グランディ フロ ラム。 hobbiest

デルフィニウムとは|ヤサシイエンゲイ

グランディ フロ ラム

ペラルゴニウムの花言葉とは? 『あでやかな装い』『君ありて幸福』『尊敬』『決心』『篤い信仰』『愛情』『切ない望み』 「あでやかな装い」は、ペラルゴニウムの花がゼラニウムに比べて大きく、ストライプやブロッチなどの模様で花びらを美しく飾ることからきています。 「君ありて幸福」「尊敬」「決心」などは、ゼラニウムと同じ花言葉となっています。 ゼラニウムのいくつかの園芸品種を掛けあわせたもので、一季咲きをペラルゴニウムとしています。 草丈は20~60cmで、ゼラニウムよりやや大型の花を咲かせ、バリエーション豊かな花色をもちます。 花は、5枚の花びらのうち、上2枚、または5枚すべての中心に赤や黒のストライプやブロッチ模様が入るものが多いほか、ビオラに似た2色咲きの小輪花などがあります。 また、葉っぱはギザギザの切れ込みや全体が波打っているものがほとんどです。 名前の由来 ペラルゴニウム(Pelargonium)とは、ギリシャ語の「pelargos(コウノトリ)」に由来するもので、原種の種の形がコウノトリのくちばしに似ていることにちなみます。 ペラルゴニウムの開花時期や見頃の季節は? ペラルゴニウムは、4月頃から咲きはじめ、7月中旬頃に花が終わります。 ゼラニウムよりも花や葉っぱが大きいので満開になったときの姿は豪華。 また、小輪タイプのペラルゴニウムは、大輪タイプと比較して7月中旬~下旬まで長く咲き続けることが多いです。 ペラルゴニウムの種類や品種は? ペラルゴニウムが属するペラルゴニウム属には、約280種の野生種があります。 その大部分は南アフリカに分布しており、改良の元にもなった「ククラツム」や「グランディフロルム」はケープ地方の山地や海岸に自生しています。 また、多くの品種があり、その品種から多種の園芸品種が開発されています。 以下に、よく見かける品種をいくつかご紹介します。 ペラルゴニウム・エンジェルアイズ エンジェルアイズは、小輪の花が天使のようにかわいらしく咲きます。 たくさんの枝を生やすことが特徴で、コンパクトな草姿からボール状に仕上げやすいほか、最盛期には株全体を覆いつくし、豪華な雰囲気になります。 シリーズには「ビオラ」「ランディ」「バイカラー」「バーガンディ」などピンクの花色を中心としたものが多いです。 ペラルゴニウム・アリスト ペラルゴニウムの中で、最も大輪のシリーズであるアリスト。 花付きがよく高級感があるほか、最盛期に大きな花が株全体を覆いつくします。 ヨーロッパで唯一育種が進められているグランディフロラム種で、多くの園芸家が注目しています。 シリーズには、「クラレット」「レッドビューティー」「サーモン」「ベルベットレッド」「チョコ」など赤の花色を中心としたものが多いです。 ペラルゴニウム・フェアリーチュチュ フェアリーチュチュは、フリルが入ったような花びらがかわいらしい、新しい品種です。 従来のペラルゴニウムよりもコンパクトな草姿にまとまり、色鮮やかな花が次々と咲き誇ります。 シリーズは「ソフトピンク」「ピンク」の淡いピンクや、「チェリー」「ダークレッド」など赤を中心とした花色が揃っていますよ。 ペラルゴニウム・キャンディフラワーズ キャンディフラワーズは、エンジェルアイズシリーズの大輪シリーズとして人気があります。 従来のペラルゴニウムと比較して野外での環境に強いほか、連続開花性に優れているのが特徴です。 また、輸送時の傷みに強いことから、プレゼントにも贈り物にも適しています。 シリーズには「ピーチクラウド」「ピンクウィズアイ」のピンク系や「ダークレッド」「ブライトレッド」の赤系、「バイオレット」の紫やバイカラーなど多彩な花色をもちます。 ペラルゴニウム・シーシェル ホワイトアイ 白い花びらの中心が濃いピンクに彩られた、清楚な雰囲気のシーシェル・ホワイトアイ。 中輪の花が株を覆うようにびっしりと咲く、その愛らしい花姿が人気です。 シーシェルとは貝殻の意味で、花びらが桜貝に似ていることから名付けられました。 日本人育種家が改良した品種なので、日本の気候にあっており、同じ育種家が開発した「湘南シリーズ」や「サーフィンシリーズ」も人気となっていますよ。 ペラルゴニウムの花をガーデニングで楽しもう 春のガーデニングに人気のペラルゴニウム。 種類や花色が豊富なので、鉢植えはもちろん、コンテナやハンギングバスケットの寄せ植えにしても楽しめます。 また、ピンク系の愛らしいペラルゴニウムは、母の日の贈り物にもぴったり。 春の花の1つとして、庭やベランダを彩ってくれますよ。

次の

グランディフローラムを整える

グランディ フロ ラム

このご紹介から2ヵ月以上が経ち、グランディフローラムのその葉(茎)はカットした時よりも長く伸びたのではないかと思います。 まずはグランディフローラムの現在の様子をご紹介します。 元気に生長を続けるグランディフローラムは、所々がまばらに長く伸びています。 写真の中央には、新たに伸び始めている様子もあります。 この茶系の部分が前回カットした痕です。 そしてグランディフローラムはそのカットした横からまた新しく葉(茎)を伸ばしました。 その伸び始めた葉(茎)は前回カットした時と同じぐらいの長さぐらいまで伸びました。 グランディフローラムは長い葉(茎)や短い葉(茎)が入り混じっているのも悪くはないですが、UCHIではある程度長さを整えて育てたいと思いますので、前回のようにカットしてグランディフローラムの長さを整えたいと思います。 またカットするからには葉挿しにしたいと考えています。 それでは作業前にまずは前回カットし葉挿しにしたグランディフローラムがあるので、以前葉挿しにしたグランディフローラムの様子をご紹介します。 誤認の場合は修正しますので、予めご了承ください。 葉挿しにしたグランディフローラム 株はかなりしわしわになり始めていますが、枯れずに過ごしています。 葉挿しにして2ヵ月以上が経ちますが、グランディフローラムに触れてみるとグラグラしていて、まだ根付いているような感触はありません。 状況を知るためあまりよくないと思いますが、1度抜き出して様子を見てみたいと思います。 葉のシワが目立っていますが、短い白い根が発根しています。 まだまだ立派なものではありませんが、ひとまずは安心しました。 時間はかかりますがこのやり方で問題なさそうなので、グランディフローラムをカットして長さを整え、そのカットしたものを葉挿しにしたいと思います。 グランディフローラムの長さを整える どの位置でグランディフローラムをカットしようか悩みましたが、ピンクの線辺りでカットしようと思います。 前回同様にハサミを使わず折るように切断しました。 やはり傷口を守るためか、白い樹液のような液体が出てきて、その液体が断面を守るように覆いました。 また今回は前回より液体の量が多くしみ出たので、少しティッシュぺーパーでふき取りました。 カットした方にも同じように白い樹液のようなものが出ています。 この液体は拭き取らず、自然に乾かし、乾いてから後土に植えます。 しばらく待ち写真のような感じに自然に乾くまで置いて待ちました。 それでは早速土へ植えたいと思います。 今回はこの土に植える作業が一番苦労しました。 小粒の赤玉土と鹿沼土を使って全て一緒に植えていますが、一つを植えると先に植えた一つが転ぶといった感じでなかなかうまくいきませんでした。 しかし時間をかけようやく作業を終え撮影することができました。 それでは長い葉(茎)をカットして整えたグランディフローラムと、葉挿しにしたグランディフローラムをご紹介します。 葉挿しと整えたグランディフローラム 作業を終えてみると、予定していた箇所より下のほうで切ってしまっていましたが、それなりに整えられることができたグランディフローラム。 こちらは以前葉挿しにしたグランディフローラムと、今回カットしたものを一緒に植えた子株となるグランディフローラムです。 ひとまずはいい感じのミニサイズに仕上がりました。 しかし根付くにはこの後かなり時間がかかると想定できますので、気長に水の管理には気を付けて見守りたいと思います。 長さをある程度整えたグランディフローラムもまずまず出来具合です。 これからもグングンと伸びてくると思いますが、まずは夏をうまく乗り切りたいと思います。 グランディフローラムもこの葉(茎)に水をしっかりため込むようですので、水の与え過ぎには注意が必要です。 完全に断水にしてもいいのかとも思いますが、そこは様子を見てたまに少量の水を与えながら管理していこうと思います。 無事夏を超すことができましたら、次回は秋頃に変化したグランディフローラムの様子をご紹介したいと考えています。 最後までお付き合い頂きありがとうございました。 その後の様子 126日後の様子をご紹介します。

次の

その他洋蘭(A

グランディ フロ ラム

デルフィニウム・グランディフロルム、オオヒエンソウ(大飛燕草)、Delphinium grandiflorum、(デルフィニューム、オオバナヒエンソウ[大花飛燕草]、グランディフロラム、キネンセ、シネンセ、シネンシス、chinense) このページ内の文章・画像の転載を禁止します デルフィニウム・グランディフロルム [オオヒエンソウ、デルフィニウム・シネンシス] / 学名 正名: Delphinium L. 異名: D. var. Fisch. Fisch. ex DC. 、 D. Fisch. 英名 和名 オオヒエンソウ(大飛燕草) 別名 オオバナヒエンソウ(大花飛燕草)、デルフィニウム・シネンシス 花言葉 デルフィニウム属の解説参照 メモ デルフィニウム属の解説は、をご覧下さい。 学名の正名と異名は、「」、「」に従いました。 原産地はシベリア、中国、モンゴルだそうです。 日本には、大正時代の中頃に渡来したそうです。 多年生の草本ですが、園芸上は一年草として扱うことがあります。 茎や葉には軟毛があります。 よく分枝します。 葉は、基本的な形は掌状ですが、線形に裂けています(上の写真・左下)。 葉の裂片は、縁に切れ込みがなく、先端は尖っています。 葉柄は、基部に近い葉では長く、上位の葉ほど短いです。 葉序は互生です。 花序型は総状花序です。 花の基本的な形態については、デルフィニウム属の解説をご覧下さい。 デルフィニウム属植物の花の萼片には、普通、後ろに伸びる距が一つありますが、私が栽培したグランディフロルム種には、左の写真のように、不規則に出ている距もありました。 これが普通なのか、品種の特徴なのかは不明です。 また、左上の写真のような、距や花弁がない一重の花も咲きました(花弁のように見えるものは萼片です)。 花色は青系や白で、花弁が黄色いことがあります(上の写真・右)。 雄しべは多数、雌しべは三つで、果実は袋果です。 グランディフロルム種の園芸品種は「シネンシス系」と総称されているようで、写真のデルフィニウムも、「シネンシス・ブルー」の名前で販売されていました。 「シネンシス」は、原産地である中国を意味する種形容語(種小名)の「 chinensis」に由来するものと思われます。 ただし、デルフィニウム属は、属名の性が中性なので、種形容語は「 chinens e」と語尾変化し、カタカナ表記は「キネンセ」、あるいは、「シネンセ」となります。 栽培について、繁殖は実生で行います。 播種は春か秋に行います。 ただし、高温では苗が育たないため、5〜6月の播種では遅いと言われていますし、秋に播種する場合も、気温が下がるのを待つと良いそうです。 デルフィニウム属の中では高温に強いと言われています。 日当たりと水捌けの良いところを好みます。 草丈が低くよく分枝する品種は、鉢植えに向いていると言われています。 元々は草丈が低かったようですが、最近は切り花に出来るような草丈の高い品種も作られているそうです。 品種によって差があると思いますが、シネンシス系はロゼット性(暑さや寒さなど環境条件が成長に不適である場合に、やタンポポのように節間が著しく短い状態になる性質)が弱いそうです。 ロゼット化した場合は、低温処理をすることによって、ロゼットが打破されるそうです。 種間雑種の主要な交配親の一つです。 elatum (エラツム種)を種子親、グランディフロルム種を花粉親にして、 D. 他に、現在の園芸種の主流となっている D. 赤い花を咲かせる矮性の雑種を作ろうとして、グランディフロルム種(2n=16、青花、矮性)と D. cardinale (カルディナレ種、2n=16、赤花、高性)や を種間交雑させた研究があります。 カルディナレ種を種子親、グランディフロルム種を花粉親にした組み合わせと、グランディフロルム種を種子親、ヌディカウレ種を花粉親にした組み合わせで雑種が出来たそうです。 組み合わせによる違いや、個体差があったようですが、出来た雑種には、草丈が高い、花穂がよく分枝する、花色と葉の形は両親の中間型、と言った特徴があったそうです。 雑種の草丈が片親であるグランディフロルム種より大きかったことから、草丈が高い形質は矮性に対して優性であると推察され、本来の目的であった矮性の雑種は出来なかったそうです。 また、花穂が分枝する形質はしない形質に対して優性であると推察されたそうです。 倍数性の異なる種(しゅ; species)との交雑を試みた研究もあります。 グランディフロルム種(2n=16)と D. hybridum (ヒブリドゥム種、2n=4x=32の4倍体、花は二重で白色、高性)を交雑させた場合、雑種は3倍体(2n=3x=24)だったそうです。 雑種の形態は、草丈と花序の形はヒブリドゥム種に似ていたそうですが、花は一重で、グランディフロルム種に似ていたそうです。 また、両親よりも花が大きく、花穂の本数が多かったそうです。 花色は両親と異なり、葉の形は両親の中間型だったそうです。 これまでに説明した組み合わせで作られた雑種は、いずれも稔性がなかったそうですが、コルヒチンで染色体数を倍加することで稔性が回復するだろうと推察されています。 グランディフロルム種の花には、色素としてが含まれていますが、濃い青色の花に含まれている主要な色素はシアノデルフィンとビオルデルフィンだそうで、前者は総アントシアニン量の50%以上を占めるそうです(参考までに、デルフィニウム属では、シアノデルフィンは青色系[淡青色系]、ビオルデルフィンは紫色系[淡紫色系]に関わっているそうです)。 一方、これらの色素の前駆物質である、アシル基が結合していないデルフィニジン配糖体(ツリパニンなど)は検出されなかったそうです。 また、前述のヌディカウレ種やカルディナレ種との雑種の花には、ビオルデルフィンは含まれていたそうですが、シアノデルフィンは含まれていなかったそうです。 なお、デルフィニウム属植物の色素の詳細については、デルフィニウム属の解説ページをご覧下さい。 地下部は、漢方薬として用いられる黄連(キンポウゲ科オウレン属植物の根茎を乾燥したもの。 消炎、止血、瀉下に用いる)の代替品として用いられているそうです。 また、モンゴルでは、民間薬として用いられているそうです。 薬効との関連は不明ですが、多くのアルカロイド( norditerpenoid alkaloids)が単離されています。 以外の参考文献• 勝谷範敏ら.シネンシス系デルフィニウム品種の2番花の開花に及ぼす低温処理の効果について.園芸学会雑誌第69巻別冊2.461ページ.2000年.• Honda, K. et al. Production of interspecific hybrids in the genus Delphinium via ovule culture. Euphytica. 96: 331-337. 1997.• Honda, K. et al. Use of ovule culture to cross between Delphinium species of different ploidy. Euphytica. 129: 275-279. 2003.• Honda, K. et al. Analysis of the flower pigments of some Delphinium species and their interspecific hybrids produced via ovule culture. Scientia Horticulturae. 82: 125-134. 1999.• Hashimoto, F. et al. Characterization of cyanic flower color of Delphinium cultivars. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science. 69: 428-434. 2000. Hashimoto, F. et al. Changes in flower coloration and sepal anthocyanins of cyanic Delphinium cultivars during flowering. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry. 66: 1652-1659. 2002.• Batbayar, N. et al. Norditerpenoid alkaloids from Delphinium species. Phytochemistry. 62: 543-550. 2003. コメント 3回播種しました。 1回目の播種は2004年9月末でしたが、この時に播いた植物は全滅しました。 2回目の播種は2004年10月末で、発芽は約2週間後、最初の開花は2005年の6月初めでした。 3回目の播種は2005年4月初めで、発芽は約20日後、最初の開花は同年7月中旬でした。 いずれも、無加温の温室内で栽培していました。 現在は枯れていますが、根っこが生きていて暖かくなったら萌芽してくるかもしれないと期待して、片付けないで取っておいています。 某種苗会社の通販で買いましたが、タネが入っていた袋の説明に気になることがありました。 某種苗会社 正 学名 Delphinium chinen cis これまで説明してきた通りです。 Delphinium chinen sis なら、間違いとは言え、許容範囲ですが、スペルミスは頂けません。 和名 ヒエンソウ オオヒエンソウかオオバナヒエンソウ。 ヒエンソウは、学名が Consolida ambigua ( D. ajacis)であり、別の植物。 科名 ウマノアシガタ科 ウマノアシガタ科は1960年代以前の文献に認められるくらいで、現在はキンポウゲ科が一般的。 参考までに、牧野富太郎氏の図鑑を見ると、「日本植物圖鑑」(北隆館.昭和3年[1928年]第7版;初版は大正14年)ではウマノアシガタ科ですが、「新日本植物圖鑑」(北隆館.昭和36年[1961年]初版.牧野氏の没後に出版されています)ではキンポウゲ科に修正されています。 また、「シネンシス・ブルー」の名前で販売されていましたが、「ブルー」が品種名なのか、青いからそう付けただけなのか不明です。 「ブルー」の割には、白い花も咲きましたし、花も花弁があったりなかったりで、品種として固定されているかどうかすら怪しいです。 日本の種苗会社は、全てとは言いませんが、勉強不足な点があると思います。 (2006.2.19.) このページ内の文章・画像の転載を禁止します.

次の