られていることが消費者に知られている(完全情報)ならば、その場合には、その時点において最も低い価格の商品が購入されることになるからである。 ただし、これは経験則であるので、常に成り立つという訳ではない。 これに対して、別々の市場において同じ商品が異なる価格で取引されている場合、によって両者の価格差が収斂(市場が接続)することで一物一価が成立する。 逆説的であるが、常に同一の価格が成立するところを 同一の市場と呼んでも差し支えない。 無差別の法則 [ ] 一物一価の法則はの無差別の法則ともいう。 ジェヴォンズは、価値論としての限界効用理論を構築する前提として、• 完全知識・の前提• 交換の当事者は個人ではなく全体• 無差別の法則(一物一価の法則)• 交換を無限に小分割が可能な財間の交換に限定 の4つをおき、その交換の結果としていかなる2財の交換比率も交換が完了した後に消費しうる財の数量の最終的な効用の逆数になる、とした(交換方程式)。 効率的市場仮説 [ ] ファイナンス理論においてはのや、において一物一価の議論が登場する。 ここではすべての情報が瞬時に価格に反映されるようにがおこなわれると仮定するならば、裁定取引をおこなう可能性がまったく無くなるとの循環論法に陥るものの、これは逆にすべての裁定機会を達成した結果として価格がランダム・ウォークを示現している証明であると提示される。 ある財物の価格が、すべての裁定機会を達成した結果として刻々とランダムに変化し、見かけ上の「一物一価」が達成されていない外見を示していたとしても( 価格がランダム)、刻々と織り込まれる情報が瞬時に価格に反映した結果であってその実質( 価値)としての一物一価は達成されている、と説明される。 反例 [ ] 現実世界では一物一価の法則は容易に成立しないケースが多く、取引所取引(中央卸売市場や金融取引市場)など一物一価の価格形成を目的とした指標市場(参照市場)において形成されることが多い。 これは現実世界にはや取引慣例、距離や時間などの物理的な要素などさまざまなパーティション(敷居)が存在するためである。 ビジネスにおいては一物一価を成立させないことが裁定取引上の利得機会になることもあり、あえて情報の非対称性を演出することで取引上優位に立とうとすることがある。 ガソリンスタンドの無料会員への割引などがこれである(-を参照)。 この項目については議論が尽きない。 《プライスメイカー(価格決定者)のいる市場では原則的に成立しない》これは一物一価の前提をそもそも満たしていないためである。。 そのほかにも• 《ガソリンスタンドは顧客によって値引きの幅が違う》 顧客の囲い込み• 《男性と女性とで提供価格が異なる、小児価格の設定など》需要に対する価格弾力性の違い• 《借り手の信用状態や使用用途により貸出金利が違う》 品質の不均一• 《証券取引所によって同じ上場銘柄の現時点での表示株価が異なる》 別の市場• 《同じ品質のガソリンが、別々のガソリンスタンドでは価格が違う》 地理的隔離• 《カラオケ店は日中は安く夜間の料金は高い》 時間的隔離• 《同じ売り場の同じ品質のタマゴでも、高い価格表示のほうが売れることがある》 情報の非対称• 《同じ労働内容なのに正社員の賃金が高く(低く)非正規社員の賃金が低い(高い)》 ・取引コスト 一物一価が成立しない状況についてはやらによりすでに言及されており、ミルは自由競争と経済的利己心とをその理論的基礎として市場価格決定の法則を説いたが、それらの条件が働くことの比較的少ない小売商業に対してはきびしくその原理は適用しなかった。 は彼の主著『経済学原理』のなかにおいてこの原理について言及しており、一物一価としての卸売価格ととしての小売価格について「小売取引上では、人々は些細たる購入については余り頓着しない。 紙一包を買うのに甲の店では2シリングで買えるものを乙の店で 2. 5シリング 払うこともある。 しかし卸売価格の場合には全くこれとは異なる。 甲製造家が紙束を5シリングで売っている場合には、その隣りの乙製造家が6シリングで売ることはできない。 紙の取引を営業とする者は、紙の最低価格をほぼ精確に熟知して、それ以上は払わないからである」。 歴史 [ ] 近代に至るまで、世界規模で価格の平準化がなされることは無かった。 以後、特にがおきてからは世界規模の市場が成立可能となり、各国のは融合。 のなかで各国の商品価格は次第に収斂した。 脚注 [ ]• たとえば「分業(による特化)は市場の範囲(規模)により制限される」とするアダムスミスの定理は完全競争とは矛盾すると考えられていた。 奥山利幸,「」『経済志林』 74巻 1-2号 p. 143-168, 2006年, 法政大学経済学部学会,• 岩波経済学小辞典第三版• 79-98 1959-04-25, 慶應義塾大学,。 文献情報 [ ]• 「「一物一価の法則」の成立を阻害する地理的要因に関する一考察」葛目知秀(日本金融学会 2004年度秋季大会2004-0911)• 村田昭治, 「」『三田商学研究』 2巻 1号 p. 79-98 1959-04-25, 慶應義塾大学,• 大橋昭一, 「」『経済理論』 371巻 p. 109-129 2013-03, 和歌山大学紀要論文, , : 関連項目 [ ]•

次の

曹洞宗のお唱えは「なむしゃかむにぶつ」

いち ぶつ いっか

「一家言」の読み方 「一家言」は <いっかげん>と読みます。 「一」は音読みだと「イチ」「イツ」、訓読みだと「ひと」「ひとつ」と読みます。 「家」は音読みだと「カ」「ケ」、訓読みだと「いえ」「や」「うち」と読みます。 「言」は音読みだと「ゲン」「ゴン」、訓読みだと「いう」「こと」と読みます。 「言語道断(ごんごどうだん)」「過言(かごん)」「雑言(ぞうごん)」といった言葉があるように、 「いっかごん」と読み間違えやすいですが、誤りなので気をつけましょう。 また、「いっか」と読む言葉には「一過」「一下」「一荷」などとたくさんあります。 ちなみに、「一過」は「一度に通過すること」、「一下」は「ひとたび下されること」、「一荷」は「一つの荷物」を意味しています。 間違えないように注意しましょう。 「一家言」の語源・由来 司馬遷が書いた『史記』の列傳[太史公自序]に、 「凡そ百三十篇、五十二万六千五百字、太史公書と為す。 序略、以て遺を拾ひ芸を補ひ、一家の言と成す」 とあります。 これに由来して、 「その人の独特の主張・論説」「一つの見識のある意見」のことを「一家言」と言うようになりました。 「一家言」は、「自分独特の主張や論説」だけでなく、「ひとかどの見識のある意見」を表しています。 「家」は、「専門家」や「その道の大家(たいか)」の「家」を指します。 中国では春秋・戦国時代に、「法家」「道家」「兵家」といった多くの思想家が登場しています。 ですので、「家」は「諸子百家」と言われたことから来ているのだと言われています。 「一家言」の使い方と例文 「一家言」の使い方として多く使われているのが、 「一家言を持つ」という表現です。 例えば、「私は毎日新聞をチェックしているので、社会問題については一家言を持っている」と使うことができます。 これは「私は毎日新聞を読んでいるので、社会問題について自分の主張や意見を持っている」という意味になります。 また、他の表現として 「一家言を展開する」という言い方もできます。 例えば、「子供を持つコメンテーターが、番組内で少子化問題についての持論を展開した」と使います。 これは「子供を持つコメンテーターが、番組内で少子化問題についての自分の意見や説を繰り広げた」という意味になります。 例文 ・普段からニュースをよく見ている彼は、時事問題に一家言持っている。 ・教育については一家言を持っている。 ・男性も、出産や育児についてそれぞれ一家言を持つべきである。 ・あの人はいろいろと、一家言ある人だ。 ・伝統芸能に一家言を持っている。 ・食べることが大好きな彼女は、食べ物について一家言を持っている。 ・妹はファッションについて一家言あるので、服装について厳しい。 ・お花屋の娘なので、植物については一家言を有している。 ・私はそれについては一家言がある。 ・グルメにおいては、あれこれと一家言ある人物が存在する。

次の