杓子 定規 意味。 「杓子定規」の意味とは?類語と対義語・英語も解説(例文あり)

杓子定規な人・仕事・考えを変える方法!意味と対応方法をしっかり考えよう!

杓子 定規 意味

「君は本当に、杓子定規でしか物事を考えることが出来ないなぁ~。 頭が固いよ!」 新人くんが部長に注意を受けていました。 そこで今回は、 「杓子定規」の意味について調べてみることにしました。 意味だけでなく、語源や使い方をあわせて調べたことで私も新人くんも深く理解することができましたよ。 では、まずはじめは意味と読み方からスタートです。 一緒に見て行きましょう。 スポンサーリンク 杓子定規の語源・由来とは? 「杓子定規」の語源のお話の前に、まずは「杓子」と「定規」について説明していこうと思います。 まずは「定規」から。 定規は、 線を引くときに使うまっすぐな道具の事です。 続いては「杓子」です。 杓子は、 汁物をすくったり、ご飯を盛ったりするのに使います。 ご飯を盛るのに使う「杓子」は「杓文字(しゃもじ)」とも呼ばれます。 お味噌汁やカレーをすくうときに使っている「お玉」も正式名は「玉杓子」といい、「杓子」のひとつなんですよ。 杓文字やお玉を想像してもわかるように、「杓子」の柄の部分は曲がっていますね。 その曲がった「杓子」を無理やり、まっすぐな「定規」の代わりに使おうとするなんて機転が利かない人のすることです。 そこから、 「機転が利かない。 」という意味の言葉になり、「融通が利かない。 」という意味に転じていったのが「杓子定規」の語源なんです。 つまり、杓子(を)定規(の代わりに使おうなんて、なんと機転が利かないんだ!)と、いうふうに( )内の言葉を省いてしまってできた言葉なんですね。 実は、「杓子定規」の語源にはもうひとつ説があるんです! 「杓子」は、もともと物を図るものとして使用されていて、税の取り立てにも使われていました。 「杓子」を使ってきっちりと出来高をはかり、税を決められたというところから、 決められた基準をきっちり守らなければいけないという考えを「杓子定規」というようになった。 という説です。 個人的にはふたつめの説のほうが納得がいきました。 さて、「杓子定規」の語源もわかったことですし、次は使い方を紹介しますね。 杓子定規の使い方・例文 例文を使いながら「杓子定規」の使い方を紹介していきますね。 今年の新入社員は真面目だけれど、 杓子定規な考え方の人が多いなぁ… 真面目なのは良いことだけれど、臨機応変な対応も必要ということをこれから学んでいってもらいたいな。 君が考えている方法はちょっと杓子定規すぎるなぁ。 もっと、ケースバイケースで!という考え方を盛り込んだほうが良い提案になると思うよ。 ルールや規則は大切なことですが、ビジネスシーンでは臨機応変も同様に大切ですもんね。 ちなみに、 「臨機応変」や「ケースバイケース」は「杓子定規」の対義語です。 この申請には、印鑑証明と戸籍謄本が必要です。 だってさ! 申請事ってホント杓子定規で面倒だよ。 ちょっとくらい融通を利かせてくれたっていいようなものを 役所内で聞こえてきそうな愚痴ですね。 でもこの場合の杓子定規はそうでなくてはいけないものです。 「真面目過ぎる」のではなく「忠実」なんです。 例文を見ていただいてわかるように、「杓子定規」は良い意味で使われることはあまりありません。 特にビジネスシーンで使う場合には、注意しましょうね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたか? 「杓子定規」の意味や語源・使い方を見てきました。 語源が2通りあるというのには、驚きましたね。 もちろん「杓子定規」な人は日本人だけではありませんよね。 英語では、• go by the book• go by the rules と表現します。 どちらも「規則通りに行う。 」という意味です。 また、類語にはこんなものがあります。 四角四面:ひどくまじめで堅苦しいこと。 非常にかしこまっていること。 頑固一徹:非常にかたくなで、一度決めたらあくまでも自分の考えや態度を変えようとしないさま。 堅物:きまじめで、融通の利かない人。 教科書通り:物事はこうあるべき、という理念に忠実であるさま。 柔軟性がない:その場に応じた適切な判断ができないこと。 さまざまな状況に対応できないこと。 やはり類語も使うのに注意しなくてはいけない言葉ばかりですね。 「杓子」は聞きなれない言葉でしたけれど、思いのほかことわざや慣用句で使われていました。 :誰も彼も。 杓子を渡す:姑が嫁に家政を譲る。 杓子果報:うまい食事に恵まれること。 よいものや、よい状態を得る幸運に恵まれること。 杓子は耳掻きにはならず:大きいものが、必ずしも小さいものの代わりにはならないたとえ。 杓子で腹を切る:できるはずがないこと、また、形式だけのことをするたとえ。 「杓子」がいろいろなものに使われていますね。 慣用句やことわざに出てくる言葉って、いったい何が一番多いんでしょう。 動物も多そうですし…調べてみるのも面白いかもしれませんね。 関連記事 一部広告含む•

次の

杓子定規【しゃくしじょうぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

杓子 定規 意味

Contents• この記事は、約 5分 25秒で読むことができます。 何でも自分の物差しに当てはめて考える人っていますよね? 「今の若いものは」などと言って、若者をさんざん批判したりする高齢の方もいますが、「そんな若者の時代にしたのは、その高齢の方たちの力なのに…」と思います。 何故、自分の基準に当てはめて考えるのでしょう。 自分の基準の物差しに当てはめて考えるから腹も立つだろうし、自分が辛くなるだけだと思ってしまいます。 このように融通がきかないことを「杓子定規」と言いますが、あなたの近くにこんな人いますか? この記事では、「杓子定規」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。 まず「杓子」ですが、昔は「杓子」でご飯やみそ汁を盛っていたそうで先端が汁物もすくえるように丸くくぼみがあり曲がっています。 今でいう「おたま(レードル)」のことですね。 「定規」とは線を引いたり、寸法を計測したりする文房具のことを言います。 寸法を測ったり線を引いたりするのに曲がった「杓子」を「定規」として使用し、「杓子」の寸法に当てはめようとすることから「杓子定規」は「一定の基準に当てはめようとすること」という意味で使われるようになりました。 これは、測っている人の基準に合わせるということですね。 測っている人の基準が「杓子」のように曲がっていて、それに無理やり当てはめようとすることです。 全くもって正確な基準ではなく間違った定規で寸法を測っている状態ということです。 このように自分の「杓子」が間違っていないと思い込んでいるので、「融通がきかない」人のことも「杓子定規」と言われるようになりました。 …が、しかし、「融通がきかない」という悪いイメージがある「杓子定規」ですが、こんなエピソードもあります。 「杓子定規」の英語表現と類義語 「杓子定規」の英語表現 それでは、「杓子定規」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。 a hard and fast rule(杓子定規) 【例文】• (物事は杓子定規にはいかない)• There is no hard and fast rule to go by. (杓子定規に当てはめることはできない) 「fast rule」は「厳格なきまり」ということで、「a hard」の「固い、硬い、」を合わせて「a hard and fast rule」は「鉄則」という直訳になります。 「杓子定規」の類義語 次に、「杓子定規」の類義語をご紹介します。 形式主義(けいしきしゅぎ) 「形式主義」とは「内容よりも形式を重んずる考え方」という意味で、物事の内面より外面を尊重するという少しマイナスの考え方です。 「杓子定規」も自分の物差しで測ることから、見た目で判断するということでは似ていますね。 「杓子定規」の使い方の例文 最後に、「杓子定規」の使い方を例文でご紹介します。 【例文】• 「彼はマイルールがあり、杓子定規な考え方をしている」• 「役所は融通が全く利かない杓子定規的なところだ」• 「父の頭が固く、杓子定規で家族はみんな迷惑していた」• 「今時、杓子定規の考え方では会社はうまくいかない」• 「杓子定規な環境から外に出ると、自分の世界観が変わった」 「杓子定規」は、考えが固執した人に使われるマイナスな言葉です。 「杓子定規な(考えかた)」「杓子定規(的な)」などと、使用される場合が多いですね。

次の

杓子定規の意味・使い方|四字熟語|趣味時間

杓子 定規 意味

杓子定規 読み:しゃくしじょうぎ 意味:一つの見方でしか物事を見ないこと 杓子定規の意味は、 「一つの見方でしか物事を見ないこと」です。 言い換えれば、 「すべてのことを一つの見方でしか見れないこと」となります。 「彼は杓子定規な人」のように、悪い意味で使われる場合が多いです。 杓子定規の語源 出典:アマゾン 杓子定規の語源は、 「杓子を定規のように使っていたこと」からです。 杓子(しゃくし)は、汁をすくったり、ご飯を盛ったりする道具で、いわゆる「おたま」や「しゃもじ」のことです。 当時の杓子の柄(え)の部分は曲がっていました。 そんな杓子を、真っ直ぐな定規のように使うことから、「正しくない定規ではかること」や「間違った基準で物事をはかろうとすること」「一つの見方でしか物事を見ないこと」を「杓子定規」と言うようになりました。 例文1. 彼は杓子定規の考え方で柔軟性に欠ける 例文2. 常識にとらわれていると杓子定規な考え方になる 例文3. 杓子定規な性格な人と話すと疲れる 例文4. すべてのことにそのルールを杓子定規に適用するのは間違えだ 例文5. 役所は杓子定規な対応を基本としている このように、杓子定規は悪いニュアンスで使われることが多いです。 そのため、「彼は、杓子定規な人だ」のように人に対して使うのには注意しましょう。 杓子定規な人はどういう人? 杓子定規な人はどういう人でしょうか? 簡単な例があります。 「これだからゆとり世代は〜」と言う人いませんか? 一つの誤った基準で人を推し量る、これがまさに杓子定規な人です。 この記事を書いている私も、ゆとり世代の一人ですが、一昔前は結構いろんな人に言われたのを覚えています。 (とはいえ、冗談で言っている人がほとんどなので、あまり悪いニュアンスでは受け取っていませんが…) ビジネスシーンにも杓子定規な人はいる 会社の中にも、良くも悪くも、杓子定規で仕事を進める人はいますよね。 言い換えれば、すべてマニュアル通りにやる方です。 「柔軟に対応すればもっと早く仕事が終わるのに!」と思うことありますよね。 友人が杓子定規な上司の元で働くことになったとき、• 朝の雑談禁止• どんなことがあっても残業禁止• 社内で夕食禁止• 休憩するときは宣言する• 昼食にでるときも宣言 このようなルールを提示し、徹底して部下に守らせる上司だったと言っていました。 これはまさに杓子定規な人ですね。 このような上司のもとで働くと生産性が下がりそうです。 ビジネスシーンで杓子定規な人から抜け出すためには どんな会社にも杓子定規な人はいますよね。 もし自分の上司が杓子定規な人だったら…考えるだけでも怖いですが、ここでは解決方法を考えていきます。 杓子定規な人から抜け出すためには、ずばり「逆らわない」です。 逆らうと関係性が悪くなるだけなのでかえって逆効果。 まずは、「郷に入れば郷に従え」の気持ちでその人を受け入れましょう。 人間関係を構築してから、徐々に自分のやり方を導入していき、相手側に譲歩してもらう。 これが一番だと思いますよ。 柔軟性がない ・ 柔らかくない ・ 柔軟性に欠ける ・ 柔軟でない ・ 堅物の ・ 性格が堅い ・ 機転が利かない ・ 融通が利かない ・ カタブツの ・ おカタい ・ お堅い ・ 杓子定規の ・ 融通の利かない ・ クソ真面目な ・ 糞真面目な ・ ガードが堅い ・ 真面目過ぎる ・ 応用がきかない ・ 応用が利かない ・ 頑固な ・ 頑固一徹の ・ 凝り固まる ・ 頭が固い ・ 凝り固まった ・ 堅苦しい ・ コチコチの ・ 言い出したら聞かない ・ 意地っ張りな ・ 頑なな ・ 考えを変えない ・ 石頭の ・ 非妥協的な ・ 頑迷な ・ 頑愚な ・ 固定的な ・ 固まった ・ 固まっている ・ 凝り固まっている 挙げればキリがありませんが、ここでは3つ紹介します。 四角四面(しかくしめん)• 教科書通り 1.四角四面(しかくしめん) 四角四面は、「生真面目で、面白みに欠ける」という意味です。 言い換えると、考え方がまじめすぎて、堅苦しいということ。 悪いニュアンスで使われるので、あまり日常的に使うことはありません。 (彼はいつも規則通りにやる) ・She is a person who always stick to rules. (彼女はいつもルールに従う人だ).

次の